また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1701033 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

佐世保を眼下に歩く烏帽子・隠居岳縦走

日程 2019年01月11日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇天
アクセス
利用交通機関
バス
西肥バス相浦線で佐世保駅下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間19分
休憩
17分
合計
5時間36分
Sスタート地点08:5510:58烏帽子岳11:0212:10木場山12:1112:51隠居岳13:0313:25隠居岳ウォーカーズパーク14:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
駅前の坂道からスタートし、山道、車道、林道、公園、山道、林道、山道、車道と目まぐるしく入れ替わるコースですが、生活の香りを肌に感じながら、しかも自然と触れあえる良いコースです。市街地を見下ろす空中感がたまりません。最後の「木場浮立研修場」の下の4分岐から農道利用は不可、そのまま車道を左方向に下るが良い。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所無し、コースの中程と終わりは林道(車道)を歩く。
その他周辺情報市バス黒髪営業所から佐世保駅前まで行けば(約30分)、駅周辺に飲食店多数。
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

今日は地元の山を歩きます。自宅からバスで駅前に降り立ち、即スタート。これって気分いい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は地元の山を歩きます。自宅からバスで駅前に降り立ち、即スタート。これって気分いい。
1
佐世保は坂の町。駅正面がもう烏帽子への登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐世保は坂の町。駅正面がもう烏帽子への登山口。
すぐに階段が始まり、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに階段が始まり、
車社会が来る前に出来上がった生活道路、混在する建物。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車社会が来る前に出来上がった生活道路、混在する建物。
車が入らない場所は空き地が目立ち、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車が入らない場所は空き地が目立ち、
振り返ればもう港が眼下
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ればもう港が眼下
1
道際を綺麗にする家人多し、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道際を綺麗にする家人多し、
サザンカも今が盛り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サザンカも今が盛り、
1
ビナンカズラも、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビナンカズラも、
ハクサンボクも彩りを添え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンボクも彩りを添え。
コマユミがまだ紅葉している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマユミがまだ紅葉している。
山の手の白南風小学校まで来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の手の白南風小学校まで来ました。
1
佐世保を代表するストア「エレナ」を右へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐世保を代表するストア「エレナ」を右へ
1
その前を通る平戸街道。168年前あの吉田松陰もここを通っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その前を通る平戸街道。168年前あの吉田松陰もここを通っている。
3
江戸時代にあったという馬立場の前の山祗神社
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江戸時代にあったという馬立場の前の山祗神社
樹齢700年の大ムクノキ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹齢700年の大ムクノキ
2
その前を山へ向かう小道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その前を山へ向かう小道
山手バイパスに出合う、白い手摺りの間道が登山道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山手バイパスに出合う、白い手摺りの間道が登山道。
1
振り返れば港町サセボ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば港町サセボ。
すぐに山道が眼前に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに山道が眼前に
雰囲気が一変、あっというまに山中へ吸い込まれる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気が一変、あっというまに山中へ吸い込まれる
3000万年〜2000万年に堆積した砂岩の相浦層群を削り込んだ石の階段
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3000万年〜2000万年に堆積した砂岩の相浦層群を削り込んだ石の階段
5
佐世保のもう一つの山群、弓張岳〜将冠岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐世保のもう一つの山群、弓張岳〜将冠岳
3
マユミの実がまだある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マユミの実がまだある
2
ここから本格的な山道、昔は沢山の子供達が声を弾ませながら鍛錬遠足でこの坂道を登ったことだろうが、今は人影も無し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから本格的な山道、昔は沢山の子供達が声を弾ませながら鍛錬遠足でこの坂道を登ったことだろうが、今は人影も無し。
2
横たわる銘入り(?)砂岩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横たわる銘入り(?)砂岩
2
砂岩を切り出した跡?、そう言えば先程通過した市街地の石垣に砂岩が多かった。右に転がっていても、さがんとはこれいかに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂岩を切り出した跡?、そう言えば先程通過した市街地の石垣に砂岩が多かった。右に転がっていても、さがんとはこれいかに。
1
カゴノキの幹肌が面白い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カゴノキの幹肌が面白い
ついでにスダジイ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついでにスダジイ、
1
ついでにタブノキ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついでにタブノキ。
烏帽子岳上部は溶岩に変わる。800万年まえに流れ出した北松浦玄武岩が、佐世保から平戸の海中までを広く覆い、鉄分の多い玄武岩は風化して赤土となる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳上部は溶岩に変わる。800万年まえに流れ出した北松浦玄武岩が、佐世保から平戸の海中までを広く覆い、鉄分の多い玄武岩は風化して赤土となる。
3
車道に出ました、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出ました、
山道もあります。シャドウを歩くかヤマミチを歩くか拳闘しながら・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道もあります。シャドウを歩くかヤマミチを歩くか拳闘しながら・・・
1
山頂直下の坂道前に案内板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の坂道前に案内板
鉄平石によく利用される玄武岩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄平石によく利用される玄武岩
1
最後の階段は応える〜〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の階段は応える〜〜
2
ここが山頂広場、烏帽子岳568m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが山頂広場、烏帽子岳568m。
6
見晴らしは最高なのですが、天気が今一。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしは最高なのですが、天気が今一。
4
一人黄昏れて・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一人黄昏れて・・・
6
中腹の野鳥観察小屋、9月は鷹の渡りを見るバードウオッチャーで満車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中腹の野鳥観察小屋、9月は鷹の渡りを見るバードウオッチャーで満車。
1
隣接する「風と星の広場」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣接する「風と星の広場」
1
これは九十九島をイメージか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは九十九島をイメージか
1
その末端から再び林に入るのがコツ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その末端から再び林に入るのがコツ!
東の森を抜けて隠居へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の森を抜けて隠居へ
途中、佐世保市民が植樹した百年の森が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、佐世保市民が植樹した百年の森が
元横浜国立大・宮脇教授の指導のもと、拾ったドングリを蒔いて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元横浜国立大・宮脇教授の指導のもと、拾ったドングリを蒔いて
私も植えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私も植えました。
3
15年でここまでなるのか〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15年でここまでなるのか〜
スポーツの里に出合う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スポーツの里に出合う
1
廃校となった山手小学校烏帽子分校跡
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃校となった山手小学校烏帽子分校跡
車道ですが車は滅多に来ないので、風景を眺めて楽しい歩きができる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道ですが車は滅多に来ないので、風景を眺めて楽しい歩きができる
川棚の虚空蔵山と後に多良山系が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川棚の虚空蔵山と後に多良山系が
2
眼下に早岐の町とハウステンボスが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に早岐の町とハウステンボスが
3
黒髪へ下る道との分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒髪へ下る道との分岐
最初の分岐を直進後、次の分岐で右へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の分岐を直進後、次の分岐で右へ
隠居岳へ向かう林道、アオモジが黄葉して
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隠居岳へ向かう林道、アオモジが黄葉して
1
隠居岳への最後の登り、約25分で山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隠居岳への最後の登り、約25分で山頂。
途中足下に節理した溶岩が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中足下に節理した溶岩が
1
着きました、今日2座目の隠居岳、670m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました、今日2座目の隠居岳、670m。
3
ここでも一人、たそがれて・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも一人、たそがれて・・・
4
柔らかい山道を急いで下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柔らかい山道を急いで下る
一昨日歩いた黒髪山系が、天童岩がぽっこり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一昨日歩いた黒髪山系が、天童岩がぽっこり。
2
周囲は有名なヤマツツジの群落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周囲は有名なヤマツツジの群落
マルバノホロシかヒヨドリジョウゴか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバノホロシかヒヨドリジョウゴか
ここでも赤土が鮮やか、フユイチゴの緑と対比して見事。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも赤土が鮮やか、フユイチゴの緑と対比して見事。
ウオーカーズパークに着く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウオーカーズパークに着く
ここからは車道を黒髪町(猫山ダム)まで下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは車道を黒髪町(猫山ダム)まで下る
杉の落ち葉を踏みながら歩くと快適
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の落ち葉を踏みながら歩くと快適
クサイチゴの紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサイチゴの紅葉
マサキの実が見事
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マサキの実が見事
佐賀、長崎に多い浮立保存の会(木場浮立研修場)
この先4分岐に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐賀、長崎に多い浮立保存の会(木場浮立研修場)
この先4分岐に出ます。
市街地がもう目前、この先の4分岐を農道へ下ったら藪でした。お薦めできません、分岐を左へ進みましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市街地がもう目前、この先の4分岐を農道へ下ったら藪でした。お薦めできません、分岐を左へ進みましょう。
今日のゴールは猫山ダム、家内が迎えに来てくれラッキーな一日でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のゴールは猫山ダム、家内が迎えに来てくれラッキーな一日でした。
4

感想/記録
by MISB

遠征して見慣れない景色に触れるのは最高の贅沢ですが、いつもの見慣れた風景を違う角度から眺め、普段の生活と隣り合わせに横たわる自然を味合うのもたまにはいいものだなと改めて感じた。6時間ほどは歩くコースなので荷物を担げばそれなりに鍛錬にも成りそう。さらに歩きたければ八天岳〜国見山までコースが続く。
訪問者数:396人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/4/30
投稿数: 1229
2019/1/12 19:39
 平戸往還
こんばんはasariです。

公道、生活道、山道、柱状節理、それから里山風景などいろんな風景と景色を見ることができました。
41枚目の階段を見たいなと思いながらレコの写真を拝見していたところ
ゴールでは奥さまのお出迎えがあったとのこと(^^)
私が行くことを想定するとコースルートを研究しなきゃですね。

東彼杵を車で走っていた時に平戸往還という案内があり調べてみたら
平戸から東彼杵を結ぶ道とか。
吉田松陰も通った歴史的な道なのですね。
いつか私も歩いてみたいと思いました。
登録日: 2014/5/10
投稿数: 63
2019/1/13 8:17
 Re: 平戸往還
asariさんおはようございます。いつもコメントありがとうございます。

>41枚目の階段を見たいなと思いながら・・・
山頂までの最後の階段は本当に足に応えます。今回は久々に確認のためにここを登りましたが、36〜38画像の箇所から左へコースを取り、西の森へ向かい、そこから左山麓を巻くルートがお薦めです。世知原方面の山並みを眺めながら歩ける楽なルートです。

>私が行くことを想定すると・・・
便乗した地点の猫山ダムから下り道を20分ほど歩けば、もう市営バス黒髪営業所に着きます。そこから駅前まですぐに戻れますので大丈夫ですよ。私の場合バス賃の節約でマイワイフカーに乗ったまでです。(笑)
是非お楽しみ下さいませ。

(PS)
平戸往還についてご興味がおありでしたら、現在佐世保市内の有志が「平戸街道ネットワークの会」を作り、月1回、平戸街道(平戸往還)を歩く会を催しています。田平から終点彼杵までを6区間に分け、6回連続して参加すると全コースが歩けます。それを繰り返していますので、未踏コースは後日歩く機会も訪れます。以上 参考まで。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 紅葉 節理 テン 出合 サザンカ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ