また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1500760 全員に公開 ハイキング甲信越

浅草岳(ネズモチ平からピストン)

日程 2018年06月16日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間4分
休憩
37分
合計
6時間41分
Sスタート地点07:1007:52ネズモチ平駐車場08:04ネズモチ平登山口08:0810:23前岳10:4610:59浅草岳11:0111:21前岳13:05ネズモチ平登山口13:0913:16ネズモチ平駐車場13:2013:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・ネズモチ平までの道が工事中で、約2.5km手前で通行止めになっています
・雨だったので全体的に滑ります、特に下りは難儀しました
過去天気図(気象庁) 2018年06月の天気図 [pdf]

写真

ネズモチ平の手前2.5km地点に車を停めてスタートしました。
2018年06月16日 07:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネズモチ平の手前2.5km地点に車を停めてスタートしました。
2
なぜなら道路を工事しているため通行止めになっていたので、最初はロード歩きからとなりました。
2018年06月16日 07:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜなら道路を工事しているため通行止めになっていたので、最初はロード歩きからとなりました。
1
ネズモチ平駐車場、70台ぐらい停められるそうですが・・・あれ、車停まってるし。小屋にはトイレがあります。
2018年06月16日 07:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネズモチ平駐車場、70台ぐらい停められるそうですが・・・あれ、車停まってるし。小屋にはトイレがあります。
1
駐車場から約10分で登山口。
2018年06月16日 08:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から約10分で登山口。
1時間ぐらいでやっと山に入ります。
2018年06月16日 08:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間ぐらいでやっと山に入ります。
1
先を行く70半ばのご老体(父の事です)、ストック使用でいい感じで歩いてました。
2018年06月16日 08:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先を行く70半ばのご老体(父の事です)、ストック使用でいい感じで歩いてました。
8
雨だったので石も木も土も滑ります。
2018年06月16日 08:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨だったので石も木も土も滑ります。
1
渡河する個所が2か所ほど、ここはお助けロープがありました。
2018年06月16日 08:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡河する個所が2か所ほど、ここはお助けロープがありました。
1
父は急登に差し掛かる手前で不調を訴えて下山、自分だけ山頂を目指すことに。
2018年06月16日 08:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
父は急登に差し掛かる手前で不調を訴えて下山、自分だけ山頂を目指すことに。
1
随所に雪が残ってました。
2018年06月16日 09:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随所に雪が残ってました。
1
雨+急登はかなり辛いものがある
2018年06月16日 09:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨+急登はかなり辛いものがある
1
父の目当てはこのヒメサユリだったのですが、直に見ることはありませんでした。僕が山頂に行って、代わりにカメラにおさめておくという指令を受けたのです。
2018年06月16日 09:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
父の目当てはこのヒメサユリだったのですが、直に見ることはありませんでした。僕が山頂に行って、代わりにカメラにおさめておくという指令を受けたのです。
16
でもこの場所は父が引き返したところから10分ぐらい登ったところでした。そして花が開いているのはこの場所が唯一でした。
2018年06月16日 09:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもこの場所は父が引き返したところから10分ぐらい登ったところでした。そして花が開いているのはこの場所が唯一でした。
5
それにしても登りがキツイ、進んでいるつもりなのにGPS見ても全然進んでない感じ。
2018年06月16日 10:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても登りがキツイ、進んでいるつもりなのにGPS見ても全然進んでない感じ。
1
前岳に到着、標識は折れて倒れていました。ここで少し休憩。雨は降っていないに等しいぐらいまで回復。
2018年06月16日 10:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳に到着、標識は折れて倒れていました。ここで少し休憩。雨は降っていないに等しいぐらいまで回復。
浅草岳に向けて行こうとしたらいきなり雪渓!踏み跡をなぞるように登っていく。
2018年06月16日 10:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳に向けて行こうとしたらいきなり雪渓!踏み跡をなぞるように登っていく。
7
湿原地帯を通って、あとほんの少し登ると・・・
2018年06月16日 10:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原地帯を通って、あとほんの少し登ると・・・
前岳から15分ぐらいで浅草岳に到着、田子倉側から登ってきたであろう人たちが休憩中。
2018年06月16日 11:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳から15分ぐらいで浅草岳に到着、田子倉側から登ってきたであろう人たちが休憩中。
9
山頂からは何も見えません。
2018年06月16日 11:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは何も見えません。
1
前岳方面もこんな感じ。
2018年06月16日 11:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳方面もこんな感じ。
1
山頂付近ではヒメサユリのつぼみをこれしか見かけませんでした。
2018年06月16日 11:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近ではヒメサユリのつぼみをこれしか見かけませんでした。
3
来た道を戻って下山に入ります。
2018年06月16日 11:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を戻って下山に入ります。
1
雪渓下るの怖い・・・踏み跡を踵でしっかり踏んでゆっくり進みます。こんなとこで滑ったらかなりヤバい感じで落ちていくこと間違いない。
2018年06月16日 11:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓下るの怖い・・・踏み跡を踵でしっかり踏んでゆっくり進みます。こんなとこで滑ったらかなりヤバい感じで落ちていくこと間違いない。
3
無事雪渓を通過して振り返るとこんな感じ。
2018年06月16日 11:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事雪渓を通過して振り返るとこんな感じ。
3
土は粘土質っぽくて滑るから、普段よりも慎重に下って行きます。
2018年06月16日 12:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土は粘土質っぽくて滑るから、普段よりも慎重に下って行きます。
写真ではまったく分からないかもしれないけど、ここ結構な段差でどうやって足を進めるか悩んでしまった。そういうところが多かった。
2018年06月16日 12:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではまったく分からないかもしれないけど、ここ結構な段差でどうやって足を進めるか悩んでしまった。そういうところが多かった。
4
コースタイム90分のところを140分近くかかってようやくネズモチ平に戻ってきました。さらに車を置いた場所まで歩いて終了。
2018年06月16日 13:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースタイム90分のところを140分近くかかってようやくネズモチ平に戻ってきました。さらに車を置いた場所まで歩いて終了。
3
雨で景色がまったく撮れなかったので、普段よりも花を撮っていました。名前がまったくわかりませんが。
2018年06月16日 09:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨で景色がまったく撮れなかったので、普段よりも花を撮っていました。名前がまったくわかりませんが。
1
撮影機材:

感想/記録

4月末ぐらいに父からの誘いを受けてOKを言ったのは5月末。
泊まりで行くというから、てっきり山小屋とかに泊まるのかと思ったけど、
「浅草岳」と聞いて調べてみても山小屋は無し。
よくよく聞くと、下山したら温泉に泊まるとのことだった。

しかし金曜日から雨。
正直全然気乗りしなかった。
宿をとってなかったら間違いなく行かないだろうけど、
とっちゃったので気分重く実家に前のり。

土曜日の3時ごろに出発して高速を飛ばすがずっと雨。
途中雨が止んだが、只見線沿いを走っていたらまた雨が酷くなった。
あー、登る気しねぇ・・。
そもそも何故「浅草岳」なのか。
どうやら山の番組でヒメサユリを見て、写真を撮りたくなったそうだ。

登山口手前2.5km地点について雨はパラパラな状態でスタート。
のんびりと進む。

登山口から最初の渡河地点までで歩きづらいと感じたのか、
父から「戻るか」と言うが、「え、もうやめちゃうの?」と言って進む。
しかし急登が始まる直前の場所で「下りるわ」というので、
まあこんな天気だし調子も悪そうだから仕方ないなと思った。
でも当初の乗り気のなかった気持ちとは逆で、
僕はせっかく来たんだからと山頂まで行くことにした。
その際にヒメサユリの写真を撮ってきてほしいとカメラを預かる。
実はその時点では「ヒメサユリ」という名前もちゃんと聞いてなくて、
どんな花かもわからなかったので、目についた花を一通りカメラにおさめていった。

父と別れた個所から10分ほど登った地点でそれは現れた。
ピンク色の百合の花、もしかしてこれじゃね?と思って何枚も写真を撮っておいた。
あとで写真を見せたら正解だった。
見た瞬間に「おお!」と言ってしまったぐらい、珍しい花だと思ったしね。

それはそうと浅草岳の手前の「前岳」までの急登が長かった。
しかも見た瞬間「これ下りるときどうしたらいいだろうな」と思うような
とんでもない段差とか滑りそうな土と岩の場所が何か所も出てくる。
やっぱ一緒に下りた方が良かったかなと思ったけど、
いやいや、普段の僕の行動範囲から行って、次また来るかといえば
恐らく来ない場所だろうから山頂は行っておきたい。
なんて考えながらどうにか前岳、そして浅草岳まで。

景色が堪能できないし、長居してもしょうがないので、15分程休んだら下山開始。
滑るのでちゃんと地面を踏みしめながらゆっくり下りて行く。
晴れて乾いていればこんなところ・・・と思うような場所なので、
なかなか下れない状態にイライラしながらも落ち着きを失わないようにする。
普段よりも脚に力が入ってしまってだんだん痛みがでてきて疲れる。

途中で年配の15人ぐらいの団体が登ってきてすれ違う。
あの人たちもこのあとここを下るのか、大丈夫かななんて考えたり、
父も途中で引き返して正解だったなとつくづく思った。
これで下山したら間違いなく滑って危なかったかもしれない。

雨の日に初めての山、そして急登の登りと下り。
いつもより距離が短いのに異様に疲れた。
でもヒメサユリを見ることができたから行った甲斐があった。
どうせならヤマレコオススメの田子倉からのコースを歩いてみたいところだ。
https://www.yamareco.com/modules/yamainfo/guide_detail.php?route_id=1033
訪問者数:1362人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/12/12
投稿数: 991
2018/6/17 22:44
 雨の中の歩きお疲れ様でした('◇')ゞ
hiroumiさん こんばんは
浅草岳はお父様のリクエストだったのですね
ヒメサユリは個人的にNO1の花です。
香りがとても良いのですよ!!
ユリ系のキツイ香りとは違って、爽やかで甘い香りがします。
次回もし機会があったら確認されて下さい。
登録日: 2017/2/6
投稿数: 277
2018/6/18 18:56
 親孝行。
hiroumiさん、こんばんは。

計画に浅草岳があがった時、ヒメサユリ目的だなとすぐ思いました。私もみてみたいと思いつつ、浅草岳は遠いのでなかなか行けないでいます。
お父様、あと10分でみられたのに残念でしたね。でも写真プレゼントできてよかったですね。
雨で大変な山行だったようですが、温泉も一緒に泊まって父の日のいい親孝行になりましたね。お疲れ様でした。
登録日: 2012/6/1
投稿数: 1347
2018/6/18 20:12
 ヒメサユリ様…
こんばんはhiroumiさん。
計画書を拝見した時からお父様がヒメサユリ目的なんだろうなと気がついておりました お父様、雨の中頑張って上がられたのにあと少しでちょっぴり残念でしたね。
ヒメサユリは山に登って観る以外ですと私が行ったところでは植生ですが三条駅近くの群生地ですとか、南会津の南郷スキー場の群生地が見事です。もち、頑張って登って発見!の感動はないのですけれど^_^;大ぶりな姿でピンク色で美しく、ネーミングといい大好きなお花のひとつです。お父様も同じ思いなのですかね

雨降る中、遠征の親孝行山行お疲れ様でした
登録日: 2014/9/13
投稿数: 101
2018/6/18 21:59
 はじめまして
貴方がコメントに書いた15人の団体(団体とは少し大げさかな)の一人です。こちらは富山を出るときも曇り、途中小雨に会いながらネズモチ平登山口へ着き、雨こそ降ってないが周りはガス、私達も宿を予約していた手前、憂鬱な気分で登りました。もちろん山頂からの景色なんてないし、早々下山しました。(私は、花はあまり写真に撮らないのですが、なぜか途中に咲いていたヒメサユリを撮っていました)
言われる通り、何人かはよーーく滑ってました。
私達も、通行止めのカンバンで躊躇していたら、工事していた方が手招きで行ってもいいとの合図で通過しました。確かに、看板の手前に車が止まっていたのを覚えています。
お父さんも、ここから歩かなければ一緒に山頂に行けたかも、でも、昨日の雨で下山はよく滑りやすい登山道になっていたので、途中でリタイヤしたのは正解かも。いい親孝行になったのでは。
いつかどこかの山で、お会いするかも。
登録日: 2010/7/14
投稿数: 1902
2018/6/18 22:16
 Re: 雨の中の歩きお疲れ様でした('◇')ゞ
niiniさん、こんばんは。
僕は電車で日帰りで行ける範囲の活動範囲なので、
新潟県というのはなかなか行きませんね
なんの前提知識もなく見かけたヒメサユリは個人的には収穫でした。
さすがに香りまでは試さなかったので、それはいつかのために覚えておきます
登録日: 2010/7/14
投稿数: 1902
2018/6/18 22:19
 Re: 親孝行。
Etsunoさん、こんばんは。
ヒメサユリ、有名なんですねぇ、全然知らなかったですよ
でもピンクの見た目はインパクト大で、これは見ることができて良かったです。
早朝実家を発ったので下山後は眠くてしょうがなかったです
温泉に長く浸かったけど脚は筋肉痛が取れません・・。
登録日: 2010/7/14
投稿数: 1902
2018/6/18 22:25
 Re: ヒメサユリ様…
moonsetさん、こんばんは。
目的がバレてましたか
浅草岳自体初耳だったので、僕自身はあまり情報を持たず、
どのルートから行くのかだけ気にしていました。
なぜ今回のルートだったかと言うと、弟があの辺りまで釣りに行くことがあるそうで、
そこからルートを知ったそうです。
山に登らなくても見ることができるなら、その情報を父にも伝えておこうかと思います。
ありがとうございます
登録日: 2010/7/14
投稿数: 1902
2018/6/18 22:36
 Re: はじめまして
ja9eoqさん、こんばんは。
覚えているかどうか分かりませんが、僕はみなさんに「あと20分ぐらい」と伝えた者です。
前岳から10分ちょっと下りてきただけで足元が危うくて嫌だなぁと思っていたので、
お昼近い時刻であの天気の中登ってこられる皆さんとちょっとだけでも会話できたので、
ある意味励まされました
父も1人だと自分のペースで行けば登れるようですが、
僕といくとどうも無理するというか、自分のペースで歩いているつもりでもそうじゃないのか、
いつも途中までで終わってしまいます・・・。
でも今回は仰る通り、途中で下山して良かったと思っています。
ja9eoqさんをはじめ、皆様も天候悪い中お疲れさまでした。
今後も良い山行を楽しみましょう!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ストック 急登 GPS 雪渓 ピストン 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ