また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1781854 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

休暇村那須〜牛の頭〜茶臼岳〜休暇村那須

日程 2019年04月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
雪無し
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間51分
休憩
53分
合計
5時間44分
Sスタート地点08:5909:32湯本・弁天温泉・牛ヶ首分岐09:3311:20牛ヶ首11:2711:31高雄口11:50牛ヶ首山頂分岐11:5212:11山頂口12:1712:23那須岳12:2912:36山頂口12:3912:40お釜口12:4313:04硫黄鉱山跡13:09峰の茶屋跡避難小屋13:2513:41中の茶屋跡13:53登山指導所・登山ポスト13:5514:00峠の茶屋駐車場14:14那須ロープウェイ山麓駅14:1614:29大丸駐車場14:3414:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
休暇村から休暇村分岐の道の、初めの入り方が良く割らなかった。スキー場のコースから、木の目印で入ったが、最初は藪漕ぎ、しばらくすると整備された登山道に入れた。初めから登山道に入る道があるかもしれない。
牛の頭の2km手前くらいから、積雪有り。飯森温泉跡の手前で、尾根の左斜面が登山道になるが、積雪のため見落とす可能性がある。目印は柵。
斜面の道は1か所崩れて滑りやすいトラバースになっている個所有り。但し、積雪は無かった。
飯森温泉跡から先は、牛ヶ首手前まで深い積雪。それなりに固いので、ストックでつつきながら歩けば、腰まで踏み抜くことはない。ただ、登山道がわからないため、歩けるところをGPS地図を参考に進んでいくことになる。ここはスノーシューがあると歩きやすそう。
牛ヶ首は、風の通り道になるので、とても風が強い。風の強い日は尾根に出る手前で休憩するとよい。
牛ヶ首から山頂駅方面は、多少風が弱まるが、たまに突風が来る。また、深くないが雪の斜面のトラバース有り。
山頂駅から那須岳までは、深くないが積雪が残る場所があるので注意。
那須岳から峰の茶屋避難小屋までの間に、深くないが急坂の雪の斜面がある。登山道を外れて避ける方が、寧ろ安全だった。
この急坂を超えてから峰の茶屋避難小屋までの道は、風の通り道なので風が強い。また、深くないが積雪もある。
峰の茶屋避難小屋から峠の茶屋までは、2/3くらいは足首が埋まるくらいの雪。峠の茶屋直前は50mくらい急坂だが、尻セードが楽しい。

登りはストックのみでなんとななるが、下りはチェーンスパイクを装着した。

装備

個人装備 防寒着 ザック スマートフォン(GPSと地図 カメラ兼用) 水筒(お湯入り) 登山靴 19本爪チェーンスパイク ストック カメラ 使い捨てカイロ 飲料 コンパス 気圧高度計 手袋 食料

写真

牛ヶ首から茶臼岳
2019年04月06日 11:21撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛ヶ首から茶臼岳
1

感想/記録

牛ヶ首までは、予想以上に積雪が深く、時間がかかった。
南月山に行こうとしたが、強風のため牛ヶ首からの尾根を歩けなかったため、茶臼岳方面に退避。強風のため飛ばされかけるし、小石が飛んできて痛かった。
また雪の無い季節に来たい。
訪問者数:517人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ