また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1573387 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走道東・知床

斜里岳(清岳荘から新道ピストン)

日程 2018年09月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
清岳荘前の駐車場 登山届ポスト前に100円を入れる
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間56分
休憩
14分
合計
4時間10分
S清岳荘 登山口10:1010:20旧清岳荘 登山口10:43下二股11:24熊見峠11:46竜神ノ池11:4711:52上二股12:21斜里岳12:3212:52上二股13:16熊見峠13:42下二股13:4414:08旧清岳荘 登山口14:20清岳荘 登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前日が雨だったため、泥濘み多い
旧道と新道の分岐までも何回か渡渉するが、半分くらい靴が浸かるような石があった。渡渉する場所は、ピンクテープでしっかりとガイドがあるのでわかりやすい

沢登りのない新道を行く場合でもスパッツは必須だと思う、自分は軽量化(LCCの機内持ち込み手荷物重量の制限)のため持って来ておらず泥ハネでひどいことになった

足元に注意してると、頭上の枝に頭をぶつけること10回以上。上下に注意したほうがよいです
過去天気図(気象庁) 2018年09月の天気図 [pdf]

写真

(皇海山や祖母山と比べれば)とても走りやすいダートの林道を8キロほどで、清岳荘前の駐車場
登山届を提出する場所に100円入れる。トイレは清岳荘の中でとてもキレイ、別途100円の協力金
2018年09月01日 10:03撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(皇海山や祖母山と比べれば)とても走りやすいダートの林道を8キロほどで、清岳荘前の駐車場
登山届を提出する場所に100円入れる。トイレは清岳荘の中でとてもキレイ、別途100円の協力金
斜里岳登山口
途中までウォーキングコースも兼ねる
初っ端から泥濘が酷い箇所や水たまりがあるので覚悟が必要
2018年09月01日 10:07撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜里岳登山口
途中までウォーキングコースも兼ねる
初っ端から泥濘が酷い箇所や水たまりがあるので覚悟が必要
山道を抜けて一旦山道に
前が見通せないほどガスが濃いし、景色は望めそうにないかな
2018年09月01日 10:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道を抜けて一旦山道に
前が見通せないほどガスが濃いし、景色は望めそうにないかな
しばらくして、渡渉する沢沿いを行く
前日に雨が降っていたため少し水は多いのかな?
2018年09月01日 10:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくして、渡渉する沢沿いを行く
前日に雨が降っていたため少し水は多いのかな?
渡渉して対岸を少し歩いて、また渡渉で戻る、、、みたいな所が何箇所も
2018年09月01日 10:33撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉して対岸を少し歩いて、また渡渉で戻る、、、みたいな所が何箇所も
1
新道と旧道の分岐。二股
計画では沢登りの旧道を登りに使う予定だったが、これまでの渡渉で不安を感じ、尾根を登る新道をピストンすることに決めた
2018年09月01日 10:44撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道と旧道の分岐。二股
計画では沢登りの旧道を登りに使う予定だったが、これまでの渡渉で不安を感じ、尾根を登る新道をピストンすることに決めた
1
新道の序盤は急坂で、すぐに沢を見下ろす形となる
2018年09月01日 10:51撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道の序盤は急坂で、すぐに沢を見下ろす形となる
笹薮で下が見づらいので足元ばかりに注意していると、頭に気をぶつけるパターンが何度も……
2018年09月01日 11:10撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹薮で下が見づらいので足元ばかりに注意していると、頭に気をぶつけるパターンが何度も……
ミヤマアキノキリンソウ
2018年09月01日 11:21撮影 by iPhone8,4, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
熊見峠
熊はできれば見たくない
2018年09月01日 11:24撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊見峠
熊はできれば見たくない
熊どころか景色すら見えない
2018年09月01日 11:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊どころか景色すら見えない
ハイマツの稜線は遮るものがなく強風が吹いていた
2018年09月01日 11:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツの稜線は遮るものがなく強風が吹いていた
新道と旧道が交わる所にあるトイレ
2018年09月01日 11:51撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道と旧道が交わる所にあるトイレ
水量の少ない沢を登っていく
雨の日などは、もっと水量が多くなり大変かも
2018年09月01日 11:52撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量の少ない沢を登っていく
雨の日などは、もっと水量が多くなり大変かも
ガレた道を登っていく
2018年09月01日 12:08撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレた道を登っていく
あれが山頂かな?
2018年09月01日 12:10撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが山頂かな?
ウメバチソウ
2018年09月01日 12:16撮影 by iPhone8,4, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ
斜里岳神社
2018年09月01日 12:18撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜里岳神社
山頂手前、右側に落ちると危険
高度感はない
2018年09月01日 12:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前、右側に落ちると危険
高度感はない
斜里岳山頂に到着、結構広い山頂だ
やはり何も見えずに早々と退散
2018年09月01日 12:23撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜里岳山頂に到着、結構広い山頂だ
やはり何も見えずに早々と退散
1
山頂とは少し離れた所にある三角点
2018年09月01日 12:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂とは少し離れた所にある三角点
メアカンキンバイ?
2018年09月01日 13:21撮影 by iPhone8,4, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メアカンキンバイ?
登りで通ったはずなのに、下りでもどこを通ったらいいかわからなくなるのが渡渉の怖さ
でも、ピンクテープが丁寧についているので安心です
2018年09月01日 14:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りで通ったはずなのに、下りでもどこを通ったらいいかわからなくなるのが渡渉の怖さ
でも、ピンクテープが丁寧についているので安心です
1
ぐるぐる巻きで過剰なピンクテープ
ここが最後の渡渉
2018年09月01日 14:04撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐるぐる巻きで過剰なピンクテープ
ここが最後の渡渉
撮影機材:

感想/記録

今年の北海道遠征は道東の3座と羊蹄山を計画。4泊5日で次のような日程
1日目:新千歳空港から釧路経由(遠回り)で北見まで乗り鉄旅
2日目:レンタカーで斜里岳
3日目:羅臼岳
4日目:雌阿寒岳、鉄路を使い北見から札幌、再びレンタカーで半月湖野営場へ
5日目:羊蹄山、札幌に戻り、新千歳空港から東京へ帰る
というわけで、その1座目の斜里岳に登る。北見で予約したレンタカーが8時からなので、出発が10時からと少々遅めのスタート

渡渉があると知っていたので天気が気がかりだったが、当日はくもり。雨でなかっただけ良かったと思ったが、前日の雨で泥濘みだらけ&何度も渡渉で靴とパンツは泥まみれに
そんなこんなで下ばかり注意して歩いていると、木の枝に頭をぶつけること10回超。上下に注意が必要です

斜里岳の景色が残念だったが、明日登る予定の羅臼岳は天気予報で晴れ。斜里岳のリベンジでいい景色が見られるといいな
訪問者数:242人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ