また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1749416 全員に公開 山滑走八ヶ岳・蓼科

蓼科山 BC 最高のディープパウダーただし地雷あり

日程 2019年03月08日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白樺高原国際スキー場の駐車場に車を駐めました。道路は朝は一部圧雪バーンでしたが、帰るときにはほぼ溶けていました。
白樺高原国際スキー場のゴンドラにスキーヤーとして乗る場合は片道600円です。
また白樺高原国際スキー場はスキーヤーオンリーのゲレンデですので、ボーダーはご注意を。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
24分
合計
5時間49分
Sスタート地点06:5207:30ゴンドラリフト頂上駅07:54蓼科山7合目登山口08:12馬返し09:24将軍平09:3109:33蓼科山荘10:21蓼科山頂ヒュッテ10:24蓼科山10:4110:45蓼科山頂ヒュッテ12:16馬返し12:20蓼科山7合目登山口12:29ゴンドラリフト頂上駅12:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

駐車場から眺めた蓼科山。今日は快晴を疑っていませんでした(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から眺めた蓼科山。今日は快晴を疑っていませんでした(^^;。
4
ゲレンデを登って行く途中で振り返ってぱちり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデを登って行く途中で振り返ってぱちり。
2
北アルプス方面は雪雲がかかっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス方面は雪雲がかかっています。
三峰山。真っ白です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山。真っ白です。
1
木々が皆真っ白。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々が皆真っ白。
11
すでにスキーのトレースが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すでにスキーのトレースが。
1
道路の積雪も40cmほど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路の積雪も40cmほど。
2
今週の積雪が30〜50cmほど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今週の積雪が30〜50cmほど。
1
登るに従って雪はだんだん深くなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るに従って雪はだんだん深くなります。
まだ岩が埋まりきっていませんね。この雪だと埋もれた地雷に要注意です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ岩が埋まりきっていませんね。この雪だと埋もれた地雷に要注意です。
少し雲がかかり始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し雲がかかり始めました。
オープンバーンを登るトレースと登山道を進むトレースに分かれましたので、登山道を登ることにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オープンバーンを登るトレースと登山道を進むトレースに分かれましたので、登山道を登ることにしました。
登山道をそのまま滑って下りることも出来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道をそのまま滑って下りることも出来ます。
将軍平。雪が増えました。平年並みかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将軍平。雪が増えました。平年並みかな。
2
ここからが急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが急登。
3
冬季直登ルート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季直登ルート。
2
滑る予定の北面側。雪は飛ばされていそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑る予定の北面側。雪は飛ばされていそう。
ストックがここまで刺さってしまいます。トレースが無いとつぼ足では多分腰ラッセル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ストックがここまで刺さってしまいます。トレースが無いとつぼ足では多分腰ラッセル。
山頂直下のオープンバーンに出たとたんガスが(^^;。樹林帯に近いあたりは柔らかい新雪。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下のオープンバーンに出たとたんガスが(^^;。樹林帯に近いあたりは柔らかい新雪。
ただ登り始めるとすぐに新雪が飛ばされて堅い斜面になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただ登り始めるとすぐに新雪が飛ばされて堅い斜面になりました。
スキーで10cmほど沈みますので、滑落の恐怖はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーで10cmほど沈みますので、滑落の恐怖はありません。
1
稜線は極寒&強めの風でモンスターだらけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は極寒&強めの風でモンスターだらけ。
6
山頂まであと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し。
蓼科山山頂。巨大エビのしっぽ。ここで登山道でなくオープンバーンを登ってきたpeperonyamaさんチームが追いついてきました。偶然同じ場所にBCに来ていました。やはり樹林帯が深雪で苦労したそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山山頂。巨大エビのしっぽ。ここで登山道でなくオープンバーンを登ってきたpeperonyamaさんチームが追いついてきました。偶然同じ場所にBCに来ていました。やはり樹林帯が深雪で苦労したそうです。
9
ガスが...。あまりにも寒く、長居は出来ませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが...。あまりにも寒く、長居は出来ませんでした。
ドロップポイントに向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドロップポイントに向かいます。
新雪が飛ばされていますが、かちかちではありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪が飛ばされていますが、かちかちではありません。
2
なんとかターンは出来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとかターンは出来ます。
3
疎林帯入口手前の最高の斜面。ここは新雪が吹き溜まっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎林帯入口手前の最高の斜面。ここは新雪が吹き溜まっていました。
疎林帯入口の標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎林帯入口の標識。
シュプールを見上げます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュプールを見上げます。
5
疎林帯は50cmほどのふかふかの新雪が吹き溜まっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎林帯は50cmほどのふかふかの新雪が吹き溜まっています。
抵抗感の無い雪です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抵抗感の無い雪です。
1
今日滑った中で一番ふかふかの雪でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日滑った中で一番ふかふかの雪でした。
3
オープンバーン上部に出ました。意外とでこぼこしているような(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オープンバーン上部に出ました。意外とでこぼこしているような(^^;。
斜面を眺める私。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を眺める私。
1
斜面上部は風で少しパック気味。2回ほど軽く地雷にヒット(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面上部は風で少しパック気味。2回ほど軽く地雷にヒット(^^;。
5
peperonyamaさんの滑り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
peperonyamaさんの滑り。
4
このラインは良さそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このラインは良さそう。
2
ここは気持ち良かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは気持ち良かったです。
6
隣の斜面の様子。はっきりと分かる地雷と、さりげなく埋まっている地雷があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣の斜面の様子。はっきりと分かる地雷と、さりげなく埋まっている地雷があります。
peperonyamaさんの滑り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
peperonyamaさんの滑り。
2
そろそろ岩が目立つようになりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ岩が目立つようになりました。
ここでpeperonyamaさんチームと別れ、私はもう少し下まで滑ってみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでpeperonyamaさんチームと別れ、私はもう少し下まで滑ってみます。
中間から下の斜面は風の影響が無くなり、急に雪が柔らかくなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間から下の斜面は風の影響が無くなり、急に雪が柔らかくなりました。
2
地雷もだいぶ減りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地雷もだいぶ減りました。
これぞディープパウダー!。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これぞディープパウダー!。
4
どこまでもディープパウダー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでもディープパウダー。
2
今回は今滑った斜面を登り返したトレースがありましたので、それを辿って帰ることにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は今滑った斜面を登り返したトレースがありましたので、それを辿って帰ることにします。
1
このトレースはpeperonyamaさんに感謝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このトレースはpeperonyamaさんに感謝です。
北面オープンバーンを振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面オープンバーンを振り返ります。
私を含め4人滑りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私を含め4人滑りました。
3
帰りは登山道の向こうにあるこの沢を滑ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは登山道の向こうにあるこの沢を滑ります。
雪が柔らかく、狭いながら滑りやすかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が柔らかく、狭いながら滑りやすかったです。
1
林間もディープパウダー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林間もディープパウダー。
登山道脇もディープパウダー。ただもう4人滑ったのでだいぶぎだぎだ(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇もディープパウダー。ただもう4人滑ったのでだいぶぎだぎだ(^^;。
ゲレンデまで一気に滑り降りて、北面を振り返ります。あの山頂からここまでスキーで滑り降りてきました(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデまで一気に滑り降りて、北面を振り返ります。あの山頂からここまでスキーで滑り降りてきました(^^)。
2
ゲレンデもまだノートラックが残っていました。柔らかい雪は20cmほど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデもまだノートラックが残っていました。柔らかい雪は20cmほど。

感想/記録

今週に入って2回南岸低気圧による降雪があり、蓼科山もおそらく50cmほどは雪が増えたのではと期待して1週間ぶりに出かけて来ました。
なお午後は仕事があり早く帰りたいため、ゴンドラ営業開始前に歩いて登りました。
雪は登山口で30cmほど。山頂近くでは50cm以上積もっていました。北面オープンバーンも岩がかなり埋もれましたが、ただ雪が柔らかすぎて埋もれている地雷にヒットすること度々(^^;。あともう1回降ればだいぶ良くなると思います。
でもやっと蓼科山でディープパウダーの滑りを楽しむことが出来ました。
訪問者数:801人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/18
投稿数: 65
2019/3/8 18:40
 はじめまして
はじめまして。kitayanです。
蓼科山にもこんないい斜面があるのですね?行って見たくなりました。今シーズンは無理かな。
登録日: 2013/4/10
投稿数: 453
2019/3/9 0:13
 Re: はじめまして
kitayanさん
はじめまして。

蓼科山のこの北側斜面、お勧めです。八ヶ岳・霧ヶ峰エリアでは一押しです。
ただし雪が多ければという条件付きですが(^^;。
また山頂からスタート地点のスキー場までスキーで降りれるのも良いです。
機会がありましたらぜひ!。
今シーズンは、今後の南岸低気圧でどれくらい降雪があるかによりますね(^^;。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ