また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1812866 全員に公開 ハイキング奥武蔵

今年も満開の棒ノ嶺の山頂桜が見られてありがとう(白谷沢→棒ノ嶺→仙岳尾根)

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ

この十連休、ひょっとして晴れは今日だけですか?
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
飯能着7:11の準急
飯能駅北口発7:40の飯03-2名郷行きバス
さわらびの湯着8:30

当初計画では7:24着の準急にしようかと思ってましたが、朝の支度を早めに終えたので早めの準急に乗れました。これが正解で、7:10のバスが出た直後だったので私が先頭に並び、その後7:11の電車ではあまり人が来なかったものの、7:24の電車ではどっさり来ました。結局飯能ではほぼ満員で、東飯能では無理やり押し込める形の超満員となりました。この状態はさわらびの湯まで続きます。


帰り
さわらびの湯発14:16のバス(名郷発の便)
飯能発15:17の急行

帰りもバスは立ち客が出る程。
しかしみんな登山で疲れているのもあってか、かなり多くの人達がこの便には乗らずに次を待ちました。20分後には名栗車庫発のが来るんですよね。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
51分
合計
5時間21分
Sさわらびの湯バス停08:3808:57白谷沢登山口09:35白孔雀の滝地名板09:54大名栗林道交差地点10:0110:12岩茸石10:34権次入峠10:4010:52棒ノ嶺11:3011:51槙ノ尾山13:05落合13:09大ヨケの滝入口13:59さわらびの湯バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今年も棒ノ嶺の山頂桜を見に登山します。

過去の経験則から都心でソメイヨシノが満開になってから3〜4週間後に棒ノ嶺の桜が満開になります。今年は3/27に満開になったので3/20頃から満開を探っていました。
ヤマレコの記録では先週に行った人の写真ではやっと咲き始め。これならこの週末が丁度満開だろうと思っていたのに先週は暖かくて4/24にツイッターで満開の写真があげられて焦ります。 https://twitter.com/music_ation/status/1120994843658874880
すぐにでも行きたいのにその後ずっと天候が悪く今日がやっと晴れです。昨日の山行記録で未だ満開で大丈夫と見て安心して登る事にしました。

コースは久しぶりに白谷沢で登り、下山は仙岳尾根を選びました。
なんだか最近の山行記録で仙岳尾根を下る人が多かったので。
三年前と同じコースとなりますが、三年前は色々失敗があったので今年はうまくやりたいと思いました。
コース状況/
危険箇所等
・さわらびの湯BS→白谷沢登山口→林道交差地点
なんだかんだ言って有間ダムまでは結構な坂道です。
登山口から暫くはちょっと斜度があって、その後割合緩やかになり、そして沢登りとなります。棒ノ嶺で一番面白いコースです。

・林道交差地点→岩茸石→権次入峠→棒ノ嶺
最初はまたもなかなかの急登。初めて棒ノ嶺に来た時はへこたれましたが、今はまあこんな感じかなと思うようになりました。
急登が終わる所で土砂崩れがあって登山道が崩落した場所となり、現在はそれを上の方で巻いています。
岩茸石から権次入峠までは疲れた身体に厳しい根っこの多いなかなかの急登。
権次入峠から棒ノ嶺までもそれなりの斜面ですがこっちは距離が短いので最後のひと踏ん張りです。

・棒ノ嶺→槙ノ尾山
緩やかな下りで、最後は槙ノ尾山への登り返しとなります。
細い道ですが、迷う事はありません。

・槙ノ尾山→仙岳尾根→落合
何かで見た形容ですが、奥武蔵屈指の急坂です。滑落しない様に気をつけて下ります。
林道交差地点より下で一旦非常に太い道となります。三年前は調子に乗って「落合→」と言う道標を無視してその太い斜面を下りて大変な苦労をしました。もの凄い急坂で足元が崩れるので。今回は道標のとおりにそこを避けましたが、それでも横に切れ落ちて結構大変な道でした。
段々観光釣り場が近づくと歓声とバーベキューの匂いがして来て、徒然草の「高名の木登り」のごとく「かばかりになりては、飛び降るるとも降りなん。」と言う気持ちになりますが、ここが一番気を引き締める区間です。
蟻の戸渡りの如き岩を乗り越え、最後の最後で道を間違えそうな場所があります。
三年前に間違えて先に進んで滑落して酷く痛い目に遭いました。

・落合→さわらびの湯BS
延々と続く舗装道路です。
飽きましたが、今回は晴れていたのでカヌー工房を過ぎてから「アレガ、デネブ、アルタイル、ベガ」ではなくて、あれが棒ノ嶺の山頂?と思いながら山の景色を見ながら歩いたのでカヌー工房の先は結構飽きずに行けました。

危険箇所はゴルジュ区間と、仙岳尾根の最後の蟻の戸渡りみたいな区間です。
気をつけると大丈夫ですが。
その他周辺情報トイレはさわらびの湯BS、下りは観光釣り場とカヌー工房に。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

8:38 あんなに登山客を満載で来たバスでしたが、トイレに行っているうちに出発して誰も居なくなったバス停です。
本日の登山開始です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:38 あんなに登山客を満載で来たバスでしたが、トイレに行っているうちに出発して誰も居なくなったバス停です。
本日の登山開始です。
8:47 有間ダム到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:47 有間ダム到着。
8:57 白谷沢の登山口です。
どんどん人が登って行きます。
今日はきっと大混雑だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:57 白谷沢の登山口です。
どんどん人が登って行きます。
今日はきっと大混雑だ。
9:17 沢登り開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:17 沢登り開始。
白谷沢コース名物のゴルジュ帯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白谷沢コース名物のゴルジュ帯。
2
9:54 大名栗林道との交差地点です。
私もここで休憩しました。
10:01に出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:54 大名栗林道との交差地点です。
私もここで休憩しました。
10:01に出発します。
ここが岩茸石への道の崩落地点です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが岩茸石への道の崩落地点です。
10:12 岩茸石に到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:12 岩茸石に到着です。
10:34 権次入峠に到着しました。
ここまでで結構疲れたのでまたも休憩。
10:40に出発しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:34 権次入峠に到着しました。
ここまでで結構疲れたのでまたも休憩。
10:40に出発しました。
10:52 棒ノ嶺到着!
今年も山頂の桜を見られてありがとう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:52 棒ノ嶺到着!
今年も山頂の桜を見られてありがとう!
満開です。
未だ散り始めてもいません。
本当に良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開です。
未だ散り始めてもいません。
本当に良かった。
3
みんなに大人気の山頂桜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんなに大人気の山頂桜。
5
ヤマザクラの一種らしく、開花時にもう葉も出ています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマザクラの一種らしく、開花時にもう葉も出ています。
4
今日は北関東の山々も見えます。
白いのの一番左が谷川岳?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は北関東の山々も見えます。
白いのの一番左が谷川岳?
1
11:30 早めのお昼をとって、例によって名残惜しいですが下山を開始します。
日向は暖かかったですが、日陰は寒かったですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:30 早めのお昼をとって、例によって名残惜しいですが下山を開始します。
日向は暖かかったですが、日陰は寒かったですね。
2
11:51 槙ノ尾山です。
ここから仙岳尾根へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:51 槙ノ尾山です。
ここから仙岳尾根へ。
右の方から下りて来たのですが、三年前はこのロープの方から下りて来ませんでしたっけ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の方から下りて来たのですが、三年前はこのロープの方から下りて来ませんでしたっけ?
今日は間違えない。
右へ行きます。
そもそも三年前は「落合」と言う地名がピンとこなかったのですし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は間違えない。
右へ行きます。
そもそも三年前は「落合」と言う地名がピンとこなかったのですし。
蟻の戸渡りみたいな区間を行きます。
ここまで来たらもう観光釣り場の音や匂いが充満しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟻の戸渡りみたいな区間を行きます。
ここまで来たらもう観光釣り場の音や匂いが充満しています。
1
ここ!
三年前はここをそのまま真っすぐ進んで崖に出てしまい滑落しました。
右に曲がるのです。
もっと分かる様にこの後枝のバリケードを増やしておきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ!
三年前はここをそのまま真っすぐ進んで崖に出てしまい滑落しました。
右に曲がるのです。
もっと分かる様にこの後枝のバリケードを増やしておきました。
13:05 観光釣り場に下りて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:05 観光釣り場に下りて来ました。
13:59 さわらびの湯BS到着しました。
20分弱待ってバスが到着。
ヤマノススメラッピングバスでした。久しぶり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:59 さわらびの湯BS到着しました。
20分弱待ってバスが到着。
ヤマノススメラッピングバスでした。久しぶり。
1

感想/記録

今年も晴天の下で棒ノ嶺の山頂桜を満開で見られて良かったです。
健康だから来られるので、ありがたいことです。
訪問者数:161人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ