また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1811985 全員に公開 ハイキング甲信越

【Wヘッダー2】獅子平から羅漢寺山を周回【山梨百名山】

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
獅子平登山口(自然散策路)の駐車場に駐車。
軽自動車3台位で満車になりそうな、小さな駐車場でした。
駐車場の向かい、川を渡って民家の間を抜けていくとそのまま登山道になります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
16分
合計
4時間21分
S甲斐市自然観察道駐車場13:1914:20白山展望台14:2214:47白砂山14:4915:06パノラマ台15:1015:14展望台15:20羅漢寺山(弥三郎岳)15:2715:42展望台15:4315:46パノラマ台17:39甲斐市自然観察道駐車場17:40G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
パノラマ台駅から弥三郎岳までは観光地なので、走り回る子供に注意。
それ以外の場所に観光客は来ない
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ■登山道具: 25Lザック(モンベル) トレッキングシューズ(モントレイル) ヘッデン 熊避け鈴 コンパス 山行計画の地図 ストック ■衣類:頭巾 長袖メッシュシャツ 長ズボン 指抜きグローブ レインウェア上 ■食料:アミノバイタル 噛むブレスケア ■飲料系:水500ml ポーションコーヒー クリープ 粉末ポタージュ ほうじ茶 ■衛生関係:目薬 鎮痛剤 ビオフェルミン止瀉薬 ポケットティッシュ ■その他:スマートフォン スマートフォンの予備バッテリー デジタルカメラ デジカメの予備バッテリー デジカメのポーチ 財布 老眼鏡 ミニカッター 爪切り 保温マグカップ プラスプーン フォーク エマージェンシーシート

写真

観音峠から20分弱で県道101号沿いの獅子平の駐車場に到着。
朝通り過ぎた場所だった。
17:30帰着を目標にして13:18出発。
2019年04月28日 13:18撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音峠から20分弱で県道101号沿いの獅子平の駐車場に到着。
朝通り過ぎた場所だった。
17:30帰着を目標にして13:18出発。
シャクナゲが美しい民家の前を通り
2019年04月28日 13:22撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲが美しい民家の前を通り
1
ゲートに到着。柵が張り巡らされているので一瞬どうしようかと思ったが右側に扉があったので開けて入り、閉めて閂を掛けた
2019年04月28日 13:25撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートに到着。柵が張り巡らされているので一瞬どうしようかと思ったが右側に扉があったので開けて入り、閉めて閂を掛けた
熊除け鈴を装着。
2019年04月28日 13:31撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊除け鈴を装着。
午前中に歩いたコースとは打って変わり、高速道路のような歩きやすい道。
2019年04月28日 13:36撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中に歩いたコースとは打って変わり、高速道路のような歩きやすい道。
地面から5cm程の高さに咲いていたイカリソウ
2019年04月28日 13:53撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面から5cm程の高さに咲いていたイカリソウ
という名前が付いているが、木に名前や説明が書かれたプレートがあるとか、この辺りで暮らす動物の説明とかそういった物は一切なく、単なる登山道。
2019年04月28日 13:56撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
という名前が付いているが、木に名前や説明が書かれたプレートがあるとか、この辺りで暮らす動物の説明とかそういった物は一切なく、単なる登山道。
「美林」と呼ばれる場所の良さはわからないが、新緑の美しさはわかる。
この時期の新緑は大好き。
2019年04月28日 13:58撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「美林」と呼ばれる場所の良さはわからないが、新緑の美しさはわかる。
この時期の新緑は大好き。
2
稜線のT字路に突き当たり、左折。
この手前でご夫婦と思われるハイカーとすれ違い。
2019年04月28日 14:07撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線のT字路に突き当たり、左折。
この手前でご夫婦と思われるハイカーとすれ違い。
小指程の大きさのフデリンドウ発見。
色と形が好き。
2019年04月28日 14:11撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小指程の大きさのフデリンドウ発見。
色と形が好き。
1
左側に白い斜面。
2019年04月28日 14:14撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側に白い斜面。
よくわからないが、金峰山辺りから始まる花崗岩帯が露出しているらしい
2019年04月28日 14:17撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よくわからないが、金峰山辺りから始まる花崗岩帯が露出しているらしい
1
行きましょう
2019年04月28日 14:18撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きましょう
松もあるので、まるで砂浜。
雨乞岳の水晶ナギや日向山を思い出した。
2019年04月28日 14:20撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松もあるので、まるで砂浜。
雨乞岳の水晶ナギや日向山を思い出した。
確かに花崗岩を砕いたような感じ
2019年04月28日 14:20撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かに花崗岩を砕いたような感じ
2
午前中に登った茅ヶ岳(左)と3月に登った太刀岡山(右)
2019年04月28日 14:20撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中に登った茅ヶ岳(左)と3月に登った太刀岡山(右)
2
左から太刀岡山、二等辺三角形の鬼頬山、黒富士、升形山
2019年04月28日 14:21撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から太刀岡山、二等辺三角形の鬼頬山、黒富士、升形山
3
次行きましょう。左に進みます
2019年04月28日 14:23撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次行きましょう。左に進みます
ヒトリシズカという名前だけど、いつも群生してるな
2019年04月28日 14:27撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒトリシズカという名前だけど、いつも群生してるな
1
白砂山…名前でどんな山か想像がついたが、15分でピストンすることを目標に行ってみる。
2019年04月28日 14:40撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白砂山…名前でどんな山か想像がついたが、15分でピストンすることを目標に行ってみる。
フデリンドウの群生が!
かわいい
2019年04月28日 14:46撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フデリンドウの群生が!
かわいい
1
着いた模様。
甲斐駒の頂上がこんな感じだったか
2019年04月28日 14:47撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた模様。
甲斐駒の頂上がこんな感じだったか
1
白くて気持ちいい。
2019年04月28日 14:47撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白くて気持ちいい。
2
これから向かう羅漢寺山方向
2019年04月28日 14:48撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう羅漢寺山方向
3
巨大な円筒形の岩。
中国とかだと仏像が彫ってありそうな。
2019年04月28日 14:48撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な円筒形の岩。
中国とかだと仏像が彫ってありそうな。
俗っぽい感じの建物があるぞ。
2019年04月28日 14:49撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俗っぽい感じの建物があるぞ。
岩山。
後からわかったが、これが弥三郎岳だった。
拡大すると岩の上に人がいるのがわかる。
いいもん見ました。戻りましょう。
2019年04月28日 14:48撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩山。
後からわかったが、これが弥三郎岳だった。
拡大すると岩の上に人がいるのがわかる。
いいもん見ました。戻りましょう。
2
目標の15分で戻り、次に向かいます。
2019年04月28日 14:55撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目標の15分で戻り、次に向かいます。
どこにあるのかわからなかった
2019年04月28日 14:56撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこにあるのかわからなかった
左上に、観光地によくありそうな💑向けの鐘。
2019年04月28日 15:08撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左上に、観光地によくありそうな💑向けの鐘。
右折し神社を抜けると
2019年04月28日 15:09撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右折し神社を抜けると
昇仙峡から上がってくるロープウェーの駅。
ロープウェーの姿は見れず。
2019年04月28日 15:10撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昇仙峡から上がってくるロープウェーの駅。
ロープウェーの姿は見れず。
帰宅するまで弥三郎岳=羅漢寺山だと思っていた。
実際はパノラマ台駅がある場所が羅漢寺山で、山梨百名山の標柱はこの辺りにあったらしい。
2019年04月28日 15:10撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅するまで弥三郎岳=羅漢寺山だと思っていた。
実際はパノラマ台駅がある場所が羅漢寺山で、山梨百名山の標柱はこの辺りにあったらしい。
いかにも観光地
2019年04月28日 15:11撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いかにも観光地
この辺も白砂
2019年04月28日 15:12撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺も白砂
展望台近くから
2019年04月28日 15:13撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台近くから
金峰山。
ロープウェーで来た観光客は皆展望台へ向かい、そのうち半分くらいは弥三郎岳へ向かう
2019年04月28日 15:13撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山。
ロープウェーで来た観光客は皆展望台へ向かい、そのうち半分くらいは弥三郎岳へ向かう
2
階段を上ると丸い岩
2019年04月28日 15:21撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を上ると丸い岩
左折して松の枝の下を潜ると
2019年04月28日 15:22撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左折して松の枝の下を潜ると
更に階段
2019年04月28日 15:23撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に階段
ここが頂上っぽい。
栃木から来たという面白いご夫婦と会話。
2019年04月28日 15:28撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが頂上っぽい。
栃木から来たという面白いご夫婦と会話。
2
逆光の甲斐駒
2019年04月28日 15:29撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光の甲斐駒
1
山梨百名山の標柱を探すがどこにもない。
2019年04月28日 15:32撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨百名山の標柱を探すがどこにもない。
パノラマ台駅へ戻り左側を見ると
2019年04月28日 15:45撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ台駅へ戻り左側を見ると
先ほど行った白砂山
2019年04月28日 15:45撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほど行った白砂山
1
下山します。
一歩登山道に入るだけで観光客はいなくなる
2019年04月28日 15:48撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山します。
一歩登山道に入るだけで観光客はいなくなる
右の植林地帯に入る道は、ロープウェーの駅へ向かうらしい。
左を進む。
店のものらしい軽トラが走って行った
2019年04月28日 15:50撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の植林地帯に入る道は、ロープウェーの駅へ向かうらしい。
左を進む。
店のものらしい軽トラが走って行った
更に左、「下福沢へ」の道標方向の登山道に進む。
2019年04月28日 15:51撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に左、「下福沢へ」の道標方向の登山道に進む。
こちらも自然観察路らしいが、登りで使った道と同じく、単なる登山道
2019年04月28日 15:55撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも自然観察路らしいが、登りで使った道と同じく、単なる登山道
30分後、舗装路に出た
2019年04月28日 16:26撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分後、舗装路に出た
更に30分歩き、県道101号に出て左折。
後は駐車場がある獅子平へ下ります
2019年04月28日 16:58撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に30分歩き、県道101号に出て左折。
後は駐車場がある獅子平へ下ります
道の右側、数十メートル下に
2019年04月28日 17:10撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の右側、数十メートル下に
獅子滝。
2019年04月28日 17:10撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獅子滝。
1
看板が小さいので、車で走っていたらまず気づかない。
獅子平という地名は、獅子岩と獅子滝から来ているそうだ。
2019年04月28日 17:11撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板が小さいので、車で走っていたらまず気づかない。
獅子平という地名は、獅子岩と獅子滝から来ているそうだ。
崖の上に獅子岩。
この辺りで軽トラが止まり、おっちゃんに「乗ってくか?」と聞かれたが、あと1キロ弱なので礼を言ってそのまま歩いた。
2019年04月28日 17:16撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖の上に獅子岩。
この辺りで軽トラが止まり、おっちゃんに「乗ってくか?」と聞かれたが、あと1キロ弱なので礼を言ってそのまま歩いた。
駐車場に帰着。
なお、この看板は
2019年04月28日 17:39撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に帰着。
なお、この看板は
地図だった。
2019年04月28日 17:39撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図だった。
赤い点線のコースを歩きました。
以上で4時間の山行終了。
見どころが色々あって面白かった。
2019年04月28日 17:39撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い点線のコースを歩きました。
以上で4時間の山行終了。
見どころが色々あって面白かった。
1
おまけ、双葉SAから甲斐駒。
大月から渋滞が始まっていたので、大月で中央道を降りて帰宅しました。
2019年04月28日 18:36撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ、双葉SAから甲斐駒。
大月から渋滞が始まっていたので、大月で中央道を降りて帰宅しました。
3

感想/記録

【Wヘッダー1】観音峠から茅ヶ岳-行きは良い良い帰りは恐い-【山梨百名山】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1811983.html
↑からの続きです。

■茅ヶ岳ピストンを終えて
怖かったーーーー。
今帰路に就けば、中央道の渋滞が発生する前に帰れるかも。
でも明日も明後日も休みなので、帰宅は遅くなってもいい。

そして、茅ヶ岳で終わりにするのは、何だか嫌だった。
怖いホラー映画を見た後に、テレビのバラエティー番組を見て安心したくなるような心境でしょうか←大げさな…。

しかし、茅ヶ岳の山行の後に食事を終えたら12:58。
遅く終わる山行はやめようと今月↓誓ったばかり。
朝霧高原から毛無山>高デッキ>雨ヶ岳周回【山梨百名山】
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1782468.html

「13:30までにスタートできなかったら諦めて帰る」と決め、ナビを使い獅子平の駐車場に向かったところ、13:15頃に到着したので、登ることにした。
使わない物は車中に置いていき、荷物をできるだけ軽くして出発。

■獅子平↑白山展望台↑白砂山↑パノラマ台↑↓弥三郎岳
緩い登り。コース明瞭。明るく気持ちがいい道。
自然観察路と名付けられているが、単なる登山道。
稜線手前で一組のハイカーとすれ違っただけで他は誰とも会わず。

白山展望台と白砂山は、その名の通り白砂というか砕かれた花崗岩で美しい場所。
観光客もいないので、行ってよかった。
見える方向が正反対なので、両方行って損は無い。

パノラマ台から弥三郎岳は観光客だらけで、登山姿は浮いた。
弥三郎岳=羅漢寺山の別名と思い込んでいたので弥三郎岳で山梨百名山の標柱を探したが、当然発見できず。
帰宅してから他の方の山行記録を見たら、パノラマ台の展望台にあったらしい。
その辺りは観光客が多かったので、全然気づかなかった。残念。

■パノラマ台↓下福沢↓獅子平
緩い下り。コース明瞭。自然観察路と名付けられているが、単なる登山道。
途中から荒れた舗装路になり、廃屋があったりきれいでない沢と並走するなどやや陰気な感じの道。
県道101号(下福沢)に着いたら左折して、車が行き交う道を下って獅子平に着いた。
途中軽トラのおっちゃんに乗るか?と聞かれて心が和んだ。

観光地なので何も期待しないで行きましたが登りに使った道は快適で見どころが多く、俗っぽい場所や観光客がいる場所は限定されていたので楽しめました。
斜度は緩く、Wヘッダーの2座目にはちょうどいい山でした。
訪問者数:146人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/12
投稿数: 399
2019/5/1 22:07
 お疲れ様でした♪
ダブルヘッダーお疲れ様でした!
昇仙峡には観光で行った事があったけど
山梨百の山もたくさんあるんですね
弥三郎岳って知らなかったです
白砂の山、きれいですね。
甲斐駒もこれだったのね
男前のラスボスを見れてうれしいな
登録日: 2014/4/29
投稿数: 115
2019/5/2 0:02
 Re: お疲れ様でした♪
甲斐駒好きのWindmurmurさん、コメントありがとうございます。
この日は朝から快晴だったので中央道で笹子トンネル抜けた先から南アルプスと奥秩父の山々がバーーッと鮮明に見えて、テンション上がりました。
茅ヶ岳などからより中央道からの方が距離が近いのですが、やはり下界からより山から見る山の方がいいですね。

白砂の山は好きですね。
日向山、水晶ナギ、白谷丸、甲斐駒とか…心が汚れているので惹かれるのでしょう
今回の写真をよく見ると白山や白砂山の白砂が続く先まで行けそうなので、次回行くことがあったら、先まで進んでみたいと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ