また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1812603 全員に公開 ハイキング赤目・倶留尊高原

倶留尊山 嵐のリベンジ

日程 2019年04月27日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候一時雨、のち曇り〜晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
南阪奈道路で、以前より便利になりました。
駐車場は600円と出ていましたが、自動のゲートになったからか800円になっておりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間53分
休憩
1時間9分
合計
4時間2分
S曽爾高原駐車場12:4009:48亀山10:0010:20お亀池10:3010:50亀山峠11:23二本ボソ11:3012:00倶留尊山12:1012:30二本ボソ12:4013:00亀山峠13:20お亀池13:4013:50曽爾高原駐車場13:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天候さえ良ければ問題有りませんが、入山料が大人500円 小人200円必要です。
その他周辺情報お亀の湯 お湯がつるつるでとても良いです。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 行動食 飲料 携帯 タオル ストック

写真

雨がおさまって来たのでボチボチと登ります。
2019年04月27日 09:33撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨がおさまって来たのでボチボチと登ります。
平地より季節が少し戻った感じですね。
2019年04月27日 09:34撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平地より季節が少し戻った感じですね。
タチツボスミレでしょうか・・・
2019年04月27日 09:37撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレでしょうか・・・
亀山849mまで来た所で、アラレ混じりで、台風並みと感じるくらいの強風です。
この崖を落ちるとヤバいなと、身の危険を感じました。
2019年04月27日 09:48撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀山849mまで来た所で、アラレ混じりで、台風並みと感じるくらいの強風です。
この崖を落ちるとヤバいなと、身の危険を感じました。
3
写真で見るとなんてこと無いのですが、しばらく待っていても酷い風と雨で、この時は今日はもう止めようと思いました。
2019年04月27日 09:57撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真で見るとなんてこと無いのですが、しばらく待っていても酷い風と雨で、この時は今日はもう止めようと思いました。
1
元来た道を下山です。
2019年04月27日 10:02撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元来た道を下山です。
2
山焼きから少し芽が出て、爽やかな感じです。
2019年04月27日 10:07撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山焼きから少し芽が出て、爽やかな感じです。
2
相変わらずの強風です。
2019年04月27日 10:08撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらずの強風です。
この辺りまで降りて来ると、風がおさまってきます。
2019年04月27日 10:10撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りまで降りて来ると、風がおさまってきます。
下まで降りて来た所で、思い直し、亀山峠側からもう一度登る事にしました。
2019年04月27日 10:17撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下まで降りて来た所で、思い直し、亀山峠側からもう一度登る事にしました。
風は相変わらずですが、だんだんと天候回復基調です。
2019年04月27日 10:47撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風は相変わらずですが、だんだんと天候回復基調です。
1
亀山峠から、二本ボソ山を目指します。
2019年04月27日 10:55撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀山峠から、二本ボソ山を目指します。
曽爾高原、お亀池が綺麗ですね。
2019年04月27日 11:15撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曽爾高原、お亀池が綺麗ですね。
2
季節が逆戻りです。
2019年04月27日 11:21撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
季節が逆戻りです。
入山料の看板がありました。
2019年04月27日 11:23撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山料の看板がありました。
ブナの様な肌の木です。
2019年04月27日 11:23撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの様な肌の木です。
入山料投入です。
2019年04月27日 11:24撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山料投入です。
倶留尊山方面。
2019年04月27日 11:26撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倶留尊山方面。
二本ボソ996mの頂上です。
2019年04月27日 11:27撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本ボソ996mの頂上です。
2
一度下ります。
2019年04月27日 11:36撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度下ります。
下ってから、また、登り返します。
2019年04月27日 11:47撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってから、また、登り返します。
良い感じの登りが少し続きます。
もう少し後に来るとミツバツツジが綺麗に咲きそうですね。
2019年04月27日 12:02撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い感じの登りが少し続きます。
もう少し後に来るとミツバツツジが綺麗に咲きそうですね。
二本ボソ山方面です。
2019年04月27日 12:04撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本ボソ山方面です。
倶留尊山1037mの頂上です。
2019年04月27日 12:05撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倶留尊山1037mの頂上です。
1
あちこちの山の会などのプレートがありました。
300名山で人気の山なんですね。
2019年04月27日 12:06撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちの山の会などのプレートがありました。
300名山で人気の山なんですね。
林で眺望はあまりありませんが、南側は開けています。
2019年04月27日 12:23撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林で眺望はあまりありませんが、南側は開けています。
また下って、二本ボソ山へ登り返します。
2019年04月27日 12:23撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また下って、二本ボソ山へ登り返します。
1
鞍部はシャクナゲの群落があります。
赤い花が一輪だけ咲いていましたが、見頃はもうちょっと先ですね。
2019年04月27日 12:26撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部はシャクナゲの群落があります。
赤い花が一輪だけ咲いていましたが、見頃はもうちょっと先ですね。
二本ボソ山に戻って来ました。
2019年04月27日 12:36撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本ボソ山に戻って来ました。
倶留尊山や、周りの山々が綺麗に見えます。
2019年04月27日 12:37撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倶留尊山や、周りの山々が綺麗に見えます。
わんこが、カメラ目線でした。可愛い柴犬ちゃんです。
2019年04月27日 12:37撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わんこが、カメラ目線でした。可愛い柴犬ちゃんです。
またまたタチツボスミレ。
2019年04月27日 12:56撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまたタチツボスミレ。
すっきりとは晴れませんが、朝の嵐からすると良い感じです。
2019年04月27日 13:04撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっきりとは晴れませんが、朝の嵐からすると良い感じです。
ヒゴスミレでしょうか・・・
2019年04月27日 13:14撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒゴスミレでしょうか・・・
フモトスミレくらいな感じでしょうか?
2019年04月27日 13:19撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フモトスミレくらいな感じでしょうか?
帰る頃に青空が・・・
2019年04月27日 13:30撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰る頃に青空が・・・
北海道的な、爽やかな景色と空気です。
2019年04月27日 13:31撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海道的な、爽やかな景色と空気です。
お亀の湯の中で食事です。
愛妻はけんずい定食・・・けんずいとは、昼食と、夕食の間の軽食的なイメージらしいです。
2019年04月27日 14:05撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お亀の湯の中で食事です。
愛妻はけんずい定食・・・けんずいとは、昼食と、夕食の間の軽食的なイメージらしいです。
私は、うどん定食 炭水化物×炭水果物です。(笑)
2019年04月27日 14:05撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私は、うどん定食 炭水化物×炭水果物です。(笑)
玉子が半端ない!!!
2019年04月27日 14:08撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉子が半端ない!!!
登った回段数が笑えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った回段数が笑えました。

感想/記録

20年くらい前に子供達と来て以来の曽爾高原です。
お亀の湯は何度か来た事は有りましたが、このススキのところまで来たのは本当に久し振りです。
20年くらい前には、ここから倶留尊山方面に登り始めて、二本ボソ山の手前で入山料が要ると云う張り紙で、引き返した記憶がありました。
喉に引っかかった魚の骨みたいな(表現が古いですね・・・)感じで、なんか気になり、心残りでスッキリしない気持ちでした。

ゴールデンウイークになり、六甲山から有馬温泉か、稲村ヶ岳かどこかに行こうと云うことでしたが、急に思い立ち、ついに倶留尊山に来てみました。
晴れる天気予報でしたが、駐車場では雨が降って来て、少し待って登り始めると、亀山までの登りでは、稜線に近付くと台風並みの強風  そして、アラレ混じりの雨が吹き付け、氷の粒が痛い・・・メガネも曇って見えないし、強風に煽られてこの急斜面から落ちるとヤバいな〜って思うくらいの荒天です。

老夫婦が曽爾高原で遭難〜とか想像すると、今日は帰ろうと云う事になり、元来た道を下山します。(笑)
ところが、お亀池まで降りてみると、あの強風が想像出来ないほど穏やかで、天気も少しマシになり、再び、今度は亀山峠側から登る事にしました。
亀山峠まで登ると、相変わらずの強風でしたが、少し雲も晴れて来始め、結構 人も登っているので、気持ちも落ち着き、とりあえず二本ボソ山を目指します。

ちょっと登ると林間に入り、季節が戻って来る感じですね。
ほどなく二本ボソ山頂に到着、手前の料金箱に二人分の千円を投入です。
頂上では、全く風が無くバーベキューをしているご家族がまったりとされておりました。
私たちは、そのまま倶留尊山を目指します。
少し下って鞍部まで来ると、まだ季節が少し早く、花は咲いておりませんが、シャクナゲの群落がありました。
そこから登り返すと、少し岩場があり、ミツバツツジが咲き始めておりました。

曽爾高原側は、ススキの原の広がりのある爽やかな感じですが、倶留尊山側は、切れ落ちた崖と、林間が広がる木々の間から、周りの山々の景色も広がり、山らしい雰囲気が楽しめますね。
相変わらず風は吹いていますが、林間なので安心です。
そして、倶留尊山1037mの頂上に到着です。
20年ぶりくらいの心残りも晴れて、なんかスッキリです。
沢山の山の会などのプレートが付けられているのを眺めたり、三角点にタッチしたりして、少し休憩してから、また、元の道を戻りました。

そして、お亀の湯まで降り、こちらで昼食を頂き、ツルツルの温泉を楽しんで帰りました。
訪問者数:200人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ