また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1651362 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

峰谷橋から倉戸山〜榧ノ木山〜栂ノ山

日程 2018年11月15日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
峰谷橋無料駐車場利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.1〜2.2(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
1時間7分
合計
6時間32分
S峰谷橋バス停09:4111:51倉戸山12:0012:17大平12:39シンナシノ頭13:04榧の木山(長久保山)13:0813:11ノボリ尾根分岐13:4714:37栂ノ山14:5515:48雨降り滝16:04峰谷バス停16:13峰谷橋バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
車道部分は自転車のため、実際の歩行距離は約8km
コース状況/
危険箇所等
■取り付き〜倉戸山
坂本トンネルの横に道が存在した。最初の小尾根を登ったので道の行方は分からないが、もしかしたら半島へ伸びる尾根、或いは更に続いて反対側の坂本園地まで通じてるのかも知れない。もしそうなら、半島から登った方が安全と思う。
主尾根に乗ってからは端々に道型が目に付いた。女の湯ルートに近付く程その傾向が強い。

■ノボリ尾根
長く植林と自然林の境界を行く。P1190から南に下る黒破線が本ルートらしいが、栂ノ山に向かうなら引き続き植林と自然林の境界を下る。
栂ノ山の先、950m圏の尾根分岐は気付かずに南へ引き込まれた。自然林側に目指す尾根があるので、トラバースして復帰。
900m〜850m辺りは掴まれる木が少ないザレの急斜面で危ない。少し尾根を外して植林内を下った。その後800m付近で踏み跡を拾い、暫くそれを辿るが700m付近で失い、比較的安全そうな所を選んで適当に下った。

写真

坂本トンネル上の尾根を登る。
2018年11月15日 09:44撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂本トンネル上の尾根を登る。
9
なんと、道が在るではないか!
2018年11月15日 09:44撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと、道が在るではないか!
11
どこまで続いてるんだろうか…気になる。
2018年11月15日 09:45撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまで続いてるんだろうか…気になる。
11
が、ここを登ると決めてたんで、後ろ髪を引かれる思いで登り始める。
2018年11月15日 09:45撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、ここを登ると決めてたんで、後ろ髪を引かれる思いで登り始める。
19
落ち葉が滑ってヤバ過ぎ。足裏で掻き落としながら這い登る。滑落したら湖まで落ちそう。
2018年11月15日 10:03撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉が滑ってヤバ過ぎ。足裏で掻き落としながら這い登る。滑落したら湖まで落ちそう。
9
土斜面も、これはこれで引っ掛かりがないから恐ろしい。
2018年11月15日 10:12撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土斜面も、これはこれで引っ掛かりがないから恐ろしい。
8
半島方向の尾根と合流したんで覗いてみる。あの道がこの尾根まで通じてるんなら、こっちを登った方が良かったかな。
2018年11月15日 10:23撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半島方向の尾根と合流したんで覗いてみる。あの道がこの尾根まで通じてるんなら、こっちを登った方が良かったかな。
4
ふう、やっと落ち葉が有っても気にならない斜度になった。ストックを取り出す。
2018年11月15日 10:29撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふう、やっと落ち葉が有っても気にならない斜度になった。ストックを取り出す。
9
主尾根に乗った所。
2018年11月15日 10:38撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主尾根に乗った所。
3
道型が残っている。
2018年11月15日 10:45撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道型が残っている。
6
北側を巻いて進む踏み跡。この辺りは木が邪魔で尾根筋を歩けない。
2018年11月15日 10:49撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側を巻いて進む踏み跡。この辺りは木が邪魔で尾根筋を歩けない。
3
女の湯コースに合流。
2018年11月15日 11:08撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女の湯コースに合流。
2
ここから山頂までは全面自然林。
2018年11月15日 11:22撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山頂までは全面自然林。
12
山頂着。この標高だと木々は殆んど落葉してる。
2018年11月15日 11:51撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂着。この標高だと木々は殆んど落葉してる。
9
その分たまに在るモミジの紅がやたら目立つけど。
2018年11月15日 12:05撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その分たまに在るモミジの紅がやたら目立つけど。
20
うーん、ここってこんなに寒々しい尾根だったかなあ。
2018年11月15日 12:16撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、ここってこんなに寒々しい尾根だったかなあ。
2
そうそう、これだ。印象に残ってる風景。この尾根が本気を出すのはここからです。
2018年11月15日 12:24撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうそう、これだ。印象に残ってる風景。この尾根が本気を出すのはここからです。
12
唐松林も綺麗。山で時々感じる香ばしい匂いがしてきた。ちょっと焦げた様な匂い。何だろか。
2018年11月15日 12:27撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松林も綺麗。山で時々感じる香ばしい匂いがしてきた。ちょっと焦げた様な匂い。何だろか。
20
青空の下を歩くのは気持ち良い。
2018年11月15日 12:33撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下を歩くのは気持ち良い。
12
ノボリ尾根分岐を通過して…
2018年11月15日 13:00撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノボリ尾根分岐を通過して…
4
山頂着。金属製のプレートは8年経っても全く変わらない。
2018年11月15日 13:04撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂着。金属製のプレートは8年経っても全く変わらない。
21
ノボリ尾根分岐に戻って昼食。この根っこ凄いねえ。
2018年11月15日 13:11撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノボリ尾根分岐に戻って昼食。この根っこ凄いねえ。
7
待望のノボリ尾根を下る。太いブナが多いね。
2018年11月15日 13:50撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待望のノボリ尾根を下る。太いブナが多いね。
6
一番下のサルノコシカケは30cm位だった。
2018年11月15日 14:03撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番下のサルノコシカケは30cm位だった。
8
分かり難いがここで尾根分岐。左が本ルート。右が栂ノ山方向。
2018年11月15日 14:09撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かり難いがここで尾根分岐。左が本ルート。右が栂ノ山方向。
3
西日を受けて輝くモミジ。
2018年11月15日 14:15撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西日を受けて輝くモミジ。
7
この辺から栂ノ山まで緩いアップダウン。
2018年11月15日 14:32撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から栂ノ山まで緩いアップダウン。
5
炭焼き窯跡だろか。
2018年11月15日 14:34撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭焼き窯跡だろか。
8
栂ノ山到着。
2018年11月15日 14:38撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂ノ山到着。
6
山名プレート小っちゃいから探し回ってしまった。
2018年11月15日 14:39撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名プレート小っちゃいから探し回ってしまった。
17
奥集落が近くに見える。望遠で撮ってるんで、実際はここまで近くないけど。
2018年11月15日 14:42撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥集落が近くに見える。望遠で撮ってるんで、実際はここまで近くないけど。
6
引き続き自然林と植林の境界を下る。
2018年11月15日 14:57撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き続き自然林と植林の境界を下る。
3
太陽の位置がおかしいと思ったら、南向きに下ってた。ここをトラバースして修正。
2018年11月15日 15:04撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽の位置がおかしいと思ったら、南向きに下ってた。ここをトラバースして修正。
16
修正成功。この先でザレの急下りに変わる。右側の植林内を下った方が安全。
2018年11月15日 15:08撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修正成功。この先でザレの急下りに変わる。右側の植林内を下った方が安全。
6
ここ、左に薄っすら道の痕跡が在るの分かるだろうか。
2018年11月15日 15:24撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ、左に薄っすら道の痕跡が在るの分かるだろうか。
4
尾根筋に付かず離れずの九十九折。
2018年11月15日 15:28撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋に付かず離れずの九十九折。
3
ちょっと広くなった道を振り返って。koizさんの、8年前のレコに登場した作業道はこれだな。
2018年11月15日 15:31撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと広くなった道を振り返って。koizさんの、8年前のレコに登場した作業道はこれだな。
5
ここを下ってる様に見える。もう判別が難しい。
2018年11月15日 15:33撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下ってる様に見える。もう判別が難しい。
3
消失したので峰谷川に向かって適当に下った。
2018年11月15日 15:40撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
消失したので峰谷川に向かって適当に下った。
4
川沿いの遊歩道に出る。
2018年11月15日 15:46撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いの遊歩道に出る。
7
雨降り滝の直ぐ近くだった。
2018年11月15日 15:48撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨降り滝の直ぐ近くだった。
30
滝近くにあった石仏。滝と言えば龍神か不動明王がお決まりだろう。摩耗して分からんが。
2018年11月15日 15:49撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝近くにあった石仏。滝と言えば龍神か不動明王がお決まりだろう。摩耗して分からんが。
8
しっとりとした良い道。
2018年11月15日 15:50撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっとりとした良い道。
7
白髭神社と下りのカヤ。
2018年11月15日 15:53撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髭神社と下りのカヤ。
5
ここ、歩いても良いんだよね?
2018年11月15日 15:54撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ、歩いても良いんだよね?
5
このお宅の裏が白髭神社。空き家みたいなので、庭先に自転車を置かせて頂いた。
2018年11月15日 15:55撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このお宅の裏が白髭神社。空き家みたいなので、庭先に自転車を置かせて頂いた。
4
峰谷橋駐車場へ戻った。今日も活躍したオフタイム君。
2018年11月15日 16:15撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰谷橋駐車場へ戻った。今日も活躍したオフタイム君。
27

感想/記録

先週末は親戚に不幸があって通夜、葬式。今週末はとある理事会の定例会議と神社の新嘗祭が続く。落ちた体力を取り戻そうと、折角やる気になってるのに水を差されるなあ。これはもう奥の手の出番だ、と言う事で木曜日に行ってきた。

久し振りに奥多摩を歩こうと思い、一度行ってみたいと考えてたノボリ尾根をメインに据える。浅間尾根と合わせて鷹ノ巣山周回も頭をよぎったが、駐車し易い今回のルートになった。

下山地の白髭神社近くに自転車を隠し置き、峰谷橋に戻って駐車、出発。直ぐ先の坂本トンネル上の尾根に取り付く。落ち葉が新しいんでスルスルと上滑りした。何とかギリギリ立ち姿勢で登れる位の斜度なのだが、これは恐ろしい。灌木や岩に掴まりながら恐る恐る這い登った。

倉戸山へ2時間掛かっての到着。8年前に熱海口から登った時は80分だったんで、大分遅い。だが取り付きから最初の100mに40分費やしてるんで、こんなものかとも思う。倉戸山からノボリ尾根分岐まではほぼ同タイムだった。まあ、300mしか登らないんで差は出にくいのだろうが。

前回の大持沢左岸尾根と、前々回の高わらび尾根の時は、翌日から3日間酷い筋肉痛だった。今回は今のところ少し痛む程度。徐々に筋力が戻って来てると信じたいなあ。

訪問者数:349人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ