また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1676825 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大雪山

三国峠〜音更山〜第三尾根下降〜十勝三股

日程 2018年12月08日(土) 〜 2018年12月09日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目:雪
2日目:雪後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間45分
休憩
0分
合計
7時間45分
Sスタート地点07:0014:15ユニ石狩岳14:45十石峠
2日目
山行
11時間50分
休憩
0分
合計
11時間50分
十石峠05:1008:45音更山09:10第三尾根頭12:45シュナイダー尾根末端17:00十勝三股バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<時間とルート>
1日目:三国峠(7:00)ユニ石狩岳(14:15)十石峠(14:45)=C1
 C0。峠で-15℃、寒い。比較的快調な・1510南ポコ南東尾根を登って稜線へ。Co1640~1660東西に稜線が伸びている所(2.5万図で・1676の西)は細くなっていたのでEP。雪が少ないためかハイマツを掴みながら上を行ける。11時過ぎから風が出てくる。後は稜線を歩いて十石峠手前のコルでC1。もち米スパイシーチキン味雑炊を食べる。

2日目:C1(5:10)音更山(8:45)第三尾根頭(9:10)シュナイダー尾根末端(12:45)十勝三股(17:00)
 ラテルネつけて出発、相変わらず寒い。音更の登りは急だが固くないのでスノーシューで登れた。肩の辺りから気になる風、音更を乗越して第三尾根下るまでに時折振られる風。視界もあまりないので第三尾根を下りることにする。積雪は藪から60~70僂らいまでしっかりとした固い層、その上に新雪が15~30僂曚鼻急だが木が多くそこまで心配するような状態ではなかった。BS交えながらほとんどEPで下りた。沢の凍結具合がまだ甘く上を簡単に歩けるような状態ではなかったので何度も転石渡渉しながらシュナイダー尾根末端まで。第三尾根の最後の所はもう少し南寄りに下った方が楽だったかもしれない。夏道上を歩いて林道へ。倒木地獄の林道で「歩かなければ帰れない」という恐ろしい真理に気づかされる。下山後ヒッチ1台目の方に乗せていただき車を回収。ありがとうございました。
過去天気図(気象庁) 2018年12月の天気図 [pdf]

写真

稜線スタート
2018年12月08日 08:37撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線スタート
ハイマツを掴みながら
2018年12月08日 09:55撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツを掴みながら
十石峠のコルへ
2018年12月08日 14:28撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十石峠のコルへ
風が強かった
2018年12月09日 08:47撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強かった
1
ここから地獄が始まる
2018年12月09日 13:35撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから地獄が始まる

感想/記録

ずーっと寒い山行だった。
もう二度とあの林道は歩きたくない。
訪問者数:270人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ハイマツ 林道 コル 山行 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ