また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1526264 全員に公開 沢登り日光・那須・筑波

那須 井戸沢 柴ワンコの思い出(避暑2日目)

日程 2018年07月15日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道のゲートは施錠されておらず、ゲート開けて車を乗り入れることは可能。ただし通行禁止の様子であり、私たちは徒歩で三斗小屋宿跡へアクセスした。三斗小屋宿跡にはかなりの数の車(県外ナンバー)が乗り入れされており、関係者だけではない様子。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
1時間19分
合計
7時間29分
S林道ゲート07:3008:16三斗小屋宿跡08:2308:30井戸沢出合08:5611:16稜線11:28流石山11:5212:35大峠12:3713:01No.120標識13:0414:04三斗小屋宿跡14:2114:59林道ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

前日の天気予報では、天気が芳しくなかったのでやめようかと考えていた。朝起きてみたらずいぶん天気が良いので、結局沢に入ることにした
2018年07月15日 05:58撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日の天気予報では、天気が芳しくなかったのでやめようかと考えていた。朝起きてみたらずいぶん天気が良いので、結局沢に入ることにした
このゲートからスタートする
2018年07月15日 07:31撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このゲートからスタートする
木漏れ日を味わいつつ三斗小屋宿跡へ
2018年07月15日 07:36撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日を味わいつつ三斗小屋宿跡へ
三斗小屋宿跡にて
花の咲く木の上あたりが、今日目指す稜線
2018年07月15日 08:19撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三斗小屋宿跡にて
花の咲く木の上あたりが、今日目指す稜線
三斗小屋へ向かう道が峠沢を橋で渡る地点から入渓
井戸沢は直ぐに左手からゴーロの伏流で合わさっている
2018年07月15日 08:37撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三斗小屋へ向かう道が峠沢を橋で渡る地点から入渓
井戸沢は直ぐに左手からゴーロの伏流で合わさっている
昔来た時は無かった堰堤
直近まで行って、右岸から越える
お助けロープが垂れている
2018年07月15日 09:05撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔来た時は無かった堰堤
直近まで行って、右岸から越える
お助けロープが垂れている
丸太で組まれた壁を越えて
70度くらいの傾斜
お助けロープを使わないと、今日一番の核心かも?
2018年07月15日 09:08撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太で組まれた壁を越えて
70度くらいの傾斜
お助けロープを使わないと、今日一番の核心かも?
左岸(写真右端当たり)を登る
立った箇所があり、残置ハーケンとスリングがある
ワンポイント犬らい
2018年07月15日 09:21撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸(写真右端当たり)を登る
立った箇所があり、残置ハーケンとスリングがある
ワンポイント犬らい
1
小滝が続く
ここは右の水流を登るのが容易
かみさん、中央のラインを行くものの行き詰まり
上からファイト一発でお助け
この後も、もう1回お助け
2018年07月15日 09:28撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝が続く
ここは右の水流を登るのが容易
かみさん、中央のラインを行くものの行き詰まり
上からファイト一発でお助け
この後も、もう1回お助け
1
左の水流沿いを登れそうだったが、ここは右岸を小さく巻いた
2018年07月15日 09:38撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の水流沿いを登れそうだったが、ここは右岸を小さく巻いた
この滝は左壁を登る、快適
2018年07月15日 09:49撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝は左壁を登る、快適
1
沢床が一気に見通せ気持ちの良いところ
この先に1パーティが休憩中
2018年07月15日 10:04撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢床が一気に見通せ気持ちの良いところ
この先に1パーティが休憩中
まだ滝は続く
2018年07月15日 10:10撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ滝は続く
どこまでも快適
2018年07月15日 10:26撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも快適
なかなか水が枯れない
2018年07月15日 10:36撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか水が枯れない
水枯れ地点で休憩
凝縮感が強く飽きる事が無かった
2018年07月15日 10:50撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水枯れ地点で休憩
凝縮感が強く飽きる事が無かった
シナノキンバイ
2018年07月15日 10:53撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ
1
最後まで沢筋
まるで登山道
2018年07月15日 11:11撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後まで沢筋
まるで登山道
目の前が登山道
最後20m程だけ、この程度の笹
昔はもうちょっと笹漕ぎをした気がする
2018年07月15日 11:17撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前が登山道
最後20m程だけ、この程度の笹
昔はもうちょっと笹漕ぎをした気がする
先生、これなんですか(1)
2018年07月15日 11:24撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先生、これなんですか(1)
流石山頂上にて
ふやけた足を日干し
2018年07月15日 11:30撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流石山頂上にて
ふやけた足を日干し
1
特徴的な二岐山も見えている
2018年07月15日 11:44撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴的な二岐山も見えている
流石山より振り返る
写真右手の斜面を詰め上がった
2018年07月15日 11:44撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流石山より振り返る
写真右手の斜面を詰め上がった
右手奥の三本槍岳を往復しようかと思っていたが、暑くてやめた
2018年07月15日 12:05撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手奥の三本槍岳を往復しようかと思っていたが、暑くてやめた
キスゲの時期は終わりだったようだ
2018年07月15日 12:25撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キスゲの時期は終わりだったようだ
先生、これなんですか(2)
2018年07月15日 12:25撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先生、これなんですか(2)
今日は雲がいろいろな姿を見せてくれて楽しい
2018年07月15日 12:28撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は雲がいろいろな姿を見せてくれて楽しい
1
先生、これなんですか(3)
2018年07月15日 12:30撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先生、これなんですか(3)
静かな大峠
下郷側の林道が日暮の滝から終点まで通行止めで、登山者が少ない模様(流石山にいらした方からの情報)
本来なら今日が三倉山々開きだったみたい
2018年07月15日 12:35撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな大峠
下郷側の林道が日暮の滝から終点まで通行止めで、登山者が少ない模様(流石山にいらした方からの情報)
本来なら今日が三倉山々開きだったみたい
大峠から三斗小屋へ下る途中、峠沢を渡った先のNo.120標識から三斗小屋宿跡へ分岐する
最近はずいぶん親切になったものだ
2018年07月15日 13:04撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠から三斗小屋へ下る途中、峠沢を渡った先のNo.120標識から三斗小屋宿跡へ分岐する
最近はずいぶん親切になったものだ
ナメ床の中ノ沢を渡渉する
2018年07月15日 13:19撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ床の中ノ沢を渡渉する
路は峠の沢に下り立つ
対岸に目印見つからず、少し左岸を下ってから右岸が低くなった地点を渡渉し、右岸の路に入る
10分ほどで井戸沢出合
2018年07月15日 13:40撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路は峠の沢に下り立つ
対岸に目印見つからず、少し左岸を下ってから右岸が低くなった地点を渡渉し、右岸の路に入る
10分ほどで井戸沢出合
三斗小屋宿跡で涼んでから猛暑の街へ
2018年07月15日 14:14撮影 by DMC-LX100, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三斗小屋宿跡で涼んでから猛暑の街へ

感想/記録

昨日の赤城覚満淵避暑に引き続き、避暑2日目。
ずいぶん昔に柴ワンコを連れて遡行したのだが、ワンコを連れて上がるのに疲れて、せっかくの良い沢を自分が楽しめた印象が無かった。ワンコ亡き今、今度は自分が楽しむ番と、はるばる那須までやってきた。

林道ゲートから三斗小屋宿跡までは退屈。ゲートを開けてかなりの数の車が三斗小屋宿跡まで入っていた。

井戸沢出合は完全なゴーロの伏流。かみさんが峠沢の方へ入って行ってしまい、しばし待ち。もう昔の記憶が無い。

F2と思われる高さのある滝を左岸寄りから、ちょっと立った岩を超える(個度)、残置ピン、スリング有り。しばらくクライミングから離れているかみさんもロープを必要とすることなく、さらっと超えていくので調子良さげ。

途中1箇所、右岸を小さく巻く滝有り。直登もできそうだったが、最近はちょっと面倒な個所はササッと巻きたくなる。昔は多少ヤバくても直登にこだわって遊んだものだが、歳を取ったのかな。

快適な小滝を超えていくと、あっという間に最初の二股。良い所もう終わっちゃったよ。5、6名のグループが休憩中。水流の多い右にルートを採り水枯れ地点でしばらく休憩。稜線への詰めも藪無くあっけない。昔はもう少し笹漕ぎがあったような記憶。出会いから詰めまで、2時間半足らず。もう一度登り返したくなるほどあっという間に終わってしまった。

大峠から三本槍岳まで往復しようかと考えていたが、猛暑でパス。峠沢へ向けて下山していくも、峠沢を渡渉してちょっと行ったNo.120プレートから三斗小屋宿跡への道はずいぶんしっかりしていて、峠沢の下降をせずに済んでしまった。井戸沢出合近くで峠沢を右岸へ渡り返す地点が分かりにくいが、対岸が低くなった箇所まで若干下降した後に右岸へ上がればOK。

早く街へ下っても猛暑なので、三斗小屋宿跡でひと休みしていく。一日雷雨も無くて良い天気、遠くまで来た甲斐があった。

こんな明るい闊達な沢が好き!!
訪問者数:304人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ