また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1563080 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

川苔山(川乗橋から山頂往復)

日程 2018年08月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
45分
合計
6時間9分
S川乗橋バス停08:4508:50蕎麦粒山&鳥屋戸尾根方面分岐09:23細倉橋09:2809:28川乗山登山口10:08百尋ノ滝10:2211:33足毛岩の肩11:3612:10川苔山12:3013:41百尋ノ滝13:4414:20川乗山登山口14:20細倉橋14:50蕎麦粒山&鳥屋戸尾根方面分岐14:54川乗橋バス停14:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
昨年崩れて結構長く通行止めの原因になっていた崩壊場所が2枚目の写真です。その前後にも崩落しそうな場所があります。

写真

奥多摩駅から臨時バスを含めて2台出たのですが、最盛期に比べれば少ない人数でした
2018年08月19日 08:42撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩駅から臨時バスを含めて2台出たのですが、最盛期に比べれば少ない人数でした
昨年崩れて今年修復されたところが上の方に見えます。蕎麦粒山への鳥谷戸尾根の入口よりは先(細倉橋側)でした。
2018年08月19日 08:55撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年崩れて今年修復されたところが上の方に見えます。蕎麦粒山への鳥谷戸尾根の入口よりは先(細倉橋側)でした。
百尋ノ滝に向かいます。水が透明です。
2018年08月19日 09:41撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百尋ノ滝に向かいます。水が透明です。
清々しい朝の沢
2018年08月19日 09:43撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清々しい朝の沢
昨日から秋の空気に包まれ、息も続きます。百尋ノ滝の前に支沢ですが立派な滝があります。
2018年08月19日 09:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日から秋の空気に包まれ、息も続きます。百尋ノ滝の前に支沢ですが立派な滝があります。
百尋ノ滝、手前から
2018年08月19日 10:12撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百尋ノ滝、手前から
1
位置を変えて
2018年08月19日 10:17撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位置を変えて
道標が完備しています
2018年08月19日 10:42撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標が完備しています
登山道の様子、急坂と平坦な場所が交互に出てきます
2018年08月19日 10:56撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の様子、急坂と平坦な場所が交互に出てきます
こんな上の方ですが、結構な水量の沢があります
2018年08月19日 11:09撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな上の方ですが、結構な水量の沢があります
足毛岩ルートとの分岐。今日は足毛岩側から上ります。
2018年08月19日 11:10撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足毛岩ルートとの分岐。今日は足毛岩側から上ります。
いくつかの沢を渡っていきます
2018年08月19日 11:28撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかの沢を渡っていきます
足毛岩の肩を過ぎた辺
2018年08月19日 11:51撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足毛岩の肩を過ぎた辺
左手の樹々の間から山頂が見え隠れし始めます
2018年08月19日 11:58撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手の樹々の間から山頂が見え隠れし始めます
ここから日向沢の峰みかけての尾根筋では、ママコナが良く見られます
2018年08月19日 12:01撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから日向沢の峰みかけての尾根筋では、ママコナが良く見られます
山頂直下で雲取山方面
2018年08月19日 12:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下で雲取山方面
ここの山頂の標識も新しくなりました
2018年08月19日 12:13撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの山頂の標識も新しくなりました
1
雲取山と芋の木ドッケの間に天祖山が控えていますが、空の色が冴えません。午前中は良かったと思うのですが・・・・
2018年08月19日 12:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山と芋の木ドッケの間に天祖山が控えていますが、空の色が冴えません。午前中は良かったと思うのですが・・・・
天目山、この2つこぶはどこからでも目立ちます
2018年08月19日 12:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目山、この2つこぶはどこからでも目立ちます
鷹ノ巣山と石尾根。ちょうど石尾根の並び方向に見るようになるみたいです。拡大すると日蔭名栗峰、高丸山、七ツ石山が鷹ノ巣山の後ろに控えているのがわかります。
2018年08月19日 12:32撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山と石尾根。ちょうど石尾根の並び方向に見るようになるみたいです。拡大すると日蔭名栗峰、高丸山、七ツ石山が鷹ノ巣山の後ろに控えているのがわかります。
下りは東側の鞍部から左にルートを取ります
2018年08月19日 12:37撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは東側の鞍部から左にルートを取ります
マルバダケブキが咲いています
2018年08月19日 12:39撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバダケブキが咲いています
急坂を下りきると沢の流れが出てきます
2018年08月19日 12:54撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を下りきると沢の流れが出てきます
ツリガネニンジンのようです
2018年08月19日 13:03撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジンのようです
百尋ノ滝を過ぎて細倉橋が近づいた辺りでクワガタがもがいていました。ミヤマクワガタのようです。
2018年08月19日 14:24撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百尋ノ滝を過ぎて細倉橋が近づいた辺りでクワガタがもがいていました。ミヤマクワガタのようです。
1
鳥谷戸尾根の入口標識を見ながら川乗橋に到着です。何とか3時のバスに間に合いました。
2018年08月19日 14:52撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥谷戸尾根の入口標識を見ながら川乗橋に到着です。何とか3時のバスに間に合いました。

感想/記録

先週は2回も出かけてしまったので、今週はどうしようかと迷っていましたが、結局再度奥多摩へ。でもあまり高いところは避けて、最もポピュラーな山の一つ川苔山を目指すことにしました。
朝一番は避けて2番電車で奥多摩へ。8時35分のバスを利用するつもりがその前に臨時バスに乗れて少し早めに川乗橋着、すぐに出発。
昨年崩れて今春に修復された崩壊現場などを見ながら百尋ノ滝へ。ここでは登山者が多く集まっている。しばらく写真を撮るなどして山頂へ向かう。前回初めて使った足毛岩ルートを登りに使ってみたが、それほどきつくはなかった。残念だったのは上っている間に青空が消えてしまったこと。もう少し良い天候が得られると思っていたのに、山頂に着いたら重く雲が垂れ込めていた。
帰りは東側の鞍部経由で川乗橋へ。15時の奥多摩行きに間に合った。
訪問者数:154人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ