また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1527321 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山

日程 2018年07月15日(日) 〜 2018年07月16日(月)
メンバー
天候晴れ / 頂上は17度ぐらい
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
JR三島駅からレンタカーで水ヶ塚公園駐車場へ移動。水ヶ塚公園から富士宮口五合目までシャトルバス。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
24分
休憩
0分
合計
24分
Sスタート地点13:4413:56富士宮口五合目14:08富士宮口新六合目14:08宿泊地
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報// 下山後の入浴施設
ヘルシーパーク裾野
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(1) 登山靴(1) レインウェア 折り畳み傘(1) ヘッドランプ(1) 手袋(1) 帽子(1) インナー上下(1) 長袖シャツ(1) ズボン(1) 厚手の靴下(2) ストック タオル 水筒 行動食 嗜好品 非常食 財布 地図 コンパス 筆記具 サングラス エマージェンシーシート 携帯電話 耐熱コップ スプーン等 サポーター 消臭剤 時計 健康保険証
共同装備 GPSデータロガー ガスボンベ ボンベ台 五徳 コッフェル デジタルカメラ

写真

横浜駅から三島駅までは特急踊り子号で
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横浜駅から三島駅までは特急踊り子号で
シャトルバスの前で
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャトルバスの前で
シャトルバスの車内
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャトルバスの車内
1
富士宮口五合目に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮口五合目に到着
ここから登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登ります
すぐに2,400mの道標
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに2,400mの道標
意外と傾斜があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外と傾斜があります
今回のパーティメンバー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のパーティメンバー
1
まもなく六合目の宿
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなく六合目の宿
宿の一階の団体の間
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿の一階の団体の間
六合目からは八合目あたりまでが見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目からは八合目あたりまでが見えます
酒盛りスタート^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酒盛りスタート^^
1
こちらの雲海も綺麗です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの雲海も綺麗です
更にはっきり映った影富士
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更にはっきり映った影富士
1
夕食はいつものカレー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食はいつものカレー
この辺は山室ではなく旅館ぽい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は山室ではなく旅館ぽい
星空を撮ってみたが、コンパクトデジカメの限界かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星空を撮ってみたが、コンパクトデジカメの限界かな
早朝、夜が明けてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝、夜が明けてきた
1
そろそろ出発です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ出発です
1
宝永山越のご来光
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山越のご来光
花もたくさん咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花もたくさん咲いていた
ようやく3,000mを越えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく3,000mを越えます
八合目からは奥宮になります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目からは奥宮になります
立派な鳥居が立ってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な鳥居が立ってます
これも境界を表す柱
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも境界を表す柱
鳥居の前でパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の前でパチリ
1
傾斜がかなりあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜がかなりあります
いよいよ頂上の鳥居が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ頂上の鳥居が見えてきた
これをくぐれば到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これをくぐれば到着
浅間神社奥宮到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間神社奥宮到着
剣ヶ峰直下のザレ場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰直下のザレ場
元レーダードームがあったところに到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元レーダードームがあったところに到着
富士山火口もすごいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山火口もすごいです
1
今回は御殿場口から降ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は御殿場口から降ります
鳥居をくぐって出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐって出発
グングン標高を下げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グングン標高を下げます
赤岩八合目に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩八合目に到着
ここは閉鎖されていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは閉鎖されていた
砂走コースが見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂走コースが見えた
1
通常ルートとの分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通常ルートとの分岐
ここからいよいよ砂走
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからいよいよ砂走
彼はこの後、御殿場口まで突っ走ってしまいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
彼はこの後、御殿場口まで突っ走ってしまいました
道を確認しながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道を確認しながら
振り向くとかなりの傾斜です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くとかなりの傾斜です
そろそろ宝永山への分岐が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ宝永山への分岐が見えてきた
この分岐は判りにくいかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐は判りにくいかな
宝永火口へ降りる分岐が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永火口へ降りる分岐が見えてきた
振り向くと富士山の大きさが実感できます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くと富士山の大きさが実感できます
1
こちらは宝永第一火口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは宝永第一火口
こちらは宝永第二火口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは宝永第二火口
宝永火口を横断しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永火口を横断しました
水ヶ塚と富士宮口との分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水ヶ塚と富士宮口との分岐
富士宮口六合目に戻ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮口六合目に戻ってきました
五合目まで移動します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目まで移動します
舗装路も見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路も見えてきた
レストハウスも見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レストハウスも見えてきた
入り口の2,400m道標に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口の2,400m道標に到着

感想/記録

今回は初参加2名を加えての山行でした。
高山病対策のお陰か、誰も高山病の兆候は出ず、一安心でしたが、前日の深酒^^;が影響した人が出ました。
また、休憩時間に少しづつ食事をする習慣がない人がややシャリバテ気味になって、
剣ヶ峰をスキップする事態にも。
下りにおいては、砂走りコースで分岐を見落とした人がそのまま御殿場口へ行ってしまうなどアクシデントもありましたが、総じて一人の怪我もなく無事下山できたことに感謝しています。
富士山のコースにおいて、携帯電話が使えたことは一安心でした。
訪問者数:149人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ