また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1436544 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

船越ノ頭

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー5人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間25分
休憩
4時間23分
合計
5時間48分
Sスタート地点08:2508:44栂池パノラマウェイ 自然園駅08:5709:02栂池ヒュッテ09:0409:19楠川13:1813:33栂池自然園(栂池ビジターセンター)13:39栂池山荘13:4213:43栂池ヒュッテ13:4813:49栂池パノラマウェイ 自然園駅13:5014:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー バラクラバ 日よけ帽子 毛帽子 着替え ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

少し歩くとヒュッテが目の前に
2018年04月22日 09:02撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し歩くとヒュッテが目の前に
1
平坦な場所をのんびりと
2018年04月22日 09:10撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な場所をのんびりと
1
ちょっとずつ高度をあげて
2018年04月22日 09:32撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとずつ高度をあげて
1
ロープウェイよりゴンドラリフトまでは林間コースをのんびりと滑る。
2018年04月22日 13:50撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイよりゴンドラリフトまでは林間コースをのんびりと滑る。
自然園駅にビーコンチェックできる機械があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然園駅にビーコンチェックできる機械があります。

感想/記録

今回は、会長が計画した船越ノ頭へ一緒に同行させてたいただいた。
今の時期ならまだ、地元の山も十分滑れるのだがネームバリューに負け行ってみると山の大きさ、展望が全く自分の予想を遥かにこえて一度は滑ってみるとその雄大さに感動を覚える。
ゴンドラ、ロープウェイを使いまずは、栂池自然園駅(1829m)まで高度を上げる。
降り口にて、レスキューの方に注意事項などを説明を受けいざ登坂の準備を始める。
見事な快晴である。
歩く前より日焼け止めをし快適に行動をできるように服を着替える。
のんびりと平坦な場所を約30分ほど歩くと斜度が出てくるのでそこからはスキーアイゼンを付け登っていく。
これより約3時間高度差700mを上げて行く。
同行したメンバーに登り不得意な方がいたのでうさぎと亀の班を作り行動を始める。
自分は亀組のラストとなり先行者に指示出しをしながらゆっくりと細かくジグを切り高度を上げて行く作戦の為、登りに自信がある方は、直登できる場所も多数あるので時間は少し詰めれると思う。
途中3箇所程急登箇所が出てくるので亀組メンバー全員でで板を担ぐか履いたまま行くかを確認し最終的には履いたままで頂上を踏めた。

雪が約15-20センチ程ザラメになっており急斜面でターンをした時に人工的に小さな雪崩?を起こしながら滑り降りる。
雪質は、もう春雪で汚れもあるので気持ちよく滑っていても途中で摩擦増えスピード落ちてしまうのだがこの景色の中で滑れたのはとてもいい経験ができた。

ロープウェイの場所はまだ雪が残っていたので帰りは、ゴンドラのみ使用して帰る。
訪問者数:285人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ