また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1544907 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

ほぼ熱中症。酷暑の六甲山(芦屋川・荒地山・六甲山頂・有馬コース)

日程 2018年08月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
行き:阪急芦屋川駅
帰り:神鉄有馬温泉駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間53分
休憩
1時間56分
合計
7時間49分
S芦屋川駅08:2708:38芦屋川、高座の滝方面分岐08:44城山・荒地山方面分岐点09:25鷹尾山09:2609:44高座谷への分岐10:14七右衛門嵒10:18テーブルロック11:0311:11立烏帽子11:18荒地山11:4211:49なかみ山11:5012:02荒地山への分岐12:48雨ヶ峠13:07本庄橋跡13:1913:22本庄堰堤北側の分岐14:21一軒茶屋14:5315:06六甲山15:10一軒茶屋15:1116:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
岩梯子・七右衛門嵒は落ちると危険。それ以外は特に危険箇所はなし。最大の危険は高温でした。。。
その他周辺情報有馬温泉には、温泉施設・カフェ・レストラン多数あり。
六甲山山頂付近に、軽食・かき氷の一軒茶屋。飲み物の自販機もあります。
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(1) アルパインパンツ(1) Tシャツ着替え用(3) 登山靴(1) 帽子(1) タオル(3) ヘッドランプ(1) ヘッドランプ予備電池(1) コンパス(1) トレッキングポール 凍らせたプラティパス(1リットルx2) 保冷バッグ 塩飴 塩分チャージタブレット 冷たいバランス栄養食2個(ゼリータイプ) サングラス iPhone7 SkyWalking

Myアイテム  

deepkick 重量:-kg
山岳地帯など、ネットに接続できない環境での道迷いを防止することを目的として開発しているアプリで、iOS端末(iPhone, iPadですね)で利用できます。アプリのダウンロードや使い方などの詳細は、下記SkyWalking オフィシャルサイトをご覧ください。
http://deepkick.com/skywalking/

写真

登り始め。まだ元気。わが故郷、神戸の街並みは海とセットです。
2018年08月04日 09:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始め。まだ元気。わが故郷、神戸の街並みは海とセットです。
岩梯子に到着。まだ元気。クライミングは室内・冷房完備のジム専門の私ですが、フリーで挑戦です。
2018年08月04日 10:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩梯子に到着。まだ元気。クライミングは室内・冷房完備のジム専門の私ですが、フリーで挑戦です。
岩梯子を登ったところ。まだ元気。とってもいい眺望!半端ない暑さのため、この後の長い登りでくたばりました。。。写真もありません。
2018年08月04日 10:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩梯子を登ったところ。まだ元気。とってもいい眺望!半端ない暑さのため、この後の長い登りでくたばりました。。。写真もありません。
体が動かない中、どうにか一軒茶屋に到着。体を休めながらかき氷で生き返りました。キツイというよりか、危険な状態でした。
2018年08月04日 14:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体が動かない中、どうにか一軒茶屋に到着。体を休めながらかき氷で生き返りました。キツイというよりか、危険な状態でした。
3
六甲山山頂付近から大阪方面の眺望
2018年08月04日 14:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山山頂付近から大阪方面の眺望
六甲山山頂に到着。4年ぶり。
2018年08月04日 15:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山山頂に到着。4年ぶり。
2
有馬温泉に下山。金の温泉で疲れを癒やしました。
2018年08月04日 18:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬温泉に下山。金の温泉で疲れを癒やしました。
1
有馬の温泉街。
2018年08月04日 18:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬の温泉街。
2
夕暮れの有馬温泉。電車に乗って、神鉄・阪急を乗り継いで京都へ帰りました。
2018年08月04日 18:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れの有馬温泉。電車に乗って、神鉄・阪急を乗り継いで京都へ帰りました。
1
撮影機材:

感想/記録

今回は久しぶりの山行で、なんやかんや大学院での勉強や用事で忙しく、今年は全然山に行けてなく、山歩きらしい山歩きは今年始めてかも。とある地理関係の有志グループで、来月富士山登山を計画しており、その練習も兼ねてグループで六甲山へ行ってきました。

六甲山は私の出身地・神戸を代表する山で、4年前の春にふと思い立って六甲全山縦走路走破を試みて、須磨浦公園から宝塚まで歩いたことがあるのですが、今回のルートは、芦屋川駅から荒地山・雨ヶ峠・六甲山山頂を経由し、有馬温泉へ下山する六甲山ハイキングでは定番と言えるコースですが、私にとっては初めてのコースでした。

猛烈な酷暑の中、芦屋川駅から坂を登り始めるとすぐに猛烈な汗が。私は暑さに弱い体質なので、熱中症にならないように水分補給しながら慎重に登り、岩梯子へ到着。この時点では猛烈な暑さは感じながらも、まだまだ元気で、メンバーの岩登りをサポートしたり、岩梯子上に出て、時折感じる風を爽やかに感じながら、眼下に迫る神戸や大阪の街並みや港の眺望を楽しむ余裕がありました。

そして荒地山に到着。休憩後、荒地山山頂からのルートを間違えて一旦引き返し(SkyWalkingでルートを確認し、すぐに引き返したため、事なきを得ました)、ここまでは順調に進んでいました。しかし少しずつ熱中症の症状が現れていたようです。

ご存知のように、この時期連日のように熱中症による危険性がニュースなどで報道されており、私は元来暑さに弱い体質で、普通の人よりすぐに熱中症の症状が現れやすいため、万全を期して今回の山行に参加したのですが、登り始めて3時間がたった荒地山への分岐点あたりから、あきらかに疲労感があって足取りが重くなり、膝周辺に異変を感じだしました。こまめに休憩を入れて、凍らせておいたプラティパスを首に当てたりして、体温を下げようとしたのですが、立ち止まって腰を下ろしている間はいくぶん楽になるのですが、再び登り始めると息が続かず、足に力が入らず、すさまじい疲労感が一気に襲ってきました。マラソンをやっていたころも、ペース配分を間違えて前半飛ばしすぎてしまい、途中でどうにも体が動かなくなることがあったのですが、それと似たような状況です。あきらかにエネルギー不足ですが、固形物を食べる気力がなく、冷たい水と塩飴、ゼリータイプの栄養食を口にするのがやっとでした。

途中リタイヤすることも考えましたが、ここまで来てしまうと六甲山山頂までたどりついた方が良かったので、休みを入れながら少しずつ急登を登り、フラフラになりながらもどうにかこうにか一軒茶屋へたどり着くことができました。正直、最後の急登はよく覚えておらず、フラフラしており危なかったです。今回ばかりは、自分の暑さに対する弱さと、私が40代半ばで、他の20代のメンバーとの体力差を痛感しましたね。暑さに対する抵抗力には、年齢も関係しているのでしょうか。

一軒茶屋の涼しいところでかき氷を食べながら体を休ませ、汗だくのTシャツを着替え、少し動ける程度に体調が戻ってきました。あともう少し登りが続いていたら、かなりヤバかったと思います。ここで十分休憩を取ることができたおかげで、下山するための体力と気力も戻ってきました。あとは六甲山山頂を踏んで、有馬温泉まで一気に下山し、今回の目的の富士山登山へ向けての練習もいちおう達成できました。有馬温泉にたどりついたときは、本当にホッとしましたね。ハイキングでここまで熱中症の症状に陥るのは初めての経験で、自分にとってどのあたりが危険レベルなのか、よく分かりました。単独行動だったら、こりゃマズイということで、おそらく荒地山の分岐点あたりでリタイヤしていたと思います。

有馬温泉では、金の湯で温泉につかり、なんとか最後まで踏ん張ってくれた自分の足をいたわりつつ冷たいシャワーを浴びて足や体を冷やし、ビールを飲んで快適でしたが、まだ食欲は湧かず、固形物は食べられませんでした。体のあちらこちらに熱中症によるダメージを感じました。

教訓としては、人によって暑さに対する抵抗力や熱中症のなりやすさは違うと思いますが、私の場合、ちょっとやそっとの熱中症対策でどうにか克服できるものではなく、そもそも気温が高くなるこの時期は、「屋外での運動は原則禁止」の言葉通り、日中の低山に行くのは控えた方が良いと思いました。富士山登山のためのグループの練習ということで、今回は致し方なかったのですが。

以上、熱中症対策の参考になれば幸いです。決して無理はしないように気をつけましょう。なお、SkyWalkingによるGPSロギングは、いつもどおり正確に取れていました。

====== 今回のGPSログ取得データ ======
■ 使用アプリと機器:SkyWalking x iPhone 7
■ activity type:フィットネス
■ GPSの精度:最高精度
■ 位置情報の取得間隔:10メートル

====== 登山用GPSロギングiOSアプリ・SkyWalking について ======
山岳地帯など、ネットに接続できない環境での道迷いを防止することを目的としているGPSロギングアプリで、iOS端末(iPhone, iPadですね)で利用できます。インストール直後の機能制限版は無料で利用できます。
アプリのダウンロードや使い方などの詳細は、下記SkyWalking オフィシャルサイトをご覧ください。
http://deepkick.com/skywalking/

SkyWalkingの主要な機能を約4分の動画で紹介しています。


訪問者数:410人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 GPS 道迷い 山行 熱中症 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ