また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1618935 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八幡平・岩手山・秋田駒

裏岩手縦走(岩手山-三ツ石山荘-八幡平)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2018年10月14日(日) ~ 2018年10月15日(月)
メンバー
天候【14日】晴れのち曇り
【15日】晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
【往路】
13日:深夜バス(ジャムジャムライナー)
東京駅22:40→盛岡駅西口05:45
14日:盛岡駅6:25→滝沢駅6:40(IGRいわて銀河鉄道線)
滝沢駅6:40→馬返し登山口7:00(みたけタクシー)

【復路】
八幡平頂上14:30→松尾鉱山資料館15:10〜乗り継ぎ〜15:15→盛岡駅前16:29
(岩手県北バス)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間37分
休憩
59分
合計
8時間36分
S馬返しキャンプ場07:0907:310.5合目07:3207:43一合目07:59馬返しコース2.5合目分岐08:0008:28旧道四合目08:53駒鳥清水08:5409:30七合目09:3209:41八合目避難小屋09:4810:01不動平10:0210:27焼走り分岐10:2810:32岩手山10:4311:49岩手山神社奥宮12:03割れ岩(仮称)12:16鬼ヶ城西12:1712:39切通し12:4012:58黒倉山13:1913:26黒倉山分岐13:2713:39姥倉分岐13:4914:11犬倉山水場14:24犬倉分岐15:21大松倉山15:45三ツ石山荘
2日目
山行
6時間38分
休憩
53分
合計
7時間31分
三ツ石山荘05:3006:03三ツ石山06:0506:21三ツ沼06:2206:28三ツ石 覘標ノ台06:2906:44小畚山06:4607:21八瀬森分岐07:2307:32大深岳07:38大深岳分岐07:50大深山荘水場まで0.4km道標07:59大深山荘の水場08:0008:06大深山荘08:2608:58嶮岨森09:0009:30前諸桧09:41石沼10:06諸桧岳10:0810:50畚岳分岐10:5110:57畚岳10:5811:08畚岳分岐11:0911:16藤七温泉分岐11:20裏岩手縦走路入口11:2711:41八幡平山頂レストハウス11:4311:45鏡沼分岐11:4611:52見返峠12:08源太分かれ12:16源太森12:1812:24源太分かれ12:2512:33陵雲荘12:3412:38ガマ沼12:3912:45八幡平12:4612:58鏡沼分岐12:5913:01八幡平山頂レストハウスG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログが一部すっ飛んでる箇所があります。
コース状況/
危険箇所等
【登山口-岩手山山頂】
馬返し登山口に水場、トイレあります。
二合目すぎた分岐で旧道と新道に分かれその後七合目(鉾立)で合流。
八合目避難小屋に水場、トイレあります(水は豊富に出ております10/14)
不動平避難小屋は無人、屋内にトイレあります。
山頂まで危険な箇所は無い様子です。

【岩手山-三ツ石山荘】
鬼ヶ城の岩場はやや急ではあるが、注意して進めば問題ない感じです。
黒倉山は岩手山の好展望地なので迂回せずに登るのがオススメです。
その後、犬倉山まで高度を下げて大松倉山に登り返し尾根を歩いた先の窪地に
三ツ石山荘はあります。
室内は広く清潔に保たれており、薪ストーブもあります。
水場あり(枯れていません10/14)
犬倉山〜三ツ石山間は泥濘みが多数あります。

【三ツ石山荘-八幡平】
刈り払いの行き届いた気持ちの良い縦走路。
大深山荘の水場は小屋から5分ほど下った所にあります。
水場付近の木道スリップ注意(思い切り転びました)

その他周辺情報【電車運賃】
盛岡→滝沢:370円
【タクシー運賃】
滝沢→馬返し登山口:3560円
【バス運賃】
八幡平頂上-松尾鉱山資料館:630円
松尾鉱山資料館-盛岡駅前:740円 (乗り継ぎ割引で200円引き)
過去天気図(気象庁) 2018年10月の天気図 [pdf]

写真

滝沢駅からタクシーで馬返し登山口に到着。
豊富に湧き出る水場で水分補給します。
2018年10月14日 07:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝沢駅からタクシーで馬返し登山口に到着。
豊富に湧き出る水場で水分補給します。
1
残念ながら山頂は雲の中に隠れてました。
2018年10月14日 07:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら山頂は雲の中に隠れてました。
一合目あたりまでは紅葉もまだまだ見頃の様子。
2018年10月14日 07:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一合目あたりまでは紅葉もまだまだ見頃の様子。
3
二合目あたりの風景。
目立つ山は姫神山でしょうか。
2018年10月14日 07:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二合目あたりの風景。
目立つ山は姫神山でしょうか。
1
分岐になります。
新道を選びました。
2018年10月14日 07:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐になります。
新道を選びました。
子守り岩
つい最近案内板が設置されたみたいです。
2018年10月14日 08:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子守り岩
つい最近案内板が設置されたみたいです。
下はいい感じで晴れてます。
2018年10月14日 08:37撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下はいい感じで晴れてます。
八合目避難小屋に到着。
あたりは真っ白です。
しかもとても寒い!
2018年10月14日 09:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目避難小屋に到着。
あたりは真っ白です。
しかもとても寒い!
水は豊富に出ております。
2018年10月14日 09:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水は豊富に出ております。
1
避難小屋とは思えない立派な小屋です。
2018年10月14日 09:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋とは思えない立派な小屋です。
3
お鉢に出ました。
時折雲が切れて青空が見えました。
2018年10月14日 10:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢に出ました。
時折雲が切れて青空が見えました。
2
このような石仏がお鉢の周りに沢山並んでいました。
2018年10月14日 10:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような石仏がお鉢の周りに沢山並んでいました。
1
山頂間も無く!
2018年10月14日 10:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂間も無く!
1
岩手山到着!
辺りは真っ白ですが満足です。
強風を遮るものがないので皆早々に下山してました。
2018年10月14日 10:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山到着!
辺りは真っ白ですが満足です。
強風を遮るものがないので皆早々に下山してました。
6
山頂の石仏
2018年10月14日 10:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の石仏
1
お鉢の中にある奥宮
2018年10月14日 10:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢の中にある奥宮
不動平避難小屋まで下りてきました。
2018年10月14日 11:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平避難小屋まで下りてきました。
鬼ヶ城方面にを進みます。
すごく丁寧な矢印
2018年10月14日 11:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ城方面にを進みます。
すごく丁寧な矢印
1
多分この辺りが鬼ヶ城の核心部だと思います。
切り立った岩の間を下ります。
岩に挟まれて高度感がないので案外すんなり行けます。
2018年10月14日 11:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分この辺りが鬼ヶ城の核心部だと思います。
切り立った岩の間を下ります。
岩に挟まれて高度感がないので案外すんなり行けます。
1
切通に到着。
岩ゴロの下りは結構長かったです。
2018年10月14日 12:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切通に到着。
岩ゴロの下りは結構長かったです。
黒倉山へ向かいます。
展望が良いらしいので。
2018年10月14日 12:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒倉山へ向かいます。
展望が良いらしいので。
黒倉山の山頂から。
岩手山の上だけが雲の中です。。
2018年10月14日 13:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒倉山の山頂から。
岩手山の上だけが雲の中です。。
1
八幡平方面
2018年10月14日 13:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡平方面
先へ進みます。
時より青空も。
2018年10月14日 13:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先へ進みます。
時より青空も。
振り返ると。。
おっと!岩手山が顔を出してくれました。
感謝!
2018年10月14日 13:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると。。
おっと!岩手山が顔を出してくれました。
感謝!
2
犬倉山はパスしておきました。
2018年10月14日 14:13撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬倉山はパスしておきました。
裏岩手山の縦走路を進みます。
2018年10月14日 14:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏岩手山の縦走路を進みます。
大松倉山を下ると三ツ石山荘が見えました。
今夜はここに宿泊です。
2018年10月14日 15:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大松倉山を下ると三ツ石山荘が見えました。
今夜はここに宿泊です。
1
翌朝、晴れました。
2018年10月15日 05:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、晴れました。
雲海と朝日を背にした岩手山。
2018年10月15日 06:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海と朝日を背にした岩手山。
5
三ツ石山からの岩手山
2018年10月15日 06:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ石山からの岩手山
1
三ツ石山からすぐに小畚山に到着。
2018年10月15日 06:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ石山からすぐに小畚山に到着。
昨日は満足にその姿を拝めなかったので
今日は何度も振り返ろう。
2018年10月15日 07:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日は満足にその姿を拝めなかったので
今日は何度も振り返ろう。
2
遠くに八幡平が見えます。
一際目立つとんがり頭は茶臼岳でしょうか。
2018年10月15日 07:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに八幡平が見えます。
一際目立つとんがり頭は茶臼岳でしょうか。
2
大深山荘の水場。
豊富に溢れてます。
2018年10月15日 07:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大深山荘の水場。
豊富に溢れてます。
山荘から5分ほど下った所にあります。
2018年10月15日 08:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘から5分ほど下った所にあります。
1
大深山荘到着。
2018年10月15日 08:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大深山荘到着。
中は少し小さめですが三ツ石山荘より綺麗です。
2018年10月15日 08:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中は少し小さめですが三ツ石山荘より綺麗です。
2
嶮岨森から岩手山を眺めます。
2018年10月15日 08:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嶮岨森から岩手山を眺めます。
1
長い一本の道が続いてます。
道は綺麗に刈り払いがされており歩きやすいです。
整備してくれた方々ありがとうございます。
2018年10月15日 08:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い一本の道が続いてます。
道は綺麗に刈り払いがされており歩きやすいです。
整備してくれた方々ありがとうございます。
2
縦走路のパノラマ
2018年10月15日 09:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路のパノラマ
1
岩手山から歩いて来た縦走路を振り返る。
2018年10月15日 09:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山から歩いて来た縦走路を振り返る。
3
秋田駒ケ岳も見えます。
2018年10月15日 10:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋田駒ケ岳も見えます。
紅葉はすでに終わってますが、
真っ赤なナナカマドが和ませてくれます。
2018年10月15日 09:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉はすでに終わってますが、
真っ赤なナナカマドが和ませてくれます。
1
畚岳が近づいて来ました。
2018年10月15日 10:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畚岳が近づいて来ました。
2
荷物を置いて軽く山頂まで。
八幡平三大展望地の一つらしいです。
2018年10月15日 10:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷物を置いて軽く山頂まで。
八幡平三大展望地の一つらしいです。
縦走路のパノラマ
2018年10月15日 10:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路のパノラマ
1
堂々とした風格のある岩手山
2018年10月15日 10:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂々とした風格のある岩手山
6
秋田駒ケ岳もいつか行ってみたいです。
2018年10月15日 10:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋田駒ケ岳もいつか行ってみたいです。
3
八幡平到着です。
2018年10月15日 11:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡平到着です。
1
早速散策に向かいます。
2018年10月15日 13:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速散策に向かいます。
畚岳とレストハウス
2018年10月15日 11:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畚岳とレストハウス
1
八幡平は見事な高原湿地でした。
2018年10月15日 12:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡平は見事な高原湿地でした。
2
青空の下、木道を歩き気分も上がります。
2018年10月15日 12:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下、木道を歩き気分も上がります。
八幡平三大展望地の二つ目
源太森
2018年10月15日 12:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡平三大展望地の二つ目
源太森
源太森からの景色
2018年10月15日 12:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源太森からの景色
池塘も沢山ありました。
2018年10月15日 12:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘も沢山ありました。
2
凌雲荘
避難小屋です。
2018年10月15日 12:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凌雲荘
避難小屋です。
青空に映える八幡沼
2018年10月15日 12:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映える八幡沼
八幡平頂上に到着です。
櫓が建ってますが、
木々が邪魔をしてそこまで良い展望ではありません。
2018年10月15日 12:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡平頂上に到着です。
櫓が建ってますが、
木々が邪魔をしてそこまで良い展望ではありません。
1
昼食はレストハウスの源太カレーです。
その後バスで盛岡駅まで戻りました。
2018年10月15日 13:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食はレストハウスの源太カレーです。
その後バスで盛岡駅まで戻りました。
2

感想/記録

10月13日、盛岡行き深夜バスに乗り込む。
岩手山→八幡平、早池峰山を現地で二泊して歩く予定だ。
まずは以前から気になってた裏岩手縦走。
八幡平と岩手山を結ぶ人気の縦走路だが、紅葉の時期は過ぎてしまった。
でもその分静かな山歩きが楽しめそうだ。

縦走路は八幡平から入り岩手山へ向かうのが一般的らしいが、バスを利用すると八幡平頂上駅に到着が11時半頃になる。
八幡平をまわってから縦走を始めると大深山荘と岩手山の避難小屋に二泊は必要になる。(とても速い人は例外)
なので岩手山から登り、三ツ石山荘まで歩き、翌日八幡平までという行程にした。
これなら朝から登れるので、何とか三ツ石山荘に夕方までには着きそうだ。
(かなりハードではあるが。。)
そして翌日八幡平もゆっくり歩けるだろう。

盛岡駅からIGR岩手銀河鉄道で滝沢駅まで移動する。そこからタクシーで馬返し登山口まで3500円ほど。
登山口に着くと岩手山の山頂は雲の中だった。運転手さんは昼にはとれるでしょうと言ってくれたが。。それを祈るばかり。
登山口で水を補給し登り始める。
道は整備が行き届いていて歩きやすく、時より展望がひらけて気持ちも良い。

じっくりと高度を上げていく感じが心地よい。快調なペースだ。
と、思ったら途中で何とカメラを落としてしまった。慌てて下ると、年配の男性が拾っていてくれた。ありがとうございます!

樹林帯を抜けて七号目の鉾立までやって来ると辺りは真っ白で風が吹き凍えるような寒さに驚く。ずっとこの調子だったが、御鉢まで来ると僅かに晴れ間が出る瞬間も。山頂からの展望はほとんど無かったが、それだけでも有り難い。

その後、霧の鬼ヶ城をやり過ごし、黒倉山で岩手山を拝み、急ぎ足で三ツ石山荘に到着。
先客が2グループいたが、二階は自分一人で使わせて頂いた。2組とも明日は岩手山まで向かい下山するそう。
夜まで薪ストーブを使っていたので、余熱で寝袋の中は朝まで薄着でも暖かかった。

翌朝は2グループとも四時頃には出てしまったので、ゆっくりとコーヒーを淹れて一人の時間を楽しむ。

外に出ると星が溢れるばかりに輝いていた。
今日は晴れそうだ。
やがて明るくなってきたので歩き出す。
最初の目標、三ツ石山は30分程歩くと山頂に着く。振り向くと岩手山の大きな山容が目の前に現れる。
背後に雲海と朝日を従えた山肌は神々しくさえ感じられる。

その後、順調に小畚山、大深岳を進む。
アップダウンは辛いが、狩払いが行き届いた気持ちの良い縦走路だ。
大深山荘の水場で水分を補給し、劍岨森、諸桧山、畚岳まで。
青空の下、美しい山々の連なり眺め裏岩手縦走路の一人歩きを楽しむ。

八幡平まで到着すると人も多くなり観光客の中に静かに混じる。池塘が連なる湿地や美しい池、広々とした景色には誰もが感動するに違いない。(山頂は?だったが)
ゆっくりと景色を堪能出来て良かった。

他にも行きたい所が沢山あってしばらく機会がないだろうが、いずれすっきり晴れた岩手山を登り、そしてまたあの気持ちの良い縦走路を歩いてみたい。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1527人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ