また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1794963 全員に公開 ハイキング 中国山地東部

岡山県津山市 広戸仙半日コース 桜&アセビ&ヤマシャクヤクつぼみ

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年04月15日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ(山頂周辺は小雨)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
広戸仙(ひろどせん)麓のウッドパーク声ヶ乢(こえがたわ)に、登山口や峠の茶屋前など何ヶ所か駐車場があり、合計約50台停められます。今回は東屋のすぐ下(南)の桜まつり会場ののぼりのある場所を利用しました。土日はまつりが行われるので、東屋より北の駐車場を利用したほうがいいかもしれません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
28分
合計
4時間27分
S東屋南桜まつり会場スペース09:0909:20峠の茶屋09:25峠の茶屋東の東屋南桜スポット09:3509:55愛宕神社&愛宕の滝09:5810:10ランチャー台10:1110:23広戸仙金山林道登山口10:54兜神社跡10:58甲山頂上11:25矢櫃城跡11:52第3展望所11:5512:02広戸仙頂上12:0712:14第3展望所(2回目)12:1512:21岩場展望所12:2212:42第2展望所分岐12:44水場分岐12:45水場12:50ヤマシャクヤク群生地12:5412:59水場(2回目)13:00水場分岐(2回目)13:06第1展望所13:30広戸仙声ヶ乢登山口13:36東屋南桜まつり会場スペースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
桜やアセビなどの旬の花などを観賞するコース
歩行距離10km、歩行時間4時間、歩行数18,600歩、消費カロリー2,210Kcal
コース状況/
危険箇所等
 広戸仙(ひろどせん)麓のウッドパーク声ヶ乢(こえがたわ)のソメイヨシノは8分咲きくらいで、まだつぼみだけの木が全体の5分の1ほどありました。登山道のヤマザクラなどはつぼみから3分咲きくらいです。
 登山道のアセビは広戸仙頂上<写真33>は咲き始め、それ以外は満開です。
 水場の東のヤマシャクヤク<写真40>は直径1.5cm程のつぼみが3つくらい確認できました。今年は株数が少なそうです。ふるさとコースは行っていないのでわかりません。 

 今回のルート上に一部、去年の豪雨の影響が残っていますが、水場より東の踏み跡以外は少し気を付ければ問題ありません。登山道は声ヶ乢(こえがたわ)登山口から時計回りが通常ルートです。今回のように逆回りすると、東側は金山谷林道登山口(タチツボスミレ<写真21>撮影地点のすぐ東)から甲山までは少し道がわかりにくい所があります。しかし、雨天や今回のような雨上がりは、トレランコースにもなってよく整備されている西側ルートを下ったほうが安全です。
 
 コースの東側は、去年の豪雨の影響が多少残っています。
 まず、金山谷林道登山口(タチツボスミレ<写真21>撮影地点のすぐ東)の東隣に土砂が積もって道がふさがり重機があります。声ヶ乢(こえがたわ)登山口からここまでのアスファルトの金山谷林道は、今回歩いた区間は、小さな落石が多少あるだけで人間は問題なく通行できます。斜面や愛宕神社<写真16>参道は、砂利で補修してある箇所がありました。
 登山口から小石がゴロゴロしているのは2m程で終わります。
 標高630m地点に石が大量に流れ下った跡を東に横切る所があります。上りだと少しわかりにくいのですが、ピンクテープを探しながら歩けば大丈夫です。ここからもう少し登ればオレンジ色のテープが適宜あり、歩きやすくなります。
 甲山北北西の小さな岩場(矢櫃城跡&爪ヶ城<写真25>撮影地点)周辺も少し崩れたらしく、一部に砂利があります。これらを踏まないように気を付けて下れば、岩自体は滑りにくいので問題ありません。
 標高1030m辺りから第3展望所<写真30〜32>までは、元々、濡れていると少し滑りやすい黒土で一部、小石や落ち葉があります。

 コースの西側は、去年の豪雨の影響が見られるのは水場より東の踏み跡だけです。これ以外はよく整備され、一部は濡れていると少し滑りやすい黒土ですが、少し気を付ければ雨天などでも大丈夫です。標高910mの鎖場も鎖を使わなくても下れます。
 水場までは問題ありませんが、すぐ南東の谷に大量の倒木が重なっているのが見えます。水場からはピンクテープと幅20cm程の踏み跡が東に延びています。水場東の標高830m辺りで大量の土砂が流れた跡が踏み跡を縦断していました。距離は2m程ですが、雨上がりで崩れやすい斜面なので、注意しながら踏み跡に復帰しました。復路は南に下りすぎましたが、ピンクテープが見えたのでよじ登ってすぐに合流できました。
 踏み跡終点のヤマシャクヤク群生地<写真40>の谷は、元々、小石がゴロゴロしているので、見た目には豪雨の影響はあまりなさそうでした。しかし、周辺を見渡した限りでは明らかに去年よりも株数が減っているようでした。踏み跡も一部、崩れやすい所があるので、今年は立ち入らずそっとしておいたほうがいいかもしれません。
その他周辺情報 約1,200本の桜が楽しめる声ヶ乢(こえがたわ)桜まつりは4月21日(日)までです。土日は弁当や特産品の販売があります。ライトアップは散るまでの日没から21時半までです。
 4月15日現在、開花中のソメイヨシノは8分咲きくらい、まだつぼみだけの木が全体の5分の1ほどありました。ただし、気温が急激に上昇するため、ソメイヨシノは21日には散り始めているでしょう。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下(厚手) 防寒具 手袋(防水加工) 軍手 雨具 日よけ帽子とフード 雨用帽子 登山靴(防水加工) 靴ひも予備 サブザック ザックカバー 地形図 コンパス マップケース 筆記用具 携帯 時計(防水) タオル カメラ 飲料水(スポドリ&茶) 水筒(保温) 非常食(栄養補助食品) スマホ(山使用可能) eTrex30(GPSナビゲーター)

写真

01塩出池つつみの広場ツグミ
池のほとりの桜が満開だったので立ち寄りました。花弁が散っている地面でピョンピョンしていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
01塩出池つつみの広場ツグミ
池のほとりの桜が満開だったので立ち寄りました。花弁が散っている地面でピョンピョンしていました。
1
02塩出池つつみの広場
      ハクセキレイ♂
ベンチの上で羽づくろいをしたり身震いしたり、すぐ側に人間がいてものんびりくつろいでいました。動画も撮りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
02塩出池つつみの広場
      ハクセキレイ♂
ベンチの上で羽づくろいをしたり身震いしたり、すぐ側に人間がいてものんびりくつろいでいました。動画も撮りました。
3
03塩出池より桜越しに
   広戸仙&滝山&那岐山
散り始めたばかりの桜越しにこれから登る広戸仙(ひろどせん)から滝山、那岐山(なぎさん)までが見えました。動画を撮っていると、風が少し強まり、桜トルネードも見られました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
03塩出池より桜越しに
   広戸仙&滝山&那岐山
散り始めたばかりの桜越しにこれから登る広戸仙(ひろどせん)から滝山、那岐山(なぎさん)までが見えました。動画を撮っていると、風が少し強まり、桜トルネードも見られました。
04桜&コブシ越しに爪ヶ城
声ヶ乢(こえがたわ)の駐車場に向かう途中、路肩に自動車を停めて撮影しました。中央に白いコブシ、両サイドに桜並木、右奥に広戸仙南の三角点峰「爪ヶ城」<写真30〜32>が見えています。動画も撮りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
04桜&コブシ越しに爪ヶ城
声ヶ乢(こえがたわ)の駐車場に向かう途中、路肩に自動車を停めて撮影しました。中央に白いコブシ、両サイドに桜並木、右奥に広戸仙南の三角点峰「爪ヶ城」<写真30〜32>が見えています。動画も撮りました。
1
05ウッドパーク声ヶ乢より
      桜越しに爪ヶ城
声ヶ乢桜まつりの期間中ですが、平日なので花見客はおらず、この景色を独り占めでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05ウッドパーク声ヶ乢より
      桜越しに爪ヶ城
声ヶ乢桜まつりの期間中ですが、平日なので花見客はおらず、この景色を独り占めでした。
06ウッドパーク声ヶ乢
      ソメイヨシノ
ソメイヨシノはまだ少しつぼみもあり、8分咲きくらいでした。傷んだ花がないのでとてもきれいに見えます。アスファルト道に戻り、ちょうどU字カーブの辺りから桜と爪ヶ城<写真30〜32>の動画を撮りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06ウッドパーク声ヶ乢
      ソメイヨシノ
ソメイヨシノはまだ少しつぼみもあり、8分咲きくらいでした。傷んだ花がないのでとてもきれいに見えます。アスファルト道に戻り、ちょうどU字カーブの辺りから桜と爪ヶ城<写真30〜32>の動画を撮りました。
07桜&青空
金山谷林道に入り、峠の茶屋を少し過ぎた辺りです。予報よりも天気が良く、青空が広がっていました。たまに太陽にかかる雲も風ですぐに移動し、淡いピンク色の桜がすっきりした青空に映えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07桜&青空
金山谷林道に入り、峠の茶屋を少し過ぎた辺りです。予報よりも天気が良く、青空が広がっていました。たまに太陽にかかる雲も風ですぐに移動し、淡いピンク色の桜がすっきりした青空に映えます。
08桜越しに山形仙
立ち入り禁止の東屋の側からは、南東方面に桜越しに山形仙が見えました。動画も撮りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08桜越しに山形仙
立ち入り禁止の東屋の側からは、南東方面に桜越しに山形仙が見えました。動画も撮りました。
09コブシ越しに山形仙
南の桜の広場に下りてみました。コブシは完全に花が開いてギリギリ見頃でしたが、遠目には真っ白できれいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09コブシ越しに山形仙
南の桜の広場に下りてみました。コブシは完全に花が開いてギリギリ見頃でしたが、遠目には真っ白できれいでした。
10濃いピンク色の桜
コブシの隣にソメイヨシノよりも色が濃い桜がありました。3分咲きくらいだったので、これからが楽しみです。まだつぼみしかない木が植わった一角があったのですが、ヤマザクラかもしれません。この東から360度桜動画を撮りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10濃いピンク色の桜
コブシの隣にソメイヨシノよりも色が濃い桜がありました。3分咲きくらいだったので、これからが楽しみです。まだつぼみしかない木が植わった一角があったのですが、ヤマザクラかもしれません。この東から360度桜動画を撮りました。
11ナガバモミジイチゴ
直径2cm程の白い花がよく咲いていました。数多いキイチゴのなかでも実が甘くて美味しいそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11ナガバモミジイチゴ
直径2cm程の白い花がよく咲いていました。数多いキイチゴのなかでも実が甘くて美味しいそうです。
2
12ヒサカキ雄花
花は雌花よりやや大きく5mm程で釣鐘型です。梅の花に似たいい香りがします。周辺にかたまって生えている木にはまだつぼみもあり、咲き始めから5分咲きくらいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12ヒサカキ雄花
花は雌花よりやや大きく5mm程で釣鐘型です。梅の花に似たいい香りがします。周辺にかたまって生えている木にはまだつぼみもあり、咲き始めから5分咲きくらいでした。
13飛び立つオオルリ♂
メジロに対抗意識を燃やし、こちらをガン見しながら、日本三鳴鳥に数えられる美声でさえずり始めました。シャッターを切ったら、飛び立つ瞬間が撮れました(^_-)-☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13飛び立つオオルリ♂
メジロに対抗意識を燃やし、こちらをガン見しながら、日本三鳴鳥に数えられる美声でさえずり始めました。シャッターを切ったら、飛び立つ瞬間が撮れました(^_-)-☆
1
14ボタンネコノメソウ
茎の先端には葉と同じ構造の苞(ほう)があり、中心に向かって黄色になります。中心部の花は赤褐色なので目立ちます。ここにだけ少し群生していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14ボタンネコノメソウ
茎の先端には葉と同じ構造の苞(ほう)があり、中心に向かって黄色になります。中心部の花は赤褐色なので目立ちます。ここにだけ少し群生していました。
2
15ヤマルリソウ
いつも楽しみにしている花です。去年の豪雨で愛宕神社<写真16>周辺の斜面の群生地を土砂が直撃したらしく、砂利で補修してありました。見つけたのは5株だけ。頑張れ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15ヤマルリソウ
いつも楽しみにしている花です。去年の豪雨で愛宕神社<写真16>周辺の斜面の群生地を土砂が直撃したらしく、砂利で補修してありました。見つけたのは5株だけ。頑張れ!
2
16愛宕の滝&愛宕神社
高さ約10mから急流になって直角に折れ曲がり、最後は2条になって落下する滝ですが、雨上がりで水量が多いのか、3条に見えました。愛宕神社の祠の扉は壊れ、ご神体が丸見えでした。動画にもバッチリ映してしまいました。去年の豪雨で参道もやられたのか、砂利で埋めてあり、足元のヤマルリソウ<写真15>やミヤマカタバミは完全になくなっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16愛宕の滝&愛宕神社
高さ約10mから急流になって直角に折れ曲がり、最後は2条になって落下する滝ですが、雨上がりで水量が多いのか、3条に見えました。愛宕神社の祠の扉は壊れ、ご神体が丸見えでした。動画にもバッチリ映してしまいました。去年の豪雨で参道もやられたのか、砂利で埋めてあり、足元のヤマルリソウ<写真15>やミヤマカタバミは完全になくなっていました。
17愛宕の滝上流の小滝
落差2m程のこの滝は明らかに3条になって落下していました。今まで気づかなかったのは周辺が樹木で被われていたからなのでしょうか。全体が人の顔のように見えます。たらこ唇がセクシー(^_^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17愛宕の滝上流の小滝
落差2m程のこの滝は明らかに3条になって落下していました。今まで気づかなかったのは周辺が樹木で被われていたからなのでしょうか。全体が人の顔のように見えます。たらこ唇がセクシー(^_^)
18ランチャー台より
    南南東方面展望
ランチャー台と隣の東屋は何年も前から立ち入り禁止になっています。まだ麓は霞んで見えますが、集落にも木が多いので、気になってズームしてみると・・・<写真19>へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18ランチャー台より
    南南東方面展望
ランチャー台と隣の東屋は何年も前から立ち入り禁止になっています。まだ麓は霞んで見えますが、集落にも木が多いので、気になってズームしてみると・・・<写真19>へ
19戸背に守られた集落
日本三大局地風の一つである広戸風が吹き下ろすこの地区では、北側に戸背(こせ)と呼ばれる防風林を設けている家屋が多数見られます。気象庁の観測点は奈義町にありますが、津山市がここ旧勝北町に設置している風速計では、奈義町を超える風速50m以上が観測されることもあるそうです。以前お会いした地元の方によれば、「奈義、奈義と言われるが、広戸風はうちが本家」なのだそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
19戸背に守られた集落
日本三大局地風の一つである広戸風が吹き下ろすこの地区では、北側に戸背(こせ)と呼ばれる防風林を設けている家屋が多数見られます。気象庁の観測点は奈義町にありますが、津山市がここ旧勝北町に設置している風速計では、奈義町を超える風速50m以上が観測されることもあるそうです。以前お会いした地元の方によれば、「奈義、奈義と言われるが、広戸風はうちが本家」なのだそうです。
1
20クロモジ
春になると葉が出るのと同時に直径数mmの美しい半透明の花を咲かせます。枝は高級和菓子の楊枝になります。道沿いに数本が点在しており、咲き始めから満開までバラつきがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20クロモジ
春になると葉が出るのと同時に直径数mmの美しい半透明の花を咲かせます。枝は高級和菓子の楊枝になります。道沿いに数本が点在しており、咲き始めから満開までバラつきがありました。
1
21タチツボスミレ
葉がハート形で葉脈が赤みを帯びていないので、タチツボスミレと判断しました。このすぐ東に金山谷林道登山口があり、東隣には土砂が積もって道が塞がれていましたが、登山道は大丈夫でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
21タチツボスミレ
葉がハート形で葉脈が赤みを帯びていないので、タチツボスミレと判断しました。このすぐ東に金山谷林道登山口があり、東隣には土砂が積もって道が塞がれていましたが、登山道は大丈夫でした。
22淡いピンク色のアセビ
      &白いアセビ
アセビはたいてい白花ですが、たまに淡いピンクもあります。ここは左に淡いピンク、右に白い花が咲いていました。この少し南では、どちらも花をズームして動画に撮ってみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
22淡いピンク色のアセビ
      &白いアセビ
アセビはたいてい白花ですが、たまに淡いピンクもあります。ここは左に淡いピンク、右に白い花が咲いていました。この少し南では、どちらも花をズームして動画に撮ってみました。
23兜神社跡
少彦名神(すくなひこなのかみ)をご祭神とする兜神社は、明治の終わりに麓の広戸神社の境内に移されたそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
23兜神社跡
少彦名神(すくなひこなのかみ)をご祭神とする兜神社は、明治の終わりに麓の広戸神社の境内に移されたそうです。
24アセビロード
甲山の南北は岡山県下有数のアセビの群生地です。ここから甲山頂上まで歩きながら満開のアセビロードを動画に撮りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
24アセビロード
甲山の南北は岡山県下有数のアセビの群生地です。ここから甲山頂上まで歩きながら満開のアセビロードを動画に撮りました。
1
25アセビ越しに
   矢櫃城跡&爪ヶ城跡
北西方面には、アセビ越しに矢櫃(やびつ)城跡のある標高910m小ピーク、その背後に標高1075.4m三角点「爪ヶ城」<写真31>のあるピークが見えました。爪ヶ城は、広戸氏の居城だった矢櫃(やびつ)城の詰めの城(最後の砦)とみられており、詰ヶ城が訛って爪ヶ城になったと考えられています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25アセビ越しに
   矢櫃城跡&爪ヶ城跡
北西方面には、アセビ越しに矢櫃(やびつ)城跡のある標高910m小ピーク、その背後に標高1075.4m三角点「爪ヶ城」<写真31>のあるピークが見えました。爪ヶ城は、広戸氏の居城だった矢櫃(やびつ)城の詰めの城(最後の砦)とみられており、詰ヶ城が訛って爪ヶ城になったと考えられています。
26アセビ越しに滝山&那岐山
小さな岩場の上からは、北東方面にアセビ越しに左に大きく滝山、その背後にわずかに顔を出している那岐山(なぎさん)が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
26アセビ越しに滝山&那岐山
小さな岩場の上からは、北東方面にアセビ越しに左に大きく滝山、その背後にわずかに顔を出している那岐山(なぎさん)が見えました。
1
27アセビ越しに岩場
西側の洞穴コースは何年も前から通行止めです。アセビ越しに小さな岩場がありますが、この山の岩はごつごつして滑りにくく歩きやすいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
27アセビ越しに岩場
西側の洞穴コースは何年も前から通行止めです。アセビ越しに小さな岩場がありますが、この山の岩はごつごつして滑りにくく歩きやすいです。
28ピンク筋模様アセビ
たまに淡いピンク色のアセビの花がありました。これは先端部分の色が少し濃く、全体的にピンク色の縦縞模様が入ってなかなかかわいかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
28ピンク筋模様アセビ
たまに淡いピンク色のアセビの花がありました。これは先端部分の色が少し濃く、全体的にピンク色の縦縞模様が入ってなかなかかわいかったです。
1
29濃いピンク色のアセビ
ピンク筋模様アセビ<写真28>のすぐ奥に見えていました。これは特に色が濃く、目立ちました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
29濃いピンク色のアセビ
ピンク筋模様アセビ<写真28>のすぐ奥に見えていました。これは特に色が濃く、目立ちました。
2
30アセビ越しに第3展望所
雨上がりで少し滑りやすい黒土の上に小石がゴロゴロした道を登ると、アセビ越しに第3展望所が見えました。展望台になっておりベンチもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30アセビ越しに第3展望所
雨上がりで少し滑りやすい黒土の上に小石がゴロゴロした道を登ると、アセビ越しに第3展望所が見えました。展望台になっておりベンチもあります。
31標高1075.4m三角点
        「爪ヶ城」
爪ヶ城は岡山県で一番高い所にある城址といわれ、標高1075.4mの三角点<点名:爪ヶ城>が設置されています。ここから南東に延びる尾根の標高910m小ピークに矢櫃(やびつ)城跡があり、説明板は無事でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
31標高1075.4m三角点
        「爪ヶ城」
爪ヶ城は岡山県で一番高い所にある城址といわれ、標高1075.4mの三角点<点名:爪ヶ城>が設置されています。ここから南東に延びる尾根の標高910m小ピークに矢櫃(やびつ)城跡があり、説明板は無事でした。
32第3展望所より
  滝山&那岐山&日名倉山
北東方面には、左手前に滝山、中央奥に那岐山(なぎさん)、右端に霞んでいますが日名倉(ひなくら)山が見えました。小雨がパラつき始めましたが、動画も撮りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
32第3展望所より
  滝山&那岐山&日名倉山
北東方面には、左手前に滝山、中央奥に那岐山(なぎさん)、右端に霞んでいますが日名倉(ひなくら)山が見えました。小雨がパラつき始めましたが、動画も撮りました。
33広戸仙頂上岩
標高1115mの広戸仙頂上です。最後に岩を少し登るとここに出ます。周辺のアセビはまだつぼみでした。岩から下りるとベンチがあるので、ちょっと休憩しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
33広戸仙頂上岩
標高1115mの広戸仙頂上です。最後に岩を少し登るとここに出ます。周辺のアセビはまだつぼみでした。岩から下りるとベンチがあるので、ちょっと休憩しました。
34アセビ越しに滝山
広戸仙頂上から少し南に下ると、東北東方面にアセビ越しに滝山が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
34アセビ越しに滝山
広戸仙頂上から少し南に下ると、東北東方面にアセビ越しに滝山が見えました。
35岩場展望所より広戸仙
広戸仙頂上を南西方向から望むことができる唯一のポイントです。ここへの道標はなくなってしまいましたが、道はあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
35岩場展望所より広戸仙
広戸仙頂上を南西方向から望むことができる唯一のポイントです。ここへの道標はなくなってしまいましたが、道はあります。
36岩場展望所より
     津川ダム公園
北西方面には、津川ダム公園の満開の桜が見えました。2年前のちょうどこの時季にはここからスタートし、広戸仙<写真33>までピストンしました。声ヶ乢(こえがたわ)から公園までの道は去年の豪雨で一部崩落があり、まだ通行止めのようです。今年は見に行けないので、せめてもと思い、津川川沿いの桜並木を動画に撮りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
36岩場展望所より
     津川ダム公園
北西方面には、津川ダム公園の満開の桜が見えました。2年前のちょうどこの時季にはここからスタートし、広戸仙<写真33>までピストンしました。声ヶ乢(こえがたわ)から公園までの道は去年の豪雨で一部崩落があり、まだ通行止めのようです。今年は見に行けないので、せめてもと思い、津川川沿いの桜並木を動画に撮りました。
37アセビ&岩越しに
      南東方面展望
相変わらず小雨がパラついており、麓は少し霞んでいます。ナイフリッジのような岩とアセビのコラボがなかなかよかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
37アセビ&岩越しに
      南東方面展望
相変わらず小雨がパラついており、麓は少し霞んでいます。ナイフリッジのような岩とアセビのコラボがなかなかよかったです。
38アセビ越しに山形仙
南西方面に山形仙が見えてきました。声ヶ乢(こえがたわ)から南西に登山道が延びており、最近はトレランコースとしても利用されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
38アセビ越しに山形仙
南西方面に山形仙が見えてきました。声ヶ乢(こえがたわ)から南西に登山道が延びており、最近はトレランコースとしても利用されています。
39白いアセビ
満開になったばかりなのか、真っ白でみずみずしく、ちょうど差してきた陽光に当たってとてもきれいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
39白いアセビ
満開になったばかりなのか、真っ白でみずみずしく、ちょうど差してきた陽光に当たってとてもきれいでした。
1
40ヤマシャクヤクつぼみ
去年の豪雨の影響かパイプ1本だけになってしまった水場から東に延びる踏み跡を辿り、ヤマシャクヤク群生地を見に行きました。豪雨の影響か、明らかに株数が減っており、直径1.5cm程のつぼみがついた株が3つ見られただけでした。見下ろすと、小さな株がいくつかかたまっていたので、今年はそっとしておいて来年に期待しましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40ヤマシャクヤクつぼみ
去年の豪雨の影響かパイプ1本だけになってしまった水場から東に延びる踏み跡を辿り、ヤマシャクヤク群生地を見に行きました。豪雨の影響か、明らかに株数が減っており、直径1.5cm程のつぼみがついた株が3つ見られただけでした。見下ろすと、小さな株がいくつかかたまっていたので、今年はそっとしておいて来年に期待しましょう。
1
41第1展望所越しに
   アセビ&南方面展望
この時季は満開のアセビ越しに南方面の景観を楽しみながらゆっくりできます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
41第1展望所越しに
   アセビ&南方面展望
この時季は満開のアセビ越しに南方面の景観を楽しみながらゆっくりできます。
42小輪の桜
花の直径は2cm程、淡いピンク色の花と黄緑色の葉がきれいな桜です。3分咲きでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
42小輪の桜
花の直径は2cm程、淡いピンク色の花と黄緑色の葉がきれいな桜です。3分咲きでした。
43コブシ越しに山形仙
南西方面に山形仙を見ながら下っていると、ちょうどコブシ越しに見える所がありました。コブシは花が完全に広がり見頃を過ぎつつありましたが、遠目にはまだきれいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
43コブシ越しに山形仙
南西方面に山形仙を見ながら下っていると、ちょうどコブシ越しに見える所がありました。コブシは花が完全に広がり見頃を過ぎつつありましたが、遠目にはまだきれいでした。
44コブシ&桜越しに
     南南東方面展望
手前の白いコブシとその右奥の淡いピンク色の桜越しには、南南東方面に山行前に立ち寄った塩出池<写真01〜03>などが見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
44コブシ&桜越しに
     南南東方面展望
手前の白いコブシとその右奥の淡いピンク色の桜越しには、南南東方面に山行前に立ち寄った塩出池<写真01〜03>などが見えました。
45ウッドパーク声ヶ乢より
     桜越しに464m峰
駐車地点まで再び桜を見ながら戻る途中、南方面に桜越しにきれいなピラミッド型の標高464m峰が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
45ウッドパーク声ヶ乢より
     桜越しに464m峰
駐車地点まで再び桜を見ながら戻る途中、南方面に桜越しにきれいなピラミッド型の標高464m峰が見えました。

感想/記録

 今回は広戸仙(ひろどせん)<爪ヶ城>を訪問しました。広戸風が吹き下ろすため、雪解けが早く、雪の上では必ずと言っていいほど転ぶ連れのお気に入りの山です。毎年、県北で最初に訪れるのはここです。
 この日は多くの地域で昨日の雨や風の影響もあり、桜の花がほとんど終焉を迎えていました。ところが、ここ広戸仙麓の声ヶ乢(こえがたわ)では満開でした。しかも、月曜日ということもあり、花見客や家族連れもおらず、気兼ねすることなく、ゆっくりと、桜やコブシを見て回りました。

 広戸仙へは金山谷林道からアプローチをしました。歩き始めてすぐに広大な桜園のような所に出てきました。広戸仙(ひろとせん)の南西方向にある山形仙が、桜やコブシ越しにいつもより美しく見えます。以降もこの林道沿いで、いろいろな動植物を観察できました。
 なお、この林道は広戸仙登山口から東は土砂で行き止まりになっていました。

 金山谷林道登山口より甲山(かぶとやま)経由で南東尾根を登りました。
 このゾーンは県下でも有数のアセビゾーンです。広戸仙までの約3kmにわたって、ほぼ途絶えることなく、白やピンクのアセビの花が咲いていました。
 広戸仙を訪れる大半の方は西側の第1・2展望所経由で登ります。もちろん、そちらも登山道沿いにアセビが群生しているのですが、日当たりがいいので少し乾燥していたり、変色していたりする花もあります。アセビが満開の時期は、より木が多く少し日当たりが悪めのこのコースがもっとも映えます。
 午前中は予報よりも天気が良く、気温も急上昇したので、汗びっしょりでアセビっしりの尾根を歩きました(^^♪

 広戸仙頂上からは、第3・2・1展望所とメジャーコースを進みました。
 途中、第2展望所を少し下った水場からそのまま延長上に歩くと、つぼみのついたヤマシャクヤクを3株ほど見つけました。残念ながら、豪雨の影響か去年よりもかなり株数が減っていました。
 ゴールデンウイーク頃には綺麗な花が咲いているでしょう。ただし、水場より先は足元が不安定な踏み跡しかない所なので、団体さんや「ふるさとコース」を怖いと考える方にはお薦めできません。数も少ないので、今年は立ち入らずにそっとしておくほうがいいでしょう。
 声ヶ乢(こえがたわ)の近くまで下りてくると、ヤマザクラなどを見ることができました。まだ咲きはじめのものが多く、もうしばらく観賞できそうです。

 花見をメインとした登山は土日祝日以外が最高です。訪問者が少なく、様々な旬の花で彩られた空間を独り占めしているような気分に浸れます。また、そうした花に群がる野鳥の鳴き声も心地よいBGMとして響きます。
 去年の豪雨の影響で仲間が激減しながらも健気に咲く花にパワーをもらい、癒し効果抜群の山行ができました!(^^)!



お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:687人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 落石 ガバ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ