また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1438078 全員に公開 山滑走甲信越

快晴☆越後駒ケ岳往復滑走

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、記録的高温
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
前日越後湯沢でレンタカーを借りて、六日町に宿泊して、翌日銀山平へ向かいました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間1分
休憩
8分
合計
9時間9分
Sスタート地点07:0009:22道行山10:11小倉山10:1210:52百草の池12:04駒の小屋12:0512:40越後駒ヶ岳12:4512:53駒の小屋13:20百草の池14:28道行山14:2916:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特にありませんが、白砂沢、柳沢ともに沢は随所で割れているとの事でしたので、尾根を忠実に滑走して戻りました。
その他周辺情報小出ゆーパーク薬師の湯
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え ブーツ ザック 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

橋の上、残雪1m程度です。
2018年04月21日 07:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の上、残雪1m程度です。
1
時たま雪が切れるので、しばらくはシートラ。
2018年04月21日 07:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時たま雪が切れるので、しばらくはシートラ。
尾根に上がると、中ノ岳が正面に。
2018年04月21日 07:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に上がると、中ノ岳が正面に。
道明山までは、尾根筋、雪が切れている場所が多々あり。みなさん、シートラです。
2018年04月21日 08:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道明山までは、尾根筋、雪が切れている場所が多々あり。みなさん、シートラです。
道行山より駒ケ岳。
2018年04月21日 09:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道行山より駒ケ岳。
2
ぐるっと見渡すと、荒沢岳。
2018年04月21日 09:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐるっと見渡すと、荒沢岳。
道行山を越えて小倉山とのコルへ。
2018年04月21日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道行山を越えて小倉山とのコルへ。
コルより、いよいよ小倉山、駒ケ岳へ向けてシール歩行開始。
2018年04月21日 10:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルより、いよいよ小倉山、駒ケ岳へ向けてシール歩行開始。
駒ケ岳を目指して。
2018年04月21日 10:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ケ岳を目指して。
2
先行者を追って、シールが良く効きます。
2018年04月21日 10:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者を追って、シールが良く効きます。
稜線直下に結構割れ目が発達。
下りは尾根を外さないように滑降することが必須。
2018年04月21日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線直下に結構割れ目が発達。
下りは尾根を外さないように滑降することが必須。
駒の小屋は、すでに雪からすっかり姿を現していました。
2018年04月21日 12:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒の小屋は、すでに雪からすっかり姿を現していました。
2
越後駒ケ岳より、中の岳、兎岳。
2018年04月21日 12:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ケ岳より、中の岳、兎岳。
燧ケ岳、平が岳
2018年04月21日 12:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳、平が岳
荒沢岳、奥只見湖。
2018年04月21日 12:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒沢岳、奥只見湖。
浅草岳、守門岳。
2018年04月21日 12:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳、守門岳。
1
駒ケ岳頂上。
2018年04月21日 12:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ケ岳頂上。
2
荒沢岳から平ガ岳。」
2018年04月21日 12:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒沢岳から平ガ岳。」
できるだけ尾根を外さないように滑走。
登坂者が居るので、慎重にゆっくりと。
2018年04月21日 13:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
できるだけ尾根を外さないように滑走。
登坂者が居るので、慎重にゆっくりと。
3
滑り甲斐のある斜面。
2018年04月21日 13:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り甲斐のある斜面。
この斜面は滑り堪えがあります。
2018年04月21日 13:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面は滑り堪えがあります。
小倉山、道行山コル付近は平坦になりスキーが滑りません。
2018年04月21日 13:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山、道行山コル付近は平坦になりスキーが滑りません。
道行山より滑走した稜線を眺望。
2018年04月21日 14:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道行山より滑走した稜線を眺望。
1
銀山平方向。
2018年04月21日 14:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀山平方向。
暫くスキーを外しましたが、最後は樹林帯を縫っての滑走。
2018年04月21日 14:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くスキーを外しましたが、最後は樹林帯を縫っての滑走。
2
川は雪解け水で一杯の水量。
2018年04月21日 15:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川は雪解け水で一杯の水量。
無事帰還しました。
2018年04月21日 16:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事帰還しました。

感想/記録

金曜日に年休をとった事もあり、高速バスバスで湯沢までチケットを予約したのですが、朝のニュースで関越道の通行止め知り、急きょキャンセルしてJR鈍行で湯沢まで行き、そこからはレンタカーで六日町へ向かい、そこで宿泊。
翌日、シルバーラインの開通時間0600に合わせて出発、石抱橋は0700予定通りのスタートとなりました。
 シール歩行をしたのもつかの間、すぐに崖沿いの夏道となったため、すぐにシートラにチェンジ、結局道行山と小倉山の鞍部までそのままで通しました。
 シール歩行も最後はきつく、シートラに駒の池山荘直下チェンジ、そして最後頂上まで再びシール歩行と、シールで通すには傾斜が厳しい山でした。
頂上からは山小屋までが、雪質、地形共にこのコース一番なのですが、生憎大腿筋が滑走半ばで悲鳴を上げ痙ってしまい、駒の池山荘で大休止を取ることに。なんとか回復し、ここからの急斜面は下からの登山者もいるので、雪崩を発生させない様に、細かくターンを切り、スピードを抑えて滑走。小倉山手前の鞍部まで、一気に下りる。
道行山山の上りで再度シール歩行開始し、道行山山から滑走モードに入るも、スキーをたびたびハズシテ歩行。それでも林間部も結構滑り応えがあり楽しめました。ただし、沢沿いはスキーが滑らず閉口しました。

訪問者数:224人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鞍部 コル 雪崩
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ