また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

十勝岳(とかちだけ)

最終更新:sakura1029
基本情報
標高 2077m
場所 北緯43度25分04秒, 東経142度41分11秒
 十勝岳の頂上には、浄土真宗の「光顔巍々(こうげんぎぎ)」と書かれた大理石柱が昭和17年から突き建てられています。「かみふらのの郷土をさぐる会機関誌」の左側11号の14番記事によると、「昭和十二年二月二十八日西本願寺第二十三世法主大谷光照貌下が来村し三月一日十勝岳にスキー登頂され、山岳スキーを楽しまれると共に十勝岳の大自然に満足される。二日後の三月三日にも聞信寺に御立寄り光栄に浴した時に、門上浄照師は十勝岳を仏教の霊山としての開発に積年の悲願と努力を申し上げ、十勝岳山頂の霊とすべき碑に光顔巍々の文字を所望し揮毫を懇願申し上げたところ、大谷光照貌下は永年の御苦労を讃えながら御快諾をされたのです。大谷光照貌下が揮毫された書は、同年三月末に聞信寺に送付されてまいりました。その書には墨跡あざやか『光顔巍々』とありました。」とあります。今にして思えば、アイヌの神の地にいかがなものかと思います。

 (参考:「かみふらのの郷土をさぐる会機関誌」の左側11号の14番記事⇒)  
  http://www.town.kamifurano.hokkaido.jp/hp/saguru/1111nakamura.htm
 
 
山頂
分岐
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

十勝岳(とかちだけ)は、北海道の中央部の上川管内の美瑛町・上富良野町、十勝管内の新得町にまたがる標高2,077 mの活火山。大雪山国立公園内の十勝岳連峰(十勝火山群)の主峰である。日本百名山及び花の百名山に選定されている。
十勝川(トカプチ)の源流であることが、山名の由来とされている。山頂の西北西の前十勝にある62-?火口からは盛んに噴煙が上がり、山頂付近は火山灰に覆われている。十勝岳避難小屋と山頂の中間には昭和火口、西の三段山の南には安政火口がある

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

  • 中級 日帰り 十勝連峰
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    北海道の活火山を巡る山旅。少々行程が長いですが、変化に富んだ山歩きを楽しめます。

「十勝岳」 に関連する記録(最新10件)

十勝連峰
  7   62  1 
2020年03月07日(日帰り)
アジア
  16   10 
2020年02月15日(日帰り)
北海道
  43     44  2 
2020年01月10日(日帰り)
十勝連峰
  14    34 
2019年12月29日(日帰り)
十勝連峰
  13    4 
2019年12月27日(10日間)
十勝連峰
  24    46 
2019年12月23日(日帰り)
十勝連峰
  27    80  2 
2019年12月23日(日帰り)
十勝連峰
  3   21 
2019年12月22日(日帰り)
北海道
  25     48 
2019年11月26日(日帰り)
ページの先頭へ