また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1716744 全員に公開 アイスクライミング八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳 広河原沢2ルンゼ

日程 2019年01月27日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間10分
休憩
2時間50分
合計
13時間0分
S二俣05:5506:00中央稜取付09:101・2ルンゼ氷柱11:2014:10南稜P416:00無名峰16:20青ナギ17:05中央稜取付17:10二俣17:5018:30南稜広河原取付18:55舟山十字路18:55舟山十字路G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

何の足跡?
2019年01月27日 06:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の足跡?
腰〜胸ラッセル
2019年01月27日 08:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腰〜胸ラッセル
2
ラッセルが辛くなってきたので微妙な岩場でもルートに取る
2019年01月27日 08:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセルが辛くなってきたので微妙な岩場でもルートに取る
1・2ルンゼろ3ルンゼの出合
2019年01月27日 08:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1・2ルンゼろ3ルンゼの出合
1
1・2ルンゼの氷柱。気温が低いせいか氷が固く、各駅停車状態で苦労して登る。
2019年01月27日 10:31撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1・2ルンゼの氷柱。気温が低いせいか氷が固く、各駅停車状態で苦労して登る。
3
正面壁ルンゼ
2019年01月27日 12:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面壁ルンゼ
1
岩壁に行き詰まったので右斜面を登りリッジに取り付く。私は試しに左斜面の草付きから登って左のリッジから登ったが、見た目以上の斜度とボロボロの岩で死ぬかと思った。右のリッジもIV級程の難易度で怖かったらしい。素直に正面を登るのが一番安全だったかも。
2019年01月27日 12:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁に行き詰まったので右斜面を登りリッジに取り付く。私は試しに左斜面の草付きから登って左のリッジから登ったが、見た目以上の斜度とボロボロの岩で死ぬかと思った。右のリッジもIV級程の難易度で怖かったらしい。素直に正面を登るのが一番安全だったかも。
1
正面壁が近づいてきた。風が強いし、ラッセルで疲労しているし、時間的に厳しいので南稜へトラバースして青ナギから二俣へ戻ることに。
2019年01月27日 13:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面壁が近づいてきた。風が強いし、ラッセルで疲労しているし、時間的に厳しいので南稜へトラバースして青ナギから二俣へ戻ることに。
南稜到着。P4の手前に到着した。
2019年01月27日 14:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南稜到着。P4の手前に到着した。
広河原沢奥壁
2019年01月27日 16:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原沢奥壁
1
訪問者数:210人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/3/28
投稿数: 68
2019/1/31 9:48
 お疲れさまでした!
wetcradleさん、はじめまして!
レコありがとうございます。もう広河原も雪が深くてラッセル大変そうですね。お疲れさまでした。2ルンゼや3ルンゼ、いつか行きたいのですが、今年はもう大変そうですね(^^;)
南稜を下降されているようですが、P3の下降はやはり懸垂下降ですよね?ルンゼを懸垂されましたかルンゼの懸垂だと50mロープでは短いような気がしますが、いかがでしょうか。差し当たって南稜下降の予定はありませんが、下降の必要となった際の為にお教え頂けないでしょうか。よろしくお願いします。
精力的に登られておられるようで、またレコ楽しみにしています。今後ともよろしくお願いします。(^^)
登録日: 2009/8/17
投稿数: 24
2019/2/1 0:36
 Re: お疲れさまでした!
kazuksp さん、コメントありがとうございます。

南稜の下降はP3ではルンゼを懸垂下降しました。40mx2回ぐらいでした。
1回目は立ち木で、2回目はリングボルト1本+スリング残置の支点でした。
雪や凍結の状態によっては普通に歩いて下っても良さそうです。

どちらかというと、P3の下降より、
青ナギから広河原沢への下降途中で雪崩が集中する箇所があり、
雪崩そうなコンディションでもあったのでドキドキしました。
登録日: 2016/3/28
投稿数: 68
2019/2/1 8:13
 Re[2]: お疲れさまでした!
コメントありがとうございました!
3ルンゼの懸垂は、2ピッチ目はリングボルトだったんですね。雪が多くて締まっていれば、確かに歩いて降りられるかもですね。
雪崩にはお気を付けください。僕も滝を越えてルンゼを登っているところで雪崩に巻き込まれたことがありますが、ロープを付けていて事なきを得ました。特にアイスは雪崩やすい所を登ることも多いので、注意か必要と思います。
情報大変ありがとうございました。(^^)
またレコ読ませて頂きますね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

出合 ルンゼ トラバース
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ