また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1442202 全員に公開 ハイキング 谷川・武尊

大源太山〜上州のマッターホルン 日帰り

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間14分
休憩
50分
合計
8時間4分
S旭原駐車場06:5009:36大源太山10:1111:48七ツ小屋山11:5112:57シシゴヤノ頭13:0814:54旭原駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◯全般
登山道は全般的に荒れていて、道が悪く歩きづらかったです。残雪が多いところがありますので12本爪アイゼンがあると良いです。

◯登山口〜弥助尾根
雪はほとんどありませんでした。アイゼンは着用不要です。このルートでは渡渉箇所が二ヶ所ありますが、雪解けが進んで増水しており、水に浸からずに渡るのは難しいです。水は冷たく、川底の石が滑りますのでかなり気を遣いました。渡渉用の靴を持参しても良いかもしれません。

◯弥助尾根〜大源太山
ひたすら急登。山頂近くは比較的痩せた尾根道なので転倒には注意。雪はほとんどありません。

◯大源太山〜七ッ小屋山
大源太山を出てすぐに痩せた尾根道を降下します。垂直に近い岩場を下るので細心の注意が必要です。七ッ小屋山の手前では雪渓を直登しますので、アイゼン着用した方が良いと思います。

◯ 七ッ小屋山〜シシゴヤノ頭
雪はかなり少なくなってきていますが、両側が切り立った雪渓を通過しますので、ここでもアイゼンが必要です。

◯シシゴヤノ頭〜登山口
下り始めてからしばらくは雪渓ですのでアイゼン必須です。ルートが分かりづらく、登山道も様々な障害(木の枝や残雪)があり、とても気を遣います。水場の辺りまで来ればその先はアイゼン無しでも大丈夫です。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

登山口を出発して林道を歩きます
2018年04月29日 06:49撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口を出発して林道を歩きます
出発するといきなり残雪
2018年04月29日 06:55撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発するといきなり残雪
ピンク色の花が咲いてます
2018年04月29日 06:57撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンク色の花が咲いてます
いきなり渡渉ポイント。登山道は川の向こう側です
2018年04月29日 06:58撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり渡渉ポイント。登山道は川の向こう側です
写真だと流れてないけど流れは早いです
2018年04月29日 07:05撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真だと流れてないけど流れは早いです
裸足で渡りました。ちべたい…
2018年04月29日 07:08撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裸足で渡りました。ちべたい…
1
危ないハシゴ
2018年04月29日 07:18撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危ないハシゴ
先を急ぎます
2018年04月29日 07:21撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先を急ぎます
花が綺麗だな〜
2018年04月29日 07:27撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花が綺麗だな〜
またまた渡渉ポイント
2018年04月29日 07:26撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた渡渉ポイント
ロープのあるところは深そうだったので浅いところを探して渡ります。当然裸足でGO
2018年04月29日 07:35撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープのあるところは深そうだったので浅いところを探して渡ります。当然裸足でGO
1
ここから結構な急登
2018年04月29日 07:45撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから結構な急登
高度が上がって展望が開けてきました
2018年04月29日 08:11撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度が上がって展望が開けてきました
石楠花
2018年04月29日 08:12撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石楠花
分かりづらいけど急登です
2018年04月29日 08:19撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりづらいけど急登です
カタクリ。綺麗です
2018年04月29日 08:38撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ。綺麗です
2
時々雪もありますが問題無し
2018年04月29日 08:40撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々雪もありますが問題無し
山頂が見えてきました
2018年04月29日 08:45撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきました
岩場が増えてきます
2018年04月29日 09:14撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場が増えてきます
あと少しで山頂
2018年04月29日 09:24撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少しで山頂
大源太山山頂に到着!
2018年04月29日 09:35撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太山山頂に到着!
2
谷川岳方面
2018年04月29日 09:35撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳方面
登山口方面
2018年04月29日 09:35撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口方面
多分苗場の方
2018年04月29日 09:35撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分苗場の方
登ってきた道を振り返り
2018年04月29日 09:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた道を振り返り
山頂直下の急な下り。道も狭く結構危険です
2018年04月29日 09:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の急な下り。道も狭く結構危険です
1
慎重に下ります
2018年04月29日 10:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に下ります
1
下りたところから振り返り。こちらから見ると凄いトンガリです
2018年04月29日 10:18撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りたところから振り返り。こちらから見ると凄いトンガリです
1
ここでランチタイム
2018年04月29日 10:41撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでランチタイム
1
約束された勝利の味🏅
2018年04月29日 10:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約束された勝利の味🏅
1
出発するといきなり雪渓登ります
2018年04月29日 10:35撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発するといきなり雪渓登ります
1
足元や頭上の枝が結構邪魔です
2018年04月29日 11:26撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元や頭上の枝が結構邪魔です
稜線に出ました
2018年04月29日 11:42撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ました
1
良い稜線
2018年04月29日 11:48撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い稜線
2
振り返ると源太
2018年04月29日 11:48撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると源太
1
カタクリが稜線に沿って咲き乱れてます
2018年04月29日 11:57撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリが稜線に沿って咲き乱れてます
最高の稜線歩き。風が気持ち良いです
2018年04月29日 11:57撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の稜線歩き。風が気持ち良いです
綺麗な花🌸
2018年04月29日 12:23撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な花🌸
日当たりが良いのに雪が残ってます
2018年04月29日 12:31撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日当たりが良いのに雪が残ってます
シシゴヤノ頭方面へ
2018年04月29日 12:33撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シシゴヤノ頭方面へ
1
歩いている場所は三角形の頂点あたりです
2018年04月29日 12:42撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いている場所は三角形の頂点あたりです
1
雪渓の両側は谷になってます
2018年04月29日 12:43撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の両側は谷になってます
シシゴヤノ頭
2018年04月29日 12:55撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シシゴヤノ頭
反対側に大源太山。一際とんがってます
2018年04月29日 12:36撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側に大源太山。一際とんがってます
1
シシゴヤノ頭から登山口へ
2018年04月29日 12:42撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シシゴヤノ頭から登山口へ
湿雪の登山道を下ります(この後道をロスト)
2018年04月29日 13:15撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿雪の登山道を下ります(この後道をロスト)
1
スミレですかね
2018年04月29日 14:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレですかね
カメラを途中で仕舞ったので、いろいろ省略して登山口に到着
2018年04月29日 14:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラを途中で仕舞ったので、いろいろ省略して登山口に到着
コーラ飲んでゲップして終了です
2018年04月29日 15:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーラ飲んでゲップして終了です
2

感想/記録

新調したザックのフィールドテストで何処か登ろうかと思っていた矢先に、大源太山という山への山行の誘いを受けて行ってきました。上州のマッターホルンとの異名を持つ山ということで不安半分期待半分。

林道を出発すると10分ほどで渡渉ポイントがあるのですが、雪解けで増水しており濡れずに通れる場所が無い…というスタート。しかもそこから10分でまたまた渡渉ポイントがあり出鼻を挫いてきます。そこをなんとか抜けると山頂までひたすら急登。距離は短いですが標高を大幅に上げるため、荷物多いとキツいです。

山頂は特に特徴はありませんが、どの方向も切り立った崖のようになっており、七ッ小屋山方向(南側)から見るととまさしくマッターホルンのような威容になっていました。登山口側から見たときはそんな感じはしませんでしたが…。

七ッ小屋山まで歩くと、そこからは快適な稜線歩きで、気温は高いものの風が強くてちょうど心地良い体感になってました。花も多く咲いていて良い時期だなぁと思います。

シシゴヤノ頭から先は登山道の状態が悪く、転倒や滑落のリスクがありました。残雪で細い木が登山道側に傾いて道を塞いだり、道が見えなくなってたりしており、雪が完全になくなるまでは通りたくない感じでした。


今回の登山ではGWにもかかわらずほとんど登山者の方と会わなかったのですが、やはり登山道の状態や、山自体の登りにくさがあると思いました。子供連れやお年寄りには特にオススメできないです。
しかしながら、近隣の山にはない独特の威容があるので、夏から秋にかけて雪が無くなって道の状態が良くなってきた頃にまた登ってみたいですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1108人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ