また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1648161 全員に公開 ハイキング 四国剣山

剣山山系 落合峠〜烏帽子山 往復

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年11月11日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
1時間40分
合計
6時間20分
S落合峠07:3907:45岩の丘08:15落ハゲ08:2709:17前烏帽子山09:1810:23烏帽子山11:4412:34前烏帽子山12:4013:34落ハゲ13:56岩の丘13:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年11月の天気図 [pdf]

写真

これから登る烏帽子山(右)と前烏帽子山(中央)
2018年11月11日 07:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る烏帽子山(右)と前烏帽子山(中央)
落合峠と矢筈三兄弟
2018年11月11日 08:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落合峠と矢筈三兄弟
三角点点名:落禿
2018年11月11日 08:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点点名:落禿
落禿から烏帽子山山頂と水平の雲
2018年11月11日 08:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落禿から烏帽子山山頂と水平の雲
前烏帽子山から寒峰
2018年11月11日 09:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前烏帽子山から寒峰
烏帽子山の岩壁
2018年11月11日 10:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子山の岩壁
烏帽子山山頂(三等三角点点名:江星1669.90m)
2018年11月11日 11:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子山山頂(三等三角点点名:江星1669.90m)
前烏帽子山
2018年11月11日 12:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前烏帽子山
矢筈三兄弟と太郎と次郎を遠景に落禿
2018年11月11日 12:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢筈三兄弟と太郎と次郎を遠景に落禿
落禿手前の岩峰
2018年11月11日 13:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落禿手前の岩峰
鎖場を登る
2018年11月11日 13:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を登る
帰りに立ち寄った三加茂の大楠
2018年11月11日 15:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに立ち寄った三加茂の大楠
撮影機材:

感想/記録

前回落合峠起点で矢筈山(https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1614680.html)と烏帽子山2山を計画したが、四国笹がビショビショに濡れていてオマケに脚元も見えなくて予定外に時間がかかり、矢筈山から落合峠に戻った時点で烏帽子山往復するだけの時間に余裕が無く、日暮れまでに戻れないと判断して諦め、今回残りの烏帽子山へ再挑戦に前回同様前夜発で落合峠から登ってきました。
落合峠避難小屋では放射冷却の影響で寒くて足先が冷たく少ししか眠れなかった。
翌朝6時過ぎ起床、朝食を済ませ峠へ移動。単独行の若者は、矢筈山へ向かって出発、少し遅れて我々も反対の落禿へ。
太陽を背に受けた三嶺の穏やかな稜線が見送ってくれる中、笹原の中の登山道を進む。登るにつれ剣山と次郎笈も見えてくると本日の最高地点の落禿に到着。北の瀬戸内海側は少しモヤが掛かり、その背後に一直線の雲が青空を区切り、登る予定の烏帽子山の山頂と見事に一致してます。
ここから前烏帽子山へ稜線を辿る。一ヶ所だけロープが設置された岩場を過ぎ、最低鞍部からは寒峰との分岐点の前烏帽子山へ登り返す。
展望抜群の山頂からは、西日本一の石鎚山迄クッキリと見えてます。
烏帽子山への尾根道は、今までよりは少し薮が多くなる。
尾根も西側は切れ落ち油断出来ない。烏帽子山山頂手前は岩壁が立ちはだかり傾斜も急だけど標高差70mを登り切れば素晴らしい展望が開ける烏帽子山(三等三角点点名:江星1669,90m)到着。ゆっくりと山頂で昼食とお昼寝。
愛媛から来られた老夫婦も登って来られ四国の山の情報を教えて頂きました。
烏帽子山の上空には、次から次と飛行機が交差しながら飛び交っていましたが、空路だったのですね。
登って来たルートをゆっくりと戻ると、落合峠には次から次とオートバイや車がやって来ます。展望の良い峠道との事。
帰りはユックリと名残の紅葉を楽しみながらドライブ。烏帽子山登山口で沢の水を汲み、西日本一の三加茂の大楠を見て、半田そうめんの熱々ぶっかけそうめんも食べて明石海峡大橋を渡って無事稲美町へ戻って来ました。
参加の皆さん、お疲れ様でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:491人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ