また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1560028 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

谷川岳(西黒尾根経由)

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ(薄曇り有)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
下山は天神平よりロープウェイにて駐車場まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
露岩は乾いていても滑り易いです。注意!

写真

西黒尾根登山口。
2018年08月18日 06:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根登山口。
「垂直ブナ」と勝手に名付けましたが、最早芸術品です。
2018年08月18日 07:39撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「垂直ブナ」と勝手に名付けましたが、最早芸術品です。
1
広葉樹の中をひたすら歩き高度を上げて行きます。紅葉時期は素晴らしいと思います。
2018年08月18日 08:00撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広葉樹の中をひたすら歩き高度を上げて行きます。紅葉時期は素晴らしいと思います。
樹林帯を抜けるとヤセ尾根の岩陵帯の始まりです。最初の鎖場がおよそ80度10mの難所です。(この画像箇所ではありません)
2018年08月18日 08:58撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けるとヤセ尾根の岩陵帯の始まりです。最初の鎖場がおよそ80度10mの難所です。(この画像箇所ではありません)
「ラクダの背」を過ぎると巌剛新道との分岐。開拓した営林署員のお二人の名を付けた登山道。荒れているようです。
2018年08月18日 09:17撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ラクダの背」を過ぎると巌剛新道との分岐。開拓した営林署員のお二人の名を付けた登山道。荒れているようです。
岩場の急登が続きます。
2018年08月18日 09:36撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の急登が続きます。
秋です。沢山の実をつけていました。
2018年08月18日 10:38撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋です。沢山の実をつけていました。
トマの耳が見えてきました。沢山の人だかりです。
2018年08月18日 10:42撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳が見えてきました。沢山の人だかりです。
順番待ちの登頂撮影。必ず他人が写りこんでしまいます。
2018年08月18日 11:27撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
順番待ちの登頂撮影。必ず他人が写りこんでしまいます。
1
オキの耳よりトマの耳遠望。
2018年08月18日 11:31撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳よりトマの耳遠望。
1
水上温泉街をズーム。中学校のグランドから谷川岳の頂がよく見えるんでしょうね。
2018年08月18日 12:06撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水上温泉街をズーム。中学校のグランドから谷川岳の頂がよく見えるんでしょうね。
昭和村方面
2018年08月18日 12:07撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和村方面
平標山方面へ続く稜線。
2018年08月18日 12:11撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山方面へ続く稜線。
天神尾根下山時に西黒尾根稜線を。
2018年08月18日 12:54撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神尾根下山時に西黒尾根稜線を。

感想/記録

何度も登っている谷川岳ですが、日本三大急登の1つ西黒尾根からの登りは一度もしていなかったのでチャレンジしてみました。確かに後半の岩場の急登は、今までかなり足を使ってきているので結構キツくなりました。スぺース見つけては小休止の連続です。標準コースタイムよりかかりましたが、難コースの心身負荷が心地よい疲労となる山旅でした。
訪問者数:107人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/18
投稿数: 1007
2018/8/19 8:37
 山頂に立つ釘のようでした
masa-aniiさん おはようございます。
茂倉岳山頂にいた時には、ガスも☀
両耳の上に釘が一杯刺さったいるのが見えていました、
直に両耳山頂写真を見ると登山者だらけですね
こちらは、静かな稜線歩きができましたよ。
天神尾根は谷川銀座ですね。
お疲れ様でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 鎖場 紅葉 ヤセ尾根 ブナ 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ