また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1810069 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

GWの記録2 190428の(1)  早朝の高見山で霧氷でムヒョー!!

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 気温3度
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大峠駐車場  10台ほどでしょうか
雪の時期はスタッドレス必須とか。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
55分
休憩
19分
合計
1時間14分
S大峠06:1806:54高見山07:1307:32大峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
急な山道、途中途中眺望が見えるのが嬉しい
その他周辺情報すぐに車を走らせ次の山へ。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

 おはようございます。朝6時台に大峠に到着しました。気温3度になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 おはようございます。朝6時台に大峠に到着しました。気温3度になります。
1
 大峠のヤエザクラ、もう咲き終わりですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 大峠のヤエザクラ、もう咲き終わりですね。
 こんなベンチもありましたが座ると寒そうでパス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 こんなベンチもありましたが座ると寒そうでパス。
 この先は三重県。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 この先は三重県。
1
 逆から見ると奈良県、そう県境の尾根を登って行くんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 逆から見ると奈良県、そう県境の尾根を登って行くんですね。
1
 さあ、ここが登山口になります。氷柱等を見に来るのであればもっとしたから登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 さあ、ここが登山口になります。氷柱等を見に来るのであればもっとしたから登ります。
 私はここ、大峠から。赤線繋げに来ることもないと思われる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 私はここ、大峠から。赤線繋げに来ることもないと思われる。
 てくてく上がって行きます。基本急な斜面です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 てくてく上がって行きます。基本急な斜面です。
 近畿自然歩道に指定されているようです。関東でいえば関東ふれあいの道かなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 近畿自然歩道に指定されているようです。関東でいえば関東ふれあいの道かなあ。
1
 1kmの道で300m標高を上げます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 1kmの道で300m標高を上げます。
 苔むしたイワイワ。多雨地域でもありますからね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 苔むしたイワイワ。多雨地域でもありますからね。
 小さいオウレンでしょうか。自宅でないと判別できない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 小さいオウレンでしょうか。自宅でないと判別できない。
1
 ワチガイソウかな。これも自宅でないと判別できない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ワチガイソウかな。これも自宅でないと判別できない。
1
 黄色い花の道。何だろう。アブラチャンかサンシュユか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 黄色い花の道。何だろう。アブラチャンかサンシュユか。
1
 こんな花、アブラチャンカなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 こんな花、アブラチャンカなあ。
1
 ナガバノスミレサイシン?
(ヒナスミレとご指摘ありました。ありがとうございます。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ナガバノスミレサイシン?
(ヒナスミレとご指摘ありました。ありがとうございます。)
1
 おおっ、朝日に光る山々だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 おおっ、朝日に光る山々だ。
3
 そして、霧氷が見えるようだ。白くなっている木の冬芽。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 そして、霧氷が見えるようだ。白くなっている木の冬芽。
2
 アセビにもうっすらと霧氷。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 アセビにもうっすらと霧氷。
2
 霧氷がムヒョー!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 霧氷がムヒョー!!
3
 ほらほら、昨日の雨はこの地域では霧氷になったのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ほらほら、昨日の雨はこの地域では霧氷になったのか。
 いい感じになってきましたんね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 いい感じになってきましたんね。
2
 そして、ほら、あれは山頂っぽいぞ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 そして、ほら、あれは山頂っぽいぞ。
 はい、日本三百名山、高見山に登りました。二倍〜二倍〜。←いったい何。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 はい、日本三百名山、高見山に登りました。二倍〜二倍〜。←いったい何。
2
 倶留尊山、こちらも三百名山だ。私はもうすでに登っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 倶留尊山、こちらも三百名山だ。私はもうすでに登っている。
2
 三峰山、こちらも三百名山だ。本当は昨日登る予定だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 三峰山、こちらも三百名山だ。本当は昨日登る予定だった。
3
 そして、山頂にあった神社だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 そして、山頂にあった神社だ。
1
 奈良県側にある展望台。ここからも結構な山々を見ることができる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 奈良県側にある展望台。ここからも結構な山々を見ることができる。
 そして、展望台の底は凍っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 そして、展望台の底は凍っていた。
 霧氷の後ろには山上ヶ岳、こちらはまだ未踏だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 霧氷の後ろには山上ヶ岳、こちらはまだ未踏だ。
5
 そして、山頂には二等三角点があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 そして、山頂には二等三角点があった。
1
 下ってきたときに見えた大峠。ここでai車を探せ!!
 すぐわかるはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 下ってきたときに見えた大峠。ここでai車を探せ!!
 すぐわかるはず。
2

感想/記録

 高見山にやって来たいと前々から思っていた。なお、高見山といえばあのハワイ出身の力士+親方を思い出す人は多いと思うのだ。丸八の「二ば〜い、二ば〜い」でしっているひと。小錦関の親方として名大関に育て上げたという技能。それだけでなく自らも大関として長いこと相撲協会に寄与してきた。国民みんなに愛された名大関として知られてきたと思う。
 で、三重県と奈良県の境目に高見山という山があるのだ。当然行ってみたくなるではないか。

 高見山は冬から春にかけて氷柱が見られていることで知られている。でも、関東在住の私は氷柱を見たいとはあまり思っていないのである。ただただ、まずはピークハント、山頂に立ちたいと思っているのだ。過去にもそういう名山はある、今日はたまたま高見山がそうだったというわけだ。

 一番近い高見山の登山口は大峠である。ここまでは車道がある。そして、奈良側からが車で来やすく三重側からはきついのだそうだ。
 今日は高見山に登ってからもう一座登る予定があるので、ここの大峠から登り始める。ここからならば約1kmの道で300m標高を上げればゴールだ。これならばここを登ってからもう一座ということも十分考えられる。
 
 さまざまな植物を撮影しながら登って行くと、霧氷が見えるではないか。そこで、今日のメインは植物と動物になった。動物は見つからなかったが植物はたくさん見つけることができた。
 そして、高見山といえば霧氷である。空気中の水蒸気が凍り、回りの人と結果を比べることもターゲットの意味のないが、ただただ工場から近いところは人気があるようだ。
訪問者数:249人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/30
投稿数: 5198
2019/5/1 18:13
 この時期にムヒョーとは
aiさん
三重県と奈良県の県境ですね。標高もそんなに高くないのにムヒョ〜とは驚きました。
スミレが気になります。ナガバノスミレサイシンとは葉の湾曲部分が違うような気がします。
TZ先生からコメントしろと言われる前に書いておきます。
柱頭・お毛毛が見えない!アケボノかヒナか?
ヒナスミレと見ました。ミスミレの際はお許しください。
hamburg
登録日: 2013/8/29
投稿数: 2767
2019/5/3 15:23
 Re: この時期にムヒョーとは
 HBさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
 樹氷のやまとして有名な山のようです。今回の登山口に向かう道も樹氷の季節はスタッドレスがないとだめだとか。
 でも、ゴールデンウィークでも霧氷が見られたことは想像外でした。今回の旅ではなかなか普段では見られない物をよく見ています。
 [email protected]福島県でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ