また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1442349 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

房小山、バラ谷の頭 〜 門桁ゲートから往復 〜

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◇門桁ゲート前の駐車スペースに自家用車を駐車。
・スタート時は10台ほどの車が駐車。釣人が主。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間19分
休憩
44分
合計
11時間3分
Sスタート地点05:2406:58尾根取付き07:0309:47房小山09:5710:59本邦最南端2,000mの地11:0011:04バラ谷の頭11:1811:32本邦最南端2,000mの地12:27房小山12:3214:47尾根取付き14:5616:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【門桁ゲート⇔尾根取付き】
◆6.5kmほどの林道歩き。0.5kmごとに標識が設置されています。
【尾根取付き⇔房小山】
◆踏み跡が分かる区間もありますが、全体的には薄いか不明瞭です。踏み跡も人より鹿がよく踏んでいる印象を受けました。
◆登りはひたすら標高の高い方へと登っていけばいいので難しくはありません。
◆下りは尾根の分岐点でその都度下る方向を確認したほうが無難です。下りのみの利用の場合は、コンパスまたはGPS必携です。
※以下は下る際の説明です。
◆標高1740m〜1750m付近で北に伸びる尾根と西南西に伸びる尾根に分岐していますが、林道に降りるルートは後者です。ここは、テープなどの目印はなく、踏み跡も判然としません。(天気が良ければ、)谷を挟んで南側にある尾根を見ながら下れる尾根を選べば正解です。
◆標高1670m付近でも日本の尾根に分かれますが、ここも、南側の尾根を見ながら下れる尾根が正解。
◆標高1560m付近で尾根を乗り換え西へと進みますが、乗り換える尾根の木に黄色テープが巻いてあります。
◆標高1530m付近の分岐、標高1450m〜1350mにかけての斜面、標高点1327m地点付近の分岐も道迷いしそうなポイントですが、ピンクテープや赤テープの目印があるので、目印を目安に下ってはいけます。目印がどこまで信用できるかは不明です。
◆標高900m付近からは黄色のビニールテープやペイントが一定間隔で木にペイントされているので、それらを辿れば林道に下りることができます。傾斜がかなり急なのでスリップには注意が必要です。
【房小山⇔バラ谷の頭】
◆獣道が錯綜しています。濃い踏み跡を辿れば、それほど苦も無く歩くことができますが、薄い踏み跡を辿ると笹の抵抗を受け、少し歩きにくいです。
◆尾根が拡がっている所もありますが、谷側に下らないことを意識すれば、道迷いするようなことはないでしょう。
◆笹丈は長い所で1mほど。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

ゲート前の駐車スペースからスタート。
駐車スペースは、釣人で予想外に賑わっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート前の駐車スペースからスタート。
駐車スペースは、釣人で予想外に賑わっていた。
3
ゲートを潜るとしばらくは舗装路歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートを潜るとしばらくは舗装路歩き。
1
この分岐点では左に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐点では左に進む。
林道はそれほどの凸凹もなく歩きやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道はそれほどの凸凹もなく歩きやすい。
1
新緑を楽しみながら歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑を楽しみながら歩く。
1
眼下に見える気田川の流れ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に見える気田川の流れ
4
この分岐点は直進。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐点は直進。
9.0km標識を過ぎた、この地点から尾根に取り付く。
ここでランニングシューズから登山靴に履き替えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9.0km標識を過ぎた、この地点から尾根に取り付く。
ここでランニングシューズから登山靴に履き替えた。
しばらくは急登が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは急登が続く。
いったん平坦気味となる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん平坦気味となる。
1
そして、また急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、また急登。
ブナ林をのぼっていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林をのぼっていく。
1
大木を見上げる。
この木、何の木?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大木を見上げる。
この木、何の木?
2
笹原エリアまで登ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原エリアまで登ってきた。
西へと目を向けると、良い眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西へと目を向けると、良い眺め。
4
ついにバラ谷の頭が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついにバラ谷の頭が見えた。
5
遠くに見えた光岳を拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見えた光岳を拡大。
6
主稜線に出る手前で一下りし、登り返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線に出る手前で一下りし、登り返す。
2
前黒法師山の奥には、御嶽山や中央アルプスが見えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前黒法師山の奥には、御嶽山や中央アルプスが見えている。
4
主稜線まで登ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線まで登ってきた。
1
房小の瞳と再会。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
房小の瞳と再会。
4
房小山に到着。
休憩されていた方と小話した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
房小山に到着。
休憩されていた方と小話した。
4
今日も青空目指して♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も青空目指して♪
6
大無間山方面。
富士山は前黒法師岳に重なっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大無間山方面。
富士山は前黒法師岳に重なっている。
4
大無間山を拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大無間山を拡大。
5
正面にバラ谷の頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面にバラ谷の頭
5
笹原の海。
深南部らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原の海。
深南部らしい。
4
稜線の西に目を向けると、麻生山と前黒法師山が目に入る。
この辺りから見る前黒法師山は綺麗な三角錐だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の西に目を向けると、麻生山と前黒法師山が目に入る。
この辺りから見る前黒法師山は綺麗な三角錐だ。
5
バラ谷の頭の西側斜面の向こうに見える黒沢山と中ノ尾根山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バラ谷の頭の西側斜面の向こうに見える黒沢山と中ノ尾根山。
4
東を見やると、正面に富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東を見やると、正面に富士山。
4
笹原の上には快晴の青空。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原の上には快晴の青空。
2
中央アルプスを拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスを拡大。
10
バラ谷の頭へと直登中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バラ谷の頭へと直登中。
5
「本邦最南2000mの地」の標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「本邦最南2000mの地」の標識。
7
少し進んで、バラ谷の頭に到着!
絶景を楽しみながら、ゆっくりした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進んで、バラ谷の頭に到着!
絶景を楽しみながら、ゆっくりした。
13
黒バラ平と黒法師岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒バラ平と黒法師岳
7
光岳とその右奥に聖岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳とその右奥に聖岳
9
合地山とその奥に加加森山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合地山とその奥に加加森山
5
鎌崩の向こうに不動岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌崩の向こうに不動岳
7
見納めとして最後に黒法師岳方面を眺めてから、バラ谷の頭を後にする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見納めとして最後に黒法師岳方面を眺めてから、バラ谷の頭を後にする。
5
「本邦最南2000mの地」の標識の手前で、房小山でお話しした方と再会し、再びお話。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「本邦最南2000mの地」の標識の手前で、房小山でお話しした方と再会し、再びお話。
3
登りでは直登したので、帰路では尾根伝いに歩くことに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りでは直登したので、帰路では尾根伝いに歩くことに。
2
笹原を快適に歩きながら、房小山まで戻る。
吹き抜けていく風が気持ちよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原を快適に歩きながら、房小山まで戻る。
吹き抜けていく風が気持ちよかった。
5
房小山まで戻り、小休止。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
房小山まで戻り、小休止。
4
主稜線を離れ、尾根を下る。
ここからは道迷いしないように少し緊張感を高めて歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線を離れ、尾根を下る。
ここからは道迷いしないように少し緊張感を高めて歩く。
1
さよなら、バラ谷の頭!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さよなら、バラ谷の頭!
5
標高1740m〜1750m付近の尾根の分岐点からは、こちらの尾根を下っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1740m〜1750m付近の尾根の分岐点からは、こちらの尾根を下っていく。
谷を挟んで南側に尾根が見えていることが確認できればO.K.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を挟んで南側に尾根が見えていることが確認できればO.K.
標高1560m付近の尾根を乗り換える地点の目印。
中央の木の黄色テープが目印。
この尾根を乗り換える地点付近は、踏み跡も割合はっきりしている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1560m付近の尾根を乗り換える地点の目印。
中央の木の黄色テープが目印。
この尾根を乗り換える地点付近は、踏み跡も割合はっきりしている。
1
低木が邪魔をしている区間がある。
ここは、尾根通しに無理やり突破する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低木が邪魔をしている区間がある。
ここは、尾根通しに無理やり突破する。
上記低木の葉を拡大。
何の木か不明…。
木の種類はまだまだ勉強不足。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上記低木の葉を拡大。
何の木か不明…。
木の種類はまだまだ勉強不足。
オオイタヤメイゲツの若葉。
オオイタヤメイゲツの木が多かったので、秋は紅葉や黄葉が楽しめそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオイタヤメイゲツの若葉。
オオイタヤメイゲツの木が多かったので、秋は紅葉や黄葉が楽しめそう。
6
標高1530m付近の分岐の目印。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1530m付近の分岐の目印。
目印となるピンクテープが一定間隔でつけられていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目印となるピンクテープが一定間隔でつけられていた。
この黄色テープが現れてからは、黄色テープや黄色のペイントを辿る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この黄色テープが現れてからは、黄色テープや黄色のペイントを辿る。
林道まで下りてきた。
ここで、登山靴からジョギングシューズに履き替え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道まで下りてきた。
ここで、登山靴からジョギングシューズに履き替え。
2
新緑が実に美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が実に美しい。
4
森林浴を楽しみながら、ゆっくり林道を歩いて戻る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林浴を楽しみながら、ゆっくり林道を歩いて戻る。
2
ふと見上げると、まだヤマザクラが咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと見上げると、まだヤマザクラが咲いていた。
5
途中、多段の滝を何か所かで楽しめる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、多段の滝を何か所かで楽しめる。
2
イロハモミジの若葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イロハモミジの若葉
5
ウツギの花。
ウツギの種類までは分かりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウツギの花。
ウツギの種類までは分かりません。
6
ゲートまで無事に戻ってこれた。
ゲートは、左右の通り抜けができないので、写真の左下にある枠を潜り抜ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートまで無事に戻ってこれた。
ゲートは、左右の通り抜けができないので、写真の左下にある枠を潜り抜ける。
2

感想/記録

寸又峡からの黒法師岳周回コースのうち未踏となっていた房小山とバラ谷の頭の区間を歩くため、門桁ゲートから往復することにしました。

この日は、快晴の青空が拡がり、気温も高すぎず、低すぎず山を楽しむには最適な一日でした。
風薫る5月は、山深い深南部を歩くには、日も長く、気候も良い絶好の季節。
さらに、この日は、気象コンディションも最高。それにGWという条件も加われば…。
主稜線では、めずらしく、6人もの人とお会いしました。
何処の人気の山域!?と想定外の人の多さに少し驚きましたが…。冷静に考えると、それは言い過ぎですね。
もちろん、主稜線以外では、誰とも会わず。静かな山歩きを楽しむことができました。

主稜線に出てからは深南部らしい立ち枯れの木と笹原を、樹林帯や林道歩きでは新緑の若葉を、それぞれ思う存分楽しめ、リフレッシュできました。

気になる点は、林道に下りてきた時点でズボンを見るとマダニが5匹以上くっついていたこと。どこで付いたかわ分かりませんが、この時期このルートを歩く際にはダニ対策が必要そうです。
訪問者数:326人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ