また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1442760 全員に公開 山滑走尾瀬・奥利根

燧ヶ岳

日程 2018年04月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候小雨のち快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東北自動車道 西那須野塩原インターから御池。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間2分
休憩
1時間5分
合計
7時間7分
Sスタート地点05:4505:45御池登山口06:30広沢田代06:4007:35熊沢田代09:2509:3509:55燧ヶ岳10:1010:4011:1012:50山の駅御池&御池ロッジ12:52御池登山口12:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
柴安瑤忙蠅觴侈未漏衢遒肪躇奸
その他周辺情報檜枝岐村に蕎麦屋多数あり。
日帰り温泉も複数あり。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ピッケル 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 バラクラバ 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール クトー アイススクリュー カラビナ スリング ロープ アマチュア無線

写真

ゴールデンウイーク初日、東北自動車道を北上して、深夜二時過ぎに檜枝岐村に到着。
道路脇の夜桜を楽しむ。
その後、程なくして御池に到着するが、残念ながら天候は小雨。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールデンウイーク初日、東北自動車道を北上して、深夜二時過ぎに檜枝岐村に到着。
道路脇の夜桜を楽しむ。
その後、程なくして御池に到着するが、残念ながら天候は小雨。
1
御池の駐車場。
小雨が止まなく、スタートを見合わせていましたが、やっと止み準備開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池の駐車場。
小雨が止まなく、スタートを見合わせていましたが、やっと止み準備開始。
御池ロッジのトイレ使用できました。
本日、駐車場は無料開放でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池ロッジのトイレ使用できました。
本日、駐車場は無料開放でした。
1
駐車場に車が増えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に車が増えてきました。
駐車場奥の登山口を出発する。
アンダーウエアーにフリースで登頂開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場奥の登山口を出発する。
アンダーウエアーにフリースで登頂開始。
急な登りが終わり、一休み
気温が高く、フリースを脱ぎました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な登りが終わり、一休み
気温が高く、フリースを脱ぎました。
急な登りが終わり、一休み
雪は締まっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な登りが終わり、一休み
雪は締まっています。
広沢田代に到着。
しばしスキーで散歩を楽しむ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広沢田代に到着。
しばしスキーで散歩を楽しむ。
赤い目印が所々で目につきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い目印が所々で目につきます。
熊沢田代に到着。
雪が真っ白でなく、残念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢田代に到着。
雪が真っ白でなく、残念。
燧ヶ岳は依然として霧の中に隠れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳は依然として霧の中に隠れています。
1
だんだん霧が晴れてきて、天気が回復の兆しあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん霧が晴れてきて、天気が回復の兆しあり。
2
燧ヶ岳山頂方向。
だんだん斜面が急になってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳山頂方向。
だんだん斜面が急になってきました。
1
来た道を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。
2
俎板瑤謀着。尾瀬ヶ原と至仏山を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎板瑤謀着。尾瀬ヶ原と至仏山を望む。
2
氷結している尾瀬沼。
次回は尾瀬沼を渡って燧ヶ岳に登ってみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷結している尾瀬沼。
次回は尾瀬沼を渡って燧ヶ岳に登ってみたい。
2
良く見れば、遠くに富士山が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く見れば、遠くに富士山が見える。
1
富士山をズームにて撮影する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山をズームにて撮影する。
2
柴安瑤畔燭岳方面を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴安瑤畔燭岳方面を望む。
会津駒ヶ岳方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒ヶ岳方面。
3
俎板瑤肪屬れる標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎板瑤肪屬れる標識。
1
俎板瑤砲△詁鹽三角点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎板瑤砲△詁鹽三角点。
スキーをデポして、目的地の最高峰の柴安瑤妨かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーをデポして、目的地の最高峰の柴安瑤妨かう。
3
俎板瑤ら柴安瑤縫▲廛蹇璽然始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎板瑤ら柴安瑤縫▲廛蹇璽然始。
2
柴安瑤謀着。
柴安瑤ら望む尾瀬ヶ原と至仏山は格別。
尾瀬ヶ原と至仏山を望むなら、柴安瑤鬚勧めします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴安瑤謀着。
柴安瑤ら望む尾瀬ヶ原と至仏山は格別。
尾瀬ヶ原と至仏山を望むなら、柴安瑤鬚勧めします。
3
柴安瑤ら望む平が岳方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴安瑤ら望む平が岳方面。
2
柴安瑤ら望む富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴安瑤ら望む富士山。
1
柴安直下の斜面
慎重に降下開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴安直下の斜面
慎重に降下開始。
柴安直下の斜面
滑落注意、おそらく下まで止まりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴安直下の斜面
滑落注意、おそらく下まで止まりません。
柴安直下の斜面
滑走したと思われる跡を見ると、スキーで降りた強者の方もいるようですが、私は遠慮しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴安直下の斜面
滑走したと思われる跡を見ると、スキーで降りた強者の方もいるようですが、私は遠慮しました。
食事を摂って、そろそろ御池に戻ることにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事を摂って、そろそろ御池に戻ることにする。
素晴らしい景色を見納めする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい景色を見納めする
1
素晴らしい景色を見納めする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい景色を見納めする
素晴らしい景色を見納めする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい景色を見納めする
1
お待ちかねの滑走開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お待ちかねの滑走開始。
2
滑った斜面を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑った斜面を振り返る。
1
福島県道1号沼田檜枝岐線入口に向かって、さらに滑走を進める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福島県道1号沼田檜枝岐線入口に向かって、さらに滑走を進める。
1
ツリーランが続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリーランが続く。
福島県道1号沼田檜枝岐線入口に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福島県道1号沼田檜枝岐線入口に到着。
御池の駐車場に到着し、愛車にご対面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池の駐車場に到着し、愛車にご対面。
無事に山行終了。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に山行終了。
桜が見事。視覚が癒される
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜が見事。視覚が癒される
下山後は名物の蕎麦を楽しむ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後は名物の蕎麦を楽しむ。
檜枝岐名物の裁ち蕎麦。
味覚が癒される。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜枝岐名物の裁ち蕎麦。
味覚が癒される。
山菜の天丼も美味しかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山菜の天丼も美味しかった。
記憶に残る沢沿いの秘湯を堪能する。
素晴らしい温泉でした。
疲れが癒され、帰宅の途に着く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記憶に残る沢沿いの秘湯を堪能する。
素晴らしい温泉でした。
疲れが癒され、帰宅の途に着く。

感想/記録

昨年6月に会津駒ケ岳から見た燧ヶ岳が忘れられなく、長らく御池までの除雪が終わるのを心待ちに待っていました。天気予報は未明まで小雨でしたが、その後は快晴だったので、ゴールデンウイークの初日に愛車で東北自動車道を北上して御池に向かいました。那須野塩原インターから御池までの道のりは長時間を強いられますが、ゴールデンウイークでも深夜の交通量は少なく、ストレスなく御池に到着ました。天気予報の通り未明は小雨でしたが、5時過ぎに天候の回復が見られたので準備を開始し、登頂を始めました。駐車場からシール歩行しましたが、広沢田代に着くまでの急な登りが一番大変でした。気温が高く、暑くてフリースを脱いでしまいました。熊沢田代にはコースを左側に捲いて急な登りを避けて向かいました。熊沢田代に到着してから暫く経つと天候は急速に回復して晴天となりました。俎板瑤謀着寸前のルート選びが悪く、藪に手こずり、シートラを強いられましたが、無事に俎板瑤謀着。しばらく景色を堪能した後に、スキーとザックをデポし、アイゼンとピッケルを装備して目的地である最高峰の柴安瑤妨かいました。柴安瑤悗離▲廛蹇璽舛任蓮∋劃債床爾竜渕侈未縫團奪吋襪鮖藩僂靴進が安心です。雪は硬くありませんでしたが、滑落すると容易には止まらない急斜面です。そのため、特に下りは慎重に降りた方が良いと思います。しかしながら、それでも柴安瑤謀个覯礎佑呂△蠅泙靴拭P挌締瑤らも尾瀬ヶ原と至仏山は見えますが、柴安瑤ら望むその景色は俎板瑤鬚靴里ます。当初、俎板瑤ら柴安瑤帽圓ことを、10mの違いだし、なんとなく面倒だと思っていましたが、柴安瑤謀个辰椴匹ったと実感じました。その後、俎板瑤謀个衒屬掘景色を見ながら食事を摂り、お待ちかねのスキー滑走を開始しました。下山時に広沢田代での登り返しが面倒だったので、福島県道1号沼田檜枝岐線の御池ロッジになるべく近い道路へ降りました。福島県道1号沼田檜枝岐線にたどり着いた後、シートラにして約600mくらいの除雪された道を散歩し、しばらくして御池ロッジに到着。程なく駐車場の愛車と対面して無事に山行が終了しました。快晴の中、帰り道は檜枝岐村の桜と名物の裁ち蕎麦を堪能し、以前から気になっていた秘湯に大きく寄り道しました。記憶に残る名湯で疲れを癒し、帰宅の途に着きました。
訪問者数:469人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ