また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1546567 全員に公開 沢登り 東海

海の溝洞〜リンクカム沈没〜地獄を見た

情報量の目安: S
-拍手
日程 2018年08月04日(土) [日帰り]
メンバー
 w21st2000(CL)
 yukinofurumati(記録)
, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間5分
休憩
5時間25分
合計
8時間30分
S入渓(海の溝谷分岐)08:3008:502m滝 F109:5011:154m滝12:5013:353mCS16:0016:35遡行終了点~林道出発17:0017:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
核心のCS3mでリンクカム+アブミが沈没。水中から回収した方がいましたら連絡ください。

海の溝谷は4級はあると思われる。3つの滝の登攀はどれも難しかったが、3mCSは核心だけあって一番難しかった。少なくとも一人はクライミング力がないと突破できないが、メンバー全員に登攀力があるのが望ましい。逆に言えば最初の2m滝が突破できない場合には先に進めないので、一歩も進めず安心して敗退できる。
その他周辺情報板取川温泉600円
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

写真

川浦谷(かおれたに)
2018年08月04日 08:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川浦谷(かおれたに)
どこから入渓できるのか探す
2018年08月04日 08:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこから入渓できるのか探す
見下ろすと深いし流れも速い
2018年08月04日 08:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見下ろすと深いし流れも速い
海の溝洞分岐
2018年08月04日 08:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海の溝洞分岐
橋のたもとから懸垂下降で入渓
2018年08月04日 08:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋のたもとから懸垂下降で入渓
ラストが懸垂下降
2018年08月04日 08:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラストが懸垂下降
最初の滝にゴルジャーが取りつくも、登りが専門でないので出戻り。
2018年08月04日 08:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の滝にゴルジャーが取りつくも、登りが専門でないので出戻り。
闘将に交代
2018年08月04日 08:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
闘将に交代
あっさりと登る
2018年08月04日 08:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっさりと登る
後続は大変苦労した。
2018年08月04日 09:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続は大変苦労した。
Nさんも出戻りで仕切り直し
2018年08月04日 09:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Nさんも出戻りで仕切り直し
自分は三番手。滝の手前の左側を登ってから行くイメージ。持ち手があまいこともあり、一度あがるも滑って落ちて戻された。
2018年08月04日 09:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分は三番手。滝の手前の左側を登ってから行くイメージ。持ち手があまいこともあり、一度あがるも滑って落ちて戻された。
相当苦労して時間もだいぶかかったイメージだったが、カメラの時刻を見ると5分程度だった。
2018年08月04日 09:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相当苦労して時間もだいぶかかったイメージだったが、カメラの時刻を見ると5分程度だった。
4番手がようやく登り切るころには後続の方がきた。彼らにはだいぶ待たせてしまった。(4,5番手は空身)
2018年08月04日 09:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4番手がようやく登り切るころには後続の方がきた。彼らにはだいぶ待たせてしまった。(4,5番手は空身)
遊んでみるが、大岩の左を巻く。
2018年08月04日 10:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊んでみるが、大岩の左を巻く。
右からへつる。
2018年08月04日 10:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右からへつる。
ここは自分がリードして右から登る(空身)。簡単
2018年08月04日 10:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは自分がリードして右から登る(空身)。簡単
水の透明度は半端ない
2018年08月04日 10:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の透明度は半端ない
左側を高巻く。滑りそうで少し怖い
2018年08月04日 11:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側を高巻く。滑りそうで少し怖い
大滝。はっきりいってどうやって登っていいのか分からなかったので、後続パーティーに先を譲ったが、結局は闘将が先に登ることになった。
2018年08月04日 11:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝。はっきりいってどうやって登っていいのか分からなかったので、後続パーティーに先を譲ったが、結局は闘将が先に登ることになった。
泳いで取りついて
2018年08月04日 11:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泳いで取りついて
とりあえず試登してみたら登れてしまった。残置ハーケンもあったので、ザイルをつなぐことに。
2018年08月04日 11:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず試登してみたら登れてしまった。残置ハーケンもあったので、ザイルをつなぐことに。
2番手でもちろん空身で登る。アッセンダーを効かせながら登る。
2018年08月04日 12:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番手でもちろん空身で登る。アッセンダーを効かせながら登る。
この滝の突破に1時間半かかってしまった。後続の方すいませんでした。
2018年08月04日 12:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝の突破に1時間半かかってしまった。後続の方すいませんでした。
このゴルジュは流れが速いので泳いで突破できず
2018年08月04日 13:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このゴルジュは流れが速いので泳いで突破できず
右から高巻くが石が浮いていて危うく先頭の落石に当たるところだった。
2018年08月04日 13:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から高巻くが石が浮いていて危うく先頭の落石に当たるところだった。
核心のCS。ここで自分のリンクカム#2+アブミが水の底に沈む。
2018年08月04日 13:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心のCS。ここで自分のリンクカム#2+アブミが水の底に沈む。
リードの突破だけで50分。
2018年08月04日 13:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リードの突破だけで50分。
5人全員の突破には2時間かかる!!
2018年08月04日 15:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5人全員の突破には2時間かかる!!
ここの左岸の登りがつるつるでやっかい。リードした闘将は本日一番の核心はここだったとのこと。ハーケンを入れようとしたが入らない。結局はランニングなしで越える。
2018年08月04日 15:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの左岸の登りがつるつるでやっかい。リードした闘将は本日一番の核心はここだったとのこと。ハーケンを入れようとしたが入らない。結局はランニングなしで越える。
下は流れのはやい滝つぼのため落ちられない。ところが2番手の自分は滑って落ちてしまった。アッセンダーでぎりぎりまで短くしていたので滝つぼまでは落ちなかったので助かったが、一方で宙ぶらりんになってしまい、アッセンダーとロープの途中の結び目がひっかかってアッセンダーが外れなくて大変なことに。
2018年08月04日 15:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下は流れのはやい滝つぼのため落ちられない。ところが2番手の自分は滑って落ちてしまった。アッセンダーでぎりぎりまで短くしていたので滝つぼまでは落ちなかったので助かったが、一方で宙ぶらりんになってしまい、アッセンダーとロープの途中の結び目がひっかかってアッセンダーが外れなくて大変なことに。
だいぶ時間がかかってしまったので先を急ぐ。
2018年08月04日 16:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ時間がかかってしまったので先を急ぐ。
この先に登れそうなところを発見。
2018年08月04日 16:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先に登れそうなところを発見。
急な斜面を登ると車道にでた。
2018年08月04日 16:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な斜面を登ると車道にでた。
1
林道を下る
2018年08月04日 17:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を下る
大滝を上から見下ろす
2018年08月04日 17:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝を上から見下ろす
林道終点着
2018年08月04日 17:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点着

感想/記録

盆に行く予定の沢の練習との題目で来てみたが、明らかにこちらの沢のほうが難しかった。そもそも泳ぎで短い海の溝洞とと登りで距離が長いの盆の沢では形態がまったく異なるので練習になったのかどうか。もっともこれだけ難しい沢に行けたのだから盆の沢(3級上)には行けるだろうという意識にはなったが、もう二度とくることはないだろうというほど難しかった。

少し探したら入渓地点は橋のたもとからうまい具合に懸垂下降でちょうど沢の入口に降りられた。

【2m滝 F1】
いきなり2m程度の小さな滝の突破でつまづく。最初にゴルジャ―が突破を試みるもうまくいかずに戻る。闘将に交代すると、あっさりと登る。しかしセカンド以降は苦労する。滝の手前の左側へ離陸して登るイメージだが、持ちてがあまい。自分も一度離陸するも滑って落ちて戻されてしまった。再度離陸してなんとか突破。相当時間がかかったように思えたが自分がかかった時間は5分だった。しかし全員突破するにはかなり時間がかかり都合1時間かかってしまった。途中で後続に3人組のパーティーの方が来られたがだいぶ待たしてしまった。

その後小さく高巻いたり、へつったりする。大したことのない小滝では自分がリードして遊ぶ。一部滑りそうで少し怖い小さな高巻きもあった。

【4m滝+大釜】
少し進むと大きな釜を持つ4m滝があった。我々は遅いので後続のパーティーに先を譲ったが、そこまで簡単な登りではなかったらしくて左岸巻きを検討されたが、道がなくて戻ってこられた。その間に闘将が泳いで取りつき、試しに取りついてみたところ、思ったよりも登りやすかったらしく残置ハーケン地点まで登る。登れると思って取りついていないので、ザイルもないフリー状態なので、慌ててザイルを渡す。そうしてすんなりと突破してしまった。さすがは11クライマーである。

「突破してしまったらから、うちらも登らなあかんなぁ」と僕と釣りキチ先輩。登れるか分からないが登るしかない。アッセンダーを効かせて空身で登ると思ったよりも登れた。少しハングしているのでそれが少し難しい。滝の落ち口は水の流れが激しいので足を持っていかれそうになるが、奥にガバがありそれをつかむと登れた。結局ここでも残りのメンツの突破に時間がかかり、なんと突破に1時間半かかってしまった。後続の方すいませんでした。

その先のゴルジュは流れが速いので突破はできず、左岸を高巻くことに。先頭のゴルジャ―が落石し、さっきまで自分がいた場所に落ちてきた。高巻くときには下の状況を見ないと危ない。

【3mCS】
すぐに核心の3mCSに出た。これがよく見るCSか。今回の山行はリーダーであるゴルジャ―の希望だったので、ゴルジャ―がリードする。まずは左岸を泳いで取りつくが、取りつくまでも流れがあるので大変。CSの下に到着するが、残置スリングも流木もなくて苦労している。右のクラックにカム+アブミを決めようとするが幅が広くて何回も抜けている。結局リードの突破だけで50分かかる。さらに全員の突破には2時間かかってしまった。

二人目が登っているときにカムが抜けて、カム+アブミが水の底に沈んでしまった。三人目の自分のときに潜って探そうかと思ったが、アッセンダーで登攀中で難しくあきらめた。

【左岸登り】
そのあとに左岸の小さな登りがあるのだが、闘将曰く、ここが一番難しかったとのこと。つるつるで手がないし、落ちたら滝口にはまって大変危険。ハーケンで支点を取ろうと試したが岩溝がなくはいらなかった。フリーで落ちずに闘将が越えたが、セカンドの自分は案の定落ちてしまった!ただし、アッセンダーでぎりぎりまで短く上げていたので滝つぼまで落ちずに助かった。しかし宙ぶらりんになってしまい、マイクロトラクションとロープ途中のむずび目がひっかかり外れなくなってしまった。仕方がないんで、オートブロックでアッセンダーを作り直し、マイクロトラクションを外して登り切る。落ちた瞬間は一瞬なので怖くなかったが、落ちる前と落ちて宙ぶらりんの状況では怖かった。冷静にマイクロトラクションを外せたのは不幸中の幸い。後続の他の方はお助け紐も出してもらい、左岸をうまく登った。

この時点でもう16時。林道へ登る地点を調べておらず、日没が怖いので先を急ぐ。すると30分も進むと登れそうな斜面があった。急だったが登るとあっという間に林道へ出た。林道で着替えて下り、車を回収。17時を回っており予約していたキャンプ場へ連絡するとなんとか間に合うようで助かった。夜は板取川温泉キャンプ場でBBQして明日に備えた。

3つの滝の突破にかなり時間がかかってしまった。4級の沢だ。時間がかかり最後は焦ったが、水平距離が短かかったので日没前に抜けられて助かった。ここまで難しい沢にはもう来ないかな。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:930人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ