また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 166429 全員に公開 ハイキング十勝連峰

十勝岳(新得コース)

日程 2010年09月25日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

7:33 登山口そばに駐車してスタート
10:55 十勝岳山頂に到着
13:53 駐車地点まで戻り
過去天気図(気象庁) 2010年09月の天気図 [pdf]

写真

雪山を眺めながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪山を眺めながら
雪山を眺めながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪山を眺めながら
素敵な上ホロカ川支流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵な上ホロカ川支流
5回目のヒグマの糞
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5回目のヒグマの糞
ハイマツ畑を抜ける
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ畑を抜ける
下ホロカメットク山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ホロカメットク山
十勝岳方面を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳方面を望む
山頂でオニギリ休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でオニギリ休憩
最近流行の山ガール
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近流行の山ガール

感想/記録

十勝岳の新得コースを登ってきました。

標高1400mあたりから雪がありました。
山頂付近ではすでに「海老の尻尾」があり、とても寒かったです。
火山灰がカチカチに凍っていて滑るので、
なんとか雪をキックステップして登るところがありました。
(なお、その日の朝、黒岳から旭岳に向かう途中で凍死事故があったようです。)

札幌圏や室蘭圏からここの登山口まではとても遠いです。
しかも、登山口までの林道はとても長く、路面も悪いのでSUV車が必要かもしれません。
(私のマイカーは最低地上高が125mmしかないので登山口までたどり着けません)

なおかつ、登山道が往復16kmもあります。北海道夏山ガイド第3巻には、
「ハイマツ帯を抜けると広大な火山灰と火山れきの斜面となり、
視界が悪い時は迷いやすいので、初心者のみでの行動は控えてほしい」
と書かれています。まさにその通りだと思います。

でも、それを補って余りある嬉しさがそこにありました。
「わたしの一名山2010」の有力候補です。


以下、山行報告です。

長い林道走りのあと、登山口あたりの深山の景色を眺めて、
なぜだか黒澤明監督の映画「デルス・ウザーラ」を思い浮かべました。
この景色だけですでに感激してしまいました。

7:33 登山口そばに駐車してスタート。登山ポストを眺めると一日一組未満でした。
ここは本当に日本百名山?と思いました。
大きく堂々としたエゾマツを見て、良いところにきた実感がより高まりました。

Yさんからクマ撃退スプレーを渡され、取り扱いの説明を受けました。
また、「もしもヒグマが仕掛けてきても、それはブラフチャージ(はったり)だから
絶対に逃げないこと。襲われた人は逃げた人。」と説明を受けました。
唯一、このときだけYさんの目が厳しくなりました。
私はナタとスプレーの二刀流になりました。

利用客が少ないにもかかわらず、登山道はよく草刈りなどの手入れがなされていました。
背丈よりもずっと高い「這わない這松(ハイマツ)」の間を進んでいきました。
ヒグマの糞が3箇所ありました。Y先生の解体調査によりブドウ、ハイマツの実、
どんぐりが確認されました。
もしも単独行だったら、2箇所目の糞のところで半べそをかきながら撤収していたと思います。

素敵な上ホロカ川支流の脇を通り、渡り、そして上ホロカ川本流の
岩がゴロゴロのところを渡ったところで小休止を取りました。
ここまで4kmで標高約1200m。

9:03 KさんとYさんは山頂まで向かわないとのこと。
「紅葉の写真をたくさん撮るので、一人で山頂に行ってきて欲しい」と促されました。

ここからは単独無酸素登山になりました。再びハイマツの中に入り、
ヒグマの糞を2箇所通り過ぎ、標高1400mあたりでハイマツ帯を抜けると、
そこから先は広大な火山灰と火山れきと雪の斜面となりました。

10:55 十勝岳山頂に到着。昨晩、自分で握ったおにぎりをほおばりました。
山頂には別のコースからやってきた方々を延べ10名ほど見かけました。
単独行の山ガールも見かけました。こんなに寒くて厳しいのに・・・男前だ!

展望は良く、遠くの羊蹄山まではっきりと望めました。
惜しむらくは単独でしたので、
密かに入手した東京拉麺を振舞うサプライズは次回以降としました。

11:48 KさんとYさんと標高1653mのぽこっとしたところで合流。

13:53 駐車地点まで戻りました。

総時間6時間20分。距離16.61km。平均速度2.6km/h。万歩計は途中でなくしました。

消費カロリー3095kcal(平均心拍数125拍/分,総重量75kg(体重63kg),身長172cm)

下記URLにGPSトラック、歩行記録、写真を載せてみました。
http://yamasansaku.iiyudana.net/tokachidake_100925.html
訪問者数:2401人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/2
投稿数: 81
2012/2/4 19:14
 はじめまして
私も夏に縦走で十勝岳は2回登ったことがあります。
日本とは思えない荒涼とした景色に感動しました。

ところで素朴な疑問なんですが、
雪無いんですか?
ヒグマって冬眠しないんですか?
登録日: 2008/6/19
投稿数: 418
2012/2/4 23:08
 日付が違うのでは?
シュウさん、こんばんは。

いいですね、新得コース。
私は未だに十勝岳に登ったことがありませんが...
ところで、どう考えても、今現在の季節の十勝岳とは思えませんが...2010と書いてあるようですし。
登録日: 2009/12/17
投稿数: 194
2012/2/5 15:41
 日付間違えました。
昨日から過去の山行をまとめて登録してます。
日付間違ってました。
elninoさん、kennさん。ご容赦を。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ