また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1780041 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

平成最後のドパウ!大崩山北東尾根!

日程 2019年04月04日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候雪のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間43分
休憩
27分
合計
7時間10分
S平湯野営場05:4810:53大崩山11:1612:46平湯野営場12:5012:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登り上げる尾根が複雑で苦戦しました。台地から上は疎林で最高の斜面
その他周辺情報平湯の森 500円/一人

写真

スタートです。沢を詰める
2019年04月04日 06:04撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートです。沢を詰める
1500mの台地
2019年04月04日 06:24撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1500mの台地
お!晴れた!
2019年04月04日 07:28撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お!晴れた!
景色がいいですね〜パックしなければよいのだけれど・・
2019年04月04日 07:29撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色がいいですね〜パックしなければよいのだけれど・・
2000m地点の台地
2019年04月04日 08:53撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2000m地点の台地
北西尾根に接続する最後の登り。疎林で素晴らしい
2019年04月04日 09:42撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西尾根に接続する最後の登り。疎林で素晴らしい
うひょおお、ここを滑ると考えるだけで・・・
2019年04月04日 10:05撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うひょおお、ここを滑ると考えるだけで・・・
で、山頂到着!
2019年04月04日 10:55撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、山頂到着!
さて、準備できたので降ります!
上部500mは最高のパウダーを堪能できました!
下部はデロデロ・・・
2019年04月04日 10:55撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、準備できたので降ります!
上部500mは最高のパウダーを堪能できました!
下部はデロデロ・・・
で、あっという間に下山!お疲れさまでした!
2019年04月04日 12:54撮影 by SH-03K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、あっという間に下山!お疲れさまでした!

感想/記録

日曜日にいっしーから『木曜、どうする?』との連絡が。
火曜から水曜で厳冬期並みの最強カンパが入り、かなりの雪が降る様子。
ちょっと悩みましたが、有給を申請し、本当に平成最後のドパウを堪能することに。

前日から車を走らせ、平湯で車中泊、翌日5時起床、6時発。
水曜日に某金沢のお医者さんたちのチームが四ツ岳に行っていたようでトレースはバッチリでした。(ありがたく途中まで使わせていただきました。)

沢を詰めて平湯大滝の落口の台地まで。
トレースが使えたのでだいぶ楽できました。
そこから先はトレースがないので、自分たちでラッセル。前日まで降っていた新雪はまだまだ死んでいない様子。
Co1906に直接伸びる尾根に乗ろうとしましたが、細すぎてスキー向きではない様子。正解ルートは1906の北東と東に延びる間の沢筋あたりから登れそうな斜面を登るのが良いようです。

Co1906から先は台地まで尾根上や際の斜面のトラバーズ。
北斜面のほうが比較的歩きやすい印象でした。
2000mあたりからの台地から上は疎林で登りやすく、滑りも最高といった印象。
交代でラッセルしながら山頂に詰めました。

途中で北東尾根と北西尾根が合流し、北西尾根に乗って少し進むと大崩山山頂です。
山頂につくも、ガスで視界不良。四ツ岳、猫岳は見えず。残念。

シールをはがして滑走。
北東尾根に滑り込むと、最高の雪質!底付きなし!かるパウ!あれ?今もう4月ですよね!?四月って厳冬期だっけ?という錯覚を起こしそうなくらい最高なパウダーでした!
2000m付近まですべると、あとは消化試合。
トラバースを終わって平湯大滝付近の台地はデロデロのスラフ地獄。
ここはお互いコミュニケーションをとって、一人づつかわして処理しました。

あとは来た道を戻って下山。

まさか4月にここまでの軽いパウを堪能できると思ってはいませんでした!
大崩山北東尾根は行ってみたいルートの一つでもあり、そこでここまでの雪があてられたのはほんと最高の一言に尽きますね!
最高の1日になったのと、平成最後のパウダーを堪能出来て大満足の1日でした!
訪問者数:265人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 車中泊 トラバース
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ