また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1585389 全員に公開 沢登り 八幡平・岩手山・秋田駒

ひとやま越して葛根田川

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年09月16日(日) ~ 2018年09月17日(月)
メンバー
天候16日晴れ後雨、17日曇時々小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間15分
休憩
0分
合計
7時間15分
S三ツ石山松川登山口09:3510:05松川温泉・奥産道方面分岐10:30三ツ石山荘10:45滝ノ上温泉分岐11:25滝ノ上温泉13:30大石沢出合14:15葛根田大滝15:00滝ノ又沢出合16:50八瀬森山荘
2日目
山行
3時間35分
休憩
0分
合計
3時間35分
八瀬森山荘06:0506:20関東森08:05八瀬森分岐08:30源太ケ岳09:40松川温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年09月の天気図 [pdf]

写真

松川温泉から三ツ石山荘にまず登ります。登山口で写真を撮り忘れたので、途中の道標が最初。
2018年09月16日 09:52撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松川温泉から三ツ石山荘にまず登ります。登山口で写真を撮り忘れたので、途中の道標が最初。
松川温泉側の奥産道分岐。
2018年09月16日 10:04撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松川温泉側の奥産道分岐。
いつ頃から通行止めだったか。治す気無いのでは。
2018年09月16日 10:04撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ頃から通行止めだったか。治す気無いのでは。
山荘から三ツ石山方面。頂上は見えない。
2018年09月16日 10:27撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘から三ツ石山方面。頂上は見えない。
1
山荘からの下りの途中から、葛根田地熱発電所が望めます。乳頭山の左は秋田駒ケ岳かな。
2018年09月16日 10:40撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘からの下りの途中から、葛根田地熱発電所が望めます。乳頭山の左は秋田駒ケ岳かな。
網張温泉側の奥産道分岐。実はこちら側に来たのは初めて。
2018年09月16日 10:43撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
網張温泉側の奥産道分岐。実はこちら側に来たのは初めて。
滝の上温泉の登山口。奥産道分岐からここまで道標らしきものは無く、冷遇されてます。
2018年09月16日 11:25撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の上温泉の登山口。奥産道分岐からここまで道標らしきものは無く、冷遇されてます。
1
葛根田川入渓して上流を望みます。
2018年09月16日 11:59撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛根田川入渓して上流を望みます。
1
左岸に綺麗なスラブ滝がかかります。
2018年09月16日 12:32撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸に綺麗なスラブ滝がかかります。
3
ドクロ滝と呼ばれ事もあるようです。確かに黒い部分が眼窩にも見えます。
2018年09月16日 12:44撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドクロ滝と呼ばれ事もあるようです。確かに黒い部分が眼窩にも見えます。
3
綺麗な流れが続きます。
2018年09月16日 13:01撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な流れが続きます。
1
葛根田川の見所の一つ、お函と呼ばれているゴルジュ帯。
2018年09月16日 13:16撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛根田川の見所の一つ、お函と呼ばれているゴルジュ帯。
4
確かに綺麗ですが。
2018年09月16日 13:19撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かに綺麗ですが。
2
あっという間に終ってしまい、少し期待外れでした。
2018年09月16日 13:19撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に終ってしまい、少し期待外れでした。
2
ナメが続きます。
2018年09月16日 13:44撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメが続きます。
中ノ又沢出合。右の沢に入ります。
2018年09月16日 14:01撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ又沢出合。右の沢に入ります。
葛根田大滝。左岸に巻道、ロープあります。
2018年09月16日 14:16撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛根田大滝。左岸に巻道、ロープあります。
過去の豪雨で崩壊もみられます。
2018年09月16日 14:43撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
過去の豪雨で崩壊もみられます。
滝ノ又沢出合。右岸の台地に良い幕場がありますが、まだ時間が早いのでさらに進みます。
2018年09月16日 14:59撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝ノ又沢出合。右岸の台地に良い幕場がありますが、まだ時間が早いのでさらに進みます。
北ノ又沢の分岐。正面の滝を登ります。
2018年09月16日 15:11撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ又沢の分岐。正面の滝を登ります。
ナメが続きます。
2018年09月16日 15:41撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメが続きます。
左岸にスラブがおちてきます。
2018年09月16日 15:54撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸にスラブがおちてきます。
左股の大滝。直登は無理で巻きます。
2018年09月16日 16:05撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左股の大滝。直登は無理で巻きます。
滝の落口から下をみます。
2018年09月16日 16:11撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の落口から下をみます。
次の10メートルの滝。
2018年09月16日 16:14撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の10メートルの滝。
3
スラブ滝。ヌメッとしてますが、よく見ると小さな石の出っ張りがあります。
2018年09月16日 16:21撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スラブ滝。ヌメッとしてますが、よく見ると小さな石の出っ張りがあります。
最後の小滝。
2018年09月16日 16:25撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の小滝。
殆ど藪漕ぎ無く登山道に出ました。
2018年09月16日 16:39撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殆ど藪漕ぎ無く登山道に出ました。
1
八瀬森湿原。奥の森の中に小屋があります。
2018年09月16日 16:45撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八瀬森湿原。奥の森の中に小屋があります。
八瀬森山荘。暗くなる前に着きました。快適に過ごさせてもらいました。
2018年09月16日 16:49撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八瀬森山荘。暗くなる前に着きました。快適に過ごさせてもらいました。
1
関東森頂上。道標のプレートのみが地面に置かれてます。標柱はクマにたおされたのでしょうか。
2018年09月17日 06:20撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関東森頂上。道標のプレートのみが地面に置かれてます。標柱はクマにたおされたのでしょうか。
草紅葉の湿原。
2018年09月17日 07:06撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草紅葉の湿原。
3
湿原の中の踏み跡を辿ります。登山者が多ければ木道になっているでしょう。
2018年09月17日 07:36撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の中の踏み跡を辿ります。登山者が多ければ木道になっているでしょう。
八瀬森分岐から来た道を望みます。一見刈り払いされてるように見えますが、100メートル位先でプッツリ終わってます。
2018年09月17日 08:04撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八瀬森分岐から来た道を望みます。一見刈り払いされてるように見えますが、100メートル位先でプッツリ終わってます。
大深岳頂上。元々展望のないところです。
2018年09月17日 08:12撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大深岳頂上。元々展望のないところです。
源太ケ岳頂上。ガスの中。
2018年09月17日 08:30撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源太ケ岳頂上。ガスの中。
途中の水場。
2018年09月17日 08:58撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の水場。
松川温泉の登山口に戻って来ました。
2018年09月17日 09:36撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松川温泉の登山口に戻って来ました。

感想/記録
by ankota

葛根田川のお函と呼ばれているゴルジュ帯を見たかった。ついでに大深沢側に降りて、東ノ又沢を遡行する計画を立てた。
8月下旬に一度滝の上温泉まで行ったが、天気が悪くそのまま帰ってきた。その後の大雨で玄武洞から滝の上温泉までの道が、全面通行止めになってしまった。数日前に夜間通行止めに変わっていた。もし下山が遅くなると、その日の内に帰れない恐れがある。
松川温泉の駐車場に停めて、三ツ石山荘を越えて滝の上温泉に入れば、帰りは大深岳から下れば良い。そうだ、良い考えだ。
という事で葛根田川に入るのに、まずひとやま越すことになった。
事情で朝の早出が出来なかったので、途中の沢の中で泊まるつもりだったが、暗くなる前に八瀬森山荘に着く事が出来た。着いた1時間後に夕立となり、その後も明るくなるまでに断続的に降っていた。沢の中で泊まらずに正解だった。
連休なので八瀬森山荘には、他に宿泊者がいるだろうと予想していたら誰もいなかった。この山域で一番利用者の少ない小屋かもしれない。
昔は誰もいない無人小屋にひとりで泊まるのは怖かったが、今は同宿者、特に団体様と一緒になると気疲れする。
もう20年以上前になるが、3月の連休に今は無き八幡平スキー場から乳頭温泉まで、スキー縦走したことがある。八瀬森山荘に辿りつけず、暗い中テントを張ったが、翌日10分位で山荘に着いた思い出がある。
翌朝には雨は止んだが、今にも降り出しそうな空である。関東沢を降りて大深沢を登り返すのは中止として、松川温泉に真っ直ぐ下山することにした。ガス時々小雨の中を、時として肩まで笹に埋もれる道を進む。
こんな日は登ってくる人などいないだろうと思ったら、結構登ってくる。
温泉に入ってから、家に帰って一眠りしたら、快晴になっているではないか。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:759人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ