また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1563590 全員に公開 トレイルラン富士・御坂

田貫湖から長者ヶ岳、天子ヶ岳経由地蔵峠下山のラウンド

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
田貫湖駐車場へ駐車。午前7時でほぼ満車でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間35分
休憩
37分
合計
8時間12分
S田貫湖畔駐車場07:1907:33田貫湖キャンプ場07:41休暇村富士07:4208:08休暇村分岐08:1208:40長者ヶ岳08:4408:56上佐野分岐09:07天子ヶ岳09:0809:12富士見台09:1309:23上佐野分岐09:39長者ヶ岳09:4710:26天狗岳11:17熊森山11:34熊森山11:49猪之頭峠12:10雪見岳13:04金山13:13地蔵峠13:1513:57比丘尼の滝13:5814:17地蔵峠・毛無山分岐点14:1914:22毛無山駐車場14:27麓 トイレ14:3314:38麓の吊橋15:07陣馬の滝 トイレ15:1415:14遠照寺15:31長者ヶ岳登山口15:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
案内がありましが、熊森山の看板を見落として1度間違えました。
地蔵峠のルートは沢渡りが何度かあり不明瞭なので要注意です。
ピンク色のテープを探してあるいてください。
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

写真

7:40 休暇村登山口へ向かいます。
2018年08月18日 07:40撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:40 休暇村登山口へ向かいます。
7:46 登山口スタート
2018年08月18日 07:46撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:46 登山口スタート
途中のベンチから富士山が綺麗に見えます。
2018年08月18日 08:09撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中のベンチから富士山が綺麗に見えます。
8:39 長者が岳に到着!約800mアップは中々きつかったです。途中で6人ほどのハイカーを抜きました。
2018年08月18日 08:39撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:39 長者が岳に到着!約800mアップは中々きつかったです。途中で6人ほどのハイカーを抜きました。
天気が良くて富士山が一望できます。
2018年08月18日 08:39撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良くて富士山が一望できます。
9:10 天子ケ岳に到着。
2018年08月18日 09:10撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:10 天子ケ岳に到着。
1
9:38 再び長者が岳。南アルプスが見えます。
2018年08月18日 09:38撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:38 再び長者が岳。南アルプスが見えます。
こんな感じの広いトレイルが続きます。道ははっきりしていて迷うことはないです。
2018年08月18日 09:57撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの広いトレイルが続きます。道ははっきりしていて迷うことはないです。
10:26 天狗岳。
2018年08月18日 10:26撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:26 天狗岳。
高圧線のあるちょっとした広場から富士山が見えました。
2018年08月18日 10:31撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高圧線のあるちょっとした広場から富士山が見えました。
北には南アルプス。
2018年08月18日 10:33撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北には南アルプス。
1
この先からはこんな痩せ尾根が続きます。
2018年08月18日 10:39撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先からはこんな痩せ尾根が続きます。
10:41 なんとか峠。
2018年08月18日 10:41撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:41 なんとか峠。
11:16 熊森山。アップダウンが続き、中々ハード。
2018年08月18日 11:16撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:16 熊森山。アップダウンが続き、中々ハード。
南から進んできましたが、この看板を見落として500mほど真っすぐ北上してしまいました。正解はここの分岐を毛無山方面に東へ進路を変えるのが正解でした。
2018年08月18日 11:34撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南から進んできましたが、この看板を見落として500mほど真っすぐ北上してしまいました。正解はここの分岐を毛無山方面に東へ進路を変えるのが正解でした。
12:10 雪見岳。いやー疲れました。
2018年08月18日 12:10撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:10 雪見岳。いやー疲れました。
昼食はミートソースパスタ。
2018年08月18日 12:26撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食はミートソースパスタ。
1
13:13 地蔵峠。ここから毛無山登山口まで下山します。途中まではがれてて歩きにくい。その先は川沿いの岩場が続きます。
2018年08月18日 13:13撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 地蔵峠。ここから毛無山登山口まで下山します。途中まではがれてて歩きにくい。その先は川沿いの岩場が続きます。
13:34 金鉱石の焼き場跡
2018年08月18日 13:34撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:34 金鉱石の焼き場跡
14:08 ヒクニの滝
2018年08月18日 14:08撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:08 ヒクニの滝
14:19 毛無山登山口に到着。
2018年08月18日 14:19撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:19 毛無山登山口に到着。
15:31 毛無山登山口から東海遊歩道を走って田貫湖に帰還。ほぼ未舗装路で途中で案内看板もあったのでおおよそ迷わずに行けました。
2018年08月18日 15:31撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:31 毛無山登山口から東海遊歩道を走って田貫湖に帰還。ほぼ未舗装路で途中で案内看板もあったのでおおよそ迷わずに行けました。

感想/記録

当日は秋晴れで好天。気温もこの季節としては低めでした。田貫湖から長者ヶ岳に登ると風は冷たいくらいでした。長者ヶ岳からの富士山、田貫湖がはっきり見えて景色は良かったですが、その先の稜線はほぼ林の中で展望はありません。しかしながら、UTMFでも使われるこのコースのトレイルは美しい。しかし、道中200mほどの小さな山が連綿と続き体力が奪われ、地蔵峠に着いたころにはへとへとに。また、地蔵峠の下りは最初ガレ場、後半は沢を何度か渡りますが、ルートが不明瞭でピンクのテープを探しながら慎重に進みました。昨年の7月に初めてきたときはルートが途中で分からなくなってかなり焦りました。あまりお勧めできるルートではないです。今度は秋の紅葉のシーズンを狙って行きたいです。
訪問者数:160人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

紅葉 ガレ 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ