また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1441959 全員に公開 ハイキング京都・北摂

廃村八丁〜芦生から上弓削へ〜

日程 2018年04月28日(土) 〜 2018年04月29日(日)
メンバー
天候二日とも晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
登り
美山町自然文化村キャンプ場「河鹿荘」前Pに、
管理の方了承のもと駐車
ここから歩いて10分ほどのところに、知井小学校前バス停
バスにて芦生を目指す(日曜日は運行してない。時刻表に注意)

下山
京北病院前からバスにて駐車地 美山自然文化村キャンプ場近くの『知見口』バス停へ
駐車地 「河鹿荘」まで歩いて5分ほど
 *登り時使用した『知井小学校前』バス停と『知見口』バス停は400mほどしか離れてない

南丹市営バス
http://www.city.nantan.kyoto.jp/www/kurashi/101/011/005/12957/00039723001.pdf

バス運賃
知井小学校前〜芦生 ¥300
京北病院前〜知見口 ¥600




経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

初日
知井小学校前7:35発 芦生へ
8:16 芦生・出発
8:50 廃村灰野
9:53 稜線上大段谷山分岐点
10:36 P832への分岐点
11:24 佐々里峠
14:47 廃村八丁(到着前途中、仕事電話数回)・テント泊

二日目
5:42 廃村八丁・出発
・いったん八丁川を下るが、引き返す
6:38 トラゴシ峠取り付き
8:05 トラゴシ峠から下った、八丁川との出合
8:33 越木峠
9:48 アラレ谷
11:40 京北病院前バス停・12:35発 知見口へ
コース状況/
危険箇所等
芦生から廃村「灰野」まで、ハイキングに人気のトロッコ廃道が続く。
灰野から急登が続くが、踏み跡はしっかりしており、
佐々里峠まで安心。

佐々里峠から品谷山まで稜線を進むが、
何度か南西にそれる尾根があり、進まないよう注意が必要。

品谷峠から廃村「八丁」までは、沢沿いを進む。

八丁からトラゴシ峠は、沢の右側から取り付くと〇ですが、
トラゴシ峠から越木峠、八丁大道からアラレ谷まで、
印や踏み跡はほぼない状態。
足場の悪い急坂下りと倒木越えの連続。危険です。(二度と通りたくありません)

アラレ谷から上弓削、下中の京北病院前バス停まで、
快適な約6kmの舗装道路が続きます。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

河鹿荘の管理の方に、
駐車の了解をいただき出発
2018年04月28日 06:45撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河鹿荘の管理の方に、
駐車の了解をいただき出発
約10分ほど歩くと知井小学校
2018年04月28日 06:56撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約10分ほど歩くと知井小学校
小学校前のバス停
7:35発 芦生行きのバスを待つ
2018年04月28日 07:08撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小学校前のバス停
7:35発 芦生行きのバスを待つ
「芦生山の家」下車
ここのご主人に、
二日間の予定ルート状況を聞く
2018年04月28日 08:16撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「芦生山の家」下車
ここのご主人に、
二日間の予定ルート状況を聞く
京大研究林施設入り口
右のポストに届け出
*おそらく登山届出ポストでなく、
研究林内散策目的の届け出書かと・・・
2018年04月28日 08:22撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京大研究林施設入り口
右のポストに届け出
*おそらく登山届出ポストでなく、
研究林内散策目的の届け出書かと・・・
トロッコ廃道を進む
2018年04月28日 08:26撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロッコ廃道を進む
2
灰野まで続きます
2018年04月28日 08:33撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灰野まで続きます
1
10数年前は、
森林浴ブームによる人気のコースとなり、
たくさん訪れた人ですれ違いも困難だったそうです。
2018年04月28日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10数年前は、
森林浴ブームによる人気のコースとなり、
たくさん訪れた人ですれ違いも困難だったそうです。
1
廃村「灰野」
ここから急登がはじまる
2018年04月28日 08:52撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃村「灰野」
ここから急登がはじまる
大段谷山との尾根分岐点に到着後、
佐々里峠へ
2018年04月28日 10:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大段谷山との尾根分岐点に到着後、
佐々里峠へ
地図とコンパスから、
たぶん品谷山方面だと思う
2018年04月28日 10:29撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図とコンパスから、
たぶん品谷山方面だと思う
2
P832方面との分岐点
大芦生杉の群生地がある様で、
ちょっとその方面へ寄ってみる
2018年04月28日 10:38撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P832方面との分岐点
大芦生杉の群生地がある様で、
ちょっとその方面へ寄ってみる
何があって、
裂けたのか・・・。
新しい葉もあり、
ちゃんと生きてます。
2018年04月28日 10:57撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何があって、
裂けたのか・・・。
新しい葉もあり、
ちゃんと生きてます。
1
群生地というより、
倒木帯になってました。
2018年04月28日 11:02撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群生地というより、
倒木帯になってました。
ここにも奇木
2018年04月28日 11:10撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも奇木
引き返して佐々里峠へ
2018年04月28日 11:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返して佐々里峠へ
1
風で散り始めてますが、
2018年04月28日 11:27撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風で散り始めてますが、
佐々里峠から1km?ほど進むと
2018年04月28日 12:02撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐々里峠から1km?ほど進むと
1
イワカガミが咲いてました
2018年04月28日 12:02撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミが咲いてました
2
咲いてるのは、
なぜかこの場所だけでした。
2018年04月28日 12:02撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲いてるのは、
なぜかこの場所だけでした。
1
視界の開けたここで、
スマホ電源を入れると仕事電話の着歴がたくさん。
トラブル発生の対応で、
一時間以上停滞
2018年04月28日 12:05撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界の開けたここで、
スマホ電源を入れると仕事電話の着歴がたくさん。
トラブル発生の対応で、
一時間以上停滞
品谷山
案内板の木も、倒壊寸前。
ここでも電話対応。
2018年04月28日 13:47撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
品谷山
案内板の木も、倒壊寸前。
ここでも電話対応。
八丁到着
ここはさすがに、電波普通。
2018年04月28日 14:48撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁到着
ここはさすがに、電波普通。
テント場として、
最適の環境です。
菅原に戻られるという単独男性が、
ここで会った最初で最後の人に
2018年04月28日 16:33撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場として、
最適の環境です。
菅原に戻られるという単独男性が、
ここで会った最初で最後の人に
2
水の心配なし。
清流の近くにテント。
夜は鹿さんが、
辺りを徘徊しておりました。
2018年04月28日 17:40撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の心配なし。
清流の近くにテント。
夜は鹿さんが、
辺りを徘徊しておりました。
2
テント近くに
たくさん咲いてました。
何の木?
2018年04月28日 17:41撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント近くに
たくさん咲いてました。
何の木?
1
翌朝
シャクナゲ
2018年04月29日 05:45撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝
シャクナゲ
2
朽ちてしまった鳥居。
4〜5年前訪れたときは、
まだ何とか形は残ってましたが・・・。
2018年04月29日 05:48撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朽ちてしまった鳥居。
4〜5年前訪れたときは、
まだ何とか形は残ってましたが・・・。
ソトバ峠と八丁川の分岐点。
少し予定の八丁川沿いを進むが、
川渡が多く両岸ともに踏み跡がないため、
トラゴシ峠ルートに変更。
2018年04月29日 05:56撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソトバ峠と八丁川の分岐点。
少し予定の八丁川沿いを進むが、
川渡が多く両岸ともに踏み跡がないため、
トラゴシ峠ルートに変更。
トラゴシ峠取り付き。
トラゴシ峠から、
沢を下るが引き返し、尾根沿いを進む。
2018年04月29日 06:30撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラゴシ峠取り付き。
トラゴシ峠から、
沢を下るが引き返し、尾根沿いを進む。
しかしまた、
沢を下り直して川の両岸を見下ろすと、
ルート取りは危険と判断。
また途中から尾根に這い上がる。
そして尾根を激下り、越木峠へ向かう八丁川の出合に到着。
そして体力消耗。
2018年04月29日 08:06撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしまた、
沢を下り直して川の両岸を見下ろすと、
ルート取りは危険と判断。
また途中から尾根に這い上がる。
そして尾根を激下り、越木峠へ向かう八丁川の出合に到着。
そして体力消耗。
越木峠
おーっっっ!舗装道路。
いつもは嫌いなアスファルト歩きですが、
この日は幸せ。
ここで不安定だが、
電波がつながる。
その後、しばらくすると普通に。
2018年04月29日 08:35撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越木峠
おーっっっ!舗装道路。
いつもは嫌いなアスファルト歩きですが、
この日は幸せ。
ここで不安定だが、
電波がつながる。
その後、しばらくすると普通に。
八丁大道
快適なルートかと思ったが、
この先から生い茂った草木と倒木、
激下りの連続。
2018年04月29日 09:15撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁大道
快適なルートかと思ったが、
この先から生い茂った草木と倒木、
激下りの連続。
1
アラレ谷到着。
ここから舗装道路となり、
バス停京北病院までの約6kmを歩く。
途中この場所で、2頭のクマに出会いました。
2018年04月29日 10:01撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アラレ谷到着。
ここから舗装道路となり、
バス停京北病院までの約6kmを歩く。
途中この場所で、2頭のクマに出会いました。
1
快晴のもと、
のどかな風景を楽しみながら、
千谷 上川 上弓削の集落を通過。
2018年04月29日 10:25撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴のもと、
のどかな風景を楽しみながら、
千谷 上川 上弓削の集落を通過。
千谷で、地元の方とお話し。
集落近くでも、クマの出没があるらしい。
2018年04月29日 11:12撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千谷で、地元の方とお話し。
集落近くでも、クマの出没があるらしい。
京北病院。
長かったアスファルト歩きも終了。
宮脇 知見口行きバス停は、
撮影自身左の、
この入り口向かいに。
予定の時刻に間に合う。12:35発
2018年04月29日 11:46撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京北病院。
長かったアスファルト歩きも終了。
宮脇 知見口行きバス停は、
撮影自身左の、
この入り口向かいに。
予定の時刻に間に合う。12:35発
駐車地「河鹿荘」近くの
知見口に到着
2018年04月29日 13:16撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地「河鹿荘」近くの
知見口に到着
G.W突入。
キャンプ場は賑わってます。
2018年04月29日 13:19撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
G.W突入。
キャンプ場は賑わってます。
1
駐車場は満杯。
管理の方にご挨拶後、
帰路に就く。
2018年04月29日 13:23撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は満杯。
管理の方にご挨拶後、
帰路に就く。
途中、かやぶきの里
2018年04月29日 13:37撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、かやぶきの里
4
観光客でいっぱい
2018年04月29日 13:37撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光客でいっぱい

感想/記録

今年のG.Wは、珍しく普通に休めそう。
前半は穏やかな好天予報なので、
以前から計画してた、
八丁でのテント泊(地元ガイドさんに聞くと、問題ないという)をしてきました。

起点の芦生からトロッコ道歩きが始まり、
森林浴が楽しめ、ハイキングコースとして最適ですね。
灰野から急登になりますが、佐々里峠まで特に危険個所はなく、
行程時間に大変余裕もあり、快適に歩けました。
佐々里峠から少し進むと、イワカガミの群生地が現れ、
ある個所だけ突然咲き誇っておりました。何で、ここだけ?

途中仕事トラブルの電話対応(docomo)で、時間のロスはありましたが、
静かな廃村八丁に到着。
結局このまま、一人っきりの静か過ぎる夜を過ごすことになりました。
夜中時々、テント近くをウロウロされる、鹿さんはおられましたが・・・。
とにかく月明かりがとっても明るい、川のせせらぎを聞きながら眠る、
素敵な夜だったなぁ〜。

苦労した二日目
駐車地に戻るためのバス時刻まで、
かなりの余裕を持っての出発でしたが、
川渡や登りなどの引き返し。
倒木、踏み跡のない道なき道の通過と足場の悪い急坂でのトラバース。
思いのほか先に進まず途中から、
予定バスの6時間後の便に乗車する気持ちになりました。
廃村から八丁川沿いルートの引き返しはまだ軽症ですみましたが、
トラゴシ峠から八丁川出合までの下りは、いい勉強になりました。
生い茂った草木と倒木はあっても、尾根を下れば問題なしですね。
谷から沢の下りは、余程の熟練の方出なければ選択はしてはなりませぬ。
沢沿いの踏み跡ルートがない確認後、
足場の悪い急坂トラバースしながらの尾根への這い上がりは、
結構体力消耗しました。
八丁川出合は広くなだらかな川岸で、
川の水は青く澄み渡り、
静かで異次元な世界を感じさせる空気が漂ってました。
*うまく表現できてませんが・・・。

アラレ谷林道から快適な道となりましたが、
ここに到達するまで、ほぼ踏み跡なしと印なし(出合や峠にあるぐらい)。
八丁出発してからのキツい4時間を過ごしました。

アラレ谷林道を国道162号線へ
途中歩く斜め背後から、「ぶぉっ!」っという鳴き声が。
二頭の真っ黒なクマが、慌てて尾根を駆け上がり逃げていく姿を見ました。
地元の方にお話しすると、
やはりこの辺りは生息してること当たり前の様で、
入山する場合、注意は必要ですね。
訪問者数:363人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/1/18
投稿数: 959
2018/5/1 8:50
 大変な山行
私も鈴鹿でテント泊してましたがスーパームーン?でテントの中も明るかったですね。

トラゴシ峠からアラレ谷は、ヤマレコの足跡がほとんど付いてませんね。不人気何ですね。
トチヤナギ谷の下りは、エアリアは右岸、地形図は左岸、に道が付いてますが、どっちが正しいか検証が必要ですね。

芦生の原生林は、子供が小さい連れて行ったきりです。
登録日: 2011/3/23
投稿数: 899
2018/5/1 12:33
 Re: 大変な山行
metsさん、こんちは〜

鈴鹿だったんですね。
18時に就寝→眼が覚めるとテント内が明るくて、朝かな?って思いました。
時計見ると、まだ22時。
場所は違いましたが、綺麗な月明かりは一緒でしたね。

バスによる起点までの帰路を考えると、
仕方のないルート取りとなってしまいました。
トチヤナギ谷までもう少しのところまで下降しましたが、
踏み跡(道)は分かりませんでした。
トラゴシ峠から尾根に沿って、
出合まで下降するのが一番良いかと。

鈴鹿のレコ・アップ、お待ちしております。
登録日: 2011/3/28
投稿数: 1346
2018/5/1 23:10
 お疲れ様です。
廃村八丁はいつかは行きたいと思っています。
テント泊でゆっくりなんて、素敵なプランだと思いますが
熊が出ると聞いたら、テント泊は怖いなー。( ;∀;)
私もたまにありますが、山行中に仕事の電話は勘弁してもらいたいですね。
解決するまで歩けませんね。
解決しても現実に戻されてテンションが下がります。
2日目はルートに苦労されたんですね・・・
登録日: 2011/3/23
投稿数: 899
2018/5/2 12:04
 Re: お疲れ様です。
orisさん、こんちは〜

廃村『八丁』は山深い位置にあり、
歴史を感じ、静かで癒されるなかなかの場所です。
是非是非、訪れてください。

山に入るといつも、電話の電源はOFF。
気象予報の確認などで所々でONして確認するんですが、
まさかの大量着歴にビックリでした。
社内の人に迷惑かけず、自身で対応できたので、
「良し」と思わないと・・・ですね。

二日目は、
迷いなどのミスはありませんでしたが、
コース選択の判断で良い勉強になりました。
今も軽く、腕肩の筋肉痛が残っております。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ