また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1678217 全員に公開 ハイキング 丹沢

大杉山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年12月15日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅⇒箱根橋路肩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間43分
休憩
15分
合計
6時間58分
Sスタート地点(箱根沢)07:4608:10中川温泉にある登山口10:25大杉山11:47仲ノ俣乗越12:12P95612:2712:59日向沢乗越12:2713:09P67213:40日向沢に入り13:48日向沢から離れる14:12登山口14:12ゴール地点(箱根沢)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
適時とった小休憩時間を含んでいます
GPSを持っていないのでルートは手書きです
コース状況/
危険箇所等
大杉山〜P956間の稜線は所々痩せ尾根になっていて、初心者は気持ちの問題ですが万が一滑落しても湯ノ沢側に落ちないような注意が肝要と思います。(湯ノ沢側の方が急傾斜で事態が重くなるように思います)
P762から中川温泉側に降りる場合、南西に伸びる2つの尾根があり、より北側の尾根の方が安全だと感じました。我々はより南側の尾根を降りましたが、急で日向沢に踏み込みやすいと感じました。

過去天気図(気象庁) 2018年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 携帯 時計 カメラ

写真

駐車箇所より出発
2018年12月15日 07:46撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車箇所より出発
中川温泉の登山口
2018年12月15日 08:04撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中川温泉の登山口
大杉山への道(植林の中)
2018年12月15日 08:13撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大杉山への道(植林の中)
裸地斜面(古いトラロープ2本あり)
2018年12月15日 09:40撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裸地斜面(古いトラロープ2本あり)
1
大杉山山頂
2018年12月15日 10:24撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大杉山山頂
仲ノ俣乗越への下り
2018年12月15日 11:06撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仲ノ俣乗越への下り
1
P956(標高が956mのピーク)
2018年12月15日 12:14撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P956(標高が956mのピーク)
1
P762からの下り
2018年12月15日 12:55撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P762からの下り
1
日向沢に降りたところ
2018年12月15日 13:39撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向沢に降りたところ
1
日向沢を見上げる
2018年12月15日 13:45撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向沢を見上げる
日向沢沿いに少し下ると堰堤が出てきたので、右岸の尾根に回る
2018年12月15日 13:47撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向沢沿いに少し下ると堰堤が出てきたので、右岸の尾根に回る
(仮称)日向沢右岸尾根下部の植林の中を
2018年12月15日 13:48撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(仮称)日向沢右岸尾根下部の植林の中を
湯ノ沢堰堤上に出てきた
2018年12月15日 14:07撮影 by COOLPIX A100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ沢堰堤上に出てきた
撮影機材:

感想/記録

半世紀前は丹沢の秘境と言われていた湯ノ沢が、読図が必要ではありますが周回可能な時代になったのは、登山者にとってはうれしいことではあります。その一方で、複雑な地形に悪い滝(高度があり滑っていて巻くのも難儀)が多く、また遡行後の下山も道は無かったことを考えると、酸性雨による植生の変化(クマザサの密生が無くなった)などの影響が甚大であるのだと思わざる負えませんでした。コースは赤テープや標識は殆どなく読図が必要です。小割沢ノ頭からP956へ向かうところで道迷いをしました。5年前に同稜線を歩いた時も北西方向の尾根に進み間違いに気づき、戻って北東に進んでいました。反省して考察すると、低山のルートファインディングの難しさにあると思いました。小割沢ノ頭で見ると、周囲の木々見通しが悪くP956への道(稜線の続き)は北西に見えてしまったのかもしれません。P762からは我々の歩いた道より、より北側の尾根の方が下りやすいと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:637人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/29
投稿数: 127
2018/12/19 7:58
 歩いてみたくなります
yasuji-さん
おはようございます

yasuji-さんのレコを見ていると、私は当分、丹沢を楽しむことができそうです

いつかGPSなしでこのようなルートを歩けるようになれたと思います
登録日: 2018/11/28
投稿数: 28
2018/12/19 16:23
 Re: 歩いてみたくなります
RaVieEnRoseさん
コメントありがとうございます。
貴殿の記録は毎週楽しみにしています。
当方は天気やメンバーの実力や体調などを考慮するので、褒められたことではありませんが、山行は前日に計画することが多いです。その結果、手軽(近場)な丹沢が多くなりますが、Vルートや沢登りも視野に入れるとかなりのルートがありますね。昔から通っていますが、まだまだ知らない場所が沢山あります。最近は東にヒル、西にマダニの生息域が広がり困った次第です。丹沢は新緑の季節の方が魅力がありますが、ヒルが心配です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ