また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1526992 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

戸神山:続・朝飯前でも暑かった!半袖隊長、低いながらも岩場と眺望の名山へ

日程 2018年07月16日(月) [日帰り]
メンバー
天候 薄日
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
【往復】宿舎発知ふれあい広場
【帰京ルート】宿舎榛名湖榛名神社高崎駅1414train1559新宿駅1615train地元駅
   高崎駅までレンタカーを利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間32分
休憩
0分
合計
1時間32分
S発知ふれあい広場(駐車場)05:5406:32戸神山06:57観音寺07:26発知ふれあい広場(駐車場)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
★EK度数:9.825=4.64+(348÷100)+(341÷100÷2)
 →→→判定「●EK16未満 非常に楽」
  EK度数=合計距離+(累積標高上り÷100)+(累積標高下り÷100÷2)
  Thanks to murrenさん⇒
  http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=142
 合計距離: 4.64km /最高点の標高: 735m /最低点の標高: 431m
 累積標高(上り): 348m /累積標高(下り): 341m
 (標高グラフ機能の「SRTM標高」値を採用)
コース状況/
危険箇所等
★コース状況【sign01paper
 発知ふれあい広場(登山口)から暫くは普通の登山道(もしくは林道)
 途中で前方に大岩を見て、裏に回りこんでから岩場が始まり山頂まで続く
 山頂から北へ下ると、途中で戯れて滑りやすい道にロープ設置があるが総じて一般道
 広葉樹の林を過ぎ、高王山からの道を合わせる辺りで杉林の道となり観音寺へ下る
 発知ふれあい広場までは地図上の最短路を辿ると普段は使われていない道や個人宅内を通るので、多少回り道でも一般道路を行くべし。

なお、沼田市HPにあるガイド・地図を使えば便利です。
ガイド⇒
http://www.numata-kankou.jp/activity/tokami/index.html
登山マップ⇒
http://www.numata-kankou.jp/activity/tokami/img/P2-3.pdf
木彫りマップ⇒
http://www.numata-kankou.jp/activity/tokami/img/kibori_map.pdf
 
☆半袖 タイム:全行程
★入山者run:観音寺で半袖半パン姿のオジサンとすれ違う…トレラン?
その他周辺情報★登山ポストpostoffice:なし
★トイレtoilet:無
★携帯 :圏内
★食料調達処24hours:せず
★酒類調達処:せず
★お土産処present:寄らず
★飲食店restaurant:寄らず
★温泉spa:寄らず
★宿泊施設hotel:世田谷区民健康村なかのビレジ
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 2010年09月20日(月) [日帰り]
【過去レコ】戸神山(ぐんま100):スリリングな岩稜歩きと眺望が楽しめる低山・・・半袖隊長、群馬観光大使に(*^^)v
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-360325.html

写真

宿舎前parkingから定点観測。
りんご畑の向こうに連なる山並みの真ん中に戸神山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿舎前parkingから定点観測。
りんご畑の向こうに連なる山並みの真ん中に戸神山
2
戸神山にズ〜ム!
ピラミダルな形から三角山とも呼ばれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸神山にズ〜ム!
ピラミダルな形から三角山とも呼ばれる。
2
宿舎からで15分。
登山口近くから戸神山
左から登って右に下った鞍部から手前に下山予定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿舎からで15分。
登山口近くから戸神山
左から登って右に下った鞍部から手前に下山予定。
6
5:55発地ふれあい広場の奥に…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:55発地ふれあい広場の奥に…
登山口。
右に行けば林道コース。
拙者は真っ直ぐ直登コース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。
右に行けば林道コース。
拙者は真っ直ぐ直登コース。
1
初夏を告げるヤマユリ。
…でも今年は暑過ぎる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初夏を告げるヤマユリ。
…でも今年は暑過ぎる
4
あれ?何だったかな?
オオギバボウシ???
ボケ防止策も必要だな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ?何だったかな?
オオギバボウシ???
ボケ防止策も必要だな。
2
5:59石段を登れば虚空蔵尊。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:59石段を登れば虚空蔵尊。
お堂の左裏に山道は続く。
夏草が生い茂り鬱陶しいが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お堂の左裏に山道は続く。
夏草が生い茂り鬱陶しいが…
1
すぐに林道コースと合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに林道コースと合流。
1
地元有志が製作した木彫り動物が棲息。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地元有志が製作した木彫り動物が棲息。
1
ここにも…。
興味ある方は感想欄のURLをクリック。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも…。
興味ある方は感想欄のURLをクリック。
1
手書き道標「林道を行く」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手書き道標「林道を行く」
6:07あれ、すぐに気になる踏み跡。
う〜ん、右に入った方が早そうだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:07あれ、すぐに気になる踏み跡。
う〜ん、右に入った方が早そうだ
1
6:08すぐに林道と合流…悩むことはなかった!
拙者は真っ直ぐ試練の道へrun
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:08すぐに林道と合流…悩むことはなかった!
拙者は真っ直ぐ試練の道へrun
1
6:13暫くすると前方に大岩。
右裾から回りこんで…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:13暫くすると前方に大岩。
右裾から回りこんで…
1
裏手に回ると岩場の難路が始まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏手に回ると岩場の難路が始まる。
どっこいしょ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どっこいしょ!!
よっこいしょ!!
手掛かり・足掛かりは豊富だから鎖もロープもない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よっこいしょ!!
手掛かり・足掛かりは豊富だから鎖もロープもない。
1
ふ〜、なかなかきついぜ。
振り返ると子持山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふ〜、なかなかきついぜ。
振り返ると子持山。
2
お〜、見上げんばかりの急坂。
アルプス登山の前の練習になるぜ。
行く予定はないけど…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜、見上げんばかりの急坂。
アルプス登山の前の練習になるぜ。
行く予定はないけど…。
2
6:23一本だけあった鎖場。
無くても登れるが下りでは必須かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:23一本だけあった鎖場。
無くても登れるが下りでは必須かな。
3
6:25林道コースと合流。
「山頂まであと10分」道標。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:25林道コースと合流。
「山頂まであと10分」道標。
2
岩場はまだまだ続く。
それにしても暑い
もう全身びしょ濡れ…
水も滴るいい男とは拙者のことか!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場はまだまだ続く。
それにしても暑い
もう全身びしょ濡れ…
水も滴るいい男とは拙者のことか!
1
6:28「山頂まであと5分」道標。
…てことは3分で来たわけだ(^^)v
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:28「山頂まであと5分」道標。
…てことは3分で来たわけだ(^^)v
1
お地蔵さんに無事を祈念。
必ず祈らないと罰が当たるぜ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵さんに無事を祈念。
必ず祈らないと罰が当たるぜ!
おい、おい、まだかよ!
前回よりキツく感じるのはトシを食ったせいか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おい、おい、まだかよ!
前回よりキツく感じるのはトシを食ったせいか?
6:32いやいや、漸くトウチャコ。
戸神山(とかみやま)771.6m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:32いやいや、漸くトウチャコ。
戸神山(とかみやま)771.6m
7
証拠写真を撮ったらテントウムシが飛んでた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
証拠写真を撮ったらテントウムシが飛んでた。
11
低山ながらも眺望の良さで知られているが…霞んでおり残念。
左は赤城山方面、右は子持山方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低山ながらも眺望の良さで知られているが…霞んでおり残念。
左は赤城山方面、右は子持山方面。
戸神山のまたの名は石尊山。
真新しい石宮は再建された石尊山阿夫利神社。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸神山のまたの名は石尊山。
真新しい石宮は再建された石尊山阿夫利神社。
本社は大山阿夫利神社。
石灯籠も多数。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本社は大山阿夫利神社。
石灯籠も多数。
沼田市街地。
左から中に婉曲するは関越道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼田市街地。
左から中に婉曲するは関越道
2
右奥に小野子三山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥に小野子三山
2
玉原方面なのだが…
すると、迦葉山や尼ヶ禿山、鹿俣山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉原方面なのだが…
すると、迦葉山や尼ヶ禿山、鹿俣山
2
南から登って、下りは北へ。
おっ!ふくろう(みみずく?)がお見送りだ。
正面の尖がりが高王山かな?
次回は足を伸ばしたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南から登って、下りは北へ。
おっ!ふくろう(みみずく?)がお見送りだ。
正面の尖がりが高王山かな?
次回は足を伸ばしたい。
3
戯れて滑りやすいのでロープ設置。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戯れて滑りやすいのでロープ設置。
1
6:45すぐに観音寺への分岐。
真っ直ぐ行けば高王山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:45すぐに観音寺への分岐。
真っ直ぐ行けば高王山。
分岐道標にぶら下がるフライパン。
クマさんがgood-by!
ホンマもんには会いたくないぜ(;_;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐道標にぶら下がるフライパン。
クマさんがgood-by!
ホンマもんには会いたくないぜ(;_;)
2
明るい広葉樹林。
なかなかの美林だぜ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい広葉樹林。
なかなかの美林だぜ。
1
う〜ん、マンダム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜ん、マンダム
2
6:50再び高王山への道と合流。
この辺りでは杉林となって…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:50再び高王山への道と合流。
この辺りでは杉林となって…
山腹の道を一気に下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山腹の道を一気に下る
最後はリス君がお出迎え(*^^)v
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はリス君がお出迎え(*^^)v
グンマちゃん、またね(^_-)-☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グンマちゃん、またね(^_-)-☆
2
6:57ここで登山道は終了。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:57ここで登山道は終了。
大きなしゃもじの観音寺。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなしゃもじの観音寺。
振り返って)観音寺俯瞰の図。
暑い暑い道路歩きの始まり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って)観音寺俯瞰の図。
暑い暑い道路歩きの始まり。
大きな石灯籠。
左奥に小坊主が入口案内中。
でもあれが戸神山?平べったく見えるな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな石灯籠。
左奥に小坊主が入口案内中。
でもあれが戸神山?平べったく見えるな。
7:03下りきったと思った後の上り返しはダラダラでも辛い(=_=)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:03下りきったと思った後の上り返しはダラダラでも辛い(=_=)
最短コースを選んだら…これ、歩いてないね、誰も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最短コースを選んだら…これ、歩いてないね、誰も。
お〜、この期に及んで藪漕ぎ、いや草漕ぎとは\(◎o◎)/!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜、この期に及んで藪漕ぎ、いや草漕ぎとは\(◎o◎)/!
でも短時間で終わって一安心。
正面に見えるは子持山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも短時間で終わって一安心。
正面に見えるは子持山
ところがどっこい…不安が募る道形に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところがどっこい…不安が募る道形に。
7:16あれ?「私有地、絶対に入るな」
絶対に…の文字にビビッて迂回路へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:16あれ?「私有地、絶対に入るな」
絶対に…の文字にビビッて迂回路へ。
1
7:24結局は大きく回りこんで戻る羽目に。
「戸神山入口」指導標を見逃さないように!
⇒実は来る時に見逃しうろちょろ10分浪費。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:24結局は大きく回りこんで戻る羽目に。
「戸神山入口」指導標を見逃さないように!
⇒実は来る時に見逃しうろちょろ10分浪費。
南正面から戸神山
いい山容だ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南正面から戸神山
いい山容だ
1
速攻で宿に戻って朝風呂⇒朝飯。
♬食べ過ぎたのは…アナタのせいよ♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
速攻で宿に戻って朝風呂⇒朝飯。
♬食べ過ぎたのは…アナタのせいよ♪
12
帰路はお袋殿サービスで榛名山を経由。
榛名富士をバックに、はいポーズ
しかしここも暑かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路はお袋殿サービスで榛名山を経由。
榛名富士をバックに、はいポーズ
しかしここも暑かった
9
こちらは榛名連山最高峰の掃部ヶ岳。
榛名湖は家族連れのボートで賑わう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは榛名連山最高峰の掃部ヶ岳。
榛名湖は家族連れのボートで賑わう。
1
パワースポット榛名神社にも立ち寄るが…。
暑くて暑くてここで退散
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パワースポット榛名神社にも立ち寄るが…。
暑くて暑くてここで退散
1
高崎駅からはお袋殿仕様でグリーン車でtrain
しっかしグンマの休日は暑過ぎだぜ^^;
お疲れさんどした<m(__)m>
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高崎駅からはお袋殿仕様でグリーン車でtrain
しっかしグンマの休日は暑過ぎだぜ^^;
お疲れさんどした<m(__)m>
5

感想/記録

グンマの休日の朝飯前登山第2弾は沼田が誇る低山ながら好展望を誇る戸神山。
またの名を石尊山ともいい、その姿・形の好さから三角山とも呼ばれる。

第1弾は計画した雨乞山には登れず、虚空蔵堂に転進する結果となった。
⇒能満山虚空蔵堂:朝飯前でも暑かった!半袖隊長、雨乞山から加齢なる転進💦
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1523620.html

今日こそは戸神山へ(…と言っても今回で2度目なのですが)と満を持して早寝したものの、目覚めたら既に5時過ぎ。
2度目にも係わらず登山口で迷ったこともあり、結果として出立時刻が6時前となってしまった。

前回登ったのはもう8年前。
その折は2号隊員一家とご一緒したが、岩場の道が多かったとの記憶が鮮明だった。
しかし今回再び登ってみて、こんなに岩・岩・岩だったのかとびっくり。
これだけ岩場が連続するなら、一日に何度か往復すれば、立派なアルプス登山の予行演習になると実感。
高度感はさほど感じず危険箇所はないが、ホールド(手掛かり・足掛かり)を見つけ確保する練習にはなります。

さて、今回は単独行だったこともあって山頂までは35分ほど。
しかし朝飯前といえども暑かったこと、暑かったこと
前夜、寝苦しかったので大量摂取した水分がどんどん発汗して、瞬く間にTシャツもズボンもパンツも汗まみれ。
いやぁ、今年の夏は異常だぜ
…と、ここまで書いた時点で、そう言えば過去2年間、夏場は入院・手術・自宅療養で、満足な夏山山行を経験していないことに気付いた。

夏は何処を歩けばいいのか忘れてしまっているのではないか…ふと、そんな寂しさを感じる今日この頃である。

山頂に着いてみれば、霞んで眺望は今三つぐらいだったが、予定通り観音寺(北)側に下り周回完了。
次回はその更に北の高王山(たかおさん)に足を伸ばそう…と決めたのでありました。

グンマの休日3日目は、お袋殿に榛名山・榛名湖に連れて行ったのですが、ここもまた暑いこと、暑いこと!!
パワースポット・榛名神社へは、石鳥居からだらだら坂道を登らねばならぬこともあって途中で打ち切り。
色んな滝があり、最後は榛名湖畔に抜けられるようなので、秋の紅葉時期に歩いてみたいと思わせる道だった。
もしかして高崎駅から歩けるのでは…と思って帰宅後調べてみたが、止めた方がよさそうですなぁ。

お疲れさんどした<m(__)m>

  隊長
訪問者数:274人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/6/2
投稿数: 1497
2018/7/18 22:50
 朝飯前の2連発
半袖隊長今晩は〜

お袋様と1号隊員様とのご旅行中にキチンと時間を作り、面白いルートを見つけ歩くのは流石というしかありません 本日制覇の戸神山は山登りの魅力をギュッと凝縮した良い山ですねぇ〜 群馬エリアにはまだ全く手を付けておりませんが、ありがたく引き出しの上の方に入れさせていただきます

subaru5272wine
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1671
2018/7/19 0:47
 戸神山
 yamabeeryuさん、お得意の群馬の休日シリーズですね
 温泉 宿をとっての朝飯前ハイクは、朝風呂でさっぱりが、お・ト・ク!ですね
 小生、宮城と山形の戸神山は以前から知っていましたが、小生の日記への隊長のコメで、群馬の戸神山も知るところとなり、ちょっと気になってます。4月の新潟ドライブでも、沼田付近の関越飛ばしながら、右車窓をチラ見していました。
 小なれど、なかなかの山容ですよね。岩々しているのも好みです。
 た・だ・し・・・・、夏には行かないでしょ〜
 かつての虫マニアの小生、写真 29の”テントウムシ”を同定しようとしましたが、ここまで像が流れていると無理ですね。
 ところでこの群馬の戸神山、山頂写真 の山頂標識を拝見すると、読みは”とかみやま”(または”・・・・さん”)と濁らないんですね(宮城、山形の戸神山は”とがみやま”だったかと)。
 あ、写真 41のお見送り鳥ですが、これも濁らない方(ふくろう)かと思われます

 なお、写真 49下山お迎えリス、小生ならボードの文字は「お帰リ〜ス!」
登録日: 2012/6/3
投稿数: 11012
2018/7/19 13:00
 subaru5272さん
もう20年近くも通い続けている川場村のお宿ですので、近くに新規ネタはありません。
時間の制約があるので、工夫すると言っても、歩くコースを変えるぐらいしかないのですよね。

戸神山は(この後のodaxさんもコメされていますが)秋〜冬に登って、眺望を楽しむ山です。
ついでに、隣りのたかおさん(高王山)にも足を伸ばして縦走しないと、あっと言う間に終わってしまいます

  隊長
登録日: 2012/6/3
投稿数: 11012
2018/7/19 13:01
 odaxさん
関越道沼田ICを過ぎて暫くすると、行く手の右側に見事な三角形の山が見えてきます。
確かに「三角山だな・・・」と思わせる構図です。
拙者もこれまでは「とがみやま」と読んでいましたが、今回、沼田市HPなどであれこれ調べていたら「とかみやま」だと分かりました。

しっかし、暑かった
それに晴れても霞んでしまい、遠くの山は見えず。
前回山行時に「日本百名山だけでも20以上見える」と地元ハイカー氏に聞いていますからね。
晩秋〜冬場の空気がきりっと締まった時がいいのでしょうね。

お宿は残念ながら温泉ではないのです。
普通の大きな風呂・・・なのですが、ねっとり身体に纏わりついた汗を流すときは「極楽、極楽!」と思います。

  隊長
登録日: 2010/4/10
投稿数: 916
2018/7/19 17:22
 群馬も暑いですね
こんにちわ。
朝飯前の早朝にもかかわらず、汗ダクになるほどの暑さとは、びっくりです。朝風呂に入れてよかったですね。

山の中の木彫りの動物たちがかわいい!見てみたいです。

朝早くから山歩きして、その後、車の運転で眠くなりませんでしたか?車だと途中で、アルコールが飲めないから、気の毒?です。帰りのグリーン酒場は、お酒もつまみも豪華。お疲れ様です。
登録日: 2012/6/3
投稿数: 11012
2018/7/19 17:39
 3737さん
もともと汗っかきで、人様の2倍・3倍の汗をかいているのでは?と思うほどです。
風も吹いてなかったですし、短いとは言え、岩場の登りが連続するので暑さも倍増です。

山の中の木彫り動物、色んなところに配置されてますよ。
道沿いだけでなく、ちょいと奥まったところにも。

今回は、前夜の寝付きが早かった(⇒21時頃)せいか、運転中に眠気をあまり感じませんでした。
長距離・長時間を避けるため、途中で(初日は赤城大沼、3日目は榛名湖畔)でいったんクルマから降りて、ウロウロしたのが好かったのかも。
高崎駅は始発駅なので、グリーン車に必ず座れるのが利点です。
熊谷駅以降は寝てました

  隊長
登録日: 2013/10/11
投稿数: 3325
2018/7/20 10:43
 結構な岩場のお山ですねー
それも800m弱の低山!
猛暑の今行くとこではないような・・・(笑)
そういえば、ここのところ夏のレコなかったですね
川場の夏休み お疲れさまでした
登録日: 2012/6/3
投稿数: 11012
2018/7/20 12:07
 cyberdocさん
お宿の周囲で、アクセス容易、かつ、比較的簡単に登降できる山となると、極めて限定されまして……m(__)m

夏を忘れたカナリアは、何処へ行けばいいのか分からず……。
リハビリで歩いた小田急沿線ふれあい歩道も、ここまで暑くはなかったような……。

岩場歩きの勘を取り戻すにはいいのですが

半袖隊長

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ