また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1528791 全員に公開 沢登り 東北

黄瀬川 

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年07月14日(土) ~ 2018年07月16日(月)
メンバー
 kjt
, その他メンバー1人
天候14日:晴れ 15日:曇り 16日:曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
猿倉温泉より、路線バスあり
http://sarukura.net/free/higaeri
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間4分
休憩
11分
合計
6時間15分
Sスタート地点11:1013:55松見の滝入り口14:0617:25長根沢出合い
2日目
山行
8時間36分
休憩
26分
合計
9時間2分
宿泊地07:1013:02黄瀬沼13:2816:12地獄峠
3日目
山行
2時間25分
休憩
25分
合計
2時間50分
宿泊地05:5507:04矢櫃萢07:2908:45猿倉温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
休憩、分岐スルー等によるロス時間こみ。
コース状況/
危険箇所等
14日
 大学院の後輩に送ってもらい、黄瀬川林道の車止めゲートまで。道路から5分もいかないうちに通行止めになってしまう。税金でつくってんだから開けてくれよと思う。今年から消費税以外の税金を払うようになったので、ガメツイ性格にさらに磨きがかかる。しかし、このメンバーとの林道歩きは、3時間でもそれほど苦にならない。楽しい。いまだに一人で沢に行こうとは思えない私に、一生沢ヤは無理かもしれない。
松見の滝入り口の林道から一本上流側の微沢を使うとスムーズに沢筋まで降りれる。ガイド本にも載る鉄板デート沢らしいが、最初は河原歩きで第一印象はそれほど良くない。F1あたりから岩盤質になり、ナメもちらほら現れる。が、それも増毛黄金沢といい勝負といった規模のものか。淡々とこなす。F3はガイド本のとおり、右岸からのぼる。これまでの滝に比べれば若干細かいのでロープをだす。最近いっぱい買ったハーケンで遊べたので楽しかった。F3からすぐに長根沢出合いだが、疲れていたのか一度スルーしてしまう。しょぱい。おかげで貴重な宴会時間をロスしてしまった。tkokは自慢の手製毛ばりをもって狩りに出かけるが坊主、tkokはやはり魚類を超えられなかった。今晩は、くそったれウイスキーをたらふく飲んでしまった。深夜2時、満天の星空があまりにも美しかったので目頭が熱くなった。7年前の烏帽子で見た星空とおんなじ星空だった。
15日
 二日酔い。長根沢出合い先F4を超えると、浅いゴルジュ地形となる。へつり等で遊べるが、ほかにいくらでもルートがとれる場所が多く、消化試合感はある。増水すればもっとシビアだろうか。ゴルジュ区間が終わると、単調な河原歩きが最後まで続く。綺麗な地層や良くわからん構造の褶曲が出てくるのは結構楽しい。黄瀬沼から地獄峠までは、地獄のような藪漕ぎ。テープは5mおきについている。夏道に出たところで力尽きてC2。みんな早々に寝てしまってつまらん。枕なげしたかったのに。
16日
 ガッスガス。今日は下山だけ。八戸のルーテン山の会(後で調べたら『流転』というのかな?)の方と出会う。黄瀬沼までのテープを設置しているのは、この会の方らしい。曰く、黄瀬沼はヨーロッパ風らしい。たしかに、静かでいいとこだが、やはり東北の田舎感は抜けきっていないので、金髪の美女でも設置すると良いだろう。猿倉温泉は、シャワーシャンプなし。幌加温泉ぶりの野生味ある入浴で感動した。その後は、バスへ八戸駅へ。一足先に二人と別れて旅を終える。もしかしたら、このメンバーと山に行くことはもうしばらく無いような気がして、なんだか感慨深かった。車中では、セクシー登山部のブログを読んで、これからどう山をやるべきか考える。今回の山行はやたらと年齢の話が多かった。たしかに、そろそろ一歩違ったことをしないと、すぐに20代が終わってしまう。

過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

どっかの支沢
2018年07月14日 15:33撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どっかの支沢
1
今シーズン初? WS
2018年07月15日 07:48撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今シーズン初? WS
深い釜が美しい
2018年07月15日 08:35撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い釜が美しい
綺麗な層理が特徴的
2018年07月15日 08:48撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な層理が特徴的
ええかんじ(適当)
2018年07月16日 07:23撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ええかんじ(適当)
撮影機材:

感想/記録
by kjt

思っていたよりディープな玄人向けの沢だったように思う。初めての八甲田でマイナー(らしい?)南八甲田の沢からやれたのは、よかったかもしれない。次に来る時は、あるのだろうか。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:504人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ