また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1464760 全員に公開 ハイキング奥武蔵

【集中山行・ルートぁ枩膤挌根〜棒ノ折山

日程 2018年05月13日(日) [日帰り]
メンバー
 hira5511(CL)
天候曇り時々晴れ後雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
■バス7:40発「飯能駅」〜8:21着「さわらびの湯」
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
50分
合計
6時間10分
Sスタート地点08:4009:20金比羅神社奥ノ院09:50中途坂10:20大ヨケノ滝10:30落合11:40槇ノ尾山12:10棒ノ折山頂上13:0014:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中登坂から落合への下りは若干気を付ける箇所があります。
その他周辺情報さわらびの湯
過去天気図(気象庁) 2018年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ

写真

8時40分「さわらびの湯」バス停からまずは金刀比羅山に向けスタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時40分「さわらびの湯」バス停からまずは金刀比羅山に向けスタートです。
龍泉寺横の取付きから登山道に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍泉寺横の取付きから登山道に入ります。
すぐに金比羅神社があります。小さいですが歴史を感じさせます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに金比羅神社があります。小さいですが歴史を感じさせます。
1
急登を金比羅山に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を金比羅山に向かいます。
金比羅神社奥ノ院へ向かう途中に静かに佇む鳥居があります。ここは地図上では金比羅神社本殿(476m)になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金比羅神社奥ノ院へ向かう途中に静かに佇む鳥居があります。ここは地図上では金比羅神社本殿(476m)になります。
1
登山口から約1時間で金比羅神社奥の院跡に到着です。他のサイトによると、神社は平成12年に焼失したとのこと。後ろの焼けた杉はその時の火事の影響だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から約1時間で金比羅神社奥の院跡に到着です。他のサイトによると、神社は平成12年に焼失したとのこと。後ろの焼けた杉はその時の火事の影響だそうです。
1
奥の院には小さな石祠がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院には小さな石祠がありました。
奥の院通過後に祠があります。前のヤマレコでは、秋葉権現の祠だそうです。秋葉権現は山岳信仰と修験道が融合した信仰だそうであり、秋葉原の地名の由来でもあるとのことです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院通過後に祠があります。前のヤマレコでは、秋葉権現の祠だそうです。秋葉権現は山岳信仰と修験道が融合した信仰だそうであり、秋葉原の地名の由来でもあるとのことです。
金比羅山頂上を南に巻いて、中登坂に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金比羅山頂上を南に巻いて、中登坂に向かいます。
中登坂に到着です。私は蕨山への登山道から外れ、落合に向け、急坂を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中登坂に到着です。私は蕨山への登山道から外れ、落合に向け、急坂を下ります。
1
中登坂にある名栗湖ネイチャートレイルの看板です。今度1周してみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中登坂にある名栗湖ネイチャートレイルの看板です。今度1周してみたいです。
落合への急坂は道も狭く、少し気を使います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落合への急坂は道も狭く、少し気を使います。
1
小ヨケの滝!!水も美味しかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ヨケの滝!!水も美味しかったです。
1
大ヨケの滝!!マイナスイオンが気持ちいよいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ヨケの滝!!マイナスイオンが気持ちいよいです。
1
大ヨケの滝の横には不動明王があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ヨケの滝の横には不動明王があります。
1
有間小屋跡に到着です。ここから一般道を少し登り、棒ノ折山登山口を探します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有間小屋跡に到着です。ここから一般道を少し登り、棒ノ折山登山口を探します。
棒ノ峰(棒ノ折山)道標がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒ノ峰(棒ノ折山)道標がありました。
有間渓谷観光釣場観光所では大勢の方が釣りをされていました。マス釣り大会だったのでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有間渓谷観光釣場観光所では大勢の方が釣りをされていました。マス釣り大会だったのでしょうか。
釣場を入り、すぐに左側に仙岳尾根(棒ノ折山)登山口の看板がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣場を入り、すぐに左側に仙岳尾根(棒ノ折山)登山口の看板がありました。
1
登山口から少し登ると、取付き反対側の渓谷でも釣り大会に大勢の人が来ていることが分かります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から少し登ると、取付き反対側の渓谷でも釣り大会に大勢の人が来ていることが分かります。
1
槇ノ尾山までは急登が続きます。ここら辺でリーダーは久々の山ということもあり息切れしてきましたので、ご趣味トレランの2名に先行してもらいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槇ノ尾山までは急登が続きます。ここら辺でリーダーは久々の山ということもあり息切れしてきましたので、ご趣味トレランの2名に先行してもらいました。
1
朦朧としてきましたが、左手に棒ノ折山が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朦朧としてきましたが、左手に棒ノ折山が見えてきました。
1
ようやく槇ノ尾山です。ここから棒ノ折山は緩やかな道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく槇ノ尾山です。ここから棒ノ折山は緩やかな道です。
1
歩きやすい長閑な道を棒ノ折山に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい長閑な道を棒ノ折山に向かいます。
1
無事に棒ノ折山に汗だくで到着です。飯能方面の展望が開け、気持ちよいです。アップダウンが続く山行でしたが、とても登りがいのある登山でした!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に棒ノ折山に汗だくで到着です。飯能方面の展望が開け、気持ちよいです。アップダウンが続く山行でしたが、とても登りがいのある登山でした!!
2

感想/記録

金比羅尾根を経由して落合に一度下山後、仙岳尾根から棒ノ折山頂上に登るルートはアップダウンあり、登り応えのあるルートでした。
久々の登山でバテバテでしたが・・・
訪問者数:425人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 山行 奥の院 道標 渓谷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ