また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 167300 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 道南

小幌駅→礼文華丸山→黒松内農場

情報量の目安: A
-拍手
日程 2012年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れたり雪降ったり
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
行き:
7:17八雲駅→7:54長万部駅9:05→9:24小幌駅

帰り:
八雲在住の会社の先輩の車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

(9:25)小幌駅-(9:50)岩谷観音探しはやめて登り返す-(10:50)国道(11:05)-(12:30)礼文華丸山(13:20)-(14:45)農場
コース状況/
危険箇所等
毎日の車通勤の途上で静狩の直線から見ていた丸山のピークと思われる白い出っぱりは手前の△523.9でそのやや奥の丸いピークが礼文華丸山であった。そんな事実も登ってみてはじめて気づいた。毎日、八雲より片道50kmを車で通勤。ひねくれ者の根性で公共の交通機関で通勤したくなり、電車通勤を試みる。最寄の駅が秘境駅の小幌駅なんて、いかしている。これがもっとも礼儀正しい通勤ルートであると信じる。

前日会社の先輩に誕生日を祝ってもらうが、珍しく二日酔いにもならず八雲駅よりワンマン一両編成に乗り込む。一眠りして起きたら長万部駅着。乗り継ぎで1時間待ちのため、待合室であめせん食いながらスポーツ紙を読みながら待つ。スポーツ紙の取るに足りない記事に怒りゴミ箱にぶち込みたい気持ちをぐっとこらえ、焚き火で燃やそうと思いザックにしまいこむ。結局、焚き火は未遂に終わったが。趣あふれる静狩駅の駅舎を車窓から眺めトンネルくぐって、谷間の秘境、小幌駅に至る。鉄オタの足跡がホームにあった。線路を渡り、スキーを履き、岩谷観音見物を試みるが、断崖に打ちつける青く濁った噴火湾の波に死のニオイを感じ、30分でやめにする。西側のトンネル入口の上の斜面を通り、登りはじめる。1時間ほどで谷間にかかる橋の末端から国道に出る。長万部と黒松内の町界を過ぎ、礼文華山道の看板がある所から丸山を目指す。来馬川は林道がかかっていて渡れた。この川、こんなに噴火湾に近いのに日本海に注ぐ。下部のタンネの疎林に心躍らせ、スキーを進める。・435からは△523.9の雪崩の跡が痛々しい南斜面が見えその顕著な高まりを丸山と誤解する。緩い斜面を登って難なくサミット。木に遮られた広いピークの片隅に丸山の看板を見つける。誕生日にいいプレゼントになった。看板の脇でツエルトかぶり1時間憩う。前日の誕生日祝いの余り飯をタッパに詰めて持ってきて食すが、アメリカンドッグ5本に胸焼けしつつ、つい先日まで恥ずかしながら知らなかったシーハイルの歌を熱唱する。丸山山頂は展望イマイチ。噴火湾を眺めたくて△523.9に移動するが、展望がきく場所は雪庇の上でやむなくあきらめ、下降を開始する。斜度はファミリーコースと言わないまでも穏やかだが、シールを付けていてもよく滑る。相変わらずクリスチャニアではなく斜滑降とキックターンでおおシーハイル。予定していた尾根から外れてしまい平坦な地形に出くわし冷や汗が出るが、養豚場の臭気とタイヤショベルの音が聞こえ、その方向に進むと農場の裏手に出た。上来馬川の林道より農場の前に飛び出すはずが、南の沢形に入り込んでしまったようだ。職場はちょうど休憩時間中であった。農場の裏の丘で、標高差10mのオープンバーンを2本滑降した後、イグルーを作り始める。1時間半もかけてできたイグルーは体育座りがやっとの広さ(泣)退社時間の17時になったので、猛吹雪の丘を脱出して、農場正面玄関に移動する。職場の先輩より「気は確かか」と最大級の賛辞をもって迎えられる。八雲在住の先輩の車に乗り込み、帰八。
過去天気図(気象庁) 2012年02月の天気図 [pdf]

写真

ワンマン一両入腺。
2012年02月04日 07:27撮影 by QV-R4 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワンマン一両入腺。
礼文華山道の看板
2012年02月04日 11:04撮影 by QV-R4 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
礼文華山道の看板
礼文華丸山サミット
2012年02月04日 13:20撮影 by QV-R4 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
礼文華丸山サミット
礼文華丸山外観
2012年02月04日 13:38撮影 by QV-R4 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
礼文華丸山外観
裏の丘より農場を垣間見る
2012年02月04日 14:46撮影 by QV-R4 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏の丘より農場を垣間見る
2
標高差10mのオープンバーン
2012年02月04日 15:21撮影 by QV-R4 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高差10mのオープンバーン
一人体育座り用イグルー
2012年02月04日 16:48撮影 by QV-R4 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一人体育座り用イグルー
撮影機材:
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1686人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/5/15
投稿数: 6029
2012/2/8 10:45
 小幌駅が最寄り
小幌からの山行、やってみたかったところです。去年こんなの作っていました。
http://www.yamareco.com/modules/yr_plan/detail-4638.html
帰りどうするのかと思ったらその手があったか〜。
ここは分水嶺線の偏り具合といい、興味深いところですね。スキーで自由に歩き回りたい。
以前、静狩から小幌への海岸を泳ぎへつりで行こうとしたのですが、波の高い日で、海中から岸辺に上がるのに苦労し血だらけになった。海は怖いと思った。撤退した。
登録日: 2011/1/25
投稿数: 13
2012/2/10 6:19
 最寄り駅ですが
完璧に遅刻します。礼文に下りる手がありましたか。気づかなかったです。

小幌駅は色々できます。まさにテーマパーク。
ivy
登録日: 2007/6/14
投稿数: 29
2012/3/7 12:44
 小幌駅
礼文華山道は豊浦から静狩までの間を細切れで時々歩いています。
クマが出そうで恐ろしいですが。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ