また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1465652 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走芦別・夕張

芦別岳本谷【熊とのにらみ合い】

日程 2018年05月15日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
旧道登山口手前に倒木があり、車両の転回が不可能です。倒木処理されるまでは太陽の里に駐車して下さい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間29分
休憩
1時間3分
合計
10時間32分
S太陽の里ふれあいの家04:3407:18ユーフレ小屋07:2408:32ユーフレ本谷08:4811:04芦別岳11:3112:24雲峰山12:3312:44熊の沼12:50半面山14:48新道登山口14:5315:06太陽の里ふれあいの家G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は多数あります。
滑落や道迷い、雪崩や落石、クマとの遭遇等ハッキリ言ってしまえばリスクの高いルートです。
マダニが発生しています。私は20匹ほど払いました。

写真

低い雲が掛かり山容は全く見えないです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低い雲が掛かり山容は全く見えないです
2
e)さあ、行きますか
a)さぁ行きましょ^ ^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)さあ、行きますか
a)さぁ行きましょ^ ^
2
登山ポスト手前の倒木。処理されるまでクルマは太陽の里に停めましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポスト手前の倒木。処理されるまでクルマは太陽の里に停めましょう
2
登山ポストは倒れていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポストは倒れていました
1
a)探検隊。
倒木で登山道が不明瞭
e)GPSさん、ありがとう(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
a)探検隊。
倒木で登山道が不明瞭
e)GPSさん、ありがとう(笑)
a)足元がかなり狭くなってる箇所
e)狭いと言うより足場が無くなっていましたね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
a)足元がかなり狭くなってる箇所
e)狭いと言うより足場が無くなっていましたね
e)崩壊箇所の多い旧道は慎重に!
a)結構ありましたよね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)崩壊箇所の多い旧道は慎重に!
a)結構ありましたよね。
5
昨年より倒木がかなり目立ちました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年より倒木がかなり目立ちました
1
濡れると透けるサンカヨウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濡れると透けるサンカヨウ
9
倒木を避けてどんどん行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木を避けてどんどん行きます
2
沢は熊鈴の音を消してしまう程の水流です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は熊鈴の音を消してしまう程の水流です
2
a)ロープでよじ登る
e)木の根が良いグリップでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
a)ロープでよじ登る
e)木の根が良いグリップでした
二つ目の高巻きは見落とし注意です。沢沿いに行かないで下さい。ピンテあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の高巻きは見落とし注意です。沢沿いに行かないで下さい。ピンテあり
4
e)高巻きで突然のクマとの遭遇。余計な刺激を避けるため撮影を断念したので、立ち去る時の一枚だけです。
これは退散中のクマと話しかける私。
a)話せるとは聞いてましたが(^◇^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)高巻きで突然のクマとの遭遇。余計な刺激を避けるため撮影を断念したので、立ち去る時の一枚だけです。
これは退散中のクマと話しかける私。
a)話せるとは聞いてましたが(^◇^;)
48
a)鎖とロープあり
e)楽しい♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
a)鎖とロープあり
e)楽しい♪
1
a)さらに降りる
e)滑る場所なので助かりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
a)さらに降りる
e)滑る場所なので助かりました
1
滑りやすい岩にある鎖のお世話になります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすい岩にある鎖のお世話になります
4
雪渓も出てきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓も出てきました
1
この丸太橋が今日は滑る滑る(;゜0゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この丸太橋が今日は滑る滑る(;゜0゜)
2
e)慎重に渡るakaikirinさん
a)ezo-wolfさんのは動画におさめました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)慎重に渡るakaikirinさん
a)ezo-wolfさんのは動画におさめました!
9
この時akaikirinさんが発見したグローブ。回収して新道登山口のポストへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時akaikirinさんが発見したグローブ。回収して新道登山口のポストへ
2
三段の滝のマイナスイオンを浴びて元気100倍!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三段の滝のマイナスイオンを浴びて元気100倍!
3
a)虹も出てます
e)え?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
a)虹も出てます
e)え?
3
有り難いハシゴですネ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有り難いハシゴですネ
1
ここで旧道とお別れしてユーフレ小屋に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで旧道とお別れしてユーフレ小屋に向かいます
1
何度も不鮮明なルート上の雪を踏み抜きながらユーフレ小屋まで来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も不鮮明なルート上の雪を踏み抜きながらユーフレ小屋まで来ました
最高のロケーションに建つユーフレ小屋ですが良からぬ噂も・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高のロケーションに建つユーフレ小屋ですが良からぬ噂も・・・
12
e)腰まで踏み抜いたりしながらやって来ましたデブリーランド
a)ここが噂の^ ^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)腰まで踏み抜いたりしながらやって来ましたデブリーランド
a)ここが噂の^ ^
2
a)取り付きます!
e)取り憑かれてないよネ(>_<)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
a)取り付きます!
e)取り憑かれてないよネ(>_<)
1
ゴルジュは閉じているも崩壊が始まってる(>_<)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュは閉じているも崩壊が始まってる(>_<)
8
万が一を考え一人ずつ登りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万が一を考え一人ずつ登りました
9
斜度が上がっていくので、アイゼンを装着しましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度が上がっていくので、アイゼンを装着しましょう
3
e)ピーカンに聳える芦別岳ピーク!最高の出会い!
a)今までに見た事のない圧巻の景色!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)ピーカンに聳える芦別岳ピーク!最高の出会い!
a)今までに見た事のない圧巻の景色!
14
a)本谷を叫びながら登る男性
e)クマ対策っすヨ(^○^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
a)本谷を叫びながら登る男性
e)クマ対策っすヨ(^○^)
4
私のお気に入りポイントのインゼルと芦別岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私のお気に入りポイントのインゼルと芦別岳
13
e)ブスッ!頭を突き刺してしまった、、、masappoさんネタをパクっちゃった。ごめんなさい
a)何か後ろでやってると思ったら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)ブスッ!頭を突き刺してしまった、、、masappoさんネタをパクっちゃった。ごめんなさい
a)何か後ろでやってると思ったら
7
気が遠くなる程の雪崩を受けても立ち続けるインゼル。美しい形ですネ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気が遠くなる程の雪崩を受けても立ち続けるインゼル。美しい形ですネ
10
インゼルの先で私がルートを間違って50M程登ってしまいました。文句を言わずに引き返すakaikirinさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
インゼルの先で私がルートを間違って50M程登ってしまいました。文句を言わずに引き返すakaikirinさん
3
ピークが少しずつ近付いてきますが、雪が柔らかくしんどい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークが少しずつ近付いてきますが、雪が柔らかくしんどい!
7
e)甘いモンでも食べて元気を出しましょう
a)かなり有り難かったです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)甘いモンでも食べて元気を出しましょう
a)かなり有り難かったです!
7
e)新しいデブリと気温の上昇。早くココを脱出しないと・・・
a)何ヶ所かで落石がありましたね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)新しいデブリと気温の上昇。早くココを脱出しないと・・・
a)何ヶ所かで落石がありましたね
5
雪は腐り体力の消耗が進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は腐り体力の消耗が進みます
2
急登を振り返ると大雪山が見事でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を振り返ると大雪山が見事でした
12
あと少し!
一生忘れない日のハイライトが待ってる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少し!
一生忘れない日のハイライトが待ってる
8
e)感動を胸にラストスパートをかけるakaikirinさん
a)稀に見るしんどさ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)感動を胸にラストスパートをかけるakaikirinさん
a)稀に見るしんどさ
14
e)落ちたら終わり
a)見ちゃダメだと思いながら、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)落ちたら終わり
a)見ちゃダメだと思いながら、
5
a)最後の急登
e)本当にヤバい斜度
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
a)最後の急登
e)本当にヤバい斜度
3
e)あと少しで肩です
a)あと少しが長い、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)あと少しで肩です
a)あと少しが長い、、、
5
何度振り返っても迫力と美しさの本谷と北尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度振り返っても迫力と美しさの本谷と北尾根
13
あとはココを登れば頂上だ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはココを登れば頂上だ!
8
お疲れさま〜
あれ、芦別岳の文字が写ってないじゃん(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れさま〜
あれ、芦別岳の文字が写ってないじゃん(笑)
39
大雪山系をバックに(^-^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪山系をバックに(^-^)
3
北尾根と西富良野岳方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根と西富良野岳方向
6
十勝連峰と奥は大雪山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝連峰と奥は大雪山
9
下山する新道方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山する新道方向
3
e)下山です。まだまだ雪たっぷり
a)結構、埋まりましたよね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)下山です。まだまだ雪たっぷり
a)結構、埋まりましたよね
4
名残惜しくて山頂を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しくて山頂を振り返ります
7
夫婦岩から伸びるXルンゼ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦岩から伸びるXルンゼ
10
雲峰山の登り返し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲峰山の登り返し
1
ありがとう、最高の日を
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとう、最高の日を
9
ルンゼの下は茶色いデブリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼの下は茶色いデブリ
8
お昼を過ぎても十勝連峰が見えていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼を過ぎても十勝連峰が見えていました
6
回収したグローブは新道登山口のポストに入れておきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回収したグローブは新道登山口のポストに入れておきました
5
遭難慰霊碑。倒れた桜の木と共に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遭難慰霊碑。倒れた桜の木と共に
太陽の里は桜が満開です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽の里は桜が満開です
4
e)安着。ありがとうございました
a)ありがとうございました^ ^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
e)安着。ありがとうございました
a)ありがとうございました^ ^
13

感想/記録

この日、akaikirinさんと二人で芦別岳本谷から登り新道へ下山するルートを歩いて来ました。
芦別岳が初めてと言うakaikirinさんに、どうせ登るならこの時期限定の本谷の魅力をどうしても見せたかったのです。

〈クマとの遭遇ユーフレ川〉
朝4時半、低い雲が掛かり芦別岳が完全に隠れています。少し沈んだ気分でしたが、晴れ男を自認する私は?「きっと晴れるサ」なんて期待もしながら沢音響くユーフレ川左岸の旧道を進みました。そして二つ目の高巻きで事件が起きました。
先行していた私に「〇〇さん、クマがいます!」と後からakaikirinさんの声。どうせ川原の方にいるんだろうと思い・・・と彼の視線の先を見るとナントすぐそこ!!!
30M程先の登山道でこっちを見ているじゃないですか!体長1.5Mくらいの丸々としたクマです。
私達は目を離さずにその場で会話を続けました。なかなか逃げないクマに私は少し大きな声で「悪いけどそこを通りたいんだけど・・・ちょっと通してもらえないかな・・・」なんて語りかけてみました。
実際には1分くらいだったでしょうか。クマの緊張が解けていく様子が分かり静かに立ち去ってくれました。
私はこの時の様子を撮影したかったのですが、余計な刺激を与えるべきでないと思い断念しました。
なかなか話の分かるクマでした(笑)

この時分かりましたが、沢では熊鈴は役に立ちません!たまにホイッスルや大声を出して存在を知らせましょう!

〈核心部、本谷〉
ツルツルの丸大橋を渡り、更に沢の奥へ詰めて行きます。本日一番の心配はやはりゴルジュでしたが辛うじて閉じていました。しかし両サイドが崩れていたので万が一を考え一人ずつ登りました。

デブリーランド(雪崩の溜まり場)は青空が広がり最高のロケーションになりました。しかし気温の上昇と共に上がる雪崩のリスク。この時も数回の落石と微小な雪崩が発生しました。

〈最後の急登〉
急登を歯を食い縛り、汗を滴ながらゆっくり登ります。やがて肩に近付くと火照った体を癒すように涼しい風が当たるようになってきました。振り返ると大雪山が真っ白に見えます。柔らかい雪は一歩一歩沈み込み、体力もかなり消耗するので先頭を換わりながらやっと肩に出ました。
あとはアイゼンを外して最後の岩登り。
山頂からは360度の大パノラマが広がっていました。

〈下山中にまたクマ!〉
新道は多くの残雪があり、かなり快適に下山できました。ショートカットしたり尻滑りしたり・・・膝にも優しい残雪の下山は大好きです。
鶯谷の先をしばらく降りた辺りの急斜面でした。
今度は前方15Mくらいのトドマツの木の枝がバキバキ!と突然音を立てて揺れ、ドサッと飛び降りた音がしました。生憎ブッシュが濃いためその姿は確認出来ませんでしたがクマに間違いないでしょう。

この日は私達以外に入山者がいなかったようで、クマも安心していたのかも知れませんね(^_^)

《落とし物》
旧道の丸大橋でファイントラックのグローブを回収しました。
新道登山口のポストに入れておきましたのでお心当たりのある方はお引き取りを!

感想/記録

いつもの相棒。ezo-wolfさんと日程を合わせ何処にしようかと目的地を探す中、「去年の僕の一番かな!」という言葉で決めた芦別岳本谷。

間違いはありませんでした^ ^

山頂からの絶景
熊との出逢い
登攀の角度
疲れ具合

僕の今年の一番になるかも^_^
訪問者数:1498人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/14
投稿数: 246
2018/5/16 22:56
 芦別岳おつかれでした(*^ω^*)
akaikirinさん初めまして。(ᵔᴥᵔ)
ウルフさんお疲れサマでした。
熊の生息地。2度も熊と遭遇するなんて、、、熊撃退スプレー無しでは怖くて行けません。
何はともあれ ウルフさんのピッケルがakaikirinさんの頭にぶっ刺さってる事が一番怖いですね!(°▽°)
登録日: 2014/11/9
投稿数: 344
2018/5/17 7:20
 マサッポさん、頂きました
実は遭遇の瞬間、akaikirinさんはボクの命の恩人になったんですよ。
現場は右側の見通しの効かない⊃の字状をボクが何も気付かずに先行していて、そのまま進んでいたら更にクマに接近していたのは確実でした。
そんな恩を仇で返そうと思い、akaikirinさんの頭をピッケルで突き刺してしまいました(笑)

マサッポさんの最高のネタ、無断で使ってしまいましたm(__)m
登録日: 2013/8/8
投稿数: 96
2018/5/17 9:24
 無事生還おめでとうございます
本当に良かったですネ

ところでこの語尾の「ネ」はこの人昭和生まれや〜(¬_¬)
とバレる?言葉遣いなんだそうです

その他にも「あたり前田のクラッカー」
なんかがあるそうですよ

使うのやめましょうかね…

でもしかし、われわれ昭和ど真ん中ですからネ
その迫力をクマも感じて撤退したのかもしれませんしネ

旧道のアドベンチャーレコ、自分は行くことないと思うけど、興味深く拝見さしていただきました〜ありがとうございました(╹◡╹)
登録日: 2014/11/9
投稿数: 344
2018/5/17 12:22
 昭和生まれを誇りましょう!
genesis1_1さん、ご無沙汰しています。
冗談はヨシコちゃん。とか、そんなバナナなんて今ではすっかり聞かなくなりましたよネ。
その頃の登山と言えば装備は今とは明らかに違いましたネ(>_<)
なんか懐かしいなぁ〜

今回は見通しの効かない沢の高巻きでの突然の出会いでしたので、お互い驚いたようでしたが、30Mの距離があったのでクマも防衛行動に出なかったと思われます。これが15M以内だったら恐ろしいですネ

沢や強風の時には、やはり鈴よりもホイッスルを吹く方が断然効果あるようです。
しっかり今後に活かしていきましょう
d=(^o^)=b
登録日: 2012/6/4
投稿数: 433
2018/5/17 18:08
 本谷びより!
お疲れ様です!
本谷レコは手に汗握りますね。見ていて興奮しまくりでした。そしてある日森の中でヒグマさんに遭遇なんて、、、。
恐怖もありますが、しかしながら、絶景のオンパレード!いや〜、また行きたくなりましたよ。
登録日: 2014/11/9
投稿数: 344
2018/5/17 20:09
 ♪ある日森の中クマさんに・・・(冷や汗)
昨年の本谷があまりに良かったモンでまた今年も行っちゃいましたヨ(^○^)
そして今回は昨年を上回るオンパレード山行。おそらくこれ以上は無いと思われる最高級フルコースのセットでしたネ(^_^)
あまり天気の事を言うとi-tomoさん辺りからクレームが出そうなので躊躇ってしまいます・・・(笑)

この素晴らしい風景が見られるのが僅かな期間と言うのも、芦別岳の魅力なのかも知れませんネ!
登録日: 2018/4/5
投稿数: 3
2018/5/18 16:32
 お疲れ様です
熊おっかないです。軽くかわしたんですね。インゼルのかもし出す雰囲気は私も好きです!ところでツクモグサはいなかったですか?
登録日: 2014/11/9
投稿数: 344
2018/5/18 17:00
 残念(T_T)
密かに期待してたんですが見かけなかったですヨ。
頂上直下の西側の岩場に咲いてると思ったんですが・・・
あのモサモサした花、ホント可愛いですよネ(^_^)
登録日: 2015/9/13
投稿数: 2
2018/5/18 22:53
 Re: 芦別岳おつかれでした(*^ω^*)
massapoさん
はじめまして!
初めての熊との遭遇。
何より驚いたのは、ezo-wolfさんが熊と会話できると言うのがホントだった事でした(笑)

そして、ピッケル刺されてるのは全然気付きませんでした(苦笑)気付かなかった自分が怖いです(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ