また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1648071 全員に公開 ハイキング甲信越

源氏山〜前日に続いて、ご来光も望めず

日程 2018年11月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り→晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
池の茶屋林道起点にあるスペース(約5台駐車可能。更に路肩にも数台は駐車可能)

丸山林道は奈良田への通り抜けはできません。また、12月上旬冬季閉鎖されます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・丸山林道→足馴林道を進んで、登山口へ。
・登山口より、斜面をトラバースしながら登り、軽くダウンして登り返すと、大峠山分岐。
・分岐からは斜面をトラバースしながら下り、コルにより概ね緩やかに登れば、源氏山。一部には、やや急降/やや急登がある。
・大峠山分岐からは概ね緩やかにアップダウンすれば大峠山に至る。
過去天気図(気象庁) 2018年11月の天気図 [pdf]

写真

06:45池の茶屋林道(右上に向かう道)起点に駐車し、丸山林道を左方向に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:45池の茶屋林道(右上に向かう道)起点に駐車し、丸山林道を左方向に進む。
直ぐにゲートあり。奈良田へは通り抜けられません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐにゲートあり。奈良田へは通り抜けられません。
(振り返って)5台ほど駐車可能
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)5台ほど駐車可能
06:52-53林道足馴峠線起点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:52-53林道足馴峠線起点
ここにも、南アルプスフロントトレイル標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも、南アルプスフロントトレイル標識
前方ピークを左から巻きながら登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方ピークを左から巻きながら登る。
07:11源氏山登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:11源氏山登山口
V字に折れ曲がって登り始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
V字に折れ曲がって登り始める。
ガスを纏う白峰南稜。帰りには姿を現してくれた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスを纏う白峰南稜。帰りには姿を現してくれた。
斜面を登り、一度軽くダウンして登り返すと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を登り、一度軽くダウンして登り返すと、
07:36大峠山分岐。右:源氏山/足馴峠、左:大峠山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:36大峠山分岐。右:源氏山/足馴峠、左:大峠山
何故だか、大峠山への案内がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故だか、大峠山への案内がありません。
左:源氏山、直進する踏み跡が、足馴峠に向かう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左:源氏山、直進する踏み跡が、足馴峠に向かう?
前方山影(源氏山)に向けて、大きくダウンアップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方山影(源氏山)に向けて、大きくダウンアップ。
(振り返って)コルへ下と、緩やかなアップダウンに変わる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)コルへ下と、緩やかなアップダウンに変わる。
(振り返って)短くやや急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)短くやや急登
08:07-09源氏山。眺望なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:07-09源氏山。眺望なし。
晴れていれば、木々越しに富士山みえるのだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていれば、木々越しに富士山みえるのだろうか?
行では気付かなかった分岐。左にピンクテープあるが、右の方が踏み跡がハッキリしており、右に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行では気付かなかった分岐。左にピンクテープあるが、右の方が踏み跡がハッキリしており、右に進む。
(振り返って)左から出てきたが、右にピンクテープがある。前の分岐で左に進んだら右側から出てくるのだろう。行の時、右にピンクテープあったが、左の踏み跡が明確なので左に進んだ。こっちの方が多分、少しだけショートカットだと思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)左から出てきたが、右にピンクテープがある。前の分岐で左に進んだら右側から出てくるのだろう。行の時、右にピンクテープあったが、左の踏み跡が明確なので左に進んだ。こっちの方が多分、少しだけショートカットだと思う。
八雲池公園の登山口に向かう分岐。このルートは現在土砂崩れで危険。トラロープでトウセンボ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八雲池公園の登山口に向かう分岐。このルートは現在土砂崩れで危険。トラロープでトウセンボ。
中央の凹んだ辺りの足馴峠に向けて登り返す。右ピークが大峠山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の凹んだ辺りの足馴峠に向けて登り返す。右ピークが大峠山。
よく見ると、手書き案内がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると、手書き案内がありました。
左に迂回して登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に迂回して登る。
短くやや急急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短くやや急急登。
(拡大)赤石岳、悪沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)赤石岳、悪沢岳
1
(振り返って)小ピークを超えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)小ピークを超えてきた。
前方山影が大峠山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方山影が大峠山
(拡大)甲斐駒ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)甲斐駒ヶ岳
2
ピンクテープに従い、直登しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクテープに従い、直登しました。
切株辺りまで下ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切株辺りまで下ると、
多分、富士山がみえるのでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分、富士山がみえるのでしょう。
大峠山から下山中、木々越しに、白峰三山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠山から下山中、木々越しに、白峰三山。
09:41大峠山分岐に戻る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:41大峠山分岐に戻る
1
(拡大)木々越しに、赤石岳、悪沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)木々越しに、赤石岳、悪沢岳
1
悪沢岳、蝙蝠岳、塩見岳、白峰南鐐(笹山、白河内岳、広河内岳)、農鳥岳、間ノ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳、蝙蝠岳、塩見岳、白峰南鐐(笹山、白河内岳、広河内岳)、農鳥岳、間ノ岳。
1
悪沢岳、蝙蝠岳、塩見岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳、蝙蝠岳、塩見岳
2
10:01源氏山登山口に戻る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:01源氏山登山口に戻る。
(足馴林道より)行ではガスに覆われていました、赤石岳、悪沢岳、蝙蝠岳、塩見岳、笹山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(足馴林道より)行ではガスに覆われていました、赤石岳、悪沢岳、蝙蝠岳、塩見岳、笹山。
右の階段を登ってみると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の階段を登ってみると、
展望が広がるようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が広がるようです。
10:21-22林道足馴峠線起点に戻る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:21-22林道足馴峠線起点に戻る。
10:26池の茶屋林道起点に戻る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:26池の茶屋林道起点に戻る。
以下、参考:
富士ビューポイント(1)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以下、参考:
富士ビューポイント(1)
富士ビューポイント(1)より、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ビューポイント(1)より、
富士ビューポイント(2)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ビューポイント(2)
富士ビューポイント(2)より
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ビューポイント(2)より
富士ビューポイント(3)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ビューポイント(3)。
富士ビューポイント(3)より。このように見えるらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ビューポイント(3)より。このように見えるらしい。
2
富士ビューポイント(4) ここは駐車スペースなし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ビューポイント(4) ここは駐車スペースなし。
富士ビューポイント(4)より
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ビューポイント(4)より
富士ビューポイント(5) 丸山林道入口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ビューポイント(5) 丸山林道入口
丸山林道入口を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山林道入口を振り返る。
富士ビューポイント(5) より
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ビューポイント(5) より
参考:2018年5月撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参考:2018年5月撮影
1
道の駅富士川より、源氏山(左)と櫛形山(右)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅富士川より、源氏山(左)と櫛形山(右)
1

感想/記録

・前日、天気予報に期待して、ダイヤモンド富士狙いで富士見山を目指したが、雲で、駄目でした。この為、午後登る予定の源氏山へ向かう途中の丸山林道で御来光でも見れればと、翌日に源氏山に向かった(道の駅富士川で車中泊)。しかし、やっぱり駄目でした。

 前日の富士見山山行録
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1647220.html

・丸山林道入口や丸山林道上部の富士ビューポイントにご来光撮影者が待機していた。その内の御一人(富士山写真を趣味にしている方)とお話しさせて頂いたら、良くあること、こればっかりはしょうがない、来て見なけれな分からないので、へこたれないでチャレンジするしかないとのことでした。

・源氏山への麓(八雲池公園)からのルートは、台風による登山道崩落で危険とのことで、池の茶屋林道起点から登る。こんなことなら、5月櫛形山に登った際に、一緒に登っておくべきだった。
訪問者数:413人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ