また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1779950 全員に公開 山滑走八ヶ岳・蓼科

天狗岳 BC 厳冬期並みの極寒&強風、でもパウダー満喫

日程 2019年04月04日(木) [日帰り]
メンバー
天候まあまあの晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
渋ノ湯の駐車場に車を駐めました。渋ノ湯手前の道路は部分的に圧雪バーンです。
駐車場は先に受付してから指定場所に車を駐めます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口から積雪があります。私は黒百合ヒュッテでアイゼンを付けましたが、不安な方は最初から装着しても良いでしょう。稜線はアイゼン、ピッケルは必須です。

写真

登山口から雪はしっかりあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から雪はしっかりあります。
1
最近の降雪で雪はたっぷりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近の降雪で雪はたっぷりです。
4
唐沢鉱泉分岐から上部は登山道の左側に滑りやすそうな疎林が続いていました。帰りはこちらを滑り降りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉分岐から上部は登山道の左側に滑りやすそうな疎林が続いていました。帰りはこちらを滑り降りました。
1
登山道の右側の斜面も積雪が増えたせいか滑れそうに見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の右側の斜面も積雪が増えたせいか滑れそうに見えます。
1
黒百合ヒュッテに到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテに到着。
あとでこの斜面を滑り降りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとでこの斜面を滑り降りました。
2
黒百合ヒュッテ。ここでアイゼンを装着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ。ここでアイゼンを装着しました。
1
正面に東天狗岳。この辺りから風が強くなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に東天狗岳。この辺りから風が強くなってきました。
1
両天狗岳。少し雲が出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両天狗岳。少し雲が出てきました。
1
雪壁をよじ登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪壁をよじ登ります。
1
トレースを付けてくれた方に感謝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースを付けてくれた方に感謝です。
2
ここから斜面はがりがり。厳冬期並みの強風が吹き付けていて極寒です。今日こんなに寒いとは予想もしませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから斜面はがりがり。厳冬期並みの強風が吹き付けていて極寒です。今日こんなに寒いとは予想もしませんでした。
2
振り返ると北八。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると北八。
2
西天狗岳。今回は山頂から東斜面を滑り、そのまま写真右下までオープンバーンを滑り降りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳。今回は山頂から東斜面を滑り、そのまま写真右下までオープンバーンを滑り降りました。
1
西天狗岳東斜面。雪の状態が気になります。でも風の影響はあまりないかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳東斜面。雪の状態が気になります。でも風の影響はあまりないかな。
1
天狗の鼻。ここも烈風で指の先が凍えて痛くてたまりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の鼻。ここも烈風で指の先が凍えて痛くてたまりません。
1
毎回気になるこの斜面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎回気になるこの斜面。
慎重にトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重にトラバース。
山頂まであと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し。
3
南八方面には少し雲がかかりはじめています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八方面には少し雲がかかりはじめています。
3
南アルプス方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス方面。
甲斐駒、仙丈ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒、仙丈ヶ岳。
1
西天狗岳をズーム。風の影響はあまり無さそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳をズーム。風の影響はあまり無さそうです。
1
金峰山も真っ白。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山も真っ白。
すぐに西天狗岳に向かいます。コルに着くと風は急に弱くなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに西天狗岳に向かいます。コルに着くと風は急に弱くなりました。
1
東天狗岳を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳を振り返ります。
2
コルから北側を眺めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルから北側を眺めます。
西天狗岳に続くトレース。ステップがあるので、このままつぼ足で登ってみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳に続くトレース。ステップがあるので、このままつぼ足で登ってみます。
1
西天狗岳東斜面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳東斜面。
西天狗岳東斜面下部。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳東斜面下部。
すぐに準備をして東斜面を滑り始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに準備をして東斜面を滑り始めます。
柔らかいパウダーです(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柔らかいパウダーです(^^)。
1
滑りやすい雪です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすい雪です。
1
滑り降りて斜面を振り返ります。最高でした(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り降りて斜面を振り返ります。最高でした(^^)。
2
続いてこちらへ進路を変更します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いてこちらへ進路を変更します。
東天狗岳を見上げます。雪が多いとこちらの斜面も滑れるのですが、今年は3回とも滑れませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳を見上げます。雪が多いとこちらの斜面も滑れるのですが、今年は3回とも滑れませんでした。
1
ボール状地形にドロップイン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボール状地形にドロップイン。
1
オープンバーンもまだ藪は目立たず問題ありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オープンバーンもまだ藪は目立たず問題ありません。
柔らかいパウダーが吹き溜まっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柔らかいパウダーが吹き溜まっていました。
3
どこまでもパウダー(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでもパウダー(^^)。
2
藪が目立つようになったところから天狗の奥庭方面にトラバースしながら滑って行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪が目立つようになったところから天狗の奥庭方面にトラバースしながら滑って行きます。
ここに出ました。もう少しトラバースしてからシールを装着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに出ました。もう少しトラバースしてからシールを装着しました。
天狗の奥庭の登山道に合流。西側は岩がだいぶ出ていますが、東側はまだ雪がたっぷり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭の登山道に合流。西側は岩がだいぶ出ていますが、東側はまだ雪がたっぷり。
西天狗岳を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳を振り返ります。
稜線はアップダウンが多いので、ここで下に滑り降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線はアップダウンが多いので、ここで下に滑り降ります。
新雪が吹き溜まっていました(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪が吹き溜まっていました(^^)。
1
天狗岳を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳を振り返ります。
コル。私のシュプールも見えています(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コル。私のシュプールも見えています(^^)。
1
霧氷。今日は稜線は極寒ですから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷。今日は稜線は極寒ですから。
3
黒百合ヒュッテ前の斜面を滑り降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ前の斜面を滑り降ります。
ここも良いパウダーが吹き溜まっていました(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも良いパウダーが吹き溜まっていました(^^)。
5
黒百合ヒュッテからの下りですが、登山道の周辺の滑りやすいところを滑って行きます。過去に天狗岳に来たときは毎回黒百合ヒュッテから板をザックに付けていましたので、黒百合ヒュッテから下を滑るのは今回が初めてです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテからの下りですが、登山道の周辺の滑りやすいところを滑って行きます。過去に天狗岳に来たときは毎回黒百合ヒュッテから板をザックに付けていましたので、黒百合ヒュッテから下を滑るのは今回が初めてです。
パウダーなら気持ち良いのでしょうが、湿雪&ストップスノー気味でしたので、ただただ真っ直ぐ滑り降りていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パウダーなら気持ち良いのでしょうが、湿雪&ストップスノー気味でしたので、ただただ真っ直ぐ滑り降りていきます。
1
唐沢鉱泉分岐まで登山道周辺を滑り降りることが出来ました。その先は登りになりますので、いつも通り板をザックに付けました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉分岐まで登山道周辺を滑り降りることが出来ました。その先は登りになりますので、いつも通り板をザックに付けました。
3

感想/記録

明日以降寒波が緩み春らしい陽気になりそうですので、先日降った新雪をパウダーで滑るなら今日しか無いかなと思い、今シーズン3回目となる天狗岳にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけて来ました。
最近の降雪で厳冬期並みに積雪量は多かった様に感じます。東天狗岳の稜線は新雪は吹き飛ばされてがりがりでしたが、西天狗岳東斜面は柔らかい雪が吹き溜まっていて、パウダー滑降を楽しむことが出来ました。
コルから北側の斜面も同様でした。
ところで今回初めて黒百合ヒュッテからの下りをつぼ足で無くスキーで登山道周辺を滑り降りましたが、積雪が多かったせいか普通に滑ることが出来ました。(唐沢鉱泉分岐まで)
訪問者数:609人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ