また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1812151 全員に公開 山滑走大雪山

赤岳

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

4:40 湖畔橋
7:15 Co1300二股(〜7:30)
10:55 赤岳(〜11:10)
13:35 下山
コース状況/
危険箇所等
林道は、銀泉台分岐から先で2ヶ所ほど雪が途切れている。終点まで7km程度と距離が長いが、復路はおおむね自動運転で進めるのがありがたい。
上部はあまり積雪がなく、適当な所でスキーデポするのが無難。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

林道をスタート。これから挑む山並みが、遥か遠くに望める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をスタート。これから挑む山並みが、遥か遠くに望める。
2
Co1300二股で急に視界が開ける!風の通り道になっている尾根は、雪が積もっていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co1300二股で急に視界が開ける!風の通り道になっている尾根は、雪が積もっていない。
4
急登に差し掛かる所から、東大雪の山々が一望できる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登に差し掛かる所から、東大雪の山々が一望できる。
1
シートラで急登区間をクリアし、「東平」へ出る。手前でスキーデポし、アイゼン付けたままハイマツへ突入。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シートラで急登区間をクリアし、「東平」へ出る。手前でスキーデポし、アイゼン付けたままハイマツへ突入。
2
最後の登りだけ雪が残っている。ここは夏でもしばらく雪渓になっている所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登りだけ雪が残っている。ここは夏でもしばらく雪渓になっている所。
3
標識が埋もれかかっている赤岳山頂。冬は初めてで新鮮だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識が埋もれかかっている赤岳山頂。冬は初めてで新鮮だ。
10
北鎮岳〜凌雲岳〜烏帽子岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎮岳〜凌雲岳〜烏帽子岳。
9
屏風岳とムリムカ。どこを見渡しても雲一つない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岳とムリムカ。どこを見渡しても雲一つない。
3
スキーを回収して、いざ滑降!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーを回収して、いざ滑降!
3
上部はカリカリだったが、下部は板のよく走るザラメだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部はカリカリだったが、下部は板のよく走るザラメだった。
2
後半はカメラ不具合で動画に残せなかったが、とても気持ちの良い滑走だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半はカメラ不具合で動画に残せなかったが、とても気持ちの良い滑走だった。
2
下り勾配の林道をスイスイ戻る。もう春の雰囲気だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り勾配の林道をスイスイ戻る。もう春の雰囲気だ。
1
愛山渓のドライブインでチャージして帰路に就いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛山渓のドライブインでチャージして帰路に就いた。
6

感想/記録

気持ちの良い快晴、ザラメ雪に恵まれ、最高の山行でした!


訪問者数:310人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ