また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1824200 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

【八ヶ岳】権現岳=天女山口からピストン=

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ(霞み気味)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
天女山口駐車場利用。
トイレはありません。
登山口に登山ポストあり。

当日は5時過ぎに到着しましたが、
まだ半分以上駐車スペースがありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間34分
休憩
2時間43分
合計
10時間17分
S天女山上駐車場05:2705:37天の河原05:3907:05アイゼン装着07:2507:41「ここが一番きつい」看板08:16前三ツ頭08:3909:17三ツ頭分岐09:22三ッ頭09:4910:46権現岳10:5811:04縦走路分岐11:1511:17権現小屋12:0012:02縦走路分岐12:1012:13権現岳13:04三ッ頭13:1013:14三ツ頭分岐13:39前三ツ頭13:4114:07「ここが一番きつい」看板14:30アイゼン外す14:3715:32天の河原15:3415:44天女山上駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回は標高2.100m付近より残雪がありました。
所々で凍結箇所ありましたので、滑り止めあれば安心です。
また権現岳直下のトラバースもピッケルなしで通過できましたが、
下りは少し緊張しました。

また権現小屋はGW中営業しており、トイレも100円で利用できました。
その他周辺情報日帰り温泉は甲斐大泉駅近くにあるパノラマの湯が便利なのですが、
以前GWに利用した時は激混みで入場制限もありましたので、
今回はパスしました。

写真

地元の5月3日の天気予報。
全てが☀マーク!
権現行き、決定!
2019年05月02日 18:39撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地元の5月3日の天気予報。
全てが☀マーク!
権現行き、決定!
天女山口の駐車場。
まだ半分も埋まっていませんでした。
2019年05月03日 05:24撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天女山口の駐車場。
まだ半分も埋まっていませんでした。
ここからスタート。
ここに登山ポストがあります。
2019年05月03日 05:27撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからスタート。
ここに登山ポストがあります。
1
天の河原まで上がると、南アルプスが眼前に全開です。
2019年05月03日 05:41撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天の河原まで上がると、南アルプスが眼前に全開です。
南東方向には富士山も!
2019年05月03日 05:41撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東方向には富士山も!
少し進むとこれから登る三ツ頭と右奥に権現岳が見えました。
2019年05月03日 06:01撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むとこれから登る三ツ頭と右奥に権現岳が見えました。
登り始めの1時間ほどは緩やかに登っていくので、
楽です。
2019年05月03日 06:05撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めの1時間ほどは緩やかに登っていくので、
楽です。
標高2,000mの標識から傾斜がきつくなっていきます。
2019年05月03日 06:46撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2,000mの標識から傾斜がきつくなっていきます。
1
標高2,100mほどから残雪の道となりますが、
凍結個所もあり要注意です。
この手前でアイゼン装着しました。
2019年05月03日 07:39撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2,100mほどから残雪の道となりますが、
凍結個所もあり要注意です。
この手前でアイゼン装着しました。
1
やっとこの標識登場!
2019年05月03日 07:41撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこの標識登場!
左手には南アが見事!
高さを感じます。
2019年05月03日 07:46撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には南アが見事!
高さを感じます。
1
やっと前三ツ頭に到着、ではありません。
奥に見えるのが前三ツ頭です。
2019年05月03日 07:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと前三ツ頭に到着、ではありません。
奥に見えるのが前三ツ頭です。
倒木も所々ありました。
昨年の台風の影響でしょうか?
2019年05月03日 08:01撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木も所々ありました。
昨年の台風の影響でしょうか?
前三ツ頭への最後の登りは雪道です。
2019年05月03日 08:07撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前三ツ頭への最後の登りは雪道です。
1
眼前が明るくなってくると、
2019年05月03日 08:15撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼前が明るくなってくると、
前三ツ頭にやっと到着です。
ここには雪はありませんでしたが、アイゼンはそのまま装着。
2019年05月03日 08:16撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前三ツ頭にやっと到着です。
ここには雪はありませんでしたが、アイゼンはそのまま装着。
1
中央アルプスが初お目見え。
2019年05月03日 08:18撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスが初お目見え。
1
かなり霞んでいますが、御嶽山も見ることができました。
2019年05月03日 08:18撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり霞んでいますが、御嶽山も見ることができました。
1
南アはまだクリアに見ることができました。
2019年05月03日 08:19撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アはまだクリアに見ることができました。
1
右から、仙丈、甲斐駒、アサヨ峰、北岳、間ノ岳、ちょこっと農鳥岳。
2019年05月03日 08:20撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から、仙丈、甲斐駒、アサヨ峰、北岳、間ノ岳、ちょこっと農鳥岳。
2
白峰三山のアップ。
2019年05月03日 08:30撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰三山のアップ。
3
富士山のアップ。
2019年05月03日 08:30撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山のアップ。
1
鳳凰三山。
2019年05月03日 08:30撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山。
1
仙丈ヶ岳。
2019年05月03日 08:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳。
2
甲斐駒ヶ岳。
2019年05月03日 08:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳。
2
甲斐駒&仙丈。
2019年05月03日 08:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒&仙丈。
御嶽山のアップ。
何とか見えました。
2019年05月03日 08:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山のアップ。
何とか見えました。
中ア・木曽駒方面のアップ。
2019年05月03日 08:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ア・木曽駒方面のアップ。
ここからの南アは手前に何もないので、3,000m峰であることを実感できます。
2019年05月03日 08:38撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの南アは手前に何もないので、3,000m峰であることを実感できます。
1
次のピークからの景色を期待して、三ツ頭に向かいます。
2019年05月03日 08:43撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピークからの景色を期待して、三ツ頭に向かいます。
1
樹林帯に入ると雪道です。
2019年05月03日 09:03撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ると雪道です。
編笠山と右奥に西岳。
2019年05月03日 09:17撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山と右奥に西岳。
小泉口からのコースとの合流地点。
2019年05月03日 09:17撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小泉口からのコースとの合流地点。
合流地点から5分ほどで三ツ頭に到着しました。
2019年05月03日 09:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合流地点から5分ほどで三ツ頭に到着しました。
2
この景色を観たかった!
2019年05月03日 09:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色を観たかった!
3
編笠山のアップ。
「遠い飲み屋」の青い屋根も確認できます。
この前日の宿泊者は10名ほどだったとのことで、
昨日の午後以降は最高の景色を楽しめたようです。
2019年05月03日 09:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山のアップ。
「遠い飲み屋」の青い屋根も確認できます。
この前日の宿泊者は10名ほどだったとのことで、
昨日の午後以降は最高の景色を楽しめたようです。
2
これから向かう権現岳。
何とか登れそうです。
2019年05月03日 09:27撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう権現岳。
何とか登れそうです。
1
南アをバックに。
でもbaianがまだ到着しない・・・
2019年05月03日 09:28撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アをバックに。
でもbaianがまだ到着しない・・・
2
段々と霞んできた富士山。
2019年05月03日 09:28撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々と霞んできた富士山。
赤岳、中岳、阿弥陀岳。
ここからの赤岳の雄姿が素晴らしい!
2019年05月03日 09:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳、中岳、阿弥陀岳。
ここからの赤岳の雄姿が素晴らしい!
2
槍穂高も何とか望むことができました。
2019年05月03日 09:33撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂高も何とか望むことができました。
金峰山と左奥に甲武信三山。
2019年05月03日 09:35撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山と左奥に甲武信三山。
青年小屋から来られたこちらの方々にトラバース道の情報をもらい、先に進むことができました。
2019年05月03日 09:36撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋から来られたこちらの方々にトラバース道の情報をもらい、先に進むことができました。
1
baianやっと到着。
久々の雪山で疲れたようなので、ここで引き返すことになりました。
2019年05月03日 09:45撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
baianやっと到着。
久々の雪山で疲れたようなので、ここで引き返すことになりました。
2
我々は権現岳に向かいます。
2019年05月03日 09:49撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我々は権現岳に向かいます。
赤岳のピラミッドが素晴らしい!
2019年05月03日 09:50撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳のピラミッドが素晴らしい!
1
権現岳までは1時間ほどの行程です。
一旦下ります。
2019年05月03日 09:51撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳までは1時間ほどの行程です。
一旦下ります。
右側に気を付けて。
2019年05月03日 09:52撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側に気を付けて。
この素晴らしい景色を正面に進みます。
2019年05月03日 09:53撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この素晴らしい景色を正面に進みます。
1
ミニ雪庇。
2019年05月03日 10:10撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニ雪庇。
1
雪のないところもあり。
2019年05月03日 10:12撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のないところもあり。
1
ここからが正念場。
2019年05月03日 10:17撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが正念場。
1
振り返れば三ツ頭の上に富士山。
2019年05月03日 10:27撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば三ツ頭の上に富士山。
1
トラバースに突入。
2019年05月03日 10:33撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースに突入。
1
登りでは特に問題はありませんでしたが、
慎重に!
2019年05月03日 10:34撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りでは特に問題はありませんでしたが、
慎重に!
1
ここは気を付けて。
2019年05月03日 10:37撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは気を付けて。
落ちたら下まで・・・
2019年05月03日 10:37撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちたら下まで・・・
トラバースを越えるとまもなく権現岳のピークです。
2019年05月03日 10:40撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースを越えるとまもなく権現岳のピークです。
アイゼン着けながら山頂に到着。
早速証拠写真を撮ってもらいました。
2019年05月03日 10:50撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン着けながら山頂に到着。
早速証拠写真を撮ってもらいました。
4
うえださん、安らかに・・・
2019年05月03日 10:55撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うえださん、安らかに・・・
2
山頂からの赤岳方面。
2019年05月03日 10:55撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの赤岳方面。
ここは落ち着けるところがないので、
権現小屋に向かいます。
2019年05月03日 10:55撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは落ち着けるところがないので、
権現小屋に向かいます。
ここに公な標識がありました。
2019年05月03日 10:59撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに公な標識がありました。
ここ縦走路分岐地点が休憩の適地ですが、風が強い。
2019年05月03日 11:04撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ縦走路分岐地点が休憩の適地ですが、風が強い。
1
なので、直下にある権現小屋でランチすることにしました。
2019年05月03日 11:10撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なので、直下にある権現小屋でランチすることにしました。
1
でも赤岳と阿弥陀岳が素晴らしい。
この景色を観ながらカップ麺を食べたかった。
2019年05月03日 11:11撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも赤岳と阿弥陀岳が素晴らしい。
この景色を観ながらカップ麺を食べたかった。
1
旭岳への縦走路と阿弥陀岳。
2019年05月03日 11:11撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳への縦走路と阿弥陀岳。
赤岳のアップ。
左は横岳。
2019年05月03日 11:12撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳のアップ。
左は横岳。
阿弥陀岳のアップ。
2019年05月03日 11:13撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳のアップ。
赤岳、横岳、硫黄岳 のトリオ。
2019年05月03日 11:13撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳、横岳、硫黄岳 のトリオ。
ギボシです。
権現岳よりカッコいい。
2019年05月03日 11:16撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギボシです。
権現岳よりカッコいい。
編笠山と右奥に中ア。
2019年05月03日 11:17撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山と右奥に中ア。
権現小屋よりギボシ。
こちらに向かっている登山者が写ってます。
2019年05月03日 11:37撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現小屋よりギボシ。
こちらに向かっている登山者が写ってます。
編笠からギボシ、権現、三ツ頭を周回している方たちにも会いました。
皆ピッケル装備です。
2019年05月03日 11:38撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠からギボシ、権現、三ツ頭を周回している方たちにも会いました。
皆ピッケル装備です。
権現小屋の裏で風を除けながらのランチタイム。
南アをおかずにカップ麺が美味しかった。
2019年05月03日 11:38撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現小屋の裏で風を除けながらのランチタイム。
南アをおかずにカップ麺が美味しかった。
1
再び権現岳に登り返します。
2019年05月03日 12:00撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び権現岳に登り返します。
分岐地点に戻りました。
この日、後輩が左に見える蓼科山に登っています。
2019年05月03日 12:01撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐地点に戻りました。
この日、後輩が左に見える蓼科山に登っています。
旭岳方面の稜線。
次は赤岳まで縦走したい。
2019年05月03日 12:01撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳方面の稜線。
次は赤岳まで縦走したい。
ここで赤岳をバックに撮っていただきました。
2019年05月03日 12:04撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで赤岳をバックに撮っていただきました。
4
天女山に戻ります。
下りは長い・・・
2019年05月03日 12:07撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天女山に戻ります。
下りは長い・・・
1
下りのトラバースはちょっと怖い。
2019年05月03日 12:19撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りのトラバースはちょっと怖い。
何とか無事にトラバース終了。
2019年05月03日 12:20撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか無事にトラバース終了。
1
まだまだ慎重に下ります。
2019年05月03日 12:21撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ慎重に下ります。
振り返ればトラバースしている方が写っていました。
2019年05月03日 12:34撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ればトラバースしている方が写っていました。
まもなく三ツ頭との鞍部です。
2019年05月03日 12:41撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなく三ツ頭との鞍部です。
鞍部に到着。
ここから登り返しです。
2019年05月03日 12:45撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部に到着。
ここから登り返しです。
ヘリを左に行き過ぎないように。
2019年05月03日 12:59撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリを左に行き過ぎないように。
三ツ頭に戻ってきました。
baianは先に戻ったようです。
2019年05月03日 13:07撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ頭に戻ってきました。
baianは先に戻ったようです。
1
これで見納め。
山名の通り赤い、ですね。
2019年05月03日 13:07撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これで見納め。
山名の通り赤い、ですね。
ちょっと休憩。
2019年05月03日 13:09撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと休憩。
再び下り始めます。
2019年05月03日 13:09撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び下り始めます。
小泉口登山口との分岐点。
ここから三ツ頭まで15分?
そんなにかかりません、5分程です。
2019年05月03日 13:14撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小泉口登山口との分岐点。
ここから三ツ頭まで15分?
そんなにかかりません、5分程です。
下りではより急に感じます。
2019年05月03日 13:20撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りではより急に感じます。
1
雪のない前三ツ頭。
アイゼン着けたままでは歩きにくい。
2019年05月03日 13:36撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のない前三ツ頭。
アイゼン着けたままでは歩きにくい。
1
下りでは南アを右に眺めながら。
2019年05月03日 13:39撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りでは南アを右に眺めながら。
まだまだ眺望を楽しめました。
2019年05月03日 13:40撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ眺望を楽しめました。
金峰山。
手前左に飯盛山も見えます。
2019年05月03日 14:01撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山。
手前左に飯盛山も見えます。
1
まだ気の抜けない下り。
この先でアイゼンを外しました。
2019年05月03日 14:09撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ気の抜けない下り。
この先でアイゼンを外しました。
1
ようやく楽な道となりました。
2019年05月03日 15:41撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく楽な道となりました。
駐車場が見えてきました。
これでGWの山歩きも終了。
2019年05月03日 15:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場が見えてきました。
これでGWの山歩きも終了。
1

感想/記録

11年ぶりに権現岳へ、
令和に改元したばかりのこのGWにやっと登ることができました。
このコースは途中の三ツ頭まででも満足できるコースなので、
比較的楽な気持ちで向かうことができるのがいいですね。

で、当初は5月2日に登る予定だったのですが、
午前中は雲が取れそうもなかったので、
翌3日に変更しました。

その当日の天候は予報どおり晴れていましたが、
富士山や南アは霞み気味。
でも十分に展望を楽しむことができました。

今コースのハイライトはやはり三ツ頭から権現岳間の眺望です。
特に三ツ頭に登り着いてから眼前に広がる赤岳を中心とした南八ヶ岳の峰々の景色が最高です。
ただ残念なのは同行していたbaianの体調がすぐれず、ここで断念。
でも三ツ頭からの景色を見られただけでもよかったでしょう。

baianはここでゆっくりランチをとるということで、
我々は権現岳を目指します。
三ツ頭で権現岳から下りてこられた方より山頂直下のトラバース道の情報を頂いていたので、先に進むことができました。
心配したトラバース道も無事に通過し、
権現岳の山頂に到着!
やはりここからの景色は最高です。
ただ風が強かったので、権現小屋裏で南アをおかずにランチをとりました。

帰路はより慎重に下り、そのせいか登りより疲れました。
歩行時間は11年前と変わらず、という感覚で歩いていましたが、
実際には1時間ほど超過していました。
寄る年波には勝てぬ、です。
訪問者数:166人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/8/24
投稿数: 45
2019/5/6 23:22
 異空間の世界へお誘いありがとうございます。
 三ツ頭からの赤岳・阿弥陀岳ほかの南八ヶ岳の展望はあまりにも強烈でした。
言葉で表現すると感動がしぼんでしまいそうです。ここで権現登頂を断念しても悔いはないです。30年ぶりにアイゼンを履き、初めてストックを手にし、雪を抱いた
春山を経験でき満足いたしたおります。
登録日: 2009/8/26
投稿数: 1342
2019/5/7 7:57
 Re: 異空間の世界へお誘いありがとうございます。
baianさん、守屋山そして三ツ頭、お疲れさまでした。

久々の雪道で権現岳はきつかったですね。
でも三ツ頭からの景色も素晴らしいので、
ここまで登れ、そしてこの景色を眺めながらのランチ!
それまでの疲れが飛んでしまったことでしょう

この次は後輩Oが登った天狗岳にでも行きましょう

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ