また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1809597 全員に公開 沢登り丹沢

谷太郎川・鳥屋待沢

日程 2019年04月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
4分
合計
6時間24分
S鳥屋待沢/権現橋09:0213:42大山三峰山13:4413:57七沢山14:22777m圏峰(宝尾根)14:2314:44512m圏峰(宝尾根)15:24鳥屋待沢/権現橋15:2515:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報別所の湯
ZUND-BAR
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

権現橋の脇から入渓、下山時に川の左岸にある作業道を発見した。
2019年04月27日 09:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現橋の脇から入渓、下山時に川の左岸にある作業道を発見した。
こんな場所に車が打ち捨てられていた。
2019年04月27日 09:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな場所に車が打ち捨てられていた。
堰堤を越えたところ
2019年04月27日 09:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を越えたところ
しばらくダラダラとつづく
2019年04月27日 09:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくダラダラとつづく
まだ濡れたくない。もう濡れてるけど。
2019年04月27日 10:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ濡れたくない。もう濡れてるけど。
水流沿いを行く
2019年04月27日 10:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水流沿いを行く
右俣への入り口、ヌメル。
2019年04月27日 11:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣への入り口、ヌメル。
1
ガスがかかり、登ってきた谷が良い雰囲気に。
2019年04月27日 12:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがかかり、登ってきた谷が良い雰囲気に。
最後の詰め、ぐずぐず
2019年04月27日 13:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の詰め、ぐずぐず
下山路は細尾根を抜けると広々尾根になった。
2019年04月27日 14:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路は細尾根を抜けると広々尾根になった。
堰堤上にピンポイント下山
2019年04月27日 15:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤上にピンポイント下山
ZUND-BARにて打ち上げ
2019年04月27日 17:10撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ZUND-BARにて打ち上げ
とうとう出てしまった。
2019年04月27日 19:41撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうとう出てしまった。
2

感想/記録

会の先輩・後輩と沢登りへ。
関西沢遠征に向けて、まだまだ沢の経験値を積んでおきたいところだったので、募集を出す。
意外と何人か釣れて、5人パーティに。
沢はyoshikitoの行きたがっていた鳥屋待沢に。沢3回目のメンバーにしては辛めのセレクトかなとは思ったけど、先輩もいるんで大丈夫かなーと思い、このセレクトに。しかし、行ってみるとかなり辛かったのであまりナイスチョイスではなかったかも(´-`)
結果的に2人これなくなり、強い先輩・イケイケな後輩の3人パーティになる。
やっと今年4本目。まだまだ少ない。

当日は天気悪めで気温も低い。あまりバシャバシャ遡行はしたくない感じ。沢としては前半は単調でつまらない感じだが、大滝から後半は登れる滝が多くなり、とても楽しい。大滝はリード挑戦したが、とりついてすぐぐらいのところで、あまり登れる気がしなかったので、あっさり敗退。最近あんまりつっこんでないな。これはいいことなのだろうか。枯れてからもチムニー状の滝が出てくるわ、最後のツメもグズクズで悪いわでなかなか面白かった。その後は宝尾根経由で下山。
お疲れ様でした。

遡行前日は仕事で疲れ気味で、もう行かなくてもいいかなーと思っていたが、yoshikitoの沢熱に後押しされ、遡行できて良かった。
ここのところ1番面白い遡行だった。
関西でもよろしく!

感想/記録

会の先輩方と鳥屋待沢へ。
前半部分はダラダラと緩い傾斜が続いていたが、途中からシャワーのできる小滝が続き、ボルダーもたくさん、後半は体入れて止める系、ぐずぐずの詰めと楽しい沢登りだった。途中から雨が降ってきたが、沢の雰囲気にマッチして良い感じだった。全体的にヌメッていて緊張するところもちらほら、たわし買おうと思いました。
以前、アプローチ0の沢でいきなり飛び込んで体を凍えたことがありましたが、ある程度のアップとテンション高い時はあまり寒さを感じないことがわかったのでアップと気持ちを忘れずに行こうと思いました。
4月では一番充実した遡行となりました。他のも面白かったんだけど。ありがとうございました。
訪問者数:187人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ