また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1716174 全員に公開 雪山ハイキング中央アルプス

富士見台高原スノーハイク(神坂神社より)

日程 2019年01月27日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神坂神社手前に駐車スペースあり
※駐車場にトイレはないが、登ってくる途中にあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間18分
休憩
1時間21分
合計
7時間39分
S神坂神社08:2210:01富士見台高原口10:28一本立10:2910:55萬岳荘11:0611:28神坂小屋11:44富士見台高原12:4212:57神坂小屋14:06萬岳荘14:1614:39一本立14:53富士見台高原口14:5415:57神坂神社16:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※途中データが飛んでる箇所あり

写真

神坂神社手前にある
駐車スペース。
ここからスタート。
2019年01月27日 08:20撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神坂神社手前にある
駐車スペース。
ここからスタート。
スタート時から積雪はあり。
2019年01月27日 08:23撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート時から積雪はあり。
よく見ると人だけでなく
いろんな動物の足跡が。
2019年01月27日 08:45撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると人だけでなく
いろんな動物の足跡が。
1
ブナコースを。
雪道の脇にはなぜか
青々とした草がフサフサ。
2019年01月27日 09:09撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナコースを。
雪道の脇にはなぜか
青々とした草がフサフサ。
カラマツコースとの
合流地点。
2019年01月27日 09:59撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツコースとの
合流地点。
積雪も少しずつ
増えてきた。
割とサラサラ。
2019年01月27日 10:13撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪も少しずつ
増えてきた。
割とサラサラ。
1
霧氷で白くなった木々が。
2019年01月27日 10:45撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷で白くなった木々が。
1
萬岳荘に到着。
2019年01月27日 10:56撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萬岳荘に到着。
さ、富士見台高原へと
向かいましょう。
2019年01月27日 11:10撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さ、富士見台高原へと
向かいましょう。
2
神坂山へと続く稜線と
奥には南アルプスの山々。
きれいだね〜
2019年01月27日 11:26撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神坂山へと続く稜線と
奥には南アルプスの山々。
きれいだね〜
6
奥にドーンと鎮座する
恵那山。
粉砂糖を振りかけたよう。
2019年01月27日 11:28撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥にドーンと鎮座する
恵那山。
粉砂糖を振りかけたよう。
4
南アルプスの山々。
仙丈ヶ岳〜
北岳・間ノ岳など。
2019年01月27日 11:32撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの山々。
仙丈ヶ岳〜
北岳・間ノ岳など。
5
ドーンと御嶽山。
雄大な姿だなぁ。
2019年01月27日 11:37撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドーンと御嶽山。
雄大な姿だなぁ。
4
富士見台高原の山頂に到着!
2019年01月27日 11:42撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台高原の山頂に到着!
3
中央アルプスの山々。
ヤッホー♪
2019年01月27日 11:44撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスの山々。
ヤッホー♪
4
真ん中に御嶽山、
右奥には乗鞍岳。
2019年01月27日 11:45撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中に御嶽山、
右奥には乗鞍岳。
3
休憩時、
アクシーズクインの
アグラスカート、デビュー♪
2019年01月27日 11:57撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩時、
アクシーズクインの
アグラスカート、デビュー♪
3
アグラスカートその2♪
風が入ってバルーン化
してます。
2019年01月27日 12:29撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アグラスカートその2♪
風が入ってバルーン化
してます。
3
左 御嶽山、真ん中 乗鞍岳
その右には穂高の山々も。
2019年01月27日 12:42撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左 御嶽山、真ん中 乗鞍岳
その右には穂高の山々も。
3
富士見台高原山頂より
恵那山を望む。
2019年01月27日 12:44撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台高原山頂より
恵那山を望む。
3
雪をかぶった木々の奥には
南アルプスの山々が。
美しい景色だな〜。
2019年01月27日 12:48撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪をかぶった木々の奥には
南アルプスの山々が。
美しい景色だな〜。
3
神坂山方面へ、GO!
2019年01月27日 12:59撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神坂山方面へ、GO!
2
中央アルプスの山々。
2019年01月27日 13:00撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスの山々。
2
背負ったワカン、
なかなか出番なし。
2019年01月27日 13:01撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背負ったワカン、
なかなか出番なし。
3
神坂山の山頂までは
今回は行かずに・・・
2019年01月27日 13:05撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神坂山の山頂までは
今回は行かずに・・・
1
分岐より萬岳荘方面へと
下ります。
2019年01月27日 14:01撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐より萬岳荘方面へと
下ります。
萬岳荘、冬季の避難室を
ちょっとばかり見学。
薪使用料込で一泊千円。
2019年01月27日 14:16撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萬岳荘、冬季の避難室を
ちょっとばかり見学。
薪使用料込で一泊千円。
2
さて、
来た道を戻りましょう。
2019年01月27日 14:20撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、
来た道を戻りましょう。
やや、この足跡は誰の?
ネズミかな?
2019年01月27日 15:30撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや、この足跡は誰の?
ネズミかな?
駐車場に到着。
お疲れ様でした!
2019年01月27日 15:53撮影 by E-M10MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に到着。
お疲れ様でした!
1

感想/記録

今年初の雪山ハイクは行き慣れている富士見台高原へ。

当初ヘブンスそのはらスキー場からの山行を考えていたので
スキー場の駐車場まで行ったのだけど、なんとなく考えが変わり
急きょ予定変更、神坂神社の方へ。
(神坂神社までの車道は、雪が残っている日陰の部分を気をつけながら
 普通車+スタッドレスで上っていって問題なしでした(2019.1.27現在)。

身支度を済ませトレッキングスタート。空気はツンと澄んでます。

スタート時から積雪はあるものの、持っていったチェーンスパイクやワカンを
付ける程ではないので、ずっとツボ足のまま歩けました。
金曜日あたりに雪が降ったのでしょうか、そしてそのまま気温もそんなに上昇
しなかったんでしょうね、積もった雪はサラサラしていて、歩いていて
とても気分がいい雪道でした。 

萬岳荘でトイレ休憩(協力金100円)。そして富士見台高原を目指します。

稜線に出ると、雪をかぶった御嶽山や乗鞍岳、穂高方面の山々、
中央アルプスから南アルプスまで、最高の展望が待ってました。

山頂からもう少し先へ足を伸ばした所で、昼食休憩。
横川山方面の山々もよく見えます。霧氷はあまりなさそうなカンジ。
今回もまたメニューはフリーズドライのチゲスープ+コンビニおにぎりによる
チゲ雑炊。身体が温まります。
冷たい風が吹きあげる中、新調した厚手の銀マット(おしりに敷くやつ)と
アクシーズクインのアグラスカートが大活躍!
どちらも少し荷物にはなるけど、寒さも凌げてのんびり休憩できるのは
ありがたいですね。

昼食休憩のあとは神坂山方面へ。
とはいっても山頂までは行かず、萬岳荘へと下る道の近くでまたもや休憩。
レトルトパックのぜんざい+ペラペラ餅、ホットココアでほ〜っと一息。

萬岳荘からは来た道を下ります。今回は行きも帰りもブナコースを。
やはりこの日もあまり気温は上昇しなかったのか、最後まで登山道の雪が
腐ることもなく、ずっと気持ちのいい雪山ハイクを楽しむことができました。
ザックのショルダーに付けていたペットボトルのお茶はだんだんと中身が凍り
振るとシャカシャカいってました(笑)
訪問者数:204人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ