また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1442356 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中国山地西部

〔撮影山行〕道後山〜開放感最高の300名山〜

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間35分
休憩
40分
合計
2時間15分
S月見ヶ丘登山口15:4516:30道後山17:0017:30岩樋山17:4018:00月見ヶ丘登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2時間〜2時間半で往復可能。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

15:45 月見ヶ丘駐車場からアプローチ。
見えているのは岩樋山。
目的の道後山は岩樋山の奥。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:45 月見ヶ丘駐車場からアプローチ。
見えているのは岩樋山。
目的の道後山は岩樋山の奥。
1
行きは天気が崩れる前に、岩樋山を巻くルートでダイレクトに道後山へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きは天気が崩れる前に、岩樋山を巻くルートでダイレクトに道後山へ。
なんせ、標高差200mほど。
道後山まで平たーい道を詰めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんせ、標高差200mほど。
道後山まで平たーい道を詰めます。
3
道後山への上りから振り返って見る岩樋山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道後山への上りから振り返って見る岩樋山。
1
南峰にはたおやかな山々が連なる。
地理感がなく、何の山かまったく分からん(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰にはたおやかな山々が連なる。
地理感がなく、何の山かまったく分からん(笑)。
3
道後山山頂を視界に収めました。
標高1,271mにしては、なんて平坦で開放感あふれる稜線なんでしょう。
こんな山もあるんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道後山山頂を視界に収めました。
標高1,271mにしては、なんて平坦で開放感あふれる稜線なんでしょう。
こんな山もあるんですね。
13
16:30 道草を食いながらも45分で道後山山頂に到着。
印象的な雲がお出迎えしてくれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:30 道草を食いながらも45分で道後山山頂に到着。
印象的な雲がお出迎えしてくれる。
8
ただただ広い。
一面緑に覆われる時期に来れば、非常に綺麗なのでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただただ広い。
一面緑に覆われる時期に来れば、非常に綺麗なのでしょう。
2
南側は笹原の向こうに連なるたおやかな山稜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側は笹原の向こうに連なるたおやかな山稜。
ショウジョウバカマ。
地面這いつくばってマクロ撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ。
地面這いつくばってマクロ撮影。
6
もう一つ。
重労働だ(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一つ。
重労働だ(笑)。
6
笹原の向こうに連なる北側の山稜。
これまた何だか分かりません(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原の向こうに連なる北側の山稜。
これまた何だか分かりません(笑)。
道後山を下りて、今度は岩樋山を通って帰ることにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道後山を下りて、今度は岩樋山を通って帰ることにします。
1
新緑の花が咲く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑の花が咲く。
4
17:30 岩樋山到着。
岩樋山山頂からの南側方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:30 岩樋山到着。
岩樋山山頂からの南側方面。
3
岩樋山山頂より西側の道後山と影自撮り。
こんな展望もよくて楽に登れる山は、大歓迎だそうです(妻)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩樋山山頂より西側の道後山と影自撮り。
こんな展望もよくて楽に登れる山は、大歓迎だそうです(妻)。
6
山頂より北側の山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より北側の山々。
麓を駆け上がる新緑のパッチワーク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓を駆け上がる新緑のパッチワーク。
7
18:00下山。
夕日を見て、次の吾妻山に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18:00下山。
夕日を見て、次の吾妻山に向かいます。
14

感想/記録

≪感想≫
本日1山目の那岐山に引き続き、移動して2山目の道後山。
既に日が傾く中、道後山山頂に到着。
稜線〜山頂は大きく開けており、最高に開放感のある稜線歩きでした。
こんな山もあるんですね。

復路は岩樋山を連ねて下山。
標高がやや高いせいか、新緑が間に合っていなかったが、緑に覆われる時期に来れば非常に気持ちの良い山だと思う。


≪撮影機材≫
24~70mmF2.8: × 軽量化のため不所持。
16~35mmF4:◎ 山頂展望含めてこれ1本で足りるかも。
70〜200mmF4:〇 新緑の重なりを切り取る場合。
50mmF4macro:〇 登山道脇の花。
訪問者数:178人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ