また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1777405 全員に公開 山滑走氷ノ山

扇ノ山 ふる里の森コースでまたまたパウダー

日程 2019年03月31日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候断続的に雪
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.1〜2.2(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間41分
休憩
57分
合計
6時間38分
Sスタート地点09:1109:31八東ふるさとの森09:3210:46ふるさとの森登山口10:5712:51扇ノ山13:3115:21ふるさとの森登山口15:2515:42八東ふるさとの森15:4315:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年03月の天気図 [pdf]

写真

ふる里の森駐車場まで200m地点で除雪終了。少し戻った広い場所に駐車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふる里の森駐車場まで200m地点で除雪終了。少し戻った広い場所に駐車。
1
林道の押し出しデブリもこの程度なら。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の押し出しデブリもこの程度なら。。
登山口まで約1時間半。看板を見るに積雪70cm位。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで約1時間半。看板を見るに積雪70cm位。
1
熊注意の看板の人相(熊相?)が凶悪すぎ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊注意の看板の人相(熊相?)が凶悪すぎ。
4
夏道ぞいに沢の右岸台地に乗り上げ、夏道を絡めて尾根伝いに登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道ぞいに沢の右岸台地に乗り上げ、夏道を絡めて尾根伝いに登ります。
主稜線に乗り上げる所は枝尾根を使って失敗。たまらず板を脱ぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線に乗り上げる所は枝尾根を使って失敗。たまらず板を脱ぐ。
1
夏道沿いに沢状を鞍部に登る方がよかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道沿いに沢状を鞍部に登る方がよかったです。
2
激藪の急斜面。シートラであえぐ。ここでサングラス紛失(泣)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激藪の急斜面。シートラであえぐ。ここでサングラス紛失(泣)
主稜線。上はガスってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線。上はガスってました。
1
ガスの中からこんにちは。山頂着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中からこんにちは。山頂着。
1
お疲れさまです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れさまです。
3
超快適な小屋。時間がかかったので東斜面滑走は省略。大風呂敷を広げて昼食。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超快適な小屋。時間がかかったので東斜面滑走は省略。大風呂敷を広げて昼食。
3
山頂からの滑走。一番乗り、パウダー!3週連続ゲット。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの滑走。一番乗り、パウダー!3週連続ゲット。
2
N村さん!頂上直下は超快適。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
N村さん!頂上直下は超快適。
登り返しでN村さんTLT STのヒールパーツが突然割れる。こんなんアリ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しでN村さんTLT STのヒールパーツが突然割れる。こんなんアリ?
1
とりあえずバンドを持ち寄って仮固定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえずバンドを持ち寄って仮固定。
2
(帰宅後)ヒールパーツの上下は小さなプラスチックで留まってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(帰宅後)ヒールパーツの上下は小さなプラスチックで留まってます。
1
左の黒い部分が破断。これは設計上の問題?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の黒い部分が破断。これは設計上の問題?
1
その後も快適快適。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後も快適快適。
往路反省を活かし主稜線から夏道のある沢状より下ります。急斜面ですが快適ラン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路反省を活かし主稜線から夏道のある沢状より下ります。急斜面ですが快適ラン。
登山口帰還。ビンディング破損のN村さんも何とか卒なく滑れてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口帰還。ビンディング破損のN村さんも何とか卒なく滑れてました。
1
断続的に降雪があったため路面は真っ白、駐車地まで30分でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
断続的に降雪があったため路面は真っ白、駐車地まで30分でした。
1

感想/記録

 桜前線通過後の週末。寒のもどりで日本海側は荒れて雪の予報にワクワクしながら扇ノ山入り。当初予定していた上山高原から大人数でピクニックスキーは一旦中止、物好き有志をつのって3人でふる里の森コースで行ってきました。恥ずかしながらこのコース初めてです。

 細見川沿いに車を走らせふる里の森まであと数100mの所で除雪は終わってました。少し戻って路肩が広くなったところに駐車。断続的な降雪の中、準備して歩き出す。雪切れが多いのでスキーは最初からかつぎます。
 夏道登山口まで林道は小雪の今年、雪切れしまくりでデブリの押し出しによるトラバースもかわいいものでした。
 登山口まで準備も入れて1時間半。熊の注意喚起看板が恐すぎ!看板のすぐ右横、右岸沿いに左手の台地へ乗り上げます。
 
 そこからしばらくは尾根伝い。正解。そして主稜線に乗り上げるところも尾根を辿ろうとして失敗。上りやすいところで高度を上げトラバース気味に戻りながら枝尾根に乗ろうとしたが沢に阻まれ、枝尾根の枝尾根をシートラでモンキークライム気味によじ登る。しんどい〜。さらにサングラス紛失。

 主稜線はガスの中。一部痩せている区間もありますが概ね快適。アップダウンは2回位。幻想的で美しいが途中休憩もせず登ってきたので腹が減って力が入らない。でも快適な小屋はすぐそこなので頑張る。
 12:50山頂小屋到着。時間が遅いので東斜面滑走はパス。往路を戻ることにして、ゆっくり昼食をとることに。昼食後、滑走準備していると一人上山高原からの単独スキーヤーが登ってきて少し驚く。こんな日に、しかも長い上山高原から。。。聞くとやはり旧草原界あたりから歩きだったとのこと。お疲れ様でした。

 山頂直下の滑走は最高!!昨夜から雪だったと見えまたしてもパウダーゲットできました。20cm下は前日の雨が凍ってカチカチ。雪が乗ってなかったら登りも下りも相当厳しかったはずですが、読み通り。
 しかし、登り返し部でトラブル発生。N村さんのTLTビンディング、STのヒールパーツが突然割れる。聞いてはいたが噂は本当でした。山の中でそれはない!3人でバンドを持ち寄り仮固定して対応。何とか卒なく滑れていました。
 主稜線を外れる箇所は間違い尾根に下りやすいので注意。往路反省を活かし夏道沿いに急斜面沢状を滑ります。こちらは快適。登りもこっちだったか。

 以上、色々あって16時近い下山となりました。結構ハードでしたが雪もよくて滑りはかなり楽しめたし、新ルートも開拓出来たし、得られるものは多かったてす。

(反省点)
 ・昼食時に気づいたがビーコンスイッチ入れ忘れていた!やらかしました。
 ・古い道具は事前に交換する。今シーズン、クラブ内でビンディング破損2件、ブーツソールはがれ1件、シール損傷1件。(他まだあるかも)道具あっての山行。即遭難になる可能性もあるので高価ですが定期的に買い換えましょう。
(その他)
 ・山頂で会った人、犬を見ませんでしたかとのこと。出会えたのでしょうか?心配で気になりすぎです。もし、この記録を目にすることがあればコメント入れて安心させてください。
訪問者数:348人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ