また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1781678 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

榛名山【鬢櫛山 掃部ヶ岳 居鞍岳】

日程 2019年04月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
居鞍岳登山口付近の林道入口脇に駐める
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間20分
休憩
59分
合計
4時間19分
Sスタート地点08:4209:21烏帽子岩09:3910:23鬢櫛山10:3410:47沼峠10:4810:57硯岩11:0211:34榛名山11:5812:35居鞍岳12:3513:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
烏帽子岩〜鬢櫛山〜硯岩〜掃部ヶ岳〜居鞍岳
居鞍岳登山口を起点に時計回り周回。

スタートから鬢櫛山までは一般的な登山道ではありません。バリエーションルートですが、登りの場合は難易度は低いのかなと思います。
烏帽子岩は危険です。ミスると何十メートルも滑落するような高度感があります。

掃部ヶ岳〜居鞍岳は踏み跡ありましたが、少し分かりづらかったかなと思います。尾根道一本道なので難易度はそこまで高くないのかなと思います。
いずれも、ひと気の無いコースです。

写真

この石宮の辺りに駐車し、奥のゲートからスタート。
2019年04月06日 08:42撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この石宮の辺りに駐車し、奥のゲートからスタート。
1
林道ですが廃道になっています。
この辺りはまだ歩いていて楽しいです。
2019年04月06日 08:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ですが廃道になっています。
この辺りはまだ歩いていて楽しいです。
ヤマレコ足跡があるところでしたが、涸れ沢でした。
ここ降りるの!?って感じです。
2019年04月06日 08:50撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコ足跡があるところでしたが、涸れ沢でした。
ここ降りるの!?って感じです。
降りると一旦車道にでます。
2019年04月06日 08:55撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りると一旦車道にでます。
片側が無い橋を渡ります。
この辺りにはトイレもありました。
2019年04月06日 08:56撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片側が無い橋を渡ります。
この辺りにはトイレもありました。
榛名自然観察教育林 小鳥がさえずる森
穏やかな雰囲気の森です。
2019年04月06日 08:57撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛名自然観察教育林 小鳥がさえずる森
穏やかな雰囲気の森です。
巨石2
尾根を進むのが一般的のようですが、谷にも踏み跡があったのでそれを進むことにしました。
2019年04月06日 09:06撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨石2
尾根を進むのが一般的のようですが、谷にも踏み跡があったのでそれを進むことにしました。
巨石3
谷には巨石がゴロゴロしています。
2019年04月06日 09:09撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨石3
谷には巨石がゴロゴロしています。
1
烏帽子岩の北端
結局、尾根に乗り上げ烏帽子岩の北端部に移動しました。西側を巻きながら烏帽子岩に取り着くところを探します。
2019年04月06日 09:17撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩の北端
結局、尾根に乗り上げ烏帽子岩の北端部に移動しました。西側を巻きながら烏帽子岩に取り着くところを探します。
烏帽子岩基部の祠
藪の急斜面を登り、この辺りから岩に乗り上げる場所を探しました。祠に向かって右手の方から登るのが正しそうでした。
2019年04月06日 09:25撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩基部の祠
藪の急斜面を登り、この辺りから岩に乗り上げる場所を探しました。祠に向かって右手の方から登るのが正しそうでした。
1
烏帽子岩一段目の祠
ここまでも岩壁を登ります。いくつか小低木があるのと岩のホールドがあるので三点確保で登れます。
2019年04月06日 09:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩一段目の祠
ここまでも岩壁を登ります。いくつか小低木があるのと岩のホールドがあるので三点確保で登れます。
1
二段目にも祠が見えましたが、1.5辺りで断念しました。両側は切れ落ちていてミスしたら詰みです。風もあり恐怖感を抑えることができませんでした。
2019年04月06日 09:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二段目にも祠が見えましたが、1.5辺りで断念しました。両側は切れ落ちていてミスしたら詰みです。風もあり恐怖感を抑えることができませんでした。
1
1.5段目から手を伸ばしてシャッターを切る。
この丸い岩が曲者で登ることはできたとしても、確実に降りれる自信が無いです。
2019年04月06日 09:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1.5段目から手を伸ばしてシャッターを切る。
この丸い岩が曲者で登ることはできたとしても、確実に降りれる自信が無いです。
2
烏帽子岩一段目の展望1
赤城山
2019年04月06日 09:36撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩一段目の展望1
赤城山
5
烏帽子岩一段目の展望2
掃部ヶ岳 居鞍岳
2019年04月06日 09:36撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩一段目の展望2
掃部ヶ岳 居鞍岳
4
烏帽子岩をあとして進むと、崩れた祠がありました。
2019年04月06日 09:41撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩をあとして進むと、崩れた祠がありました。
1
尾根上の一本松
尾根上は灌木帯ですが、この松が頭二つくらい飛び出していました。
居鞍岳の尾根からもこの松を確認できました。
2019年04月06日 09:57撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上の一本松
尾根上は灌木帯ですが、この松が頭二つくらい飛び出していました。
居鞍岳の尾根からもこの松を確認できました。
1
・1236を過ぎた辺りから榛名山名物?のクマザサが現れます。
2019年04月06日 10:03撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・1236を過ぎた辺りから榛名山名物?のクマザサが現れます。
鬢櫛山 山頂
2019年04月06日 10:23撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬢櫛山 山頂
鬢櫛山展望
樹林の隙間から榛名富士や相馬山が見えました。
2019年04月06日 10:24撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬢櫛山展望
樹林の隙間から榛名富士や相馬山が見えました。
1
湖畔と県道28号への分岐
前回はここで間違えたので慎重に進みました。
2019年04月06日 10:42撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖畔と県道28号への分岐
前回はここで間違えたので慎重に進みました。
コハソへ
硯岩や掃部ヶ岳はここを右ですね。
ここは間違えやすいようですね。
2019年04月06日 10:42撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コハソへ
硯岩や掃部ヶ岳はここを右ですね。
ここは間違えやすいようですね。
すると、こういうところから県道28号に出ます。
非常に分かりづらいです。
2019年04月06日 10:45撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると、こういうところから県道28号に出ます。
非常に分かりづらいです。
少し車道を歩くと
2019年04月06日 10:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し車道を歩くと
ここも分岐です。
前回はここを真っ直ぐ行ったので、今日は左に行ってみました。
2019年04月06日 10:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも分岐です。
前回はここを真っ直ぐ行ったので、今日は左に行ってみました。
すぐ右手の斜面の上に祠がありました。
2019年04月06日 10:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ右手の斜面の上に祠がありました。
沼峠十二の石宮
ふむふむ、ここは沼峠というのですね…メモメモ。
ヤマレコ地点登録しておきました。
2019年04月06日 10:48撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼峠十二の石宮
ふむふむ、ここは沼峠というのですね…メモメモ。
ヤマレコ地点登録しておきました。
1
硯岩へは直登ルートを進んでみました。
急登でしたが難易度は高くありません。途中から踏み跡もありました。
2019年04月06日 10:56撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硯岩へは直登ルートを進んでみました。
急登でしたが難易度は高くありません。途中から踏み跡もありました。
硯岩の崖
2019年04月06日 11:00撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硯岩の崖
2
硯岩展望
榛名湖と榛名富士
最高の青空でしたが、少々風がありました。
2019年04月06日 11:01撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硯岩展望
榛名湖と榛名富士
最高の青空でしたが、少々風がありました。
7
掃部ヶ岳、湖畔分岐
2019年04月06日 11:03撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掃部ヶ岳、湖畔分岐
掃部ヶ岳名物?ハードルの洗礼を受けます。
2019年04月06日 11:08撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掃部ヶ岳名物?ハードルの洗礼を受けます。
湖畔分岐
ここも分かりづらいですね。
2019年04月06日 11:20撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖畔分岐
ここも分かりづらいですね。
掃部ヶ岳手前の展望
榛名富士 天目山など
2019年04月06日 11:34撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掃部ヶ岳手前の展望
榛名富士 天目山など
2
掃部ヶ岳山頂
2019年04月06日 11:36撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掃部ヶ岳山頂
2
掃部ヶ岳山頂展望1
浅間山
2019年04月06日 11:36撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掃部ヶ岳山頂展望1
浅間山
2
掃部ヶ岳山頂展望2
杏ヶ岳方面
2019年04月06日 11:37撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掃部ヶ岳山頂展望2
杏ヶ岳方面
2
掃部ヶ岳山頂展望3
榛名神社 鏡台山 天狗山など
2019年04月06日 11:37撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掃部ヶ岳山頂展望3
榛名神社 鏡台山 天狗山など
1
掃部ヶ岳山名板と三角点
榛名山最高点ですが、今回はここは通過点です。
2019年04月06日 11:37撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掃部ヶ岳山名板と三角点
榛名山最高点ですが、今回はここは通過点です。
1
本日の目的地、居鞍岳へ
尾根上を一直線なので道迷いは無いかと思いますが、一応迷いやすそうな箇所は道標があります。
踏み跡は明瞭ですが、落ち葉の下が凍土?になっていて3回程滑って尻餅をつきました。
2019年04月06日 12:07撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の目的地、居鞍岳へ
尾根上を一直線なので道迷いは無いかと思いますが、一応迷いやすそうな箇所は道標があります。
踏み跡は明瞭ですが、落ち葉の下が凍土?になっていて3回程滑って尻餅をつきました。
いくつかの小ピークを過ぎると、居鞍岳が見えてきました。居鞍岳への登り返しが最後の試練です。
2019年04月06日 12:21撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかの小ピークを過ぎると、居鞍岳が見えてきました。居鞍岳への登り返しが最後の試練です。
巨石が現れると山頂が近いです。
2019年04月06日 12:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨石が現れると山頂が近いです。
居鞍岳山頂
三角点と山名板がありました。
2019年04月06日 12:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
居鞍岳山頂
三角点と山名板がありました。
居鞍岳山名板
2019年04月06日 12:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
居鞍岳山名板
1
居鞍岳山頂の祠
山頂から少し離れた所にありました。
ここは分岐になっているので、背中合わせなのかなと考察してみました。
2019年04月06日 12:37撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
居鞍岳山頂の祠
山頂から少し離れた所にありました。
ここは分岐になっているので、背中合わせなのかなと考察してみました。
1
尾根コースを下りました。
反対側の尾根には烏帽子岩が見え、二段の岩の上に立石があるのが見えました。
2019年04月06日 12:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根コースを下りました。
反対側の尾根には烏帽子岩が見え、二段の岩の上に立石があるのが見えました。
居鞍岳登山口付近の分岐
2019年04月06日 12:58撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
居鞍岳登山口付近の分岐
居鞍岳登山口への木段
2019年04月06日 12:58撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
居鞍岳登山口への木段
居鞍岳登山口
2019年04月06日 12:59撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
居鞍岳登山口
無事に戻ってきました。
ここからも烏帽子岩が見えました…あーあ、登りたかったなぁ…(涙
榛名山【古賀良山】レコへつづく…
2019年04月06日 13:01撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に戻ってきました。
ここからも烏帽子岩が見えました…あーあ、登りたかったなぁ…(涙
榛名山【古賀良山】レコへつづく…

感想/記録

少し前から気になっていた居鞍岳ですが、せっかくなら烏帽子岩との周回にしようと計画し、ようやく実行することができました。

烏帽子岩は残念ながら登ることができませんでしたが、問題点がわかったので対策を考えて再度チャレンジしてみたいと思います。

今回の両尾根ルートは北斜面ですから、一部雪が残ったり凍結箇所が若干ありましたが、藪の少ないこの時期がベストだったかなと思います。
動物のフンが多少あり、熊が出そうな雰囲気?でしたが、楽しく歩くことができました。

最近楽しみにしている榛名山探検ですが、まだまだ未踏のピークが沢山あるので、しばらく楽しめそうです。
時間と体力に余裕があったので、このあと古賀良山に向かいました。
訪問者数:149人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ