また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1800966 全員に公開 ハイキング 丹沢

間子小屋沢周辺探索

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年04月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
本間橋先の駐車スペース・4/21はトレラン大会です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間2分
休憩
1時間27分
合計
7時間29分
S本間橋07:3908:16724P西側鞍部08:44間子小屋沢09:46尾根取付き10:43榛の木丸縦走路11:53カバの原12:0812:14間子小屋沢探索13:1714:01間子小屋沢14:0614:29724P西側鞍部14:59早戸川渡渉15:0315:08本間橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログは地形図に合わせて多少修正しています。
コース状況/
危険箇所等
ほぼバリエーションルート、危険個所もあり。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 チェーンスパイク ヘルメット スマホGPS

写真

林道のヘアピンカーブ、榛の木丸東尾根の取付きからトラバして大杉沢に下る。標高630m。
2019年04月20日 07:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道のヘアピンカーブ、榛の木丸東尾根の取付きからトラバして大杉沢に下る。標高630m。
大杉沢に出て下流を望む。右側にある堰堤のところまで沢を下る。
2019年04月20日 07:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大杉沢に出て下流を望む。右側にある堰堤のところまで沢を下る。
1
堰堤脇の段差から上の植林地に入る。
2019年04月20日 07:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤脇の段差から上の植林地に入る。
急な植林地を直登していきます。
2019年04月20日 08:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な植林地を直登していきます。
1
標高750mで径路と交わるので、ここから北方にトラバース開始。最初からスパイク装着してスタート。
2019年04月20日 08:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高750mで径路と交わるので、ここから北方にトラバース開始。最初からスパイク装着してスタート。
この水平径路、何か所も沢横断部分で崩壊、基本下巻きできますが、1か所は倒木に掴まって下る大きな段差あり。
2019年04月20日 08:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この水平径路、何か所も沢横断部分で崩壊、基本下巻きできますが、1か所は倒木に掴まって下る大きな段差あり。
2
今回のルートには、この花がたくさん咲いていました。(後で調べて)ヒトリシズカのようです。
2019年04月20日 08:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のルートには、この花がたくさん咲いていました。(後で調べて)ヒトリシズカのようです。
5
間子小屋沢に到着。この季節は明るくていいです。標高730m。
2019年04月20日 08:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間子小屋沢に到着。この季節は明るくていいです。標高730m。
3
初めて間子小屋沢沿いに登って行きます。沢横に踏跡があり危険はありません。
2019年04月20日 08:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて間子小屋沢沿いに登って行きます。沢横に踏跡があり危険はありません。
1
前方に支沢の滝が立ちはだかります。
2019年04月20日 08:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に支沢の滝が立ちはだかります。
その後ろの少し高い場所に古い取水施設があります。標高770m。
2019年04月20日 08:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後ろの少し高い場所に古い取水施設があります。標高770m。
1
施設から間子小屋沢を少し遡ってみました。写真の岩の脇に踏跡があり。
2019年04月20日 08:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
施設から間子小屋沢を少し遡ってみました。写真の岩の脇に踏跡があり。
1
100mぐらい上流の滝まで辿ってみましたが、今日は一旦戻ります。
2019年04月20日 08:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100mぐらい上流の滝まで辿ってみましたが、今日は一旦戻ります。
取水施設に戻って、施設裏の尾根を登る。
2019年04月20日 09:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取水施設に戻って、施設裏の尾根を登る。
830mぐらいで作業径路が交わり、径路に沿って進みます。(1か所、簡単な沢を越える)
2019年04月20日 09:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
830mぐらいで作業径路が交わり、径路に沿って進みます。(1か所、簡単な沢を越える)
尾根への登り口を過ぎると、踏跡の薄いトラバース径路になります。左下には間子小屋沢の滝が見えました。
2019年04月20日 09:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根への登り口を過ぎると、踏跡の薄いトラバース径路になります。左下には間子小屋沢の滝が見えました。
1
大きな滝の先、径路が沢に近づいたところで沢に下り、沢沿いに登って行きます。
2019年04月20日 09:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな滝の先、径路が沢に近づいたところで沢に下り、沢沿いに登って行きます。
渡渉点とかにマーキングもありました。
2019年04月20日 09:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点とかにマーキングもありました。
1
何回か渡渉しながら、クラミ沢出会に到着。標高910m。東側、クラミ沢側から尾根に取付きました。
2019年04月20日 09:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何回か渡渉しながら、クラミ沢出会に到着。標高910m。東側、クラミ沢側から尾根に取付きました。
1
わずかな踏み跡がありますが、上の方はズルズルで弦をロープ代わりに攀じ登りました。
2019年04月20日 09:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わずかな踏み跡がありますが、上の方はズルズルで弦をロープ代わりに攀じ登りました。
段差の上には炭焼き跡。西側の間子小屋沢側から取付いて来た方がよかったみたいです。
2019年04月20日 09:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段差の上には炭焼き跡。西側の間子小屋沢側から取付いて来た方がよかったみたいです。
最初は急尾根だけど歩きやすい尾根で、古い作業道があったようです。標高1040m付近。
2019年04月20日 10:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は急尾根だけど歩きやすい尾根で、古い作業道があったようです。標高1040m付近。
簡単なヤセ尾根もあります。
2019年04月20日 10:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
簡単なヤセ尾根もあります。
1
1150m付近にトラバ踏跡あり。隣の尾根までトラバしてから上に上がる。(トラバする必要性はありません)
2019年04月20日 10:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1150m付近にトラバ踏跡あり。隣の尾根までトラバしてから上に上がる。(トラバする必要性はありません)
遠く、稜線の少し下にカバの原が見えています。
2019年04月20日 10:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く、稜線の少し下にカバの原が見えています。
1
1200mより上はなだらかな尾根、支尾根がいっぱい集まってくるので下降は難しいと思います。
2019年04月20日 10:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200mより上はなだらかな尾根、支尾根がいっぱい集まってくるので下降は難しいと思います。
榛の木丸縦走路に合流しました。明日のトレランのマーキングが多数あります。1310m。
2019年04月20日 10:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛の木丸縦走路に合流しました。明日のトレランのマーキングが多数あります。1310m。
1
詳細図にある溝のところから北東方向にトラバース開始。
2019年04月20日 10:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詳細図にある溝のところから北東方向にトラバース開始。
最初は鹿柵の脇を進みます。
2019年04月20日 10:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は鹿柵の脇を進みます。
最初の沢は赤土が見えているあたりで踏跡明瞭。標高1300m。
2019年04月20日 10:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の沢は赤土が見えているあたりで踏跡明瞭。標高1300m。
笹ノ沢横断、標高1300m。
2019年04月20日 11:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ノ沢横断、標高1300m。
1
ここも沢横断、標高1320m。
2019年04月20日 11:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも沢横断、標高1320m。
明るい広い尾根に出てきました。1340m。
2019年04月20日 11:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい広い尾根に出てきました。1340m。
また沢横断。もう、どう通ったか忘れました。でも先日の1150m付近のトラバ路よりはマシです。
2019年04月20日 11:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また沢横断。もう、どう通ったか忘れました。でも先日の1150m付近のトラバ路よりはマシです。
ヤブに遮られますが、無理やり突破。完全に径路を見失っています。
2019年04月20日 11:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブに遮られますが、無理やり突破。完全に径路を見失っています。
と思ったら、また径路っぽい?1330m。でも、少し上には平行して登山道があるはず。
2019年04月20日 11:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら、また径路っぽい?1330m。でも、少し上には平行して登山道があるはず。
ここからの眺めは絶景です。(稜線の登山道からと同じですけど)
2019年04月20日 11:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの眺めは絶景です。(稜線の登山道からと同じですけど)
2
蛭ヶ岳方向。今までトラバースしてきたなだらかな斜面を振り返る。
2019年04月20日 11:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳方向。今までトラバースしてきたなだらかな斜面を振り返る。
またヤブに突入。斜めに下る予定が、カバの原の上まで来てしまい、ヤブの中を下ります。
2019年04月20日 11:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またヤブに突入。斜めに下る予定が、カバの原の上まで来てしまい、ヤブの中を下ります。
ヤブの中を少し戻ったりして探索するも、正解径路の決定打がなく諦めました。
2019年04月20日 11:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブの中を少し戻ったりして探索するも、正解径路の決定打がなく諦めました。
最後はカバの原南側の鹿柵に何とか到着。
2019年04月20日 11:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はカバの原南側の鹿柵に何とか到着。
カバの原に到着。1220m。ランチするも、誰も来ませんねー。
2019年04月20日 12:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カバの原に到着。1220m。ランチするも、誰も来ませんねー。
2
稜線を振り返ります。この後、1118m標高点西側の探索に向かいます。
2019年04月20日 12:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を振り返ります。この後、1118m標高点西側の探索に向かいます。
1
1118m標高点はアセビの森の中で、径路っぽい踏跡はありませんでした。
2019年04月20日 12:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1118m標高点はアセビの森の中で、径路っぽい踏跡はありませんでした。
1118m西側にある出会付近はなだらかな地形。
2019年04月20日 12:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1118m西側にある出会付近はなだらかな地形。
ここから下(笹ノ沢、セイゲンジ沢分岐部)へは沢下降装備がないと下れそうにありません。なので高巻ルートへ転進。
2019年04月20日 12:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから下(笹ノ沢、セイゲンジ沢分岐部)へは沢下降装備がないと下れそうにありません。なので高巻ルートへ転進。
地形図1130m小ピーク(小さな丸)西側の鞍部。ここもなだらかな地形です。
2019年04月20日 12:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図1130m小ピーク(小さな丸)西側の鞍部。ここもなだらかな地形です。
南側にある笹ノ沢を簡単に渡渉後、笹ノ沢右岸尾根を少し登ってみる。(左の尾根を登り、右の尾根から下りてきました)
2019年04月20日 12:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側にある笹ノ沢を簡単に渡渉後、笹ノ沢右岸尾根を少し登ってみる。(左の尾根を登り、右の尾根から下りてきました)
先日上から来て引き返した場所で、今日は下から来て引き返したつもりだったが、ログ照合したら尾根が違ってた。汗💦
2019年04月20日 12:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日上から来て引き返した場所で、今日は下から来て引き返したつもりだったが、ログ照合したら尾根が違ってた。汗💦
先程の地形図1130m小ピーク西側の鞍部から北側に進み、セイゲンジ沢沿い。なだらかな素敵な場所でした。
2019年04月20日 13:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程の地形図1130m小ピーク西側の鞍部から北側に進み、セイゲンジ沢沿い。なだらかな素敵な場所でした。
1110mの出会の平坦地、ここが小屋の跡らしいです。瓶や土管のかけらが落ちていました。
2019年04月20日 13:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1110mの出会の平坦地、ここが小屋の跡らしいです。瓶や土管のかけらが落ちていました。
ここから尾根に戻りました。(どこでも上がれそうでした)
2019年04月20日 13:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから尾根に戻りました。(どこでも上がれそうでした)
間子小屋沢荒沢界尾根を下ります。支尾根が多くて下りは慣れないと難しいです。1か所迷ってしまう。
2019年04月20日 13:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間子小屋沢荒沢界尾根を下ります。支尾根が多くて下りは慣れないと難しいです。1か所迷ってしまう。
830m付近から下は径路をはずれて朝登った小尾根を下る。間子小屋沢のすぐ上は斜面を適当に下りました。
2019年04月20日 13:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
830m付近から下は径路をはずれて朝登った小尾根を下る。間子小屋沢のすぐ上は斜面を適当に下りました。
間子小屋沢で少し休憩してから水平径路を帰ります。
2019年04月20日 14:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間子小屋沢で少し休憩してから水平径路を帰ります。
朝も通った段差のところ。写真右の倒木を掴んで攀じ登るが、木が段差と少し離れていて嫌らしい。
2019年04月20日 14:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝も通った段差のところ。写真右の倒木を掴んで攀じ登るが、木が段差と少し離れていて嫌らしい。
750m小ピーク西側から植林地内の径路を辿りましたが、途中から南方向斜めに下りました。
2019年04月20日 14:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
750m小ピーク西側から植林地内の径路を辿りましたが、途中から南方向斜めに下りました。
早戸川を渡渉。サンダルで渡りましたが、沢水が気持ちよかった。
2019年04月20日 14:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早戸川を渡渉。サンダルで渡りましたが、沢水が気持ちよかった。
2
沢横の桜は満開でした。
2019年04月20日 15:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢横の桜は満開でした。
駐車場所に戻ると明日のトレラン大会の準備ができていました。
2019年04月20日 15:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場所に戻ると明日のトレラン大会の準備ができていました。

感想/記録

先日ガスガスで探索できなかった間子小屋沢周辺探索、朝は上の方がガスガスでまたか〜となりましたが、次第に晴れてきました。間子小屋沢上部はなだらかな地形で地図読みが楽しかったです。榛の木丸縦走路からカバの原への短絡路、前回は下過ぎましたが、今回は上過ぎました。獣道はたくさんあり、ヤブ漕ぎと沢越えが難しいので、うまくトレースするのは至難の業です。沢越え部分は多少危険が伴いますが、また探索してみたいです。
また、先日笹ノ沢右岸尾根を途中まで下降し、今回下からその途中地点まで登ったつもりでしたが、ログ見たら尾根が違ったようです。地形図では判りにくい部分だし、尾根分岐の景色が同じだったので勘違いしました。
※カバの原の名前はVR先駆者のマシラさんが名付けたそうです。メルヘンの丘とかテンニン平とかも呼ばれています。
(編集中)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:363人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ