また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1811665 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

扇山(ツツジ新道を経て)

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車
〈JR中央線〉⇔鳥沢駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間18分
休憩
45分
合計
5時間3分
S鳥沢駅09:1710:11梨ノ木平10:2210:29ツツジ新道入口11:28一般道合流点11:43大久保のコル11:51扇山12:2512:42三境13:40山谷14:20鳥沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
人気のハイキングコースで問題のある所はない。
ツツジ新道は一般登山道に比べ道が固まっておらず多少不安定な所がある。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

林道を歩いて梨の木平に向かう
2019年04月28日 09:30撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を歩いて梨の木平に向かう
1
梨の木平に到着
2019年04月28日 10:08撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梨の木平に到着
1
林道脇でサンショウ採り、辺りは良い香り
2019年04月28日 10:27撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇でサンショウ採り、辺りは良い香り
南尾根ツツジ新道入口
2019年04月28日 10:29撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南尾根ツツジ新道入口
ヤマツツジが現れる
2019年04月28日 10:36撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジが現れる
ヤマザクラも残っている
2019年04月28日 10:37撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマザクラも残っている
満開にはまだ早いが所々に見事なヤマツツジ
2019年04月28日 10:50撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開にはまだ早いが所々に見事なヤマツツジ
2
ヤマツツジ新道は急登
2019年04月28日 10:50撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ新道は急登
一際鮮やかなヤマツツジ
2019年04月28日 10:41撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一際鮮やかなヤマツツジ
4
ヤマツツジと富士、でもまだ蕾なのが残念!
2019年04月28日 11:07撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジと富士、でもまだ蕾なのが残念!
1
続いてミツバツツジに出会う
2019年04月28日 11:15撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いてミツバツツジに出会う
2
一面のミツバツツジが艶やか
2019年04月28日 11:18撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面のミツバツツジが艶やか
3
梨の木平からの一般登山道に合流
2019年04月28日 11:27撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梨の木平からの一般登山道に合流
新緑が青空に映える
2019年04月28日 11:44撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が青空に映える
4
大久保のコルに着く
2019年04月28日 11:43撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大久保のコルに着く
扇山頂上広場は賑わっている
2019年04月28日 11:49撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇山頂上広場は賑わっている
1
扇山頂上、秀麗富嶽十二景の六番とある
2019年04月28日 11:56撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇山頂上、秀麗富嶽十二景の六番とある
2
扇山から見る端正な富士山
2019年04月28日 11:56撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇山から見る端正な富士山
6
東京方面、陣場山の向こうにスカイツリーが見える
2019年04月28日 12:21撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京方面、陣場山の向こうにスカイツリーが見える
3
頂上付近のヤマザクラは健在
2019年04月28日 12:25撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上付近のヤマザクラは健在
1
三境から山谷に下る
2019年04月28日 12:42撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三境から山谷に下る
1
クロモジの花
2019年04月28日 12:44撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロモジの花
2
カエデ、赤の縁取りが印象的
2019年04月28日 12:48撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエデ、赤の縁取りが印象的
1
林間から鳥沢方面をうかがう
2019年04月28日 12:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林間から鳥沢方面をうかがう
可憐なフデリンドウ
2019年04月28日 12:53撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可憐なフデリンドウ
3
こちらはヤマザクラと富士
2019年04月28日 12:55撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはヤマザクラと富士
1
新緑が眩しい
2019年04月28日 13:00撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が眩しい
1
丹沢の山並み、左から蛭ヶ岳、檜洞丸、大室山
2019年04月28日 13:12撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢の山並み、左から蛭ヶ岳、檜洞丸、大室山
1
春山らしい緑のグラデーションが美しい
2019年04月28日 13:14撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春山らしい緑のグラデーションが美しい
3
下山途中で、正面に高畑山、倉岳山と鳥沢の町、奥は丹沢から道志の山並み
2019年04月28日 13:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中で、正面に高畑山、倉岳山と鳥沢の町、奥は丹沢から道志の山並み
山谷の登山口に着く
2019年04月28日 13:32撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山谷の登山口に着く
見納めの富士は国交省「富士見百景」標識の前で
2019年04月28日 13:43撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見納めの富士は国交省「富士見百景」標識の前で
3

感想/記録

中央線沿線に位置する扇山南尾根のツツジを見にでかけた。ただこのところの低温傾向の天候からまだ早いかなと思いつつではあったが。
鳥沢駅からバス利用の予定だったが、電車が遅れて歩くことになり、結局林道などを経て予定外の小1時間かけて梨の木平に着く。

梨の木平からさらに林道を進み、サンショウのよい香りを嗅いでから南尾根ツツジ新道の登山口から登り始める。
最初から急登が続く。すぐにヤマツツジに出会うが、蕾が多く、全体に三分咲き程度とやはり満開にはまだ時間がかかりそうだ。それでも所々には鮮やかな朱色が目にしみる。一帯のヤマツツジは思った以上の数の多さで、満開時には朱色の海で覆われるかと想像しながら登るのも楽しい。

ヤマツツジのあとにはミツバツツジが現れる。これは今が盛りで華麗だ。
もう一つ、ヤマザクラもまだ楽しめるレベルを維持している。
さらにこの時期の見どころは若葉の新緑、天気がよいので青空によく映えて見るだけで気持ちがよくなる。

扇山に着くと、人気の山で晴れた休みの日とあって大いに賑わっているが、混雑で困るということはなかった。
周りの樹木の成長で本来の展望の山がほぼ富士山展望に特化しているのは多少残念な気がするが、今日の富士山は雪を多く抱え見事な景観を見せてくれている。
もう一つ、東側東京方面の見通しがよくスカイツリーが見えたことを加えたい。

帰りは三境から山谷経由で途中には丹沢の雪の主稜線や対面の倉岳山などを眺めて鳥沢駅まで下った。途端に行き会う人が少なくなり、このコースとしては静かな山歩きが味わえる。

数えると扇山は今回で4回目、季節が違うせいかその度に違う姿の富士を見せてくれた気がする。そして今回の目当てでもあったツツジの山としての扇山の新たな魅力を感じられた山行になったと思う。

訪問者数:338人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ