また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1525633 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

猛暑の中の高層湿原『 苗場山 』/祓川コース

日程 2018年07月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴 & 猛暑
アクセス
利用交通機関
車・バイク
祓川登山口駐車場:5時30着で既に大勢の方が駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間11分
休憩
1時間0分
合計
8時間11分
Sスタート地点05:5906:17和田小屋登山口06:1907:10下ノ芝07:50中ノ芝08:0008:33神楽ヶ峰08:49雷清水09:45苗場山09:5010:10小赤坂方面散策10:29山頂休憩スペース10:5811:40富士見坂/お花畑11:48雷清水11:5312:11神楽ヶ峰12:23苗場山、小松原分岐12:41中ノ芝12:5013:53和田小屋登山口14:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口から「下の芝」間は泥濘
登山路が狭いため,下山は譲り合いで時間がかかる
その他周辺情報「街道の湯」(600円)利用。露天風呂あり
「道の駅みつまた」隣接
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

祓川登山口駐車場から出発
2018年07月15日 05:59撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祓川登山口駐車場から出発
山小屋まで舗装路が続きます
2018年07月15日 06:05撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山小屋まで舗装路が続きます
「和田小屋」前の登山届ポスト
2018年07月15日 06:18撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「和田小屋」前の登山届ポスト
「山頂まで4時間」「山頂から2時間半」との掲示
2018年07月15日 06:18撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山頂まで4時間」「山頂から2時間半」との掲示
絶好の天気ですが,気温が気になります
2018年07月15日 06:19撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶好の天気ですが,気温が気になります
あれ,「六合目」
和田小屋が五合目と言っている方がいました
2018年07月15日 06:45撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ,「六合目」
和田小屋が五合目と言っている方がいました
「下ノ芝」
休憩の予定でしたが通過
2018年07月15日 07:10撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「下ノ芝」
休憩の予定でしたが通過
「ニッコウキスゲ」が満開です
2018年07月15日 07:43撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ニッコウキスゲ」が満開です
「中ノ芝」で休憩
2018年07月15日 07:44撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「中ノ芝」で休憩
谷川岳方面も天気が良いようです
2018年07月15日 07:52撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳方面も天気が良いようです
花が疲れを癒してくれます「ニッコウキスゲ」
2018年07月15日 07:54撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花が疲れを癒してくれます「ニッコウキスゲ」
「キンコウカ」
2018年07月15日 07:54撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「キンコウカ」
「股スリ岩」
2018年07月15日 08:21撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「股スリ岩」
「神楽ヶ峰」
2018年07月15日 08:33撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「神楽ヶ峰」
「苗場山」が見えました
とても美しい風景ですが,「最後の急登が」と思うのは私だけでしょうか?
2018年07月15日 08:36撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「苗場山」が見えました
とても美しい風景ですが,「最後の急登が」と思うのは私だけでしょうか?
1
「神楽ヶ峰」から150mほど下りました。
と言うことは・・・・
2018年07月15日 09:04撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「神楽ヶ峰」から150mほど下りました。
と言うことは・・・・
250m超の登り返し。さぁ行くぞ <`〜´>
2018年07月15日 08:54撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
250m超の登り返し。さぁ行くぞ <`〜´>
1
まだ,まだ <`ヘ´>
2018年07月15日 09:05撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ,まだ <`ヘ´>
この辺から,下山者の方に励まされる
2018年07月15日 09:18撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から,下山者の方に励まされる
頂上台地に入り傾斜が緩やかになりました
2018年07月15日 09:36撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上台地に入り傾斜が緩やかになりました
1
田代山(尾瀬国立公園)の比でなく広大
2018年07月15日 09:37撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代山(尾瀬国立公園)の比でなく広大
池塘とコバイケイソウ
2018年07月15日 09:39撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘とコバイケイソウ
1
「ヘロヘロで なんとか到着」状態
※元気な写真も撮っていただきました
2018年07月15日 09:47撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ヘロヘロで なんとか到着」状態
※元気な写真も撮っていただきました
2
苗場山頂ヒュッテ(自然体験交流センター)
2018年07月15日 10:58撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山頂ヒュッテ(自然体験交流センター)
改装したばっかりだとか
2018年07月15日 09:52撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
改装したばっかりだとか
雲に隠れていますが「北アルプス」と思われます
2018年07月15日 10:03撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲に隠れていますが「北アルプス」と思われます
センター下の休憩スペースにザックをデポ
2018年07月15日 10:59撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センター下の休憩スペースにザックをデポ
「小赤沢」方面を散策します
正面に「佐武流山」
2018年07月15日 10:03撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「小赤沢」方面を散策します
正面に「佐武流山」
1
終わりかけのものが多い中,この株は綺麗に咲いていました
2018年07月15日 10:26撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終わりかけのものが多い中,この株は綺麗に咲いていました
1
休憩スペース近くのモニュメント?の前で
2018年07月15日 10:27撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩スペース近くのモニュメント?の前で
2
まだまだ絶景を見ていたいですが,下山します
2018年07月15日 10:58撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ絶景を見ていたいですが,下山します
「ワタスゲ」ロードを通って
2018年07月15日 11:04撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ワタスゲ」ロードを通って
2
頂上台地の端から「神楽ヶ峰」を望みます
最後の頑張り <(`^´)>
2018年07月15日 11:07撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上台地の端から「神楽ヶ峰」を望みます
最後の頑張り <(`^´)>
1
途中,「お花畑」で疲れを癒して
2018年07月15日 08:46撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中,「お花畑」で疲れを癒して
どうして,ここだけ,こんなに・・・
2018年07月15日 11:40撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうして,ここだけ,こんなに・・・
2
「雷清水」の冷たい水でラストスパート
2018年07月15日 11:52撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「雷清水」の冷たい水でラストスパート
「中ノ芝」で,声を掛けていただき,元気出して1枚
2018年07月15日 12:41撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「中ノ芝」で,声を掛けていただき,元気出して1枚
2
和田小屋まで戻って来ました。
感動と疲労の山行でした。
2018年07月15日 13:53撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田小屋まで戻って来ました。
感動と疲労の山行でした。
「街道の湯」でさっぱり
2018年07月15日 15:21撮影 by uD800,S800 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「街道の湯」でさっぱり

感想/記録

 早朝,関越道を走っていると,曇の空が気になり,谷川岳も雲で見えなかった。湯沢ICを目指して進み,長いトンネルをぬけると,なんと快晴ではないか。これは期待できると思ったが,その一方で暑くなり過ぎるのも。まぁ,二千m超える山だから大丈夫だろうと考えた。
 祓川登山口駐車場を出発。暑さ対策として,水等を3ℓ持ち,歩く速度も抑えながら登った。中ノ芝では谷川岳主脈縦走路が見え,神楽ヶ峰を過ぎると初めて「苗場山」が姿を現し,これらの景色や様々な高山植物によりペースは順調だった。富士見坂を通過すると,最後の急登が目前になり気持ちが引き締まった。大汗をかきながら頑張るが,急登と暑さでかなり苦しく,足も進まなくなった。心も折れそうになった時,何人もの下山者から,「山頂はもうすぐだよ」「見たことない絶景だよ」「北アルプスが見えたよ」などの声がかかった。初めて経験だったが,効果は抜群であり,休憩なしで頂上台地の入口にたどり着いた。もちろん,自分が下山した時には,苦しそうな人に声を掛け,表情の変化が嬉しかったのは,自分を重ねて見たがらであろう。妙な一体感を覚え,これが登山の良さ・楽しさだろうと改めて感じた。
 山頂一帯は,田代山の湿原の比ではなく,広大で池塘が散在していた。休憩スペースにザックをデポし,北アルプスをもっとよく見ようと小赤坂方面を散策した。気温が高くなり,雲が出始めたため,霞んでいたが残雪のある北アルプスが確認できた。「早朝はどのように見えたのか」「夕日が当たるとどうなのか」と思うと,ヒュッテに宿泊する人が羨ましくなり,早く山小屋泊を経験したくなった。
 1時間強も絶景を楽しんでから下山を始め,「雷清水」の冷たい水に助けられながら進んだが,森林の登山道となる下ノ芝から和田小屋までは暑さと泥濘で我慢を強いられた。しかし,絶景や花・水,そして「暖かい心使い」があった忘れられない山行となった。
訪問者数:256人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ